悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
童話「人々と神様が創った電車」
2012-09-25 Tue 01:11
IMG_8127_edited-1.jpg




図書室に行った。  
小さな茶色の本があった。
題名があった 「雫詩」 って。

その中のひとつに目がとまった。



「人々と神様が創った電車」



ホネストという町がありました。
小さな田舎町、
そこには善良で争いごとが嫌いな、住民ばかりが住んでいました。


みんなの自慢は、黄金の稲の穂と、困った時に助けてくれる神様と、
小さな田舎町を横断して走る、電車だった。


一年に一度だけ願い事を叶えてもらう、そのひとつが電車だった。
電車には、命があった。




プラットホームに 電車の発車を告げるベルが鳴った


「すまんのお 今夜は誰も乗らんようじゃ 気をつけて行っておくれ。」
駅員はそう語りかけた 電車に。


「なぁに、稲刈りに忙しくて、みんな疲れて寝ているんですよ、きっと」
そう、電車は答えた。


「そうじゃのお、今年は豊作じゃ、ありがたいことじゃ」
「はい、もう少ししたら、お米を都会にいっぱい運ぶ、私も大変だぁ」と
電車は、少しも困ったようではなく、嬉しそうに話した。





電車は、忙しかった。
時々、急病人がでたら、救急車の役目もして、特別列車として走った。
だから、子供電車が今年の願い事として、生まれたのだ。


「まだ夜は子供電車は走れんのかのお?」
「はい、まだ足は遅いし、慣れていないし、怖がりだし・・」
それだけは、すこし困ったようだった。



「じゃ、ご苦労じゃが、最終電車、行って来てくれるかのぉ」
「はい、安全運転で行って来ます」



電車は、ピーと、長い汽笛を鳴らし、走り出した。



しばらく走ると、そこは踏み切り
用心しよう、そう思った時。


踏み切りの上に、倒れているご老人が居る!



「あ、ブレーキが間に合わない!!!」



このままでは あの人を傷つけてしまう
そうだ 誰もお客さんが乗っていないんだ


とっさに考えた答えは。

じゃ、私が線路を離れたら、良いんだ!!


お父さん電車は 自分が傷つくのを覚悟で
線路から外れて 田んぼの中に突っ込んだ。



ギギーギー ドドド ドスーン



町のみんなは、大きな音に驚いて家から飛び出しました。
そして、しばらくして、やっと電車の事故だと気づきました。


「うーん」
命は助かったようです。
でも、ガラスも割れ、あちこちが傷つき、動けません。



「大丈夫かい?」
町のみんなは、声をかけてくれました。
「私は、いいんです、お年よりは?倒れていた人は?」



「あぁ、大丈夫じゃ、つまづいた時、頭を打ったようじゃ、命は心配なしじゃ」
「ああ良かった、本当に良かった。」


「助かった老人は、『すまんすまん』と言って、泣いておる」
「いいんです、命を助けることが出来て、良かった」





子供電車は、夜が怖くてお父さん電車の傍には来れませんでした。
やっと、朝になって、お父さん電車の傍まで。
でも、どうすることも出来ません、助ける力がないんです。



町のみんなから愛され、親しまれた電車、
その電車が走れないと、都会へ米も運べない、病人も助からない、本当に困る。




お父さん電車は、話しかけました。



「私の代わりに走っておくれ、線路も無事だったから」
「もう走りたくない、だって、怖いんだもの・・・」


「いいかい おまえは 何のために生まれてきたの?」
「・・・・町のみんなの役に立つため?」


「そうだよ、それが分かっているなら、走ってくれないかい?」
「・・・怖いんだ、だれか線路に倒れていたら、僕おとうさんみたいに・・」


「田んぼに飛び込めないのかい?」
「うん・・・。」


「命はひとつだけど、この命は、自分だけのものじゃ、ないんだよ。」
「命って、自分だけのものじゃないの?」


「ほら、みてごらん、お父さんの体を、あちこち継ぎはぎだらけだろ?」
「うん、右は青で左は赤で天井は黄色だ、不思議だな って 思ってたの」


「これはね、ポンコツとして捨てられたものたちから、集めて作られたからだよ」
「僕も、そうなの?」


「そう、だからたくさんのポンコツさんたちの命も、願いも、体に入っているんだよ」
「でも、やっぱり怖いよ、走るのは・・夜は真っ暗だし・・」


「・・・・。」
「・・・・・・・・。」





ずっと話をして、とうとう夜になりました・・
でも、子供電車は聞き入れてくれません。
お父さんは、困りました、自分の怪我は神様にも、治せないのです。



神様が願いを叶えてあげられるは、一年に一度だけ。
そして、今年は、すこし古くなったお父さん電車のために、
子供電車を願い、叶えてもらっていたから。






町のみんなも、困ったと顔をあわせては、ため息をつくばかりでした。



その時です。
あの、踏み切りで倒れていた老人が、ポツリと。


「わしが悪いんじゃ、すまん事をしたの、だから神様にお願いをして来る」


みんなはびっくりしました。
一年に一度の願い事の約束を破って、頼みに行くと願いが叶っても
命を無くす掟があったからです。


「駄目じゃ!」
「それは、やめておくれ」
「俺だって、そこで倒れていたかもしれん、お前だけが悪いんじゃない」


みんな口々に行くことを止めました、しかし・・老人は


「ありがとうのう、みんな。一度はおとうさん電車に助けてもらった命じゃ
恩返しをしても、ええじゃえろ・・。」



止めるのも聞かず、老人はひとり、神様の住む山に向かいました。





やっと山の麓まで辿り着き、山に入ろうとした時でした。


「老人よ、願いは年にいちどだけじゃ、命はいらないのか?」
「はい、今から山に入り、どうか願いを聞いてほしくて・・」


と、途中まで話した時。


「すぐこの場所から、立ち去れ!」
「は、はい・・あの、願いを・・」


「立ち去れ!」
「・・・はい・・」




やはり駄目だったのだと、二度目の願いは聞いてもらえないのだと・・
老人は願いも言えずに、とぼとぼと町へ帰っていった。



子供電車は、真っ暗な線路を見つめていました。





ずっと、考えていました。



僕が走らなければ、みんなが困るんだ・・困るんだ・・






僕の命は、僕だけの命じゃないんだ、みんなを助けるための命なんだ・・


車輪が動きました、一回り、そして、恐る恐る走り出そうと思った時でした・・。










「子供電車よ、お前にひとつ私から贈り物をしよう」




神様の声がしました



IMG_8063_edited-1.jpg



見ると、びっくりです。



真っ暗闇の中、線路が・・線路が・・・光っているのです。




「あ、光ってる、遠くまで見える、すごいや!」



また神様の声が聞こえました。


「命を捨てても町のために子供電車に走ってもらおうとした老人の勇気

そして、自分が傷ついても老人を助けようとした、おとうさん電車の勇気

怖かった真っ暗な夜に、みんなのために走り出そうとした子供電車の勇気」




子供電車は、一生懸命に聞いていました。




「この光は勇気だ、お前の心の中に眠っていた勇気だ

お前は、みんなのために、勇気を振り絞って動き出そうとした

これが贈り物だ、受け取れ」





お父さん電車が見守る中、ゆっくりと走り出した子供電車


「やった!」と、声を上げようとした時





周りの畑から、歓声が上がりました。




町のみんなが来ていたのです。


「良かった」

「万歳」

「ありがとう」



口々に声をあげ、泣き出す人も・・






老人がひとり・・ポツンと不思議そうに・・


「願いが叶ったのにまだ、命が残っている?」と言いました




それを聞いた神様は・・



「それはな・・

お前は麓までは来たが、山には入っておらん

そして、私に願いを頼んだわけではない

実は・・

お節介な”風”が、”風の便り”を届けてくれたのじゃ

だから何のために来るのが分かったから

追い返したのだ。

命を助けようと、”風のお節介”を無駄にせんようにな・・・」と。






線路の上から声がした


大きな声で、子供電車の声が・・。




「お父さん、僕がんばるよ、勇気をもらったから、命をもらったから!


僕は走るよ、みんなのために」





それを聞いた、お父さん電車は涙が止まらなくなりました。




「ありがとう、ありがとう・・」と、


何度も何度も、ただそれだけを言って・・。。







読み終えたら 僕の手から 小さな茶色の本 消えていた。

図書室の外を見ると、もう夜だった。



遠くの田舎の町の単線は、今夜も光っているのだろう。

子供電車とおとうさん電車が、みんなの笑顔と夢と希望を乗せて

雨の日も風の日も休まずに・・

これからは、電車の乗る時には、そっと私も

「ありがとう」と言おう。



当たり前じゃないんだ、電車が毎日動くことが・・

電車を守り、線路を守り、みんなの安全を守る人たちのためにも

心からそう思えたから・・



届くかな?ふたりの電車さんたちに・・

日本全国、一生懸命に働いてくれている電車さん達に・・

「ありがとう」の、言葉が・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
この物語は、写真ブログ「目指せ!ゆる鉄!
管理者  happyヒロ様のブログで・・
一枚の写真(物語の二枚目)を見た時に・・
何故か惹かれ、光る線路?・・その場で構想が浮かび
控えめな?私にしては、初めてと言う暴挙!?に出ました。

訪問は、ほんの数度、なのに、「写真を使わせてください」と、我侭を。
写真を使わせてもらったのは、今までリンクをしていたブログ様だけ。
今までも、写真ブログは好きで、良く訪問、そして物語が浮かんだ写真も・・
実はあるのですが・・そのままにしていました。

何故、今回だけ・・
やはり、最初に見た、
トワイライトエクスプレス1号車 1番
の写真と案内記事に人柄が出ていた。
近寄っても良い様な、ww 優しさが感じられたからですね、きっと。
これを機会に、リンクを結びたいと思っています。
みなさまもぜひ、こちらで素敵な鉄道写真を。

最初、町の名前を「ポプラ」にしていました。
もしも、同じ名前があれば、問題に?
そこで、honestから、ホネストにしました。
英語で正直な,実直な; 誠実な,信頼できる 真実・公正・率直
その意味からです。雫。。


この作品で使用している写真は「目指せ!ゆる鉄!」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 童話 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
<<短恋詩 君に贈る恋文七行詩(5編) | 雫にサヨナラ | 想い出「正しい嘘」>>
コメント
素敵な物語です
いろいろ考えさせられました

それにゆる鉄さんのお写真がとっても合っていてすごいです!
2012-09-25 Tue 13:03 URL | アビmama #0ej1hy.w[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ!!
電車に例えた神様との対話が見事に描かれ、感動でした。!
老人の心の美しさに涙が出る思いでした。困ったときの神頼み」も無差別では、聞いてもらえないことも知りました。
お互いに、思いやる事の大事なことを痛感しました。
時には命まで捨てて人を救う心が大切なのでしょうねー!
キリストも愛は「詢愛」が最高の愛の形だと教えています。!
立派な童話作家と思いました。!☆彡☆彡!!、
2012-09-25 Tue 16:38 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
雫さんはすごいなあ
こんなすばらしい詩毎回つくれるなんて
凄いです。

あと、犬の殺菌剤は実在していて←どうでもいい話
病院でもらった殺菌剤のパッケージ
オリジナルで描いただけです^v^
やっぱあたしは、しょーもないことしか
いえないなぁ(。◉◞⊖◟◉。)
2012-09-25 Tue 17:43 URL | ぴすけ #-[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは
零さん素敵な物語ですね~
駄作の2枚の写真を
こんな優しい物語にして頂いて
感動です!!

写真には勿体ない位の物語です!
無機質な鉄道も、駄作の写真も
物語ひとつでこんな素敵な
心のこもった、暖かいものに変わるんですね~
文才の全く無い自分にとっては
感動、刺激でした!

これからの作品も楽しみにしております。。。
2012-09-25 Tue 22:09 URL | happyヒロ #UKzbhhFA[ 内容変更] | top↑
★ アビmama さんへ 雫
ヾ(o・_●・)ノこんばんはぁ♪
こんな長文を最後まで、読んで頂いて感謝致します。

> 素敵な物語です
> いろいろ考えさせられました

ありがとうございました。
最初に書いたように、長いと読んでもらえない。
=コメントも書いてもらえない。
に、なるんです。

内心、コメントが0だったら、どうしよう?とか。
ちょっぴり心配していたんです。
誉めていただいて、とても嬉しいです。
>
> それにゆる鉄さんのお写真がとっても合っていてすごいです!

でしょ。。
顔の表情も、言葉遣いも、文章もそうですが・・
写真にもそれが出るのだと、思いますね。
人柄が。
電車たちをとても優しい眼差しで撮られているな・・と。
感じたんです。
そしてあの写真、その場で言葉たちがどんどん出てきて・・
写真一枚の前で、約1時間ほど構想、妄想を書いていました。

だから、本当にこの作品が生まれたのは、
目指せ!ゆる鉄!happyヒロさんのおかげですね。

写真の使用を申し出てから、自分の厚かましさに
やっと気づいたぐらいでした。(*v.v)恥ずかしい。
お返事が長くなって、(あ、いつもですね)すいません。
2012-09-25 Tue 23:05 URL | アビmama さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎 さんへ 雫
>雫さんへ!!
> 電車に例えた神様との対話が見事に描かれ、感動でした。!

こんばんは。
長文、最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
誉めていただいて、本当に嬉しいです。

> 老人の心の美しさに涙が出る思いでした。困ったときの神頼み」も無差別では、聞いてもらえないことも知りました。
> お互いに、思いやる事の大事なことを痛感しました。
> 時には命まで捨てて人を救う心が大切なのでしょうねー!
> キリストも愛は「詢愛」が最高の愛の形だと教えています。!

もしも、私がこの老人なら、そうするだろうな・・と。
そのままを書きました。
自分のために、自分の責任でこうなった・・もしも?
みんなが困らないように出来るなら・・と。
人は生きている、だからこそ、生きている命をどう使うのか?
そんなことを考えて書かせてもらいました。

だから、どう助けようと、それが苦心でした。
風の便り、なんてよくも書いたものだと、赤面です。
すいません、童話です、許してくださいという心境です。

> 立派な童話作家と思いました。!☆彡☆彡!!、

あぁ、すごく嬉しい言葉を書いて頂きました。
実は、私の子供のころからの夢は「童話作家」なんです。
自分の結婚式の時に、将来・・童話作家になりたいと・・言いました。
その時の事を思い出しました。
応援v-352ありがとうございます。
とても励みになります。。
2012-09-25 Tue 23:17 URL | 荒野鷹虎 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ ぴすけ さんへ 雫
> 雫さんはすごいなあ
> こんなすばらしい詩毎回つくれるなんて
> 凄いです。

(。ゝェ・。p[+゚。こんばんは。゚+]q
むっちゃうれしいこと書いてくれて、壁|▽//)ゝテレテレ
ほめると、てれて、
ワンピースのチョッパーみたいになるんですよ。
「もう、うれしくないぞぅ」なんてぎゃくのことを言いそうです。
>
> あと、犬の殺菌剤は実在していて←どうでもいい話

あ、そうなんだ、教えてくれてありがとう。
なんでも、勉強、ひとつ偉くなれたよ。。

> 病院でもらった殺菌剤のパッケージ
> オリジナルで描いただけです^v^
> やっぱあたしは、しょーもないことしか
> いえないなぁ(。◉◞⊖◟◉。)

僕が小6の時なら、もっと何も書けなかったよ。
一生懸命に書いてくれている、その気持ちは
ぐんぐん、響いて届いていますよ。
大丈夫、v(*^ー^*) ありがと♪
2012-09-25 Tue 23:24 URL | ぴすけ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ happyヒロ さんへ 雫
>こんばんは
> 零さん素敵な物語ですね~
> 駄作の2枚の写真を
> こんな優しい物語にして頂いて
> 感動です!!

こんばんは。
今回は、本当に無理をお頼みして、申し訳ありませんでした。
突然のお願いに、さぞびっくりされたことだと思います。
それなのに、快く、許可をして頂き、本当に感謝です。

駄作なんて、とんでもないです。
写真さんたちが、泣きますよww

見た瞬間に、惹かれました。
光る線路、その上を誰が、どんな理由で走るんだろう?
早速、キーボードを叩いて、いましたね。

時間が無いものだから、お願いを許可してもらってから・・
逆に大丈夫かな?と、実は書きあがるのか、心配でした。
最初の出だしが、電車の生まれた理由付けが難しかったですね。

ただ、書き上げた昨夜、その直後に、実際の電車の事故があった。
それを知らずに、手直し等で時間がかかり、投稿した時には
事故の詳細が。

朝になって、初めて事故の事を知り、投稿した後で、しまった、と。
もしも、分かっていたら、投稿していたか?どうか?
そして、happyヒロ さんへ連絡して・・
投稿しても良いか、許可と確認をとったと思います。

今は、被害を受けた方の、早期回復を願うだけです。
>
> 写真には勿体ない位の物語です!
> 無機質な鉄道も、駄作の写真も
> 物語ひとつでこんな素敵な
> 心のこもった、暖かいものに変わるんですね~
> 文才の全く無い自分にとっては
> 感動、刺激でした!

使用許可を頂いた本人に、そう言われると
書いて、書けて、本当に良かったな、と、それが実感ですね。

でも、この物語は、あの一枚の写真との偶然の出会いが無いと
生まれなかったのは、事実です。
そして、めぐり合えた写真さんたちにも、感謝しています。

これはhappyヒロ さんが、心を込めて写真を撮られているからだと。
そう思います。
そして、被写体にも、撮られたい人に、撮ってもらえたからこそ、
心の篭った写真になったのだと。

人に言うと、変だと言われるかも?
詩を書くとき、気に入った一枚の写真を見つめていると
言葉が出てくるんです。
その訴えている心を、私が言葉に変えているだけなのです。

そして、今回もそうでした。
暖かいといわれる、作品になれて、良かったなと。
>
> これからの作品も楽しみにしております。。。

はい、ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いしたします。
2012-09-25 Tue 23:47 URL | happyヒロ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ こんにちわ
素敵なお写真といいお話ですね~
雫さんの優しさがいっぱいですね!
電車にありがとうっていいな~これからは私も言います。
実は昨日朝からヘリコプターが旋回していました
何があったのかと思ったら私鉄の事故でした
土砂崩れにブレーキが間に合わず突っ込みました
今日中には何とか運転してくれそうです
ちょっと見に行って来ました
何百人もの方が徹夜で土砂と戦ったようです
国道には取材のテレビ局の車や工事の車がびっしりでした。
電車はこんなに多くの人の力で走っていたのですね~
そして不通になった電車の代わりのバスは凄い列です
歩いてる方も多くて震災の日を思い出しました。
首都圏の電車って走ってるのが当たり前だと思いましたが違うのですね~
とってもいいお話をありがとうございました。
2012-09-26 Wed 14:15 URL | Coucouのいくこ #-[ 内容変更] | top↑
★ Coucouのいくこ さんへ 雫
>こんにちわ
> 素敵なお写真といいお話ですね~
> 雫さんの優しさがいっぱいですね!
> 電車にありがとうっていいな~これからは私も言います。

こんばんは。
今、帰って来ました。
長文を最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。

優しさと表現してもらって、とても嬉しいですね。
小さなもの、見過ごしがちなもの、生きているのに気づかないもの
何か、気づいてあげたいな、って いつも思っています。
光の当たらないものたちに、光を。
そんな気持ちでいつも居ます。
だから、その気持ちを受けて止めてもらえて感謝です。

> 実は昨日朝からヘリコプターが旋回していました
> 何があったのかと思ったら私鉄の事故でした
> 土砂崩れにブレーキが間に合わず突っ込みました
> 今日中には何とか運転してくれそうです
> ちょっと見に行って来ました
> 何百人もの方が徹夜で土砂と戦ったようです
> 国道には取材のテレビ局の車や工事の車がびっしりでした。
> 電車はこんなに多くの人の力で走っていたのですね~
> そして不通になった電車の代わりのバスは凄い列です
> 歩いてる方も多くて震災の日を思い出しました。
> 首都圏の電車って走ってるのが当たり前だと思いましたが違うのですね~
> とってもいいお話をありがとうございました。

この作品を書き上げて、すぐにこの事故があったようです。
実は、全く知らなかったんです。手直しをして、投稿用意。
誤字脱字の確認などで、深夜一時ごろにやっと完成。

翌朝に知りました、この事故の事を。
仕事直前考えました、事故にあわれた方のことなど。
そして、自分だけの作品ならブログ内に収めたと思います。
でも、写真を提供していただいて、喜んでいただいて
収める許可も取れず、そのままに。

未だに、すこし複雑な心境です。
でも、今のところ、責める人も無く、すこしホッとしています。
難しいですね、タイミングがこんなにも合うなんて。

事故にあわれた方の、一日も早い回復を祈っています。
2012-09-26 Wed 22:56 URL | Coucouのいくこ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 控えめな?私にしては、初めてと言う暴挙!?に出ました
↑ふふふふ。
素敵です。

そう突き動かされるモノに出会ったんですね。
それって、天から降りてくるモノのように、何かが乗り移ったかのように、不意に物語世界が湧き上がってきますよねぇ♪

素敵な童話のような幻想的でありながらリアリティを感じさせる素晴らしい物語でした♡

写真から。
なるほどぉ。
fateは大抵、唄から物語が生まれますね。
芸術の世界って、やはり深い場所で、何かがつながっているのかも知れませんね!
2012-09-27 Thu 18:44 URL | fate #-[ 内容変更] | top↑
★ fate さんへ 雫
こんばんは。

>控えめな?私にしては、初めてと言う暴挙!?に出ました> ↑ふふふふ。
> 素敵です。

お互い、控えめですからねwwえ?
ありがとうございます。
>
> そう突き動かされるモノに出会ったんですね。
> それって、天から降りてくるモノのように、何かが乗り移ったかのように、不意に物語世界が湧き上がってきますよねぇ♪

写真を見て、光る線路、面白いなぁ。
誰かを、何かを導いているようで、そう思ったんです。
その場所から動かず、妄想、構想でしたね。
何かが乗り移った、って感じ、分かりますね。
その瞬間しか書けない、時間が経つと、何を考えていたのか忘れてしまう。
>
> 素敵な童話のような幻想的でありながらリアリティを感じさせる素晴らしい物語でした♡

誉めて頂いて感謝です。
>
> 写真から。
> なるほどぉ。
> fateは大抵、唄から物語が生まれますね。
> 芸術の世界って、やはり深い場所で、何かがつながっているのかも知れませんね!

写真を見つめていると、写真が物語ってくれる。
語りかける、それをそのまま?書いている、そんな感じです。
訴えかけてくるんです、泣いていたり、聞いて欲しそうな感じで。
後は・・
音楽、気に入ったら、その曲をリピートしたまま、書いています。
この曲で「勇気100%」を使ったのですが、他に候補曲が2曲。
1曲は曲を聴いていて、歌詞がいいな・・でも、どこかで聴いた曲・・
なんとアンパンマンのテーマでした、一人の女の人がつぶやくように歌っていた。
もう1曲は、家入レオさんの「「Shin」でした。
ただ、アクションがこの物語に、合わないかな・・?と。
いつか、この曲を使った詩を書きたいです。
2012-09-27 Thu 23:08 URL | fate さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こんばんは、雫さん。

感動しました。
こんな風に人を思いやれる人が沢山いたら。

今の世界の人、みんなに読んでもらいたい
物語ですね。

2枚目の写真とのマッチングも最高。

雫さんの本が出版される日を待っています。
2012-09-28 Fri 23:28 URL | りもママ。 #-[ 内容変更] | top↑
★ りもママ。 さんへ 雫
> こんばんは、雫さん。

こんばんは。
最後まで読んで頂き、本当に嬉しいです。
>
> 感動しました。
> こんな風に人を思いやれる人が沢山いたら。

そうですね。
苦労をされた人ほど、優しく人を思いやる心を持っていると思います。
そして、こんな素敵なコメントを書けるのも、
りもママ。さんが、真っ直ぐな心で人生を生きてこられたからだと思います。
>
> 今の世界の人、みんなに読んでもらいたい
> 物語ですね。

ちょっと、びっくりですが。
読んで欲しい気持ちはいっぱいです。
ただ、どうしても長いので、難しいかな・・とも。

いつか、一行詩~四行詩を数編載せたいな、と。
え?短いのも、書けるの?と、思って欲しいから。
>
> 2枚目の写真とのマッチングも最高。

はい、この写真を見て、イメージが。
光に導かれる電車、が浮かんで、出来た作品です。
だから、本当に、出逢い、巡り合いは素敵だと思います。

>
> 雫さんの本が出版される日を待っています。

アハハ、そうなったら、本当に最高です。
でも、夢はいつか叶うかもしれない・・
信じる気持ちは、誰にも負けません。。
ありがとうございました。
2012-09-29 Sat 00:08 URL | りもママ。 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
物語も、物語の経緯も素敵ですね。
命が一人だけのものではないことが、言葉だけでなくストーリー全体で伝わってきました。
週末、疲れてましたが(⌒-⌒; )がんばろうと思えました。
時間を見つけて、また寄らせてもらいますね。
2012-09-29 Sat 00:12 URL | Ladias #-[ 内容変更] | top↑
★ Ladias さんへ 雫
こんばんは。お元気だったのですね、良かった。。

> 物語も、物語の経緯も素敵ですね。

飛び飛びで書いて、後からどうまとめようかと?
実は、困っていました。
繋がらない?かもしれない・・と。

でも、不思議と、今回は、何とかなりました。
電車を擬人化することも、感情、言葉を交わせることも。
掟が年に一度の願い、それを破ると、悲劇があることも。
子供電車の生まれた理由、ポンコツさんたちの願いも体に入っていることも。
どうして神様が知っていたのか?その理由づけも。

そして、自分だけの作品なら、もっと出来上がりが遅かったはずだと言うことも。
実は、写真の申し込みをして、時間が来週の月、火曜迄には、書きたいと報告。
だから、出来上がり迄、約7時間ほどで、何とか。
でも、その後、猛烈な空腹がww
夕方も、夜も、何も食べないでいたことに、初めて気づきました。ww

> 命が一人だけのものではないことが、言葉だけでなくストーリー全体で伝わってきました。

ひとりで生きている人は居ないし、ひとりで生まれ育った人も居ない。
なら、自分のため、みんなの為、同じ気持ちで頑張って欲しい、と。
そんな気持ちで、書きました。
それを汲み取ってくれて、とても嬉しいです。

> 週末、疲れてましたが(⌒-⌒; )がんばろうと思えました。
> 時間を見つけて、また寄らせてもらいますね。

はい、いつもお待ちしています。
私も時々寄ったのですが、忙しいのに、無理をさせては・・と。
ちょっと、遠慮をしていました。
お互い、本当に時間が欲しいですね。
忙しいのに、来てくれて、ありがとうございます。(_ _*)(- -*)ペコリ
2012-09-29 Sat 00:41 URL | Ladias さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ!!
体調不良で応援だけして帰ります。お元気で!
2012-09-29 Sat 21:20 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎  さんへ 雫
> 雫さんへ!!
> 体調不良で応援だけして帰ります。お元気で!

こんばんは。
体調が悪いのに、わざわざ来て頂いて、ありがとうございます。
どうか、無理をされないように。。
そして、応援まで、本当に感謝です。

こちらは、台風接近のため、迎える準備で大変です。
大型なので、心配です。
全国で、どうか被害が無いことを願っています。
2012-09-30 Sun 00:01 URL | 荒野鷹虎  さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
初コメです。
ちょくちょく読ませていただいてます^^

これからもすてきな詩を書いてください
楽しみにしてますノシ
2012-09-30 Sun 07:55 URL | ぶたくん #LkZag.iM[ 内容変更] | top↑
★ ぶたくん さんへ 雫
> 初コメです。
> ちょくちょく読ませていただいてます^^

初コメ、ありがとうございます。
そして、読んでくれてとても嬉しいです。
でも、ちょっと、長い・・でしょww
いつか?短い詩も、書きますね。
>
> これからもすてきな詩を書いてください
> 楽しみにしてますノシ

そんな風に書かれると、とても感激です。
また、ぜひ読みに来てくださいね。
ただ、時間があまり無いので、週に一回ぐらいしか
更新できないけれど。。
これからも、よろしく、です。。
2012-10-01 Mon 00:18 URL | ぶたくん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
エンジェルズアイと申します。
温かい気持ちになれる優しいお話ですね。
これからも素敵なお話を楽しみにしています。

2012-10-02 Tue 18:23 URL | エンジェルズアイ #-[ 内容変更] | top↑
★ エンジェルズアイ さんへ 雫
> エンジェルズアイと申します。

初めまして。訪問コメントありがとうございます。

> 温かい気持ちになれる優しいお話ですね。
> これからも素敵なお話を楽しみにしています。

長文を最後まで読んでいただき、感謝です。
嬉しいですね、こちらこそ心が温かくなります。
はい、ぜひまた来てくださいね。
読んでもらえるような作品を書きたいと思います。
2012-10-02 Tue 23:09 URL | エンジェルズアイ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3