悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩「虹」
2017-04-14 Fri 00:00
4923104.jpg





「虹」




虹の国へ  渡っていった
空のかなた 優しい心のまま 
小さな体  つぶらな瞳
わたしを 残して


抱き締めたら 温もりをくれたね
いつの間にか かけがえのない命
見つめ合う瞳 安らぎをいつも
降り注ぐ愛 与えてくれたね






どれだけ泣いたら 忘れられるというの
忘れることなど ないと知らされた
命の重み いつまでもこの胸に
時を戻せるのなら 願うよ永遠に


空の上でも 笑顔でいてと
悲しまないで 心配してるよ
友達できたの 教えて欲しい
聞きたいな 今はどうしているの






呼んでおくれ お腹が空いたと
呼んでもいいよ 甘えたいとき
呼んでほしいな 寂しい時は
呼んでいるよな 声が聞こえる


聞こえるよ 笑い声が
聞こえたよ 大丈夫だよと
聞こえているよ 心配しないでと
聞こえて欲しい いつまでもそばに






安心しても いいのかな
泣かなくても いいのかな
少しは笑っても いいのかな
いつまでも思っていても  いいのかな


虹のかなたに 行ったけれど
心の中に 住んでいてくれた
いつも温めて あげるね
心のぬくもり 
いつもあなたが くれたのだから




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/0404追記
この詩の更新、先月から迷っていました。
永遠に蔵に入れてしまうか、
投稿して心が傷つく人がいないか?

今日桜を見てきました。
心を清めてくれる花、そう思いました。
花は何も語りませんが、人の心を慰めてくれます。

桜が教えてくれたような気がしました。
詩は慰めるために、書いたのでしょう?と。

詩を投稿することに決めました、私自身への詩でもあります。
ずっと一緒に暮らした、大切な心を持った,、かけがえのない命たちへの詩です。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 生命詩 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
<<幼子詩「おとうたん おかあたん あんがとう」 | 雫にサヨナラ | 希望詩「夢に向かって走れ」>>
コメント
★ 命っ!
存在を大切さを何気ない毎日の中では気が付きにくい
もので忙しさの中でも色んな事に感謝をしながら生活
を送りたいものですe-454
いつもありがとうございますe-454
2017-04-14 Fri 06:23 URL | SHIGE0651 #-[ 内容変更] | top↑
ずーっと一緒にいられるということはとても幸せなことですね。ただ、一方でずーっと一緒にいたせいで、仲が悪くなってしまうことも。もともと合わなかったといえばそれはそうなのかもしれませんが、どこかで別れた時に、その別れがどのようなな形によるものであれ、なんらかの痛みは感じます。
ましてや永遠の別れなら、なおさらですね。
記憶は美化されるものです。
実際かつ残酷なこというと、そこで別れていたほうが良かった面もあるのかもしれません。
一つ確かなのは、人間は自分の人生の大きな流れのなかで、それに従って生きる他ないということですね。
2017-04-14 Fri 10:07 URL | 八咫烏(冬眠中) #-[ 内容変更] | top↑
★ 思い出してました
雫さん、こんにちは(^^)/

「虹の橋を渡る」
といいますが、私はペットとのお別れで
『あ~今あそこ歩いてる?』
なんて思ったことがあります。

私が9割がた面倒見ていたのに、一番母に懐いていた
モルモット。
腰をけがしてしまい、私が学校に行っている間に母が
獣医さんに連れて行ってくれて、安楽死をさせてあげる
となったようで…
帰宅してごめんね…って涙が止まらなかったけど、
「大好きなお母さんに最期は見守られて幸せだね!」
って言ったら、母が号泣しちゃって…
その日、雨上がりに凄くキレイな虹が出てたんです。

ちょっと思い出させてくれた詩でした(o^―^o)ニコ
2017-04-14 Fri 13:57 URL | ☆あゆう☆ #-[ 内容変更] | top↑
生きていると
必ず訪れる別れ
そんな数々の別れを
想い出してしまいました。
それぞれの人に貰った
大切な想い出
大切に歩んで行かなくては
ならないですね!
雫さんはとても綺麗な心なんでしょうね~
心に染みる素敵な詩です。
2017-04-14 Fri 15:09 URL | happyヒロ #UKzbhhFA[ 内容変更] | top↑
★ SHIGE0651 さんへ 雫
こんにちは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> 命っ!
> 存在を大切さを何気ない毎日の中では気が付きにくい
> もので忙しさの中でも色んな事に感謝をしながら生活
> を送りたいものですe-454

いつも優しい心で、言葉を紡ぐ、SHIGE0651さんらしいですね。
身近にいる大切な存在に、感謝しながら共に暮らしている・・
その心の気高さに、いつも感じ入ります。

一人ではないその嬉しさ、忙しい中にも、守り守られている。
何よりも大切にされている、自分も家族の一員との思いが素晴らしいと。
そう考えさせられています。

> いつもありがとうございますe-454

こちらこそ、いつも温かな記事に、ホッとさせられています。
今後ともどうぞ宜しくお願いたします。
2017-04-14 Fri 16:41 URL | SHIGE0651 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 八咫烏(冬眠中) さんへ 雫
こんにちは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> ずーっと一緒にいられるということはとても幸せなことですね。

何かの縁で、
共に暮らし、一緒に助け合いながら、生きていくことは素晴らしいと思いますね。


>ただ、一方でずーっと一緒にいたせいで、仲が悪くなってしまうことも。

ありますね、
別々の環境で暮らしていたのですから、それは無理もないことだと思います。


> もともと合わなかったといえばそれはそうなのかもしれませんが、
どこかで別れた時に、その別れがどのようなな形によるものであれ、
なんらかの痛みは感じます。


違いを認め合うことが出来なくなると、
共に暮らすのは難しくなるでしょうね。
それが諍いのもとになり、
すれ違いの溝が埋まらないと、修復が難しくなるでしょう。

出会いがあるのですから、
当然別れもありますね、我慢の限界を超えてしまった場合も。
痛みを感じるぐらいなら、良いのですが、憎み合うなどの別れになる時も。


> ましてや永遠の別れなら、なおさらですね。

もう二度と、会うことも、話すことも、抱き合うことも、出来なくなる。


> 記憶は美化されるものです。

これは、その方が良いと思います。
永遠の別れの後もなお、傷つける言葉を吐くというのは、どうかと思います。

相手が悪いのだ、
だからこうなったのだ、と、言った所で、もう相手はいないのですから。
弁解の余地が無いのに、死して尚、責めるのはどうかと思います。

間違いかもしれませんが・・
美化したくないところがある場合は、自分の反省が足らないのではないかと思います。

私はいつも思うですが、自分はそれだけ偉い人間なのか?ということです。
自分が一つ引き、
相手をかばってあげることのできる、心の優しさや思いやりが足らないからこその
結果が自分に、今、降りかかってきているのだと思うようにしています。

屍に鞭を打っても仕方がないと思います。
屍に感謝する心を持てば、屍も、あの世で、反省するのではと思います。

> 実際かつ残酷なこというと、そこで別れていたほうが良かった面もあるのかもしれません。

別れは、いい意味で、再出発、そう思えば、そこには未来があります、共に。

> 一つ確かなのは、人間は自分の人生の大きな流れのなかで、
それに従って生きる他ないということですね。

難しいですね、従うという、言葉はあまり好きではないので・・
従わなくても、人生の生き方は、決められている、そんな気はします。

自分の性格、直しようがないのと同じで、生まれ変わっても、また同じ人生を送り
失敗をして、反省もするが、全く直っていないことを実感するような仕組みに。

禅問答のようなコメントになってしまい、申し訳ありません。。
いつも、考えさせられるコメントに、ハッとさせられます。

いいお返事が書けなかったことを、お詫びします。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
2017-04-14 Fri 16:45 URL | 八咫烏(冬眠中) さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ ☆あゆう☆ さんへ 雫
> 雫さん、こんにちは(^^)/

こんにちは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> 思い出してました
> 「虹の橋を渡る」
> といいますが、私はペットとのお別れで
> 『あ~今あそこ歩いてる?』
> なんて思ったことがあります。

え、そんなことがあったのですか、初めて聞きました。
とても興味深いです、もっと詳しく聞きたいと思います。

> 私が9割がた面倒見ていたのに、一番母に懐いていた
> モルモット。
> 腰をけがしてしまい、私が学校に行っている間に母が
> 獣医さんに連れて行ってくれて、安楽死をさせてあげる
> となったようで…
> 帰宅してごめんね…って涙が止まらなかったけど、
> 「大好きなお母さんに最期は見守られて幸せだね!」
> って言ったら、母が号泣しちゃって…
> その日、雨上がりに凄くキレイな虹が出てたんです。

その時の、経験でしょうか?最初に書かれていたことの。

お二人、家族に愛されていた、書かれていることを見て嬉しくなります。
いのちは、いつかなくなものですね、それは生きているすべてに等しく。

運命だったのでしょうね、でも、看取ってくれた人が居た。
それだけでも、
生まれ、そして、亡くなるときには、、幸せだったとおもいます。

悲しいのは、生まれた時も、亡くなった時も、誰もそばにいないこと。
喜びも、悲しみも、う
れし涙も、悲しい涙も、流してもらえなかった時だと。

その日の、雨は涙で・・そのあとの虹は、最後の別れを告げる道だと。
その途中、
立ち止まって、ありがとう その言葉を伝えるための道だと思います。

> ちょっと思い出させてくれた詩でした(o^―^o)ニコ

悲しませてしまい、申し訳ありません。

虹を渡り、遠くへ行ったけれど・・
今も・・心の中で生きていることを、ちゃんと住んでいることを。。

いつもコメント、応援ありがとございます。
今後とも、どうぞ、宜しくお願い致します。
2017-04-14 Fri 16:51 URL | ☆あゆう☆ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ happyヒロ さんへ 雫
こんにちは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> 生きていると
> 必ず訪れる別れ
> そんな数々の別れを
> 想い出してしまいました。

そうですね、命の宿命ですね。
いつか、旅の終わりが来て、お別れしなくてはならないことが。

> それぞれの人に貰った
> 大切な想い出
> 大切に歩んで行かなくては
> ならないですね!

出会いはとても大切ですね。
何かのご縁で、共に歩んで行くことになった。

その間の、想い出の数々は、掛け替えのないものとして・・
永遠に心に刻み、守っていきたいですね。

> 雫さんはとても綺麗な心なんでしょうね~
> 心に染みる素敵な詩です。

正直、心配していました。詩を投稿するの時。
無慈悲な言葉が返ってくることもあると、覚悟も。

でも、ずっと以前からいつかは書きたいと思っていました。
それを、そう言って頂いて、とてもありがたく感謝いたします。

正直、ホッとしています。ありがとうございます。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
2017-04-14 Fri 16:53 URL | happyヒロ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
生きていればいずれは別れも来ますが、
旅立った相手の事を思うのも、
また人情ですもんね~。
亡くなってしまえば肉体的な繋がりは途切れますが、
心の中では繋がっていると思うと素敵ですよね(´∀`)
2017-04-15 Sat 22:54 URL | ツバサ #-[ 内容変更] | top↑
★ ツバサ さんへ 雫
こんばんは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> 生きていればいずれは別れも来ますが、
> 旅立った相手の事を思うのも、
> また人情ですもんね~。

そうですね、それが人の良さだと思います。
その感情があるからこそ、人はある意味生きていけるのだと思います。

生きている間に、
どれだけ大切かを、互いに分かり合えるかが、大事だと思いますね。

> 亡くなってしまえば肉体的な繋がりは途切れますが、
> 心の中では繋がっていると思うと素敵ですよね(´∀`)

心は、無限大の広さを持っている、だからこそ消えて無くならないのだと。
その心の中に、そっと住んでいて、ある時急に、想い出として甦る。

その喜びや、悲しみが、人を人として、生かせてくれているような気がします。
その悲しさや、悔しさを、
涙を流すことによって、少しずつ薄めてくれている。

命の大切さを、教えてくれているのも、涙だと。
だから、
なくなった命も、、心のなかで、いつまでも生きていけるのだ思います。

いつも訪問、ありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いします
2017-04-16 Sun 01:22 URL | ツバサ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは
いつもコメントありがとうございます。
娘さん、突然の結婚のご報告だったのですね
うちの娘も、あやかりたいです。

この年になると、父母の世代も高齢になり
この1年で身近な叔父叔母が
3人も虹の国に旅立ってしまいました。
今まで、あまり意識したことはなかったのですが
それぞれに生きられた人生がどんなだったのかしらと
思うことがあります。
きっと虹の国からあたたかく見守ってくれているのでしょうね
優しい詩をありがとうございました。


2017-04-16 Sun 22:47 URL | keiko1203 #-[ 内容変更] | top↑
★ keiko1203 さんへ 雫
>こんばんは

こんばんは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> いつもコメントありがとうございます。

こちらこそ、いつも訪問、ありがとうございます。

> 娘さん、突然の結婚のご報告だったのですね
> うちの娘も、あやかりたいです。

はい、いつものように、ふたりでご飯を食べにファミリーレストランへ。
少しいつもと違って、様子が変だなとは思ったのですが・・。

急に、真顔で、話があると・・。
何かなと、思ったら、その話でした。

正直、安堵しました。
数年前、脳梗塞で入院し、万一再発した時の心配をしていたので。

そうなれば、娘に迷惑をかけると心配していたもので・・。
嫁いでくれたら、娘のことを気にかけなくて済むと、安心しましたね。

> この年になると、父母の世代も高齢になり
> この1年で身近な叔父叔母が
> 3人も虹の国に旅立ってしまいました。

私も、同じような心配をしていました、同じですね。
悲しみは、不思議ですが、続いてありますね、それもまた同じですね。

> 今まで、あまり意識したことはなかったのですが
> それぞれに生きられた人生がどんなだったのかしらと
> 思うことがあります。

もっと生前に話をしれいれば、聞いていればと思うことも。
でも、なかなか、それは叶わないことだと、思い直します。

> きっと虹の国からあたたかく見守ってくれているのでしょうね
> 優しい詩をありがとうございました。

きっとそうですよ、先祖、身内は私たちを見守り続けていてくれます。
それと同じように、きっといいご縁がありますようにと願っておられます。

私のように、ある日突然、「話があるのだけど・・」と、来ますよ。ww
そんな幸せなお話を、またいつか、聞きたいものですね。

優しい詩と、言ってくださって、本当に感謝したします。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
2017-04-17 Mon 00:54 URL | keiko1203 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
あまり詩に造詣無くてすみません.
でも、心に響く詩だと思います。
なーんと無く、ユーミンのヒコーキ雲を思い浮かべました。悲しい詩なんだけど、曲が明るくしてくれる良い歌ですわ。
2017-04-17 Mon 15:19 URL | onorinbeck #-[ 内容変更] | top↑
★ onorinbeck さんへ 雫
こんにちは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> あまり詩に造詣無くてすみません.
> でも、心に響く詩だと思います。

コメントありがとうございます。
詩を褒めて頂いて、感謝いたします。

> なーんと無く、ユーミンのヒコーキ雲を思い浮かべました。
悲しい詩なんだけど、曲が明るくしてくれる良い歌ですわ。

そうなんですか、
空の詩や曲なので、そう思われたのかもしれないですね。
「ひこうき雲」は、実は、とても悲しい歌です。

小学生からの同級生が、高校生になって、亡くなった。
その彼のことを、唄った詩、曲だと聴いています。

難病で苦しんでいた彼が、最後の最後、自分の意志で空に飛んで行った。
その名残を、ひこうき雲として、歌詞に、そして曲したと。

同じように、詩「虹」曲「ありがとう」も死が共にテーマになっています。
それを、気付かれ、そのように感じられたのだと思います。

同じように、
死を悼み、その死を悲しませないようにち、唄っているお二人。
荒井由実
(松任谷由実)さんと KOKIA さん、素晴らしい方達だと思います。

亡くなった大切な命、
愛された命、心にはいつまでも生きていると、伝えたかった。
その詩を、心に響くと言って頂いて、本当に感謝いたします。

ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
2017-04-17 Mon 16:24 URL | onorinbeck さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こんばんは、いつもありがとうございます<(_ _)>
こちらに返信させていただきますね。
私には高齢の父と母がいるので一番近い人との別れを50歳になって経験したことがありません。
愛犬も病気になってシニアと呼ばれる年代になってきて考えたくはないのですがいろんな別れが待ち受けている事実が怖いです。
できるなら避けて通りたい・・・のは私だけではないですよね(p_-)
最近ちょっとだめだめになってる自分がいます。
でも頑張らないとね(@_@。
雫さん、いつも応援ありがとうございます!
あたしも応援して帰りますね♪
2017-04-17 Mon 23:03 URL | kei #-[ 内容変更] | top↑
愛しい想いは、
自分の哀しみに比例すると思っています。
相手を失った時、
愛しい想いがあればあるほど、
哀しみも深く広がって溺れそうになる。
けれど、
楽しかった想い出も、
愛しい声も温かさも、
存在していた「音」も、
すべて綺麗にとっておけるのは、
自分の心の中だから。

哀しみで満たされてしまっていたら、
綺麗な想い出よりも、
哀しみの想い出になってしまうから。

ありがとう、
楽しかった、
大好きだよ、
時々心の中に会いにくるよ、
と、
きっと言っていると思います。

そう思う事で、
きっと自分も救われると思うのです。

そう私は思いたいです。

ポチッとして行きます。
いつもありがとうございます。

2017-04-18 Tue 00:23 URL | kirakiya.rumari #-[ 内容変更] | top↑
★ kei さんへ 雫
> こんばんは、いつもありがとうございます<(_ _)>

こんばんは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> こちらに返信させていただきますね。
> 私には高齢の父と母がいるので一番近い人との別れを
50歳になって経験したことがありません。
> 愛犬も病気になってシニアと呼ばれる年代になってきて考えたくはないのですが
いろんな別れが待ち受けている事実が怖いです。
> できるなら避けて通りたい・・・のは私だけではないですよね(p_-)
> 最近ちょっとだめだめになってる自分がいます。
> でも頑張らないとね(@_@。

コメントありがとうございます。
悩みや、恐れは、みな同じように持っていると思います。
自分自身だったり、
家族だったりと、私自身も同じように心配することがあります。

私自身で言うなら、入院などの身にならないよう、健康に注意することです。
当然ですが、家族がその時は支えてくれます。
しかし、
家族などが大変なことが分かるので、そうならないように注意をしたいとも。

しかし、今、
守るべき愛犬の家族ががそうなら、今最善の方法で、治療をする事だと。
医師などを信頼して、最優先にお願いするしか方法が無いと思います。

あまりいいお返事にならなかったと思います。お許しください。
先の不安は誰にもあります、でも、予測自体をあまりしない方がいいと思います。

あまり、心配ばかりしていると、ご自身が体調不良になってしまいます。
あまり無理をなさらないよう、お願いしたいのですが・・。

> 雫さん、いつも応援ありがとうございます!
> あたしも応援して帰りますね♪

こちらこそ、いつも訪問、感謝いたします。
応援、とても励みになります、ありがとうございます。
2017-04-18 Tue 01:35 URL | kei さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ kirakiya.rumari さんへ 雫
> 愛しい想いは、
> 自分の哀しみに比例すると思っています。
> 相手を失った時、
> 愛しい想いがあればあるほど、
> 哀しみも深く広がって溺れそうになる。
> けれど、
> 楽しかった想い出も、
> 愛しい声も温かさも、
> 存在していた「音」も、
> すべて綺麗にとっておけるのは、
> 自分の心の中だから。
>
> 哀しみで満たされてしまっていたら、
> 綺麗な想い出よりも、
> 哀しみの想い出になってしまうから。
>
> ありがとう、
> 楽しかった、
> 大好きだよ、
> 時々心の中に会いにくるよ、
> と、
> きっと言っていると思います。
>
> そう思う事で、
> きっと自分も救われると思うのです。
>
> そう私は思いたいです。

コメントありがとうございます。
お返事遅くなり申し訳ありません。

全くの同意見です、同じ気持ちでいることがとても嬉しいです。
自分の心の中にだけは、ずっと住んでいてほしい、その願いのままです。

良いことも、
そうではなかったことも、何もかもを全て閉じ込めておきたい。
悲しみの大きさや苦しさは、
深く愛したからこそ、刻み込まれていると。

消すこともない、
消そうとも思わない、自分の心の中の奥深い所の、秘密の箱にしまい込んでいく。
そのことで、
逢いたい時、逢いに来てくれた時に、秘密の箱を空けることが出来るのだと。

誰にも知られたくない、自分一人だけの大切な思いを、いつまでも心に。
そう私も思いたいですね。

> ポチッとして行きます。
> いつもありがとうございます。

応援ありがとうございます。
こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願いたします。
2017-04-18 Tue 01:56 URL | kirakiya.rumari さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 感謝の気持ちは忘れがちに・・
こんばんは~雫さん~
やっとコメント書ける落ち着いた時間が
きました。
遅くなりました・・・すみません~

命は人から思う事も動物から思う事も
同じなのではないのかな~って思います。

どんなに頑張っても動物の命の長さは
ある程度決まってるし人間のほうが何もなければ
長生きですものね~
虹の橋へ渡るときもきっと動物さんたちは飼い主さんへ
今までありがとう~って感謝してると思うし
普通に生活している限りちゃんとお空から見守ってくれてる
と思ってます。
人も毎日の生活の中で笑い有り心を癒してくれて
最後には今までありがとう~って言いますもの~
自分も11年前に虹の橋へ旅立った子がいます。
抱かれる事がとっても嫌いなワンちゃんでしたが
最後は私の腕の中で息を引き取りました。
肺炎で三日目でしたがそれは泣いて泣いて
仕事中にも泣けてきて・・・辛かった事・・
誰もできなかったこと動物たちは与えてくれました。
最後にもう一度ありがとう~と感謝の気持ちを伝えました。
いつまでも泣いていると虹の橋へ行った子達を悲しませることに
なるのでもう泣かないと決めて元気に明るく生活しています。
やはりいつも思うのは感謝この言葉忘れないようにしたいです。

2017-04-20 Thu 20:47 URL | よっこたん #ZMnQA7pQ[ 内容変更] | top↑
★ よっこたん さんへ 雫
感謝の気持ちは忘れがちに・・
> こんばんは~雫さん~
> やっとコメント書ける落ち着いた時間が
> きました。
> 遅くなりました・・・すみません~

こんばんは、お返事遅くなり申し訳ありません。
こちらこそ、いつも訪問、ありがとうございます。

> 命は人から思う事も動物から思う事も
> 同じなのではないのかな~って思います。
> どんなに頑張っても動物の命の長さは
> ある程度決まってるし人間のほうが何もなければ
> 長生きですものね~
> 虹の橋へ渡るときもきっと動物さんたちは飼い主さんへ
> 今までありがとう~って感謝してると思うし
> 普通に生活している限りちゃんとお空から見守ってくれてる
> と思ってます。

そうですね、私もそう思っています。
私も大切に家族として育った仲間がたくさんなくなりました。
そして、困った時、いつも見守り、助けてくれたと、真剣に思っています。

> 人も毎日の生活の中で笑い有り心を癒してくれて
> 最後には今までありがとう~って言いますもの~
> 自分も11年前に虹の橋へ旅立った子がいます。
> 抱かれる事がとっても嫌いなワンちゃんでしたが
> 最後は私の腕の中で息を引き取りました。

そうだったのですか、悲しいですね。
最後の最後に、腕の中で、息を引き取ったのですか・・。

あまりにも、悲しい最後であり、別れですね。
でも、それが、最後には抱き締めて貰ったまま、なくなるという・・。

運命にも似た、不思議を禁じえませんね。
抱き締めてもらうこと、抱き締めてあげることの、最初で最後とは。

> 肺炎で三日目でしたがそれは泣いて泣いて
> 仕事中にも泣けてきて・・・辛かった事・・
> 誰もできなかったこと動物たちは与えてくれました。

命には、小さいとか思いとか、大きいとかの区別はありません。
共に、家族だったことで、
その悲しみは、永遠に自分の心の中にしまい込まれますからね。

> 最後にもう一度ありがとう~と感謝の気持ちを伝えました。
> いつまでも泣いていると虹の橋へ行った子達を悲しませることに
> なるのでもう泣かないと決めて元気に明るく生活しています。

供養という意味では、泣いてお別れを伝えてあげることが一番だと思います。
きっと、その瞬間はそばにいて、
その悲しみを、感謝と別れの寂しさを抱いて、行きますから。

> やはりいつも思うのは感謝この言葉忘れないようにしたいです。

共に、一緒に生きるという、運命を共にした、大切な家族ですものね。
感謝の気持ちをお互いに、
今もそして、いつまでも胸に大切に仕舞ってあげたいですね。

大切な思い出のコメントを、書いて頂き、本当にありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
2017-04-21 Fri 00:10 URL | よっこたん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ おひさしぶりです
すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません
「泣き虫ピエロ」へのコメントをありがとうございました
その置きっぱなしで 書くことの情熱もわかず放置しっぱなしでした。
人は頭で考えることと 心の中には別人が住んでいるのではないだろうかと進もうとする軌道を心の憶測では反対のこうどうにでてしまう。 そんな状態が続いていました。
自分自身をコントロールするのが一番難しかったです。
 何も考えず 漂う季節に身を任せていると 葉が一枚一枚落ちるように心の澱が 体から抜け落ちてくるように感じることがあります。 何かをすべて変えようとするのではなく抜け落ちた場所から外の風を入れることでも新鮮な何かを手に取ることができるのかもしれません
ありがとうございました
2017-04-23 Sun 00:13 URL | sara #373Rzr2.[ 内容変更] | top↑
心を 打たれる詩ですね・・・
去年の 12月に お空に旅立った
BiBi を 思いました。

みんな 悲しみを経験したなら
心に 染み入る詩ですね
そして 暖かい気持ちにさせて
いただきました どうもありがとうございました★
2017-04-23 Sun 00:28 URL | panther 375 #FA4z9O9E[ 内容変更] | top↑
★ sara さんへ 雫
こんにちは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません
> 「泣き虫ピエロ」へのコメントをありがとうございました
> その置きっぱなしで 書くことの情熱もわかず放置しっぱなしでした。

忙しいとのことだったので、
あまり負担をかけてはと思い、今になっていましたね。
詩を書いたり、
ブログをする時間が、少しはできるようになったのでしょうか?

> 人は頭で考えることと 心の中には別人が住んでいるのではないだろうかと
進もうとする軌道を心の憶測では反対のこうどうにでてしまう。 
そんな状態が続いていました。
> 自分自身をコントロールするのが一番難しかったです。

ありますね、そんな時が、ブログをする気にもならなく、詩も書きたくないような・・
何もかもが、中途半端になってしまう時期があるものですね。

>  何も考えず 漂う季節に身を任せていると 
葉が一枚一枚落ちるように心の澱が 
体から抜け落ちてくるように感じることがあります。 
何かをすべて変えようとするのではなく
抜け落ちた場所から外の風を入れることでも
新鮮な何かを手に取ることができるのかもしれません
> ありがとうございました

葉は、新芽となり、育ち青葉となる、
しかし、季節が過ぎると、その役目を終える。
樹には、
花を咲かすもの、実を付けるもの、紅葉になって目を楽しませるもの・・。
色々と役目があります。

新芽を出す季節ではないでしょうか、
詩もブログも気分一新して、再開を待っていると。
いつものように、
優しい言葉、理不尽さに立ち向かう姿を、また拝見に行きますね。
2017-04-23 Sun 16:54 URL | sara さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ panther 375 さんへ 雫
こんにちは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> 心を 打たれる詩ですね・・・
> 去年の 12月に お空に旅立った
> BiBi を 思いました。

そうだったのですね、
悲しい新年を迎えられたのですね。
私も、昔々、
悲しい別れをしたことがあります、忘れたことはないですね。

> みんな 悲しみを経験したなら
> 心に 染み入る詩ですね
> そして 暖かい気持ちにさせて
> いただきました どうもありがとうございました★

この詩を書くときに、
誰かを悲しませないか、傷つけないかを考えました。
詩が出来上がってから、
投稿まで、ひと月以上、悩み、そして決断しました。

私の大切な家族の為の、詩でもありましたから・・。
そう言って頂ければ、本当にありがたく思います。。
2017-04-23 Sun 16:56 URL | panther 375 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3