悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
心痛詩「初めて届いた手紙」
2013-08-15 Thu 00:00
Photo by (c)Tomo.Yun
yun_3112_convert_20130814131415.jpg



「初めて届いた手紙」 




軍需工場 初めての恋 ただそっと見るだけ
重なった瞳 勇気を出して 見詰め返した
始まった恋 言葉を交わし 幸せな日々


赤紙一枚 御国のために 引き裂かれた愛
愛する人 笑顔で言った 行ってくる
心配しないで きみの元へ 必ず帰ると

抱きしめる 手が震えていた 温もりが優しくて
歓喜の声に かき消された 絶望の悲鳴
見送りの駅 人目を偲ぶ 優しい瞳に涙




目の前に 敬礼の姿りりしく 触れること叶わず
敬礼ひとつ 抱きしめてもらうこと 無常の願い
狂おしい思い 互いに告げることもできず 出立の時は迫る

無常の汽笛 万歳三唱 蒸気の湯気が姿を隠す
動き出す車両 歩みだす一歩 また一歩
プラットホーム 駆け下りて 汽車を追いかけた

一言 せめて 一言 その願い 通じた
我が名を呼ぶ 愛する人の声 確かに聞こえた
しゃがみ込む 線路の石は 涙を吸いこんだ・・




長い年月 春夏秋冬 戦局悪化の知らせ
後少し もう少し 待つ終戦の願い
夏の朝 玉音放送 涙と共に希望を抱く

もうすぐ 帰ってくる あの人が
見送った駅 迎えに行く日々 希望の日々
薄化粧 綺麗だよと 言って欲しくて・・

駅で渡された・・手紙 一通 
ざわめく心 胸騒ぎ 否定の心繰り返しながら 
初めて届いた 手紙 哀しい知らせ・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
私の反戦詩です。
何もかもが制約されていた日々
自由も希望も未来も何もかもが・・
人を愛する事さえも夢も奪った時代が
やっと悲しい現実を残しながら終わった日です。
わずか68年前の、この日。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
別窓 | 心痛詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
<<幼子詩「雨は友だち」 | 雫にサヨナラ | 幼子詩「ちっちゃい かあちゃん」 >>
コメント
★ 一応…
こちらにもお礼に参りました。
お忙しい中コメントを頂き、ありがとうございました♪
2013-08-16 Fri 22:57 URL | Beat Wolf #-[ 内容変更] | top↑
★ Beat Wolf さんへ 雫
> こちらにもお礼に参りました。
> お忙しい中コメントを頂き、ありがとうございました♪

こんばんは。
とても丁寧に、こちらまで来てくれたんですね、ありがとうございます。

コメント、ほとんど書けなくてすいません。
帰りが遅いので訪問している皆さんにも、最近は特に書けません。
それなのに、わざわざ来てくれて申し訳ありません。
どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。。
2013-08-17 Sat 23:54 URL | Beat Wolf さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
暑い毎日ですが体調はいかがですか?
先日はじめての35度越えに溶けそうになってしまいました。

この季節は戦争のことをテレビでたくさんとりあげますね。
見るたび辛くなってしまいます。
中国に連れて行かれていたと祖母から聞いたときは、子どもながらに想像しては怖い怖いと言っていたものです。
死体の山も見たし銃も撃ったという話を聞いたとき、どうしてそんなことになったんだろうなんて、考えていました。

難しい問題なのでしょうが、武器を持たない国であってほしいと思っています。
2013-08-18 Sun 01:00 URL | ハル #-[ 内容変更] | top↑
戦争は、家族、恋人同士と様々な別れを強制するものですね。
守るために死に行くのか、行かずに側にいるのか、それさえ選ぶことができない時代。
〝初めて届いた 手紙 哀しい知らせ・・″
とても心に響きました。
2013-08-18 Sun 16:25 URL | 堺の町のまあばあちゃん #-[ 内容変更] | top↑
★ ハル さんへ 雫
> 暑い毎日ですが体調はいかがですか?
> 先日はじめての35度越えに溶けそうになってしまいました。

こんばんは、お返事が遅くなりました、申し訳ありません。
体調は順調です、調度、明日通院の日です。
この病気になって、平気で自転車で通院しているのは、珍しいと。
本当に運が良かったのだと、思います。

毎日暑いですね、施設にある温度計が暑さの為?壊れましたww
今年は異常です、昼、外で仕事をしている人を見ると、大変だなと思います。

> この季節は戦争のことをテレビでたくさんとりあげますね。
> 見るたび辛くなってしまいます。
> 中国に連れて行かれていたと祖母から聞いたときは、子どもながらに想像しては怖い怖いと言っていたものです。
> 死体の山も見たし銃も撃ったという話を聞いたとき、どうしてそんなことになったんだろうなんて、考えていました。

色々な体験をされたのですね、でもその話を聞けたことは祖母も生き延びられたのですね。
本当に良かったですね。>

> 難しい問題なのでしょうが、武器を持たない国であってほしいと思っています。

申し訳ありませんが、武器を持たない国は無いし、また持たなくてはいけないと思っています。
ただ、使わないようにすればいいことだと。
2013-08-19 Mon 00:07 URL | ハル さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 堺の町のまあばあちゃん さんへ 雫
> 戦争は、家族、恋人同士と様々な別れを強制するものですね。
> 守るために死に行くのか、行かずに側にいるのか、それさえ選ぶことができない時代。
> 〝初めて届いた 手紙 哀しい知らせ・・″
> とても心に響きました。


こんばんは、コメントありがとうございました。
戦争は、本当に人々の暮らしを全て変えてしまいますね。
だから、今、私たちは自由を、あらゆる権利ももっている、のに・・
そのありがたさを、本当に実感したり、理解していないのではと、思います。
勿論、そのひとりが、私ですが。

童話「桜」でも、戦争の悲劇を書かせてもらいました。
あの童話は、戦争体験をされた方に読んでもらいたい童話でした。

あのお話の中で、何年も咲かなかった桜が、ある日突然咲いた・・
というのは、実話なんです。
私の仕事のお客様から聞いて、びっくりして覚えていた内容を
戦争と結びつけて、創作した物です。

今、その方は亡くなられたのですが・・
生きておられるときに書いて、「桜」が、その話を原点にして
書いた物語ですと、届けられたら良かったのに、と。
2013-08-19 Mon 00:20 URL | 堺の町のまあばあちゃん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ お詫び
戦争反対、武器を持たないで、話せば分る。 これを実行した国で、歴史上占領されなかった国はありません。
警察がいるから犯罪が少ないのと同じ理屈です。
抵抗しないから、余計いじめられる これもまた事実です。
私は、ケンカなどして得したことはありません。
戦争反対です。
争いを避ける方法はふたつあります。
ひとつは相手に折れる事。
もうひとつは、仲間を増やし絶対的な力で相手を取り囲む事です。

雫さんの詩はとても細かくリアルで、そこにいるかのような情景が浮かぶのは私だけでしょうか。

あと、あるサイトに行った後に訪問するとコメ出来なくなる事がわかりました。
訪問する順番を変えました。
とっくにコメ出来ていたのにすみませんでした。
2013-08-19 Mon 04:59 URL | るどるふくん #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは、雫さん。
だいじなぱそ太が天に召されそうになって
慌ててご挨拶にうかがったしだいです。

タイトルから想像した内容と
かなりちがっていて。

>あと少し もうすこし
というところで、心臓をぎゅっと掴まれたみたいになりました。
そうですよね。戦時中はさまざまなひとが
いろいろな思いを胸に秘めて
『あと少し もうすこし』と思っていたんですよね、きっと。
痛々しいです…。

あと、最後が
『悲しい報せ』
というところでぷつん、と途切れていて
ここで、ざわっと鳥肌が立ちました…。
この女性の心も、きっとここで止まってしまったのだろうと。

たくさんのひとの心を壊し、命を奪い
おなじ『人間』が殺しあってしまう…。
戦争ほど、かなしいことはありませんね。
2013-08-19 Mon 10:38 URL | だいず #-[ 内容変更] | top↑
★ こんにちわ
毎日遅くまでお仕事お疲れさまです
体調はいかがでしょうか?
暑さが全く変わりませんので無理なさいませんように。。。
しかし朝晩の風は少し変わった感じがしますね~
戦争は何があっても反対です
雫さんの書いていらっしゃる自由も未来も希望もない暮らしなどは辛過ぎます
それにしても戦争は知らない人が殆どになりますね
私も全く知りませんのでこの後どうしたらいいんでしょう?
戦争は反対ですが伝える術がありません
雫さんのように辛い心を伝える方がいらっしゃらないとイケませんね!
2013-08-19 Mon 15:09 URL | Coucou の いくこ #-[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ!!
戦争と言うものは何と冷たいのだろうか!
徴集令状で人の恋まで奪ってしまう。

この様な光景を日常に見掛けた私は次兄の事にも
思いが寄せられました。

一枚の信じられない手紙は恋人や親兄弟をどん底に陥れました。涙)


運命と言うより戦争指導者の傲慢な態度が生んだ悲劇の一駒にすぎませんですねー。‼怒り)
2013-08-19 Mon 16:26 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
★ るどるふくん さんへ 雫
こんばんは、お返事遅くなり申し訳ありません。

> 戦争反対、武器を持たないで、話せば分る。 これを実行した国で、歴史上占領されなかった国はありません。
> 警察がいるから犯罪が少ないのと同じ理屈です。
> 抵抗しないから、余計いじめられる これもまた事実です。
> 私は、ケンカなどして得したことはありません。
> 戦争反対です。
> 争いを避ける方法はふたつあります。
> ひとつは相手に折れる事。
> もうひとつは、仲間を増やし絶対的な力で相手を取り囲む事です。

そうですね、書かれていることは事実ですね。
争いがなければ、一番良いのですが、悲しい事にそうはいきませんね。
自分の働いた報酬で手にいれて食べようとする人と、
働こうともしないで、有る所からどんな方法を使っても奪って食べようとする人もいる。

私も戦争など、断固反対です。
だから、先に書いたように、どんな方法を使っても奪いに来る国家などがあれば・・
それを上回る力で、自分達の国を守るのは当然であり、正当な権利です。
言葉は悪いのですが、綺麗事を信じるのは、悪人には通用しない論理です。
どんな悪にも対抗する方法を、油断なく備えることが大切だと思います。


> 雫さんの詩はとても細かくリアルで、そこにいるかのような情景が浮かぶのは私だけでしょうか。

ありがとうございます。
以前も、別の方から同じように指摘された事があり、嬉しく思いました。
読んでいただいて、心がひとつになれるように共感してもらえることが喜びですから。

>
> あと、あるサイトに行った後に訪問するとコメ出来なくなる事がわかりました。
> 訪問する順番を変えました。
> とっくにコメ出来ていたのにすみませんでした。

そんなことがあるんですね、初めて知りました。
最近は、コメントを頂いても、すぐに返事を書く時間が無いので・・

明日は、やっと休みで、ゆっくりと書くことが出来ました。
私もホッとしています、残すのが嫌いなので、仕事も心残りも。

明日は、時間があれば何年ぶりかの映画に行きたいと思っています。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
2013-08-21 Wed 00:44 URL | るどるふくん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ だいず さんへ 雫
こんばんは、お返事遅くなりました、申し訳ありません。

> こんにちは、雫さん。
> だいじなぱそ太が天に召されそうになって
> 慌ててご挨拶にうかがったしだいです。

パソ、本当に調子が悪くなると、あっと言う間に最悪の時を迎えますからね。
私も、何度もその瞬間を味わって、呆然とした事がありますから、良くわかります。
>
> タイトルから想像した内容と
> かなりちがっていて。

なるほど・・そうかもしれませんね。
最初、「手紙」とだけ、シンプルにしようと思っていました。
でも、召集令状が、手紙?と、思い直して・・あのタイトルへ。

>
> >あと少し もうすこし
> というところで、心臓をぎゅっと掴まれたみたいになりました。
> そうですよね。戦時中はさまざまなひとが
> いろいろな思いを胸に秘めて
> 『あと少し もうすこし』と思っていたんですよね、きっと。
> 痛々しいです…。
>
> あと、最後が
> 『悲しい報せ』
> というところでぷつん、と途切れていて
> ここで、ざわっと鳥肌が立ちました…。
> この女性の心も、きっとここで止まってしまったのだろうと。
>
> たくさんのひとの心を壊し、命を奪い
> おなじ『人間』が殺しあってしまう…。
> 戦争ほど、かなしいことはありませんね。

悲しい詩は、あまり書きたくは無いのですが・・
戦争の終わり、戦争の悲惨さを自分なりに考えました。
自由が無いこと、言論も思想も夢も何もかもが、制約されてしまった。

その中のひとつが、人を愛する事の自由がないということでした。
最初、この詩は「雫のナミダ」に、08/15載せる予定でした。
でも、こちらにしました。
終戦、その前の原爆投下の詩も、書いていましたが・・載せるのをやめました。
あまりにも、悲しすぎる詩だったので・・。

本当に、戦争は悲惨ですね。
何もかもを破壊してしまう、人の心も、肉体も、精神も、夢も希望も、愛も・・。
2013-08-21 Wed 01:01 URL | だいず さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ Coucou の いくこ  さんへ 雫
こんばんは、お返事遅くなって申し訳ありません。

> 毎日遅くまでお仕事お疲れさまです
> 体調はいかがでしょうか?

本当に、なんで仕事の終わる時間が、この時間なの?とww
文句を言いたいですww朝も早いし。。

入院して、無理しないように、本当に変わりました。
睡眠もとるようになったし、食事も変わったし、
なんせ、あれだけヘビースモーカーだったのが、きっぱりと。
誰も、信じてくれませんwwでも、本当です。

> 暑さが全く変わりませんので無理なさいませんように。。。
> しかし朝晩の風は少し変わった感じがしますね~

ここ、二日ほど、少しましになってきました。
暑さにあれだけ強かったのに、ちょっと悔しいです。

> 戦争は何があっても反対です
> 雫さんの書いていらっしゃる自由も未来も希望もない暮らしなどは辛過ぎます
> それにしても戦争は知らない人が殆どになりますね
> 私も全く知りませんのでこの後どうしたらいいんでしょう?
> 戦争は反対ですが伝える術がありません
> 雫さんのように辛い心を伝える方がいらっしゃらないとイケませんね!

私も、その戦争を知らない人の一人になります。
でも、今の子供たちよりも、少しは分かろうとする気持ちがあります。

心配なのは、あまりにも何もかもを知らないということです。
戦争があったこと、原爆が落ちたこと、自由が無かった事・・
もし、良かったら近くの小中学生、高校大学生に聞いてみてください。
信じられないぐらい、知らないと思います。

戦争を知らないとは、その悲惨さを知らないということです。
ただ、単純に、相手の国、どこでを知らないことだけではありません。
恐さを知らないということは、その恐さをまた経験してしまうことの恐さです。

その悲惨さを知らない世代が、また同じ過ちを繰り返すからです。
2013-08-21 Wed 01:18 URL | Coucou の いくこ  さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎 さんへ 雫
こんばんは、お返事遅くなって申し訳ありません。

> 戦争と言うものは何と冷たいのだろうか!
> 徴集令状で人の恋まで奪ってしまう。
>
> この様な光景を日常に見掛けた私は次兄の事にも
> 思いが寄せられました。
>
> 一枚の信じられない手紙は恋人や親兄弟をどん底に陥れました。涙)
>
>
> 運命と言うより戦争指導者の傲慢な態度が生んだ悲劇の一駒にすぎませんですねー。‼怒り)

昔、日清戦争、日露戦争と時までとは、変わってしまったことがあります。
なんでも「兵隊さん」の苦労が上で、士農工商のように、いつの間にか兵隊さんが一番上に。
それまでは、日本が滅びるかもしれない、負けたら植民地になる・・。
そんなぎりぎりの状態で、悲惨な気持ちで、したく無い戦争をしてしまった。

勝って、驕りの心が、軍部の心を変え、意に沿わない人物は堂々と226事件などで暗殺した。

本来、戦争をしないための軍備を、子供がおもちゃで遊びたいため使い戦争を始めた。

召集令状、断る事も拒否する事も出来ない、恐ろしい手紙・・。
その手紙一枚で、命を奪われ、人の幸せをも壊す事が平気で出来た時代。
手紙一枚、やっと届いても、悲しい知らせ・
そんな、悲しい手紙を、送る事も受け取る事も無い時代・・
今がいつまでも続く事を願ってこの詩を、書きました。
2013-08-21 Wed 01:34 URL | 荒野鷹虎 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3