悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
女心詩「涙の欠片」
2017-01-30 Mon 11:35
Photo by (c)Tomo.Yun
yun_11002_convert_20121217190705.jpg





「涙の欠片」




運命 
わたしを縛る 見えないバラの棘
縛られた 心を 解き放してくれた
あなたが 流した 涙の欠片



今からでも 
いいのかな わたしでも
優しさに 包まれた 
初めて人を 愛していいのと 心が震えた






ひたすらに 
あなたを 愛していきたい
信じる心が あれば もう 何も恐くない
もう二度と 涙 流さないよ ふたりだもの



淋しいと言ったら 
私を 抱きしめて
出逢って 恋して 愛されて 信じて
ごめんね 幸せ過ぎて 泣いてしまって






迷わないよ 
進む道が 暗闇に包まれても
あなたが 灯す明かりが ひとすじ 
わたしに 行き先を 教えてくれたから



もしも 悲しみが 
あなたを 苦しめても
笑顔を どんな時でも 見せたいな
あなたの 涙の欠片 つくらないように





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記2017/01/30
この詩は「雫のナミダ」(恋愛詩専門ブログ)で
同じタイトルで投稿したものです。
本日、ほとんど詩を書き直しました。
その為、新作として投稿しました。
手島葵さんのMVがブログで見れないため、変更しました。雫。。

追記。0217/01/30
女心詩を書いているので
よく間違われますが、私、雫は男性です。
え~~~と、言う声が、聞こえてきそうですが・・
二十代の頃、スナックのママさんに言われました。
雫は男なのに、何故そんなに女の気持ちが分かるの?と。
いつも不思議そうに、驚きながら話してくれました・・。また逆に・・
何でこんなことが、分からない(鈍感?なの)・・みたいにww
相手がモーションを掛けているのに、全く気づかないような愚かな男という意味です。

プロフィールの上から、四行目に小さいですが、男性と書いています。

元々、私は、雫流捨(しずる)という、変なww名前でした。
涙を流し尽くし捨てさる。という意味でした。
そこへ、リンク第一号になってもらった 光藤 雫さんが来て、
雫一文字にしてもいいかと連絡し、許可をもらい、
テンプレートも、気に入ったので同じに。
雫一文字なら、また問題が?と、思い、雫(しずく)としています。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材
ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね

別窓 | 女心詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
<<女心詩「泣き顔」 | 雫にサヨナラ | 生命詩 「キンコンカンコン」>>
コメント
とっても優しい詩ですねー。
人を愛する事は素晴らしいよね。
その気持ち、ぜーんぶ自分に返ってくると思いますわー。多分、両方向の気持ちなんです。
2017-01-30 Mon 15:04 URL | onorinbeck #-[ 内容変更] | top↑
ロマンチックな詩なのにゃあ!
こういうのが書けちゃう雫おねえちゃんもやさしいおねえちゃんなんだぅなぁ^^
2017-01-30 Mon 16:19 URL | Gavi&TibiTibiはなび #-[ 内容変更] | top↑
★ onorinbeck さんへ 雫
> とっても優しい詩ですねー。
> 人を愛する事は素晴らしいよね。
> その気持ち、ぜーんぶ自分に返ってくると思いますわー。
多分、両方向の気持ちなんです。

いつも訪問、コメントありがとうございます。
詩をほめて頂いて、感謝です。
そうですね、愛し愛される、という言葉がありますが・・
その通りだと思いますね。

心で包み、守りたいと伝えてくれた初めての人。
今迄生きてきて、不遇の人生で始めて信頼できる人が現れた・・
また、男性も、この女性には、心に棘が刺さっていると気づいたからこそ・・
守ってあげたいと、思った。愛はある日、突然に、だと思います。
書かれている、その通りの気持ちの詩です。
2017-01-30 Mon 18:54 URL | onorinbeck さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ Gavi&TibiTibiはなび さんへ 雫
> ロマンチックな詩なのにゃあ!
> こういうのが書けちゃう雫おねえちゃんも
やさしいおねえちゃんなんだぅなぁ^^

訪問、コメントありがとうございます。

はい、今迄も、子供の詩、女性の詩、三行詩、童話、
色々な詩が書けると、不思議がられました。

自分でも、詩を書いているときは、幼児になり、女性になり、
童話の世界に入って、動物や機械になりきって、書いています。

今回も、女性の気持ちになりきって、書きました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2017-01-30 Mon 19:04 URL | Gavi&TibiTibiはなび さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 20代前半の頃思い出しました~
こんばんは~雫さん~
今日も素敵な詩をありがとうございました。
こんなに切なく想う時代も確かにありましたよ~
続くならこいう気持ちで人生終わりたいですが
人は歩き方にによって変化していきます。
悲しい事苦しいこと沢山経験して人を恨んだり
憎んだりしていき心が狭くなっていきます。
でも人生生きてく中でこんな素敵な時代があったことは
宝物だと思います。
2017-01-30 Mon 19:48 URL | よっこたん #ZMnQA7pQ[ 内容変更] | top↑
★ よっこたん さんへ 雫
> こんばんは~雫さん~
> 今日も素敵な詩をありがとうございました。
> こんなに切なく想う時代も確かにありましたよ~
> 続くならこいう気持ちで人生終わりたいですが
> 人は歩き方にによって変化していきます。
> 悲しい事苦しいこと沢山経験して人を恨んだり
> 憎んだりしていき心が狭くなっていきます。

いつも訪問、コメントありがとうございます。
素敵な詩と、ほめてもらって嬉しいです。

人生、色々ありますね。私もありました。
だからこそ、この詩を書きたいと、書けるようになったと。
誰しも、傷をもち、棘が刺さり、その痛みがまだ心に刺さったまま。

そんな傷ついた人の前に、この男性も同じように傷ついているからこそ
気がつき、優しく包んであげられるのだと・・・。
私自身もどこかに棘が刺さっているから、書けるのでしょう。

> でも人生生きてく中でこんな素敵な時代があったことは
> 宝物だと思います。

偉い!すばらしい、女性の鏡です。
自分の生き方、人生が間違っていない、って
青空に向かって、両手を伸ばしている姿が見えますよ。
自分を一杯ほめてあげてくださいね。

純愛詩「棘」
2009-05-28 Thu 00:00
http://sizukunisayonara.blog51.fc2.com/blog-entry-535.html

ちょっと、古くなるのですが、自分ではとても好きな詩です。
また押し売りですがww読んで頂ければと。
2017-01-30 Mon 20:09 URL | よっこたん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
うーん、滴さんは女性の心がわかるのですね^^
私は全く真逆で、全く女心がわかりません。
ただこういった詩を見ていると、
なんとなくすごーく昔の、ただ人を好きだったころを思い出しますね。(中学生ぐらいですかね^^;)
私もずいぶんとすれた大人になってしまったなぁ、と(^_^;)
2017-01-31 Tue 11:09 URL | 八咫烏(冬眠中) #-[ 内容変更] | top↑
雫おにいちゃんのことおねえちゃんって間違ってごめんにゃ。
おんにゃの人の気持ちになって書かれたとってもやさしい詩だったから。
森の詩も森のみんなの気持ちになって書かれてて、その時は森のみんなとおんなしナカマ?って思っちゃったにゃあ!
いつかアタシたちにゃんこの詩も作っていただけたらうれしいにゃあ♪
2017-01-31 Tue 12:38 URL | Gavi&TibiTibiはなび #-[ 内容変更] | top↑
★ 八咫烏(冬眠中) さんへ 雫
> うーん、滴さんは女性の心がわかるのですね^^
> 私は全く真逆で、全く女心がわかりません。
> ただこういった詩を見ていると、
> なんとなくすごーく昔の、ただ人を好きだったころを思い出しますね。(中学生ぐらいですかね^^;)

訪問、コメントありがとうございます。
分かるというか、気づくと言った方が正しいと思います。
そうなのかな?そうじゃないかな?と、いった感じ方ですね。
中学生の頃って、純粋で良いですね。
大人になって、現実を知って、お金とか、職業とか、将来性とか・・
好きになって、真っ直ぐにその人を見つめるだけの純粋さは、無くなってしまう。

ある意味、この詩を的確に捉えていると思えます。

自分自身、書いた背景は、恋に苦しみ愛に裏切られた、哀しい女性が主人公です。
その女性の前に、ひとりの男性が・・。同じように苦しみながら生きてきた。
その男性には、この女性の胸の中にしまいこんで見えないはずの、棘が見えた。
それは、同じ苦しみをもった自分だからこそ分かる。
傷つき悲しんだ双方を、結びつけるのは、ある意味純粋な愛だけでした。
金も職業も未来も現実も何もかもが関係なく、ただ幸せにしてあげたいと願う心。

どんな困難があっても、互いを助け合って共に生きていきたいと願う
この人の愛に報いたいと願う、女心の純粋な愛の詩です。

> 私もずいぶんとすれた大人になってしまったなぁ、と(^_^;)

いや、今日、こんな純愛に結ばれるかも、しれませんよ。ww
2017-01-31 Tue 15:26 URL | 八咫烏(冬眠中) さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ Gavi&TibiTibiはなび さんへ 雫
> 雫おにいちゃんのことおねえちゃんって間違ってごめんにゃ。
> おんにゃの人の気持ちになって書かれたとってもやさしい詩だったから。
> 森の詩も森のみんなの気持ちになって書かれてて、
その時は森のみんなとおんなしナカマ?って思っちゃったにゃあ!


いつも訪問、コメントありがとうございます。
名前から、女性だと勘違いされる方のほうが、多いと思います。
だから、全く問題ありません、気にしないでくださいね。
これからも、その度、男性ですと、説明しますから。
ただ、この名前は気に入っているので、変えたくないので。

やさいい詩と書いていただいて、とても嬉しいです。
童話もまた・・感謝です。近日中に、過去の童話を二編ほど
ブログ内から戻します、ぜひまた読んでください。

> いつかアタシたちにゃんこの詩も作っていただけたらうれしいにゃあ♪

すいません、小さいから見えにくいですね。
猫恋詩というカテゴリーで、猫の詩を出しています。
ここに表示しますので、ぜひ。11編あります、ブログ内にもう二編ほど。

ただ、最初の猫の詩が、可哀相な詩で、虐待を受けた猫の詩です。
私も猫が大好きで、この詩を書いてから、実は猫の詩を書けなくなりました。
以下少し説明します。

猫恋詩(11)ここから、11編 猫の詩が続いています。
http://sizukunisayonara.blog51.fc2.com/blog-category-21.html

その最初にあるのが・・

猫恋詩「黒猫『姫』 短か過ぎた命 救われた心」  です。

この詩はある人からメールもらって。
そのなかに猫の思い出書いてありました。
手元に来てから、わずか3ヶ月の命だったそうです。
黒猫「姫」 姫のために・・
そして・・目がゆがむほどに虐待された姫を慈しんだ
その人に捧げます・・

その方から、丁寧なありがとうのお返事を頂きました。
ただ、その後、その方は、ブログを閉鎖され、今は連絡が取れなくなっています。
でも、書いたこと、書けた事、良かったと思っています。
だから、その詩を書いてから、
もう4年以上になります。いつか猫の詩も書ければと思います。
いつもコメント、応援、ありがとうございます。
2017-01-31 Tue 15:54 URL | Gavi&TibiTibiはなび さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こんばんは~
訪問、コメントありがとうございました^^

素敵な詩ですね
このような恋愛憧れますね(〃▽〃)
2017-02-02 Thu 20:57 URL | ようニャン #EbAwGYgA[ 内容変更] | top↑
★ ようニャン さんへ 雫
> こんばんは~
> 訪問、コメントありがとうございました^^

こんばんは、
こちらこそ訪問、コメントありがとうございます。

> 素敵な詩ですね
> このような恋愛憧れますね(〃▽〃)

詩を誉めて頂いて、とても嬉しいです。

恋愛は、ある日、突然、始まります。

もしかしたら
もうすでに、
始まりつつ、
あるかもしれないですよ。
愛の炎に火傷をしないように。。
2017-02-02 Thu 21:12 URL | ようニャン さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
性別なんて関係無いですやん(^。^)
心に響く良い詩だと思いますわー!
2017-02-06 Mon 16:13 URL | onorinbeck #-[ 内容変更] | top↑
★ onorinbeck さんへ 雫
> 性別なんて関係無いですやん(^。^)
> 心に響く良い詩だと思いますわー!

訪問、コメントありがとうございます。
嬉しいです、そう言っていただければ、ホッとします。

onorinbeckさんの心に響いたなら、お墨付きを得たようなもの。
安心しました。
投稿するまで、何度も書き直し、日にちをあけてから・・
でも、それでも投稿を迷うときがあります。
今回は、書いてからあまり日を空けなかったので、
気になっていました。これで良かったのかな、と。
ありがとうございました。今後ともどうぞ、宜しくお願い致します。
2017-02-06 Mon 19:18 URL | onorinbeck さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3