悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
悲恋詩「雪よ 涙を 隠して・・」
2013-01-08 Tue 13:12
5225326.jpg






「雪よ 涙を 隠して・・」




出逢いは不思議

視線感じた 遠くから 熱いもの

何故だろう あんなに遠くにいるのに 隣に そんな気がしたの

きみは 誰?




どうして 

「はぃ」 って 普通に 声かけられないんだろ

こんなに弱虫だった? 知らなかった こんな気持ち

きみに逢うまでは




重なる視線 

逸らしてしまう 嬉しいのに?特別だから?

意識してしまうよ 声が出ないよ 胸が高鳴る 

きみをもっと知りたい







ふたりきり 

会話が止まる 震える指 きみを見れない

ドキドキ心臓 鼓動が響く きみに 聞かれないかな?

耳が熱い




駄目だよ 

好きになっちゃ いけないと思う心 思い寄せる心

狭間で揺れ動く どうして 好きになっちゃ いけないの?

正直になりなよ・・




雪が降るよ 

わたしの心に 愛を溶かして 涙に変えるの?

どうして 勇気が 自分をいじめちゃ いけないのに

分かっているのに・・







すれ違う心 

行き場の無い 愛を そっと 掌に包んで

このままでいよう 知らない振り わたしの 恋心

秘密に




雪を溶かしちゃう
 
閉じ込めていた 心の秘め事 迷路が待ってる

言葉にするね 「大好き」 でも 大好きだから さよなら

嘘つきだね・・




雪が降る 

きみに逢えた これが最後 好きで居るのは

そばに居ると 涙が出るよ 切ない恋心 雪に埋もれた花のように

雪よ 涙を 隠して・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/003/01追記
この詩は「雫のナミダ」で投稿したものです。
投稿日時は、全く同じにしています。雫。。

追記
このPVが凄く素敵で
他の詩を書いていたのですが・・
このPVのストーリーに合わせて書きました。
とても切なくて、どうして?と・・思ってしまいました。
きっと素敵な恋人になれたはずなのに・・。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね

別窓 | 悲恋詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<幼子詩「どうした どしたの話してごらん」 | 雫にサヨナラ | 純愛詩「そのままの君が大好き♪」>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3