悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩「マララ・ユサフザイ(Malala Yousafzai)」に捧げる詩
2012-10-16 Tue 00:00
Malala-Yousufzai.jpg



「マララ・ユサフザイ(Malala Yousafzai)」に捧げる詩





可憐な少女よ 

きみの勇気に対する仕打ちは 

銃弾だった




パキスタンに生まれ 育った

草原と岩石と青空が果てしなく広がる

道に咲く花は 国の花 ジャスミン




白いターバンを巻く

無垢の命の輝きを放つ

普通の可憐な少女のひとりだった





11歳の 時だった

タリバーンに 町は支配された

学校は焼かれた 女に教育など無用だと 




女には何の権利も無い

ただ生まれ 生き 子供を生み 育て 

老いて死ぬだけだと




イスラム教とシャリアは 

たった ひとつの教えであり掟だと

銃と恐怖が 少女たちを支配したはずだった




銃を突きつけられ 

赤い炎が学校を燃やし尽くした 

しかし絶望は きみの心を支配できなかった





幼いからこそ

純真で真直ぐな心には

自分は家畜ではない 命と心を持つ一人の女性だと




11歳 

自分の心の ありのままの不可思議を ブログに書いた

無名戦士が 誕生した瞬間だった




あれから3年・・

まだ14歳 あどけない笑顔の少女

わずか14歳 勉学に運動に恋に夢中な年頃





しかし きみは 戦士だった

勇気あるきみは Facebookに正体を現した

ひとりの少女は パキスタンの女性と 子供たちの希望の星となった





イスラム教とシャリアの教えに敵対していると

きみは 命を 狙われ続けた

そして 卑劣な銃弾が貫いた





目覚めたきみに

伝えたいことがある

伝えなければ いけないことがある





きみの 身体を銃弾が 貫いたけれど

きみの 正義に燃えた心を 貫くことなど出来ない

勇気は 暴力に 負けないのだと





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
彼女は10/09日に襲撃されました。
タリバーンによって、下校途中のバスの中で。
頭部と肩に銃弾が、摘出手術が成功(まだ残っているという報道もある)
しかし、予断を許さない状態だと。
許せないのは、タリバーンは彼女が生きていれば、再び襲撃すると発表している。
マララ・ユスフザイさんの公式ファンサイト(無許可で掲載をお詫びします)

追記2
最近は、このような事件ばかりが、何度も続きます。
時間が無いので、ここでも週1回の更新がやっとです。
恋愛詩も書きたい気持ちはあるのですが、事件事故ばかりで。
だから、「雫のナミダ」を復活させました(昨日)

同じ気持ちで、恋愛詩をここに載せる気持ちになれないからも、あります。
だから、「雫のナミダ」は、昔と同じように、恋愛詩専門ブログにします。

かと言って、新作を書く時間があまり無いのは、同じですから・・
少しずつ、旧作を再掲載する予定です、恋愛詩が好きな方はぜひ寄ってください。
新作も出来たら、乗せたいと思っています。どうかよろしくお願いします。雫。。

追記10/18 
「雫のナミダ」表示が遅いので、普通のリンク表示に変更しました。
「雫にサヨナラ」も、同様にリンクを普通の表示に変更します。
画面表示が少し、速くなって見やすくなったと思います。雫。。

追記10/18 17:40
やっと、恋愛詩が書けました。
雫のナミダ」に投稿しました。
時間があったら、ぜひ見に行ってくださいね。

追記10/22 21:00
New York Times documentary based on Malala Yousafzai, a teen age activist ...
(Malala Yousafzai、十代の活動家に基づいたニューヨークタイムズ・ドキュメンタリー...)
Malala Yousafzaiさんの動画 彼女の日常、学校、お父さんとの会話等・・
★一部、06:28~06:34に、残酷なシーンがあります、視聴の場合はご注意を★
写真は、画像サイトから検索して、掲載しています。





追記 10/22 21:30
Malala Yousafzaiさんの、近況。
10/20の報道では 
イギリスの病院で、筆談できるまでに回復しているようです。
頭部に銃弾を受けながらも、奇跡的な生命力です。
当然、医療機関の最大限の努力もそうなのですが・・
これは、彼女自身が生きたいと願う気持ちが、
そうさせているのだとも思えるのです。
ただ、完全に危険な状態を逃れたのではなく、
まだ気管に切開チューブが。
だから、まだ声が出せない状態。

それでも、積極的に筆談をして
「応援してくれている、世界の人々に感謝の気持ちを伝えたい」と。
どうか、完全な回復を、心より祈っています。雫。。




2014/10/10 19:25
マララ・ユサフザイ(Malala Yousafzai さん 
元気になって本当におめでとうございます
あなたの勇気、そして生命力に驚くばかりです

そして、今日あなたがノーベル平和賞を受賞されたことを知りました
本当に嬉しく思います
これからも光があなたに注ぎ続けることを願っています

ブログを突然やめてしまった私なのですが
受賞を知ってまたいつものように私の我がままと抑えきれない感情で
突然ブログに言葉を書きたくなり書いてしまいました




近況報告です
昨年、思わぬ病気で入院し奇跡的に回復して現在を迎えています
その時には今の自分を全く想像できませんでした、運が良かったのだと思います
そういえばいつも誰かに守られているような気がします、今回もまた

信じられないような悲しい事件が続いています
人は命を慈しむからこそ人として生きていけるのだと思っています
どうかもう悲しい事件が起らないよう祈っています

大きな災害も続いています愛おしい命も失われています
人々の希望や未来をこんなにも簡単に奪うことが出来るのかと
悔しくてたまりません




コメント欄やはり閉じたままにしておきます
書き込みがあったら絶対にお返事を書いてしまう性格なので
また数日でひっそりとブログ内に詩も閉じます 

突然の一時復活でご迷惑をおかけしました
皆様にはますますのご健康とご健勝を願っています
また時間があるときにはこっそりと遊びに行きますね

いつか時間が出来て何もかもがうまくいくようになったら
その時は
どうぞよろしく 雫。。


2014/10/15 21:20
ブログを訪問していただき、
応援もしていただき、感謝します。
詩をひとつだけ、
開いていることを発見してもらっただけでも嬉しいのに・・
自分でも忘れていたランキングへのポチをしていただいて、
ありがとうございます。

1年以上もブランクがありながら、訪問してくださった方々、
皆様にお礼の言葉もありません。
また明日、勝手ながら、詩をブログに仕舞いますが、
もしいつかまたお会いするときがあれば・・
そのときは、どうかよろしくお願いいたします。
皆様に幸せが訪れますように祈っています。雫。。

追記2017/01/10
この詩を京ブログに戻せることを嬉しく思います。
本当に奇跡の物語のようです。
頭部に銃弾を受けたのに、
命さえも救われ、言葉も耳も手足も自由奪われなかった。
後遺症が無いとは、信じられない・・本当に、嬉しく、喜んでいます。
私も、ある意味、生き返った者として使命を胸に生きたいと思います。。雫。。
別窓 | 生命詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
<<純愛詩「傍に居て 近くに居て 隣に居て」 | 雫にサヨナラ | 生命詩「花を摘む少女」>>
コメント
★ こんばんわ
悲し過ぎる事件ですね
今彼女はイギリスのクィーンエリザベス病院に移されたそうです
きっと良くなりますね。
治ったらそのままイギリスにいる事は出来ないのでしょうか?
14歳で真剣に考えた少女を襲撃する大人達、どう考えても可哀そう過ぎます
どうして純真無垢な少女を武力でしか抑えられなかったのか。。。
しかし世界中の人が今注目しています
きっと助けてあげられますね。
そしてパキスタンが何とか平和になりますように。。。
子供も女性も人間らしく生きられるようになりますように。。。
2012-10-16 Tue 20:01 URL | Coucouのいくこ #-[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ!!
拍手コメントで優しいお言葉をいただい感激いたしました、
文字変換ができなくなり、遅くなりました。失礼。汗)

少女の命まで奪う、タリバーンの非道さは、アラーの神とは言えません。戦争で、ただ憎しみが残り、無差別に銃弾を子供にまで、向けるのは狂気そのものです。

それでも、勉学に命をかけるこの少女の、勇気は大人の正義より強く、神の御手は必ず癒すことでしょう

雫さんの心願の美しさもその手助けをされることでしょう。!多くの人の心に沁みる感動の叫びでした。!
素敵な詠でした。!


「雫のナミダ」再開を心からお祝い申し上げいたします。!
早速リンクを貼らせていただきました。
また繊細な、美しい、恋愛詩、悲恋詩等のブログに接しられることを楽しみにしています。!ご期待いたします。
☆彡、☆彡
2012-10-16 Tue 22:40 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
★ Coucouのいくこ さんへ 雫
> 悲し過ぎる事件ですね
> 今彼女はイギリスのクィーンエリザベス病院に移されたそうです
> きっと良くなりますね。
> 治ったらそのままイギリスにいる事は出来ないのでしょうか?

こんばんは。
イギリスに移送されたんですか、貴重な情報ありがとうございます。
アメリカではなく、イギリス?と、思いましたが。
英国放送協会(BBC)に、初めて書き込みをしたからでしょうか?
秘密移送だったようですね、無事に着いたようで、本当に良かったです。
すこし、ホッとしました、また襲撃されるのでは?と、心配していたから。

> 14歳で真剣に考えた少女を襲撃する大人達、どう考えても可哀そう過ぎます
> どうして純真無垢な少女を武力でしか抑えられなかったのか。。。

やはり、宗教は怖いですね。
教義に反するものは、全て敵、抹殺対象ですから。
当たり前の権利が、特定の支配下では違うことが良く分かりました。
でも、本当に勇気ある少女です。

> しかし世界中の人が今注目しています
> きっと助けてあげられますね。

はい、本当に助かって欲しいです。
飛行機にも乗れる状態だから、最悪の危機は去ったのかと?
後は、後遺症ですね、それがまた心配です。

> そしてパキスタンが何とか平和になりますように。。。
> 子供も女性も人間らしく生きられるようになりますように。。。

平和、すごく重たく、すごく素敵な言葉なのだと、今更ながら。
パキスタンも、他の紛争地域にも、平和が訪れると良いですね。
そして、子供も女性も、当たり前の人間として生きられることを願います。

少女の勇気に対して、応える為に一欠けらの詩が書けたことが満足です。
後は、この少女が、元気になることだけを、今は願っています。
難しい詩に、コメント本当にありがとうございました。
2012-10-16 Tue 22:48 URL | Coucouのいくこ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎 さんへ 雫
>雫さんへ!!
> 拍手コメントで優しいお言葉をいただい感激いたしました、
> 文字変換ができなくなり、遅くなりました。失礼。汗)

こんばんは。
私も時々、文字変換がおかしくなって、仕方なく再起動することがあります。
大切な文章を書いているとき、本当に書けなくて困ることありますね。
でも、良かった、書けるようになって。
難しい詩に、コメントありがとうございます。

>
> 少女の命まで奪う、タリバーンの非道さは、アラーの神とは言えません。戦争で、ただ憎しみが残り、無差別に銃弾を子供にまで、向けるのは狂気そのものです。

教義に反することをしたり、言ったりしたら、それが敵対行為になる。
論破することさえ出来ないから、暴力と恐怖でしか支配できない。
相手が、女性とか子供とか、それが抹殺を止める理由にはならないと。
まさに書かれているように、狂気ですね。
>
> それでも、勉学に命をかけるこの少女の、勇気は大人の正義より強く、神の御手は必ず癒すことでしょう

勉強が好きだったのでしょうね、だからこそ、理不尽な要求に我慢が出来なかったでしょう。
Youtubeで、動画を見たのですが、イギリスの放送局の質問に、
流暢な英語で受け答えをしていました。
逡巡することなく、話す、理解力の速さ、その語学力に驚きました。

神の御手が癒し、治してくれる事を、心から祈りたい気持ちです。
>
> 雫さんの心願の美しさもその手助けをされることでしょう。!多くの人の心に沁みる感動の叫びでした。!
> 素敵な詠でした。!

こんな事件を見たり聞いたりすると、許せないんです。
でも、このような詩ほど、自分の考えているほど、反響が無い。
仕方が無いのかな、とも思うし、熱意が足りないのだとも思い、
自分の力の無さに、腹が立ったりします。
でも、このようなコメントを頂いて、私も救われました。
すこし、心が軽くなったようです、ありがとうございます。
>
>
> 「雫のナミダ」再開を心からお祝い申し上げいたします。!
> 早速リンクを貼らせていただきました。
> また繊細な、美しい、恋愛詩、悲恋詩等のブログに接しられることを楽しみにしています。!ご期待いたします。
> ☆彡、☆彡

また、わがまま、無理をするのが好き、無謀。
性格ですね、私の、仕方が無いのだと、自分でも思います。
両立が難しいと最近思っていて、この事件がきっかけになりました。
このような詩の後に、恋愛詩は向かないように感じたので。
別々にしました。

リンクありがとうございます。ぜひ寄ってくださいお待ちしています。
可愛い、純愛詩が一番好きです、そんな詩が書ければと思っています。
> ☆彡、☆彡
応援、本当に感謝します、励みになります、ありがとうございました。。
2012-10-16 Tue 23:46 URL | 荒野鷹虎 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
この地球でこんなに悲しい事実。

14歳にして、世界中に思いを伝える勇気。
素晴らしくも、正義がまたも暴力に。

けれども、彼女の命が助かり、本当に
ほっとしています。

人間は何を目的に生きているのでしょう。
信じられない事実はいつに終結するのか。

あるいは、人類はそれによって地球を失い
地球上からいなくなるのかもしれませんね。

2012-10-16 Tue 23:48 URL | りもママ。 #-[ 内容変更] | top↑
★ りもママ。 さんへ 雫
> この地球でこんなに悲しい事実。
>
> 14歳にして、世界中に思いを伝える勇気。
> 素晴らしくも、正義がまたも暴力に。

平和に暮らしている日本人には、到底理解できない出来事なのでしょうね。
わずか14歳で、こんな哀しい、当たり前のことを言い、襲われる。
そんな国に生まれてしまった、悲劇。
正義を叫べば叫ぶほど、邪魔な存在になり、標的になる。
暴力でしか、支配できない、
その愚かさを知らない狂気な人たちが居ると言う事実。
>
> けれども、彼女の命が助かり、本当に
> ほっとしています。

本当にそうですね。
襲撃を聞き、いつかこうなる?その心配が的中したから。
でも、命がまだある、それこそ奇跡だと思いました。
同じバスに乗っていた学友二人も怪我を、でも奇跡的に生きていました。
そのふたりは軽症だったので、インタビューに受け答えするほど元気だった。
いつか、一日でも早く、同じように、元気になったニュースを見たいです。

>
> 人間は何を目的に生きているのでしょう。
> 信じられない事実はいつに終結するのか。

>
> あるいは、人類はそれによって地球を失い
> 地球上からいなくなるのかもしれませんね。

この地球上で、一番愚かな生き物は、人間かもしれませんね。
いや、人間だと思います。

神にも近いと思うその心の驕り、生き物達全ての迷惑になる戦争をする。
動物達は、同族で支配のため、種族保存のためのボスを選ぶ喧嘩はするが・・
殺し合いを、続けているのは、人間だけだと・・。

昔、アニメで、この地球で一番必要で無い生き物を
神様が、地球上のあらゆる生き物達に、聞く番組があった。
人間は、気味の悪い生き物が、きっと一番だと、予想。

しかし、結果は、人間以外の生き物達は、人間だと。

神様は、この地球上から、人間を抹消するという、皮肉な結末でした。

戦争による、核攻撃で地球を破壊するシナリオもそうですが・・
この温暖化、異常気象、それなのに自分の国の利害だけを守るだけ。
やはり、私は、人間を滅ぼすのは、人間で間違いないと思います。
2012-10-17 Wed 00:23 URL | りもママ。 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こういうニュースを見聞きする度に、平和な国日本に生まれたことを幸せに思うのですが
それを本当に幸せと感じられない方が多過ぎること(自分自身も含めてですが)
それがとても不幸なことだと考えてしまいます

今日の雫さんの記事を読ませていただいて
せっかく自由の国に生まれたのだから『もっと幸せな毎日を送ろう』と心から思いました

マララ・ユサフザイさんの完治を心から祈っています
2012-10-18 Thu 14:36 URL | アビmama #0ej1hy.w[ 内容変更] | top↑
★ アビmama さんへ 雫
> こういうニュースを見聞きする度に、平和な国日本に生まれたことを幸せに思うのですが
> それを本当に幸せと感じられない方が多過ぎること(自分自身も含めてですが)
> それがとても不幸なことだと考えてしまいます

確かに書かれている通りだと思います。
平和過ぎるから、権利も当たり前にあるのだと・・
そうでは無い国では、権利は勝ち取るものなのですね。
戦って初めて手にすることが出来るのですね。

選挙権もそうですが、つい数十年前、選挙権なんて無かった。
そんなことさえ、子供達は知らない、親も忘れてしまっている。
この国の危険は、車や事件事故、しかしパキスタンでは銃弾。
それも、主義や主張が違うだけで、命を狙われる現実。
マスコミも平和ボケです。
>
> 今日の雫さんの記事を読ませていただいて
> せっかく自由の国に生まれたのだから『もっと幸せな毎日を送ろう』と心から思いました

そうですね。自由の国に生まれ、教育も当然のように受ける権利もある。
以前、書いた、わたしの尊敬する女性教師小4の担任のS先生なら、
きっと、授業が始まる前に、
こんなこと、現実があることを話してくれたと思います。
>
> マララ・ユサフザイさんの完治を心から祈っています

本当に、わたしも位置にとも早い回復を祈っています。
コメントありがとうございました。
2012-10-18 Thu 18:24 URL | アビmama さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ!!
今日の、新聞を見ますと、この少女は病院で意識を回復されたようですね~!本当に良かったとおもいます、なお余談は許されないようですが、雫さんの願いが叶いつつあります。!☆彡
2012-10-20 Sat 22:59 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎  さんへ 雫
> 今日の、新聞を見ますと、この少女は病院で意識を回復されたようですね~!
本当に良かったとおもいます、なお余談は許されないようですが、
雫さんの願いが叶いつつあります。!☆彡

おはようございます。
お返事遅くなり申し訳ありません。

報告を頂いて、検索。
意識を回復、その通りでした。本当に嬉しいです。
奇跡は本当にあるのですね。
願いが、祈りが叶って、嬉しくて堪りません。

イギリスでは、この事件を契機に、
パキスタンへの学校、教師育成への資金援助が
行われる事に。
さすが、紳士の国、行動が早いです。

昔、パキスタンとイギリスは関係悪化の国同士でした。
でも、この不幸な現実を知ったイギリス議会と国民は
過去の経緯を乗り越え、援助を。
日本も、生きたお金、援助をするべきだと思います。
この少女は、いつかパキスタンの教育相?
などの地位につくと思います。
さらに、それ以上の重責を担うかもしれないとも
思っています。

教育を受ける当たり前の権利を子供達に、
そして女性の権利も同じように。
吉報をありがとうございます。
そして、いつも応援ありがとうございます。
2012-10-22 Mon 09:44 URL | 荒野鷹虎  さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3