悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
純愛詩「きみに 出逢えた 奇跡・・」
2017-01-07 Sat 09:50
Photo by (c)Tomo.Yun yun_965_convert_20121225154437.jpg




「きみに 出逢えた 奇跡・・」



神様なんか いない
そう 思っていた
こんな 生き方 意味が無いと
ずっと 思っていたから


何のために 生まれ
何のために 死ぬのか
何もわからないまま 終わるのか
そして・・いつの日か・・
髪が 白く 手には 皺が 
このまま 誰も抱きしめることも 抱きしめられることも
何も無いのだと・・ そう 諦めていた・・




きみに 逢うまでは・・





きみに 出逢えた 奇跡・・




偶然?・・いや・・きっと必然
そう思えて仕方が無いんだ・・
神様がいままで きっと 悪戯していたんだ
今までの 我慢は きっと きみに逢わせてくれるための
試練だったんだ・・ そう 思っている
きみと 一緒なら 何もかもが・・嬉しくて・・楽しくて・・
不思議だね・・



体が 温かくなっていくのが わかるよ

心が 冷え切っていたのが 氷が解けるように 



今までの ぼくの生き方を
笑って 聞いてくれたね
不器用で 意地っ張りで ひねくれて
それでいて 寂しがり屋の癖に 強がって
泣き言なんか 誰にも 言えなかった
それが きみにだけは ありのままの自分を出せるんだ・・
不思議だね・・



それは 同じだよと・・笑って答えた・・

わたしも素直になれる 笑えるようにさせてくれたのは あなただと・・



似ているところ 多くて ふたり 仕草も似ていて
本当は 焼きもち妬きで そのことも 初めて言ったね
わたしもだよ なぁんて 言うから・・可愛くて 気づいたら 抱きしめていたね
真っ赤になった ぼくたちふたり 
恥かしくて離れた・・
でも 思わず きみを 引き寄せた
どんな事があっても 離さないと 決めたのだから・・
世界中で一番の恥かしがり屋だった はずなのに・・
不思議だね・・



こんな わがまま これひとつだけ もう 他に言わないから・・

きみを離さない・・ この願い このわがままを 聞いて 神様 お願いだから・・



肩を張らずに歩いていけるよ きみとなら
泣き顔 見せることも できる きみひとりだけには・・
楽しくて 笑った きみの横顔 えくぼ 指で つついた・・
きみ 急に
首に しがみついて も一度 って 甘えた
恥ずかしくて できないから・・って 頬に 口づけた・・
こっちの方が 勇気がいるはずなのに・・
不思議だね・・



今まで 怖いものなど 無かった

でも 今は きみを失うことが とても 怖くて 弱虫になってるよ・・



いっぱい働いて きみを 楽にさせてあげたい 大切にしたい
そんなこと 言ったら 
わたしもだよ ひとりだけ 頑張ったら ずるいよ って
当たり前のように 微笑んだ 胸 痛くなったよ・・
また ぼくを泣かせて 困るな・・涙 温かいんだって 初めて知ったよ・・
大切なものは 何か 愛とは何か
その全てを 教えてくれているのは 年下のきみ・・
不思議だね・・



きみと一緒なら 強くなれる 強くならなくちゃ って 

守ってあげたい どんなことでも 一緒なら 出来る気がするよ・・



だから
だから・・
お願い・・



きみに 出逢えた 奇跡

これが 夢なら 覚めないように・・



もし 覚めても 何度でも きみに 出逢いたい

それが ふたりの 運命だと 信じているから


神様に 感謝・・


きみに 出逢えた 奇跡・・





<作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この詩は「雫のナミダ」に投稿したものです。雫
追記2017/01/07
2012/12/25に私の恋愛詩専用ブログ 雫のナミダに投稿した詩です。
雫にサヨナラを再開し、詩を順次戻しているのですが・・・
この詩が見当たらず、もしかして削除してしまったのかと、ショックでした。

ふと思いついたのが、雫のナミダのこと、行ったらちゃんと残っていました。
また過去詩か、と、お咎めの言葉が聞こえてきそうですが、お許しください。
私にとっては、家族のようなもので、大切に詩としてブログに載せたいのです。
尚、先に申し上げますが、他にも数編続くと思います。
過去詩ばかりの雫のサヨナラにならないよう、努力いたしますので、ご容赦下さい。

尚、コメントは引き継げなかったので、自分が書いたコメントを読み返したいと申し出があれば、
雫のナミダでこの詩だけを指定の日時に再投稿いたします。
ご面倒ですが、連絡を頂ければと思います。
コメント等、以下他の詩も同様にしたいと思います。雫。。


追記
きょうはクリスマス
奇跡は
きっと
あるのです。
この物語のように
あなたにも・・


先に、雫のナミダが更新できました・・
今 12/25 16:50
「雫にサヨナラ」で更新するための詩を書いています。
書きあがったら、皆様のところへ訪問します。
なかなか訪問できず、コメントも残せずすいません。雫。。


12/25 19:26
雫にサヨナラ
の詩も書けました。
もし、時間があれば読んでください。雫。。


追記12/28 
本日よりやっと休みに入りました。
来年01/04日まで
(自分の予想より一日長く休めました。)

盆休みが無いので、
年に一度の長期?8日間の休みになりました。ww
まず寝ます、思いっきり寝ますww
平均睡眠時間4時間ぐらいだったので。
自作ソフト作成の時間も取れそうです。

そして、
皆さまのところへ行く時間も無かったので
ゆっくり訪問したいと思っています。
いつも訪問して頂き、コメント、応援ポチ
とても励みになっています。
本当にありがとうございます。

これからも
「雫のナミダ」「雫にサヨナラ」を
よろしくお願いいたします。雫。。


この作品で使用している写真はフリー画像素材
ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 純愛詩 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<童話「ゆびきりげんまん」 | 雫にサヨナラ | 女心詩「告白」>>
コメント
とてもいい詩ですね。
私がたまに神様にお願いしたいのが、
出会えることもそうですが、それが長く
続くことを願いたいですね。
人間の気持ちはとてもはかなくて、
あの頃はあんなに、ってことが多すぎる気がします。
それは生命に関しても同じですね。
若いうちが過ぎて、やがて自分がいなくなるときに、
あの時はあんなにって思うでしょう。
全ては流転するままに。
なるほど、だから恋愛も命も価値があるんでしょうね、
2017-01-08 Sun 07:11 URL | 八咫烏(冬眠中) #-[ 内容変更] | top↑
★ 八咫烏(冬眠中)さんへ 雫
> とてもいい詩ですね。

ありがとうございます。嬉しいです。

> 私がたまに神様にお願いしたいのが、
> 出会えることもそうですが、それが長く
> 続くことを願いたいですね。

出会いは大切ですね。自分の人生、一生を変えることになる人もいますからね。
いつまでも巡り会えないことも、でも、ある日、突然、出会いが。
でも、後で気づくこともある、あの時、言えば良かったと、後悔もあって・・。

> それは生命に関しても同じですね。
> 若いうちが過ぎて、やがて自分がいなくなるときに、
> あの時はあんなにって思うでしょう。

でしょうね、私もきっと、同じだと思います。
もう一度会えたら、言いたいことも、話たいこともと。
あの時は、そうじゃなかった、と繰言になるけれど、言い残したいことも。

> 全ては流転するままに。
> なるほど、だから恋愛も命も価値があるんでしょうね、

人を愛し、人から愛されることは、素晴らしいことだと思います。
自分の命よりも愛おしくて、大切で、掛け替えのない人に出会えたら
こんなに幸せなことは無いですね。
この詩のように、今はそうじゃなくても、
ある日突然、人生が変ることもあると信じて・・。

訪問、コメントありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。
2017-01-08 Sun 12:31 URL | 八咫烏(冬眠中)さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3