悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「ケンが鳴いた」
2008-02-20 Wed 23:48
se_025.jpg


猫詩 「ケンが鳴いた」


学校から帰ると玄関に ちょこんと 迎えてくれた
おかえりと言うように 当たり前のように ニャーンと鳴いた

出かけるときも いつも玄関に ちょこんと 座っていた
行ってらっしゃいと言うように  当たり前のように ニャーンと鳴いた

仲がよくて いつも一緒 まるで 兄弟のように 育った
寝るときも起きるときも いつも一緒 ただ お風呂以外は

ご飯のときも いつも隣に ちょこんと 座った
ぼくのおかずを半分あげた ありがとうと言うように ぼくを見上げて ニャーンと鳴いた



ある日の事 いつものように 玄関に居るはずの ケンが居ない
胸騒ぎ 家の回りを探した 近くの公園も 学校も プールも

電話ボックスがあった その近くに行くと 聞こえた ニャーンと
ケンの声 間違いない 声のするほうへ 行った 草の茂みから また声が

ニャーンと 元気なく 弱弱しく ぼくを呼んだ 間違いなく ケンだ
ぼくを見つけた 見上げて 嬉しそうに 悲しそうに 鳴いた



信じられなかった ケンは 動けなかった もう 二度と 車にはねられたの?
家に 病院に でも ケンの 後ろ足は 二度と 動かなくなっていた 半身不随だった

ダンボールが ケンの 家になった 毛が抜けて でも ぼくを見ると 嬉しそうに鳴いた
朝 行ってらっしゃいと 鳴いた 帰ってきたら お帰りと 鳴いた ぼくも 泣いた

玄関でもなく 物干しでもなく 階段でもなく 段ボール箱の中でで ケンは 鳴いた



あるとき 近くの公園から 声が 聞こえた ニヤーンと まさか?ケンが 元気にここに?

ちいさな 子猫だった 捨てられたのだろう ぼくを見て 悲しそうに 鳴いた
堪らなくなって 家につれて帰った ケンが 怒るのかな?と 心配だったけれど

子猫 ケンをみて ファーッと怒って 毛を逆立てた ちいさいくせに 動けないケンを威嚇した
この子猫を 叱ろうとしたら ケンが 怒りもしないで ニヤーンと 優しく鳴いた



大丈夫だよ 怖くないよ ぼくは友達だよ ぼくは動けないから ヨロシクね って 鳴いた
ぼくは 最初 ケンが 怒るのではと 思っていた でも 違った
泣いた ケンが 優しすぎて 悲しくて 泣いた けんは 本当にいい猫だ って

それから 1ヵ月後・・

夕食の時 びっくりした ぼくの ぼくの ケンが ダンボール箱から 這い出してきた
ケン 元気になったの! ぼくの ひざに ちょこんと すわって まぁるくなった

うれしくて うれしくて 泣いた ケンも 鳴いた ニヤーンと嬉しそうに鳴いた
よかったね 元気になったの ぼくが泣くと けんも 鳴いた ニヤーンとj悲しそうに鳴いた

ダンボール箱に 返してあげた 
静かに 返してあげた 
ケンが いやだよ って
言っているように ニヤーンと鳴いた

また 明日 そう 声をかけた 
ケンは また すこし 寂しそうに ニヤーンと鳴いた










次の日 朝 ケンは 冷たくなっていた







ケンは 自分の 最後がわかったのだ 
だから ぼくの ところに きたんだ

最後の力を 振り絞って 
いっしょに 居たかったのだね

ケン 分からずに ごめんね 



でも ケンは 最後の最後 ぼくに  サヨナラ してくれたんだね
猫でさえも これだけの愛情で 生きて くれた

ケン いつまでも ぼくは わすれないよ 
ニヤーン と 鳴く 声 
ケンの優しさ 



最後の力を振り絞って ぼくのひざに来て お別れをしてくれたこと

いまも ケンは ぼくの こころになかに ずっと 生きているよ

いつまでも ケンは ぼくの こころのなかで 生き続けて いるよ



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
これは 実話です わたしとケンとの実話です。
トラ猫だったケン 黒と白で でも かおは こんなふうに とっても優しそうだった 
書くのを迷った。でも、ケンのためにも書いてあげたかった。ケンきっと見ているだろうな。

追記2017/01/14
脳梗塞になって、絶望的な1週間を過ごし、そして朝を迎えたとき、奇跡的に回復していた。
今までも、何度も人生の危機があった、今回も・・・
今までも、不思議なことに、問題が霧のように消えて無くなった。

今回もそうだった,看護師さんが驚いて先生を呼びに行った。
先生も、本当にこれだけ回復するのは。ほとんどないと。
点滴24時間のうち、1本がはずされた。また今までと同じように・・・
ケンと玉に助けられたのではと、思っています。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
別窓 | 猫恋詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
<<希望詩「きみは ひとり ぽっち なんかじゃ ないんだよ」 | 雫にサヨナラ | 優心詩「花」>>
コメント
こんにちは、雫。(*^^*)

もう・・・
また涙が零れちゃったよぉ~。
とっても悲しいけど、あたたかな詩です。

私も、ネコが大好きだから・・・
雫の気持ち、よく解ります。

どんな動物でも、一緒に暮らせば家族ですね。
昔の話ですが、私と一緒に住んでいた(飼っていた)ネコも
学校へ行く時も、玄関で送り出してくれて、帰って来ると
玄関で、ニャーンって迎えてくれました。 
足にスリスリして甘えて来て、ご飯のときも横に座って・・・。
眠る時も、枕元に来てニャーン「布団に入れて」って言うの。
布団の中に入って、私の頭の横に頭を並べて・・・
本当に可愛かったです。 家族以上かも?なんて(笑)

でも亡くなる前、もう生きられないことが
解っていたのかな?
朝、ニャーン、ニャーンって凄く甘えてきて・・・。
頭を撫ぜ、抱いてあげて、私は学校へ。
それが、最後でした。次に見たときは・・・。
ごめんねっ、気付いてあげられなくてって、何度も
思いました。本当に、悲ししかったです。
この詩を読みながら、ずっと昔のことなのに、
この頃のことを、鮮明に思い出しました。

雫のネコちゃん、こんなに愛されて幸せだったと
思います。そして、雫も・・・幸せだったでしょ?
私も、永遠に、このネコのことは忘れません。
自分の分身のように思えるくらい、大切で
大好きで・・・幸せをいっぱいもらいました。
今でも「ありがとう、大好きだよ」って、心の中で
思っています。

とっても素敵な詩です。雫のネコちゃんも
雫に愛されたこと、雫の心の中を、ちゃんと解っています。
「ありがとう、雫」って、ネコちゃんからの声が天から
聞こえてきそうです。
そして雫の優しさが伝わって来ました。
私からも「ありがとう・・・」(*^^*)
応援ポチッ3☆
2008-02-21 Thu 11:06 URL | sora #EvLE3K6A[ 内容変更] | top↑
こんにちゎ!

これ…実話なのですね。
とても感動しました!

悲しくて辛い話…だけど暖かい話だと思います。
動物は愛してくれた人を
本当の人間よりも暖かくて優しい愛をくれますね。
裏切らないでずっと一緒にいてくれますね。
きっと雫サンの猫ちゃんは
たくさんの愛をくれた雫サンと
最後の最後まで、一緒にいたかったんでしょうね。
きっと雫サンの事が大好きだったんでしょうね!

私は動物が大好きなのですが飼ってはいません。
それゎ動物の死が怖いからです。
猫でも犬でも…ずっと一緒に暮らしていれば
かけがえのない家族になりますよね。
人間でも動物でも…死は怖いです。
ずっと当たり前のように一緒にいた
人や動物だったらもっともっと怖いです。
だからずっと飼えないでいます。

猫ちゃんは書いてくれて嬉しかったと思います!
自分を忘れないでいてくれて嬉しいと思います!
きっと喜んでいると思いますよ!
2008-02-21 Thu 19:52 URL | ゆま #34215RTs[ 内容変更] | top↑
こんばんは^^
また 涙でちゃった。
猫さん 幸せだったと思う 
こんなに雫さんに愛されてたんだもの。。。

人間と動物 だけどそこには 愛情があって
心で繋がってて。。。
義母が20年飼ってた猫は
義母が 事故でなくなってすぐ いなくなりました。
そして 犬も 急に亡くなりました。
義母が 大事にしてたから 追いかけたのかな。。。
2008-02-21 Thu 20:39 URL | 優 #-[ 内容変更] | top↑
こんばんわ☆☆

読んでいて、とても切なくなりました。
けれど、同時に温かい気持ちになりました。

雫さんと一緒に暮らせたことは幸せだったんじゃないかなと思いました。

だって、残念ながら…飼い始めておいて、動物の気持ちも考えずに捨てたりと勝手な行動をする人たちもいて、動物たちに悲しみを与えているのも事実。

おばあちゃんの家にも犬がいたんですが、亡くなる前日、おばあちゃんにすごく甘えたそうです。
そして、次の日、まるで眠っているかのようにしていたそうです。

必死に「今までありがとう」と伝えようとしていたのかもしれませんね。

残された私たちはとても悲しい。
けれど、お互いに幸せな気持ちをもらったのなら、それでいいと思う。
大切に思う気持ちは、なにものにも変えられないから…。

時間を共有できたことがとてもいい思い出となるはずだから。。
雫さんのなかでケンくんはずっと生きているのでしょ??

きっとケンくん?(ちゃん?)はずっとお空の上で雫さんを見守っていると思います。

雫さんの幸せを願っているんじゃないかな。。

感動をありがとうございます♪
応援ぽちっ。

2008-02-21 Thu 21:06 URL | ぴよ #-[ 内容変更] | top↑
★ sora
>とっても悲しいけど、あたたかな詩です。
>私も、ネコが大好きだから・・・
>雫の気持ち、よく解ります。

ありがとう。悲しい、でもいつかは書きたかった。
そうなの?知らなかった、ネコ好きだって。
同じネコ好きだから、以心伝心だね。

>どんな動物でも、一緒に暮らせば家族ですね。

そう、家族。
だから、以前も言ったかもしれないけれど、
ペットと言う言葉は嫌い。
不思議だね、同じような事していたんだね、
御飯も寝るときも一緒でww

>朝、ニャーン、ニャーンって凄く甘えてきて・・・。

そうなんだ。同じように、教えてくれたのかな?
でも、ひとつだけ違うことがある。
このケンだけ、死んだ事実を知っているのは。
それ以外の猫は、主人にその結末を知らせないように
どこか遠くへ行って自分でその最後を迎えると。
だから、この猫だけですね。

>自分の分身のように思えるくらい、大切で
>大好きで・・・幸せをいっぱいもらいました。

小さくて、命短くて、それをわかっているから?
気づかないように?一緒に暮らして、いっぱい
慰めあって生きてきたんですね。私もそう。

>そして雫の優しさが伝わって来ました。
>私からも「ありがとう・・・」(*^^*)

本当は全く書く気がなったし、書くとしても
別の猫で、楽しい想い出から、が・・。
最初で最後の猫の詩になってしまった。
でも、いつも私のそばに居てくれるような気がします。
何度も命失いかけて、何度もいっぱいの猫たちに
助けてもらったような気がしますから。
だから、「ありがとう」は、私が言う言葉かなww

2008-02-23 Sat 02:16 URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ ゆま さん
>これ…実話なのですね。
>とても感動しました!

はい、実話ですね。ちょうど食事時間だったから
ケンが元気になってダンボール箱から出てきた、
そのときには全員がびっくりしましたから。
だからケンには「ごめんね」「ありがとう」ですね。

>本当の人間よりも暖かくて優しい愛をくれますね。
>裏切らないでずっと一緒にいてくれますね。

本当にそうかもしれない。猫は気まぐれで、勝手だと言うけれど。
自分を一番大切にしてくれる人をちゃんと知っている。
そして、それに報いてくれる。

>私は動物が大好きなのですが飼ってはいません。
>それゎ動物の死が怖いからです。

確かにそうでしょうね。短い命だからね。
でも、無理に動物を飼ってとは、言わないけれど。
ある意味、こんな考えも出来るのではと、思う。
短い命だから、こそ大切に暮らしていく。
その命が終わる事を初めて知る、それが大切。
それを知らない、動物を飼わない人が詩の意味を
知らずに育つ。
小さい子供の時も、大人になってからも・・
だから?とは、言わないけれど。
こんな殺伐とした世の中になって行くのかも?
でも、そうではない事実もあるけれどね・・。

>猫ちゃんは書いてくれて嬉しかったと思います!
>自分を忘れないでいてくれて嬉しいと思います!
>きっと喜んでいると思いますよ!

うん、そう言ってもらえたら、本当に安心します。
本当に、ありがとう。
2008-02-23 Sat 02:27 URL | 雫 #VQwf9hWY[ 内容変更] | top↑
★ 優 さん
>人間と動物 だけどそこには 愛情があって
>心で繋がってて。。。
?義母が20年飼ってた猫は
>義母が 事故でなくなってすぐ いなくなりました。
>そして 犬も 急に亡くなりました。
>義母が 大事にしてたから 追いかけたのかな。。。

一緒に住んで、暮らしたら家族ですからね。
そうなんですか。猫は主人にその最後を見せないんです。
だから、義母を捜しに行ったのか?それとも最後を悟ってどこかへ。
不思議ですね。
でも、今頃は一生に仲良く天国で暮らしていると思いますね。
2008-02-23 Sat 02:39 URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ ぴよ さん
>おばあちゃんの家にも犬がいたんですが、亡くなる前
>日、おばあちゃんにすごく甘えたそうです。
>そして、次の日、まるで眠っているかのようにしてい>たそうです。

ちゃんと知っているのかな?自分の事を。
みんなの話を聞いていると、そうとしか思えないですね。

>必死に「今までありがとう」と伝えようとしていたの>かもしれませんね。

そう、ありがとう、そして、やっぱり大好きな人に
甘えたいんでしょうね。
寂しいし、怖いし、悲しいから、だから甘えたんだと思う。

>時間を共有できたことがとてもいい思い出となるはずだから。。

うん、一緒に暮らすのは、家族同然なんですよね。
言葉が通じないから、こそ、目を見、話し方を
一生懸命にお互い共。
だから、何が言いたいのかが、分かるようになる。
だから、一緒に暮らせてよかったと思う。

>きっとケンくん?(ちゃん?)は
ずっとお空の上で雫さんを見守っていると思います。

うん、きっとそうだと思う。
優しさを教えてもらった。人を許すことも、ケンに。
守ってくれているのは事実だと思う。
実際に、何度も死にかけた事あって、
何で自分が生きているのか不思議。
きっと、助けてくれたのだと思っています。

だから、ここでこうして、みんなと一緒になって
話しているのが、不思議。
きっと、縁があったのでしょうね。
偶然、必然、って良く最近思うけれど、
そうなのかな?と、思う。

ケンはオスだったから、君だよwwありがとう。
2008-02-23 Sat 02:51 URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
私も子どもの頃、猫を飼ってた事がありました。
私が生まれた時に貰われてきた子で、一緒に大きくなりました。
16年目になると一日動かずじっと眠ったようにしてた。
ある日急にいなくなり探すと、隣のおばあさんチに居た。
小さい頃から面倒を見てくれたらしい。
それから数日隣に行ってた。
行かなくなった日、死んでしまった。
おばあさんに最後のあいさつをしに行ったのかな?

猫は死ぬ時、家の者に姿を隠すと言います。
そしてまた、最期の力を絞って会いたい人に逢いに行くんだと思います。

そして私は今、猫アレルギーです。  グシュン。。(T_T)
2008-02-23 Sat 19:27 URL | 蜩 #-[ 内容変更] | top↑
★ 蜩 さん
>私も子どもの頃、猫を飼ってた事がありました。
>私が生まれた時に貰われてきた子で、一緒に大きくなりました。
>16年目になると一日動かずじっと眠ったようにしてた。

すごいですね。一緒に成長したんですね。
これこそ兄弟や姉妹のような感じですね。
16年、すごく長生きですね。
きっと大切にしてもらったのでしょうね。

>ある日急にいなくなり探すと、隣のおばあさんチに居た。
>小さい頃から面倒を見てくれたらしい。

お隣に行っていたんだ。
おばあさんも可愛がってくれたんでしょうね。
でもそれだけ体が動かなくなったのに・・。
お隣には行こうと思ったんですね。ちゃんと。

>それから数日隣に行ってた。
>行かなくなった日、死んでしまった。
>おばあさんに最後のあいさつをしに行ったのかな?

そうなんですか、悲しいですね。
ちゃんと挨拶に行っていたのでしょうね。
今までのことを「ありがとう」と、伝えに。
そうだと思いますね。
命なんですよね、人も猫も同じ、
小さいも大きいもない。

>猫は死ぬ時、家の者に姿を隠すと言います。
>そしてまた、最期の力を絞って会いたい人に
逢いに行くんだと思います。

そうですね。
一番大切な人を悲しませたくないから?なのかな?
ケンだけですね、私が最後の姿を知っているのは。
ケンも、もし体が動いたらきっと最後を見せなかったと
思います。
だから皮肉な運命だけど、最後まで一緒に居たのだと。
そう思いたいですね。

>そして私は今、猫アレルギーです。  グシュン。。(T_T)

それは、もしかしたら?飼っていたねこちゃんが
次に他のねこちゃんを飼わないようにと。
きっと焼きもちを妬いて、そうしてしまったのかも?
しれないですね。
2008-02-24 Sun 17:47 URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
ケンちゃん、大好きな雫さんのぬくもりを
少しでも感じていたかったのでしょうね。

母の実家にもネコがいました。
今年のこどもの日に静かに逝ってしまったそうですが
ほとんど動けなくなった後ろ足をひきずるようにして
近づいてニャーと泣いてくれた姿はやはり忘れられません。

ケンちゃんは深く雫さんを信頼し、深く愛していたのでしょうね。
雫さんの所にいられたことをきっと幸せに感じていたに違いありません。

すみません、この詩を読んでいて途中から
涙が止まりません。

村ポチして帰ります
2008-06-02 Mon 20:53 URL | はる #.zfh79b6[ 内容変更] | top↑
★ はる さんへ
ヾ(o・_●・)ノこんばんはぁ♪

>ケンちゃん、大好きな雫さんのぬくもりを
>少しでも感じていたかったのでしょうね。

この詩にコメントありがとうございます。
特別な思いで書いたものだから、嬉しかったです。
ケンはたくさん飼った、一緒に育った猫の中でも、特に印象が深い猫ですね。
ぬくもりをお互いに感じながら、育った、だから、最後も・・。

>母の実家にもネコがいました。
>今年のこどもの日に静かに逝ってしまったそうですが
>ほとんど動けなくなった後ろ足をひきずるようにして
>近づいてニャーと泣いてくれた姿はやはり忘れられません。

今年の、子供の日、ですか。。何か縁がありますね・・。
そうなの、足があまり動かなくてもやっぱり大好きな人の傍には行きたいんですね。
でも、その姿を覚えてもらっていて、猫ちゃんもよろこんで居ますよ。
家で亡くなる事は、こんな風に身体が弱ったときの猫ちゃんだけ?
私が猫の死を確実に知っているのは、ケンだけ。
他の猫は、どこかへ行ったまま・・。飼い主には自分の死を見せないから。

>ケンちゃんは深く雫さんを信頼し、深く愛していたのでしょうね。
>雫さんの所にいられたことをきっと幸せに感じていたに違いありません。

本当に仲が良かった。何故、帰ってくるのが分かるの?と家族から言われた。
ケンが玄関に行ったら、私が帰ってくるのだと、みんなが言っていたから。
私も幸せでしたね。人間と猫としてではなく、良く悩み事話しましたからww
静かに聞いてもらえるだけで、心が静まりましたから。

>すみません、この詩を読んでいて途中から
>涙が止まりません。

はい、私も、詩を読み返して、泣いてしまいました。
でも、そんなにも深く詩を読んでくれて、ありがとうございます。
応援何時も感謝です。また他の人に読んでもらえる機会が増えますね。
また行きますね、よろしく。
2008-06-03 Tue 18:27 URL | はる さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3