悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
幼子詩「雨は友だち」
2013-08-21 Wed 20:24
eyes0156_20130821195759dc7.jpg 




「雨は友だち」





雨が降ってきた




傘もささずに 外に飛び出す


濡れる

びしょ濡れに


服ぐっしょり
大人は怒る
服をぬらしてと・・
洗濯大変なんだよ って


でもね

知らないんだ

服じゃなくて

僕の 心が びしょびしょに濡れていることに・・



悲しいよ って 言えたらいいな
寂しいよ って 言えたらいいのに




何も聞こうとしないから 言えるわけ無いよね・・





雨が好き


いくら泣いても

気づかれないから 雨が好き




だから そのときだけ 寂しくないんだ





傘もささずに 外に飛び出す


風邪を引くかも?

だから好き 雨が好き


傍に居てくれるから 風邪の時だけ

甘えられるから 熱がある時だけ


だから 雨の日には 

傘もささずに 外に飛び出す


今日は雨

今日も雨



心の中は


いつも雨が降ってる・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

手嶌葵歌詞

追記
幼子詩「雨は友だち」は
心痛詩「雨に濡れた子供」の兄弟詩です。
この詩がロング(フル)バージョンです。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。
別窓 | 幼子詩 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<お知らせ | 雫にサヨナラ | 心痛詩「初めて届いた手紙」>>
コメント
こんにちは、雫さん。

タイトルから、元気に傘に長靴で
外をバタバタ駆け回るこども…、
が浮かんだのですが。(妄想癖)
かなしい詩ですね。

雨に流れていく涙。
ずっと、心に降っている雨を
一瞬、外に出せる雨の日…。
かなしい、です。
幼少時のわたしと重なります。

熱があるときだけ、風邪を引いたときだけ
心配してもらえる。
これ、わかるんですよねー。
晩ごはんは好きなものを作るから、といわれ、
元気なときに作ってほしかったな…、と思いつつ
笑っていました、それでも、ありがとー!って。

昔の記憶。


応援、いつもありがとうございます。
励みになっています。
2013-08-22 Thu 11:55 URL | だいず #-[ 内容変更] | top↑
★ だいず さんへ 雫
> こんにちは、雫さん。

こんにちは、いつもコメントありがとうございます。

> タイトルから、元気に傘に長靴で
> 外をバタバタ駆け回るこども…、
> が浮かんだのですが。(妄想癖)
> かなしい詩ですね。

そうですね、子供の詩で、このタイトルなら、そう思いますよね。
でも、雨がともだちの意味が大分違って、悲しくさせましたね。

確かに、この子にとって、雨だけが自分を正直に出せて
涙を流す事が出来るし、涙を笑わないで見守ってくれるし
何故、泣きたいのか、泣いているのか、その心を分かってくれる
強く吹き付ける雨が、涙を拭いてくれる優しいともだちだったのです。

> 雨に流れていく涙。
> ずっと、心に降っている雨を
> 一瞬、外に出せる雨の日…。
> かなしい、です。
> 幼少時のわたしと重なります。

そうなのですか・・
実は、私もそうでしたね、まだ幼稚園に上がる前・・
幼い心に悲しい事があると、雨が降った時に外に飛び出しました。
傘を持たずに、雨を顔に受けながら、走った事がありましたね。


> 熱があるときだけ、風邪を引いたときだけ
> 心配してもらえる。
> これ、わかるんですよねー。
> 晩ごはんは好きなものを作るから、といわれ、
> 元気なときに作ってほしかったな…、と思いつつ
> 笑っていました、それでも、ありがとー!って。
>
> 昔の記憶。


ありますね、親ってやはり忙しいのでしょうね。
子供のために働く、そのために子供と一緒に過ごせない・・
なんだかものすごい矛盾なのですが・・子供にはそれが分からない・・

風邪を引いて、熱を出して寝込むと、親は仕事よりも子供を勿論優先して・・
会社や仕事場に、断りの電話を入れて、子供が熱を出して今日は休みたいと・・
ヤット了解をもらっても・・数日も続くともしかしたら首になる・・
そんな心配をしながらも、やっぱり子供が一番大切なのだと気づく時なんですよね。


仕事場に元気な子供が来て、お母さん達が静かにしなさいと、言っているので・・
私は、そのお母さん達に、良く言います。
「熱を出してぐったりしていたら、親として、代わってやりたいと思うでしょ・・
だから、元気でうるさいぐらいのほうが、良いですよ」って。
私が働いている所は、赤ちゃんから未就学の子供、小中高生も沢山来る施設だから。
嫌な事があっても、子供たち、特に幼児の笑顔を見ると、スーッと消えていきます。

> 応援、いつもありがとうございます。
> 励みになっています。

こちらこそ、応援コメントありがとうございます。
最近は、仕事が終わって、家に着いたら22:40ぐらいなので・・
コメントも書けないし、拍手すら出来ずに、ただ応援だけになる事も・・
どうか悪しからず、これからも宜しく。。
2013-08-23 Fri 13:14 URL | だいず さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ!!
雨にぬれてたら涙が見えないんだよねー。
ぼくのきもちがわからないのかな~
おとなにおこられるのはいやだな~と思った私の子供のころを思い出しました。
子ども心に大人には見せたくない涙、!
傘は入らないのだと。・・・!
2013-08-23 Fri 23:19 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎 さんへ 雫
> 雨にぬれてたら涙が見えないんだよねー。
> ぼくのきもちがわからないのかな~
> おとなにおこられるのはいやだな~と思った私の子供のころを思い出しました。
> 子ども心に大人には見せたくない涙、!
> 傘は入らないのだと。・・・!

こんばんは、コメントありがとうございました。
私自身がそうであったように、皆さんも同じ気持ちのときがあったようで
そうだったんだ、と思ったりしました。
子供でも、子供だからこそ、見られたくない涙がありますね。
ある時には、心配かけたくない涙もあったかな、と思い出しています。

今夜、久しぶりに大阪に雨が降りました、雷もなって。
でも、不思議なのは、私が帰るときには、小雨、そして止みました。
これが、今までいつもなんです、明日は休み、きっと家にいると雨が降る。
明日雨が降り続けると、これもまた同じになります。
小さい時の私を雨が覚えてくれていて、悲しい事が無いように雨を降らさないのかも?
と、そんな不思議な事を、大人になってから、感じています。

悲しい子供が、雨の中飛び出していかないようになればいいな、と思っています。
2013-08-24 Sat 00:01 URL | 荒野鷹虎 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 雫さん こんにちわ
悲しい詩ですね~
雨で涙が見えないように。。。なんて!
声をかけてあげたいですね~
大きな声で叫んで欲しいな~
可哀そうで抱きしめてあげたくなります
雨って子供は好きですね~
子供が小学校に入ったばかりの頃大雨で迎えに行きました
子供は楽しそうに跳ね回っていました
校長先生がお見送りをしていらして「子供はそんなに心配しなくても大丈夫ですよ」とおっしゃいました
でも大雨だったんですよ~(笑)
雨の中で泣いている寂しい子供さんがいなくなりますように。。。
2013-08-26 Mon 16:10 URL | Coucou の いくこ #-[ 内容変更] | top↑
★ Coucou の いくこ  さんへ 雫
> 悲しい詩ですね~
> 雨で涙が見えないように。。。なんて!
> 声をかけてあげたいですね~
> 大きな声で叫んで欲しいな~
> 可哀そうで抱きしめてあげたくなります


自分では、あまり深く考えていなかったのですが・・
タイトルと、詩の内用が全く違う事に戸惑いがあるようですね。
私の心には、この子供はまだ未就学、幼稚園にも行かないぐらいの
幼児のイメージで書きました。
確かに、悲しい詩ですが、現実、このような子も居るのも事実です。

誰か気づいてあげる事が出来たら、良いと思いますが・・
でも、言わない、言えないかもしれません、そんな悲しい詩です。

> 雨って子供は好きですね~
> 子供が小学校に入ったばかりの頃大雨で迎えに行きました
> 子供は楽しそうに跳ね回っていました
> 校長先生がお見送りをしていらして「子供はそんなに心配しなくても大丈夫ですよ」とおっしゃいました
> でも大雨だったんですよ~(笑)
> 雨の中で泣いている寂しい子供さんがいなくなりますように。。。

確かに、大人が嫌がるほど、子供は雨を気にしないですね。
雨が降って、ずぶぬれになった事が無いことも、ひとつだと。
知りたい、分からないことを経験したい、そんな好奇心が。

昔、アスファルトじゃなかった時、水溜りが出来た道。
私も水溜りをふんずけて、水を飛ばして遊んだ事も・・
もし、それで吹くが泥んこになった時、家に帰って・・
汚れた服を見て、怒るのではなく、どうしたの?って
まず、聞いてくれる家族が居ればと、思いますね。
子供って、分かっていないようで、ちゃんと分かっている事
多いですから。
何も聞かないで怒られていれば、何も言えない子供になってしまうでしょうから。
怒鳴らない、雨がともだちになって、涙をぬぐってくれる、そんな詩です。
2013-08-27 Tue 23:34 URL | Coucou の いくこ  さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3