悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩 「キンコンカンコン」
2017-01-28 Sat 13:03
23745678.jpg




「キンコンカンコン」



桜咲く季節 ぼくは新品 小学校って 名前になった
きみたち ぴかぴか一年生 期待と不安 胸にいっぱい
親もきみたち いっしょだね ともだち できるかな できるといいな
ほんとはね ぼくも仲良くできるといいな そんな気持ちでいたんだよ


始業式 ちっちゃな足を踏みしめて 校門くぐって やって来た
最初は 迷子になったよね 教室どこだ 図書室どこに
転んで泣くな 笑って進め 未来を創れ 自分を信じて
勉強運動頑張って ぼくも暴風強風 きみたち守る




失敗いっぱい したらいい それが勉強 心に残る
泣いちゃ いけない 笑顔になぁれ 元気なきみが 一番好きだ
一年一年 大きくなぁれ 下の子教えて あげなさい
負けそになったら 応援するよ 鐘を鳴らして キンコンカンコン


運動会 雨雲さんは どっか行け 白組頑張れ 赤組負けるな
玉入れ 騎馬戦 綱引きに 駆けっこパン食い 借り物競走
疲れたころに お弁当 みんなと交換 玉子焼き
味が違うぞ びっくりだ 砂糖が入って おいしいな



みんな大好き お休みが ぼくは淋しく 大嫌い
真っ黒くろすけ 帰っておいで 早く9月にならないか
来た来たみんなが やって来た ばんざいみんな 元気でよかった
少しの間に 大きくなった 嬉しくって 泣きそうだ


あれから 何年経つのだろう ぼくも少し古くなったよ
幾度の入学 卒業式 歌声 歓声 笑顔に涙 一杯見てきた
なんだか少し 淋しいな 子供が少なく なったから
このごろ 泣く子が多くて心配だ 元気なあの子も べそかいた
  



入学式は 大好きだ 笑顔のきみに 会えるから
卒業式は 悲しいな 笑顔のきみが 泣いているから
ぼくも泣き虫 淋しがりや 年々人が 少ないな
そんなときに 知ったんだ 聞きたくなかった あの言葉


校長先生 校庭で 僕を見上げて 泣いていた
どうしたのかな なにがあったの 心配不安 胸に一杯
誰かけがを したのかな 誰か 病気になったかな
ポツリと 声が聞こえたよ 今までずっと ありがとう




それでわかった みんながね 泣いてる意味が わかったよ
まだまだ 一杯頑張れる シロアリだって 追い出した
雨漏り時々 するけれど 大工さんが 直したよ
だから 聞きたくなかった あの言葉 耳をふさぐよ


足音が聞こえないね じゃ ぼくの泣き声も きみたちに 聞こえないね
ありがとう 元気でね また会える日を楽しみに 待ってるからね
大きくなって 戻っておいで 彼氏も彼女も子供も孫も連れて来て
壊されるその日まで 鐘を鳴らして待ってるよ キンコンカンコン キンコンカン



19120722.jpg

作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記2017/01/28
廃校の詩です、少し悲しい詩です。
実は、私の小学校が数年前に廃校になりました。
そして、この間、もうすぐ取り壊しの説明会が・・と。
そんな説明文が家に投函されていました。

長年、子供たちを守り、見守ってくれた学校に。
感謝の気持ちで書きました。
小学校さん、
気づいてくれるかな、読んで欲しいなと、思っています。

そして、実は、今夕、家族の集まる日なんです。
息子と娘と私の誕生日の直近の良い日に。
そして、娘婿も勿論一緒に4人で食事。
私と息子、そして娘を育んでくれた小学校・・
帰り道に小学校に寄りたいと思います。
大きくなった、息子と娘、そして結婚した彼氏も。
みんなで、今までありがとうと、伝えたいと思います。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。。
別窓 | 生命詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
<<女心詩「涙の欠片」 | 雫にサヨナラ | お詫びとお礼のご報告です。>>
コメント
★ 雫さんへ!!
こんにちは!
実は最後まで廃校の詩とは思いませんでした。「命の大切さ」を詠いあげられたのかと思いました。

校長先生が泣いている・・・ここで初めて小学校が廃校になるということがわかりました。私の近所でも、4校が2校に減らされました。いままた、隣り町でも半減を協議しています。

在校生はもちろん、校長先生、先生方、卒業生のお方の気持ちが雫さんの詩で完全に説明されています。!

泣いたり、笑ったり、けんかしたり、運動会で美味しい弁当を食べながら、他人の弁当がちぃと気になったりしたころが見事に学校への切ない思い出と成って詠われています。泣)

上の詩が悲しく重なってきますね。虐めや病や一人っ子の寂しさに負けてこの世から消えていった人・・・少子高齢化の社会で、尤も気をかけなければならない、自己と他者への思いやりが欠けてくると自然と子供が少なくなってきます。泣)

人の命は神様や仏様から授かった、尊い命です。!敬い、愛し合い、信じあって生きなければなりません。
「死んではいけません」!物も、肉体も守り、守られ存在して初めて価値があります。
廃校という無常に耐えて詠い上げた高い心情は現代への警告ともとることができました。

病身の私にはとくに強く心に響き残る、悲しくも純愛の詩でもあり感激いたしました。☆!!!
2017-01-28 Sat 15:50 URL | 荒野鷹虎 #JyN/eAqk[ 内容変更] | top↑
とても優しい詩をいただきました。

これは生命詩のカテゴリーに入っているところが、とても感慨深いです。

いや、実際に、寿命があるのは生物だけではないです。

物も形がある以上はやがて朽ち果てるのでしょうが、ならば物も生物と同じように、どのように在ってどのように滅びたかがとても重要になるのだと思います。

つい昨今、親しい人を亡くした際、最後にどれだけ多くの人たちが、その亡くなった人に対して思いを馳せるかというのが、やはり一つの尺度になるのかなと思いました。

そうやって考えてみると、学校というのは、多くの人々の記憶に残る分、やはり恵まれているといえるのではないでしょうか。

そして、記録の上でも永久に消えることがありません。

ある意味、思い出とともに永遠に生を賜ったといえなくもないですよね。

不思議と、私は今回の詩、長いつとめを終えて土に帰るであろう学校がうらやましいなと思ってしまった次第でございます。
2017-01-28 Sat 16:46 URL | 八咫烏(冬眠中) #-[ 内容変更] | top↑
とっても良い詩ですね。。。。。
そうなんだ、廃校の詩だったんだ。
自分が育った小学校が無くなってしまうというのは、
とっても悲しいですよね。
僕のブロ友さん、香川で廃校になってる学校の写真を撮ってます。そこの卒業生に見てほしいという意味でね。
2017-01-28 Sat 20:14 URL | onorinbeck #-[ 内容変更] | top↑
★ 廃校~
こんばんは~雫さん~

私が小学校を転校した学校が山奥ににある
分校みたいでした。
自然が豊かで冬は積もった雪でスキーしたり
冬の寒い時期は薪ストーブの上にお弁当箱乗せて
温めて食べたり虐めなんて全くありませんでした。
古い話ですが・・・そこを離れて何年かで廃校になりました。
今思えば先生&お友達&近所の皆様の大きな支えが
あり豊か教育受けられたんだと思います。
本当に数年でしたが卒業まで居たかったな~って
おもいます。
いまではこんな暖かい学校は少ないことでしょうね~
雫さんもそんな素敵な学校に皆様ご家族が感謝を
そんな素晴らしい思いきっと伝わると思います(´∀`*)
2017-01-28 Sat 21:28 URL | よっこたん #ZMnQA7pQ[ 内容変更] | top↑
★ こんにちわ
私去年同窓会に行きました
その時聞いたのですが今年私達の小学校も廃校になるそうです
寂しいですね~お気持ちお察しします
宿泊施設や道の駅になっている学校もあるとか。。。
子供達の声が聞こえそうな優しい文章が素敵です
2017-01-28 Sat 23:20 URL | ikuko #-[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎 さんへ 雫
> こんにちは!
> 実は最後まで廃校の詩とは思いませんでした。「命の大切さ」を詠いあげられたのかと思いました。
>
> 校長先生が泣いている・・・ここで初めて小学校が廃校になるということがわかりました。
私の近所でも、4校が2校に減らされました。いままた、隣り町でも半減を協議しています。
>
> 在校生はもちろん、校長先生、先生方、卒業生のお方の気持ちが雫さんの詩で完全に説明されています。!


こんばんは、今帰りました、お返事遅くなり申し訳ありません。
そう、これは廃校の詩なんです、紛らわしくてすいません。
実は、廃校は日本各地で聞いていましたが、
我が母校の話を聞き、ショックでした。
各学年、全て一クラス、25名前後、
全校生徒150名前後でしたから・・
ありえる話だと、覚悟はしていましたが、悲しかったですね。
大阪の衛星都市として、栄えた市ですが、
今では高齢者の市となりました。

でも、無くなろうとも、我が母校には変わりはありません。
だからこそ、私を含めた子供を守り育ててくれた小学校、
大好きだったS先生が居た教室も
全てが近日、無くなろうとしています。
今日、写真をたくさん撮って来ました、
勿論、外からですが・・
可哀想に、雑草は生え、植物が枯れ、
校門の郵便ポストも無くなっていました。

でも、昔から見守り続けてくれた、
そのままそこに居てくれました。
壁をさすり、鉄の門に触れ、
そっと来た事を伝えてきました。
泣くことも、怒る事も出来ない、ただ昔同様、来たの?元気?と語りかけてくれるようでした。
何も出来ないけれど、皆と同じく、ありがとう、と、心から伝えて来ました。
もしも、壊される日が来たら、とても見ることは出来ないと思います。
他の人々も、きっとそうだと思います、
人も物も、なんら変わりはしないのですから。

> 泣いたり、笑ったり、けんかしたり、運動会で美味しい弁当を食べながら、
他人の弁当がちぃと気になったりしたころが見事に学校への切ない思い出と成って詠われています。泣)
>
> 上の詩が悲しく重なってきますね。虐めや病や一人っ子の寂しさに負けてこの世から消えていった人・・・少子高齢化の社会で、尤も気をかけなければならない、自己と他者への思いやりが欠けてくると自然と子供が少なくなってきます。泣)

お弁当、詩に書いた玉子焼き、実は、逆で、うちの家が砂糖入り、
友達がそのままの味で、びっくり。
こんな、ことも、最近で教室で食べ、
家族は入れない、おかしな理由で決めたようです。

一人で、または誰も来ないからこそ、
一緒に呼んで、家族同様に助け合って食べたらいいことなのに・・
そんなことさえも、出来ない、
無機質な心しか持てない教員、学校関係者が増えたと言うべきでしょう。
自分がそれをすれば、公平性に欠ける、問われると、言い訳ばかり、
虐めを見ても知らんふりと、
同様の心理でしかありません。

> 人の命は神様や仏様から授かった、尊い命です。!敬い、愛し合い、信じあって生きなければなりません。
> 「死んではいけません」!物も、肉体も守り、守られ存在して初めて価値があります。
> 廃校という無常に耐えて詠い上げた高い心情は現代への警告ともとることができました。
>
> 病身の私にはとくに強く心に響き残る、悲しくも純愛の詩でもあり感激いたしました。☆!!!

書かれている通りだと、私も思います。
命ほど、尊いものは無い、掛け替えの無いものはない。
廃校ではなく、子供たち、地域のことを考えれば、
図書館など、みんなが集える施設にもできるはず。
食事を取れない家庭も、帰っても誰も居ない家、
勉強したくても習うお金が無い子供・・
もと、教員も、栄養士も、保育士も、
市が本当にみんなのことを考えれば出来ることが一杯あるのにと。

子供が少ない、教員の給与が無駄、
建物を壊し売却し、目先の金の算段だけ。
悲しいですが、頭脳も知恵も、未来への展望も、
何も持たない者ばかりの町になったようです。

温かなコメントありがとうございました。
今度ともどうぞよろしくお願いいたします
2017-01-28 Sat 23:25 URL | 荒野鷹虎 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 八咫烏(冬眠中) さんへ 雫
> とても優しい詩をいただきました。
>
> これは生命詩のカテゴリーに入っているところが、
とても感慨深いです。
> いや、実際に、寿命があるのは生物だけではないです。
> 物も形がある以上はやがて朽ち果てるのでしょうが、ならば物も生物と同じように、
どのように在ってどのように滅びたかがとても重要になるのだと思います。

最初から、嬉しいコメント、ありがとうございます。
生命詩は人だけでなく、動物も植物も機械などの製作物も全て含んで
生命詩としています。全て心があり、意思があり、感情があると・・
しかし、それを伝えることが出来ない・・でも、受け止めることが出来る人に、
しようとする気持ちを持った人になりたい、その一部でもいいから書きたいと思っています。

> つい昨今、親しい人を亡くした際、最後にどれだけ多くの人たちが
、その亡くなった人に対して思いを馳せるかというのが、
やはり一つの尺度になるのかなと思いました。
> そうやって考えてみると、学校というのは、多くの人々の記憶に残る分、
やはり恵まれているといえるのではないでしょうか。

亡くなった時、その最後に立ち会いたい、と思わせられる方は
人としての道を、生きている間、真正直に成し遂げられた方なのでしょうね。
とても素晴らしい、人として生前を全うされたのだと。

学校もまた、素晴らしく生きてきた、子供たちと過ごし、守ってくれたと・・
在校生だった私も、その一人として、ありがとう、と感謝の言葉を伝えたいです。

> そして、記録の上でも永久に消えることがありません。
> ある意味、思い出とともに永遠に生を賜ったといえなくもないですよね。
> 不思議と、私は今回の詩、長いつとめを終えて土に帰るであろう
学校がうらやましいなと思ってしまった次第でございます。

確かにそうですね、いつかは全て土となる。その運命です。
きょう、学校を見、建物を見るにつけて、やはり学校はまだ生きたがっていると思いました。
奇跡がおこり、図書館などを含む、総合施設に生まれ変わってくれたらな、と。
コメントありがとうございました。
2017-01-28 Sat 23:53 URL | 八咫烏(冬眠中) さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
昔見た「ハーメルン」という映画を思い出しました。
福島の廃校になった小学校でロケされた作品です。
大きなイチョウの木が美しく、
きっと雫さまの小学校も思い出の中の風景として、
ずっと心の中に残るものなのでしょうね。
次男の高校も彼の卒業と同時に統合で閉校になりました。
入学の時からわかっていたのにあえて選んだのです。
大阪府で一番標高の高いところにあった高校、
今はきっと雪景色でしょう。
2017-01-29 Sun 00:52 URL | たんぽぽ・ママ #IUc1ipe6[ 内容変更] | top↑
★ onorinbeck さんへ 雫
> とっても良い詩ですね。。。。。
> そうなんだ、廃校の詩だったんだ。
> 自分が育った小学校が無くなってしまうというのは、
> とっても悲しいですよね。
> 僕のブロ友さん、香川で廃校になってる学校の写真を撮ってます。
そこの卒業生に見てほしいという意味でね。

> とっても良い詩ですね。。。。。
> そうなんだ、廃校の詩だったんだ。
> 自分が育った小学校が無くなってしまうというのは、
> とっても悲しいですよね。
> 僕のブロ友さん、香川で廃校になってる学校の写真を撮ってます。
そこの卒業生に見てほしいという意味でね。

訪問、コメントありがとうございます。
そうなんです、廃校の詩ですね、自分の母校の。
うわさはあったのですが、こんなにも早く、
そして取り壊し?になるとは。
詩を読んで頂ければ嬉しいですね。
悲しみを知り、その目で写真を撮っているのだと思うからです。
2017-01-29 Sun 01:16 URL | onorinbeck さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ よっこたん さんへ 雫
> こんばんは~雫さん~
>
> 私が小学校を転校した学校が山奥ににある
> 分校みたいでした。
> 自然が豊かで冬は積もった雪でスキーしたり
> 冬の寒い時期は薪ストーブの上にお弁当箱乗せて
> 温めて食べたり虐めなんて全くありませんでした。
> 古い話ですが・・・そこを離れて何年かで廃校になりました。
> 今思えば先生&お友達&近所の皆様の大きな支えが
> あり豊か教育受けられたんだと思います。
> 本当に数年でしたが卒業まで居たかったな~って
> おもいます。
> いまではこんな暖かい学校は少ないことでしょうね~
> 雫さんもそんな素敵な学校に皆様ご家族が感謝を
> そんな素晴らしい思いきっと伝わると思います(´∀`*)

こんばんは、コメントありがとうございます。
書かれているイメージが、絵になるようです。
ストーブの上にお弁当、私もしたことがあるので。
ただ、遠足が中止になった、冬の学校のわずか一日ですが。
虐めなんてない、良い学校だったのですね

本当は、それが当たり前にならないといけないのですが・・
そうならないから、問題が起こってしまう。

分校、そのままで各地に学校を再生すればいいのかも。
国?市?は、まとめて教育をしようとするから・・
少人数だから、廃校とか、してしまうのでしょうね。
子供は物じゃない、数が多いから良いというものでもない。
それなら、学校100人以下で、家から近くてアットホームなもので
出来る方法もいけるようにすれば、成功するかもしれませんね。

勿論、良い先生が絶対条件ですが。
このMVにあるように、生徒23人でも、地域から慕われ、応援されれば
とても充実した学校生活が出来る可能性のほうが高いと。
マンモス校のように、果物の一山いくらのうような教育のほうが
いけないのかも、知れないですね。

卒業したかった、分かります、私もそんな学校のほうがいいですから。
子供たちには、安心して、学び遊べる環境を与えあげたいですね。
2017-01-29 Sun 01:34 URL | よっこたん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ ikuko さんへ 雫
> 私去年同窓会に行きました
> その時聞いたのですが今年私達の小学校も廃校になるそうです
> 寂しいですね~お気持ちお察しします
> 宿泊施設や道の駅になっている学校もあるとか。。。
> 子供達の声が聞こえそうな優しい文章が素敵です

お返事遅くなりました、申し訳ありません。
そうなんですか、同じく廃校なんですか・・。
なんだか、何かのブームみたいでいやですね。
子供たちが少なくなっている、証拠ですね。

再利用されている学校もあるのですね、それはいいことだと。
同じく、生きてきたのだから、同じく元気に再出発して欲しい。
そう思うのは、誰しも同じだと。物も生きているのです。

久しぶりに書けてホッとしています。
数編を書いたのですが、納得いかず、パソコンの中へ。
いつか学校と同じく、再出発させてあげたいです。
2017-01-29 Sun 01:41 URL | ikuko さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ たんぽぽ・ママ さんへ 雫
> 昔見た「ハーメルン」という映画を思い出しました。
> 福島の廃校になった小学校でロケされた作品です。
> 大きなイチョウの木が美しく、
> きっと雫さまの小学校も思い出の中の風景として、
> ずっと心の中に残るものなのでしょうね。
> 次男の高校も彼の卒業と同時に統合で閉校になりました。
> 入学の時からわかっていたのにあえて選んだのです。
> 大阪府で一番標高の高いところにあった高校、
> 今はきっと雪景色でしょう。

お返事遅くなって、申し訳ありません。
たんぽぽ・ママ さんのところも閉校なんですね。
なんだか、本当にいやになってきますね。
きっと、金銭の関係が一番問題で管理できないとかなのでしょうね。

イチョウの木、昔聴いた話では、防火と食料の確保もあったと。
でも、人を守ってきてくれたのですね、色々な理由で。
私の学校は、珍しく?
椰子の木が玄関に、他の学校もそうなのだろうか?
すっかり悲しい顔をしていました。年を重ねたのですね。
でも、まだ生きていました。嬉しかったですね。
イチョウも、椰子の木も、長生きしてくれたらいいですね。
2017-01-29 Sun 01:56 URL | たんぽぽ・ママ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
卒業すると学校は行かなくなりますよね。
高校は何度か卒業後に部活関係で行きましたがそれも数回。
歴史の古い学校で校舎も昔の造りでした。

古い学校のトイレって、個数が多くて和式じゃないですか。
洋式は一番前のひとつだけ(笑)
小中高とずっとそういう造りの学校だったせいもあって、
外のトイレは和式を選んで入るんです、今でも。
現代ではもはや和式トイレの使い方が分からないという子が多いと聞いて、
ちょっとショックです。
和式は和式で良さがあるんですよね、長く居ると足が痺れるけれど。


思い出の学校が壊されるというのは仕方ないと分かっていても切ないですね。
2017-01-29 Sun 15:30 URL | ハル #-[ 内容変更] | top↑
泣きそうになりました。

>まだまだ 一杯頑張れる シロアリだって 追い出した
>雨漏り時々 するけれど 大工さんが 直したよ

ずっとずっと良い子で、最後にはやっぱり自分の運命を受け入れるような言葉を言っていますが、ここが本心なのかな。まだまだいっぱい頑張れるよね。頑張りたいよね。と思うと本当に苦しくなりました。
私の身近で、廃校という話はまだ聞いたことがありませんが、校舎って、その地で子供たちをずっと見守ってくれていて、人よりもたくさんの出会いと別れを繰り返していて。
あたたかい場所だなぁと改めて感じました。

そして先日読んだ、寿命図鑑という本を読み返したくなりました。
動物、植物、食物、建築物・・・。
様々な物の寿命が書かれた本ですが、数字の羅列としてしか認識していませんでした。
今なら、違う読み方ができる気がします。
雫さんのおかげですね。

それでは、長くなってしまいましたが、この辺で。
2017-01-29 Sun 21:59 URL | 沙紅羅 #-[ 内容変更] | top↑
★ ハル さんへ  雫
> 卒業すると学校は行かなくなりますよね。
> 高校は何度か卒業後に部活関係で行きましたがそれも数回。
> 歴史の古い学校で校舎も昔の造りでした。
>
> 古い学校のトイレって、個数が多くて和式じゃないですか。
> 洋式は一番前のひとつだけ(笑)
> 小中高とずっとそういう造りの学校だったせいもあって、
> 外のトイレは和式を選んで入るんです、今でも。
> 現代ではもはや和式トイレの使い方が分からないという子が多いと聞いて、
> ちょっとショックです。
> 和式は和式で良さがあるんですよね、長く居ると足が痺れるけれど。
>
> 思い出の学校が壊されるというのは仕方ないと分かっていても切ないですね。

お返事遅くなってすいません。コメントありがとございます。
卒業したら、確かに行きませんね、部活で行かれたんですか?なに部だろう?
私は、中学のほんの一時期だけ、卓球部でした。でもラケットに玉が当たらないので
面白くなくて、自分ひとりで近くの堤防を走っていました。ww
そして、誰も呼びに来なくなり、自然退部になりましたww

そういえば、私の勤めていた施設は、元学校を改造し
、図書館とか、貸し出しの部屋、体育館、運動場、
多目的室、などあり、確かにトイレがそうでしたね。

和室トイレが分からない?、
そうなんだ、外国の方が、戸惑うと聞いたことがあるけれど
まさか日本人がそうだとは・・・。
不動産関係に勤めているとき、外人の方が来て、マンションで
、和室トイレを希望されて・・
でも、見つけて紹介しましたよww大阪の四条畷にありました。。

和室トイレは、運動部の人が絶対に利用したら良いと思いますね。ww

学校をつぶすよりも、私が勤めていたような施設にしたら、と、思います。
地域の人が使い、子供たちをお年寄りが、
例えば折り紙を教えたり、おもちゃ、自転車の修理を
教えたり、簡単な食事ができて、
子供たちが安全にすごせるようにしてあげればと、思うのですが。。

壊すしか脳が無い、
また分譲マンションのために土地を売るのでしょうが、
知恵が足らないと思いますね。
2017-01-29 Sun 23:36 URL | ハル さんへ  雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 沙紅羅 さんへ 雫
> 泣きそうになりました。
>
> >まだまだ 一杯頑張れる シロアリだって 追い出した
> >雨漏り時々 するけれど 大工さんが 直したよ
>
> ずっとずっと良い子で、
最後にはやっぱり自分の運命を受け入れるような言葉を言っていますが、
ここが本心なのかな。まだまだいっぱい頑張れるよね。
頑張りたいよね。と思うと本当に苦しくなりました。
> 私の身近で、廃校という話はまだ聞いたことがありませんが、
校舎って、その地で子供たちをずっと見守ってくれていて、
人よりもたくさんの出会いと別れを繰り返していて。
> あたたかい場所だなぁと改めて感じました。

コメントありがとうございます。
詩の宣伝を書き込んで、お返事があったので、
恋愛の詩じゃなかたから、いけなかったかな・・と、思っていたら・・
こんな嬉しいコメントが書いてあって、びっくりしました。

実は、自分でも書いていて、泣きそうになりましたww

私は、動物も、植物にも、機械、製品も、
人間同様に心があるのではと思っているんです。

だから、こんな風に言葉にできました。
心をこめてみんなを待っているし、心配も、喜びも
、悲しみも一緒に感じてくれているのでは?と。
風雨からも、子供たちを守り、見守るのが生まれてきた自分の使命だと。
だから、小学校という名前をつけてもらったと、きっと思っているのだと。

自分が生まれてきた使命を、一生懸命に守る喜びと、果たせなくなる悲しみを・・
きっとこう思っているのでは、と、代わりに言葉にしたのです。

ある意味、突然、希望を奪い取られ、見捨てられた悲しい詩です。
でも、小学校さんは、誰を恨むこともなく、
またいつか子供たちに会いに来て欲しいと。
そう願っている、そんな声が聞こえて、そのままを書いてみたのです。

だから、感謝しないといけないと、
詩を書いて、投稿した日、会いに行きました。
すっかり、淋しくなっていました。
でも、椰子の木が枯れて居ながらも、迎えてくれました。

これが、以前書いた、「愛」なのでしょうね、見返りを求めない、慈悲の愛。
私たちは、一時期このような学校で、
見守られ育ったことを忘れてはいけないと思います。


> そして先日読んだ、寿命図鑑という本を読み返したくなりました。
> 動物、植物、食物、建築物・・・。
> 様々な物の寿命が書かれた本ですが、
数字の羅列としてしか認識していませんでした。
> 今なら、違う読み方ができる気がします。
> 雫さんのおかげですね。
>
> それでは、長くなってしまいましたが、この辺で。

『寿命図鑑』。
https://iroha-shop.jp/Page/blog.aspx?id=210
これでしょうか?間違っていたら、すいません。

良い本ですね、読みたくなりました。
だだ、本はいつも古本市場の93円コーナーで、5冊前後をまとめ買い。
本が好きなくせに、本にお金を掛けないという、本屋や出版社にとって
一番の強敵ですww
同じく一番の敵?図書館にあれば・・いいなぁ、と今、思っています。
今、新刊?で買うのは、漫画「ハイキュー!!」だけですね。ww

思いっきり、自分の書きたかったコメントを書くことが出来ました。
ありがとうございます、また寄ってくださいね。
2017-01-30 Mon 00:57 URL | 沙紅羅 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ お久しぶりです!
雫さん、こんにちは(^^)/
看病に追われ、やっと落ち着きました(;'∀')

今、都内でも統廃合が増えて、校舎はそのまま
利用されるケースも多いようですが、校舎って多く
の子供、親、先生の思い出、がありますもんね…

やっぱり廃校になり、取り壊してしまうのは寂しく
なっちゃいますね…

特に昔の味のある校舎、残っていると良いな~と
感じちゃいました(#^^#)
2017-01-30 Mon 14:35 URL | ☆あゆう☆ #-[ 内容変更] | top↑
★ ☆あゆう☆ さんへ 雫
> 雫さん、こんにちは(^^)/
> 看病に追われ、やっと落ち着きました(;'∀')

こんにちは、コメントありがとうございます。
看病大変でしたね、落ち着いたとの事、本当によかったですね。

> 今、都内でも統廃合が増えて、校舎はそのまま
> 利用されるケースも多いようですが、校舎って多く
> の子供、親、先生の思い出、がありますもんね…
>
> やっぱり廃校になり、取り壊してしまうのは寂しく
> なっちゃいますね…
>
> 特に昔の味のある校舎、残っていると良いな~と
> 感じちゃいました(#^^#)

そちらでも統廃合が、日本各地での現象なんですね。
今までそう実感が無かったのですが、少子化は現実のものに。
うちの娘のときは、一クラス25名で始まり、最後まで一クラスのまま。
学校、全て一クラス、だから、運動会が大変。
今走ったと思ったら、
今度は下の子のお世話係、終わったら、また競技ww
ビデオ、休憩するひまが無かったですね。

でも、ちょっとショックだったのが、
息子と娘に取り壊しの話をしたら・・
ドライに、そう、仕方ないね・・ぐらいで、がっかり。。
やはり、自分との時間の長さの、差かなと。ww
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2017-01-30 Mon 15:02 URL | ☆あゆう☆ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3