悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
純愛詩「岸を離れていても」
2013-07-07 Sun 12:16
1671744.jpg



「岸を離れていても」



「行ってきます」
きみを 残して 大海原へ
大丈夫 何度 言っても
きみは 泣き止まなくて 困らせた



「手紙 書きます」
最後に やっと それだけ
うつむいていた 顔上げて
いつもの きみの 笑顔を 見せてくれたね



言わなければ
「愛しています きみだけを」
手を握り締めて きみを見つめて
海の風 背を押した 早くしなよと



「大丈夫 きっと帰る」
何を 言っているんだ 俺は
「もっと 大きくなって きみの元へ」
あぁ 馬鹿だ 俺は なんて馬鹿やろうだ



汽笛鳴った 出航の合図
ウミネコ 空を舞った 時間が無いよと
突然 きみを 抱きしめた 痛いくらいに
驚きながら きみも 俺の背を掴んだ



「愛しています きみだけを」
・・・・
聞こえなかった?きみ 泣いているの?
「待っている ずっと 死んじゃだめだよ 絶対に」



きみを 岸に残して 
手を振る 姿 豆粒みたいに
待っている人 いつまでも 居ることを 胸に
岸を離れていても いつも 心は きみのそばに・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




2017/01/31
この詩は「雫のナミダ」で投稿したものです。
MVが使えなくなっていたので、同じ手島葵さんに変更しました。

追記
また金土日と仕事。
だから、雫にサヨナラの詩を今日中に・・と
でも、この曲を聴いて、恋愛詩が思いついて・・
急遽、更新しました。
この曲に感謝。
そして、写真も探して探して・・
可愛い写真見つけ、嬉しくて感謝。

大海原に乗り出す
危険な仕事の漁師さんと
ただひたすら無事を願って待っているご家族に
気をつけて・・ 
そして 元気に帰ってきてくださいと願って・・。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
別窓 | 純愛詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<優心詩「ありがとう」 | 雫にサヨナラ | 幼子詩「素的な パパに なれるよに」>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3