悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
優心詩「峠」
2011-05-21 Sat 19:58
Photo by (c)Tomo.Yun
yun_653_convert_20110521185831.jpg



「峠」


山道を歩く ひとり ゆっくりと
木々の緑 注ぐ光 木洩れ日が優しい
細い路 登り道 もう少しで 峠
目の前に 子供とお年寄り 手を繋いで



もうすぐだよ と 声をかける子供
あぁ すまないね と 手を引かれる姿
微笑ましく 追い越さずに 見守りたくなる
数年前 今とは逆のふたり この道を登った姿 見える



よちよち歩き おじいちゃんが見守り 手を引く姿 見える
一緒に歩む ひとりは早く ひとりは遅く 追いつき追い越した
繋がれた手 結ばれた心 掛け替えの無い 大切な家族
助け励まし合う姿 昔から今へと これからもずっと 続く



じっちゃん 見えたよ 峠 ほら すぐそこだよ と
ありがとうね なんども 繰り返し お年寄りは答えた
茶店 仲良く並んで座る その姿 微笑ましく嬉しい
日の光 ふたりに注ぐ 風はそよぎ ふたりを労わる



小さく見える町や村 生きてきた過去 懐かしむように見ている
ふたりの絆 これからも この先も 切れることなく 続く
老いるという事は 成長を見守った証(あかし) 手のしわが優しい
急ぐ旅でもない 同じ道 同じように 降りよう そっと後ろから



自分を見つめる 振り返る それを気づかせるのが 峠なのかも
さぁ行こう ふたりの会話聞こえた 同じように手を繋ぎ 歩みだす
でこぼこの道 今までも これからも いつまでも 仲良く歩いてと願う
ありがとう と そっとふたりに 峠には 優しい風が いつまでも吹いていた





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
別窓 | 優心詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
<<純愛詩「恋は魔法」 | 雫にサヨナラ | 片想詩「嘘つきピエロ」>>
コメント
★ こんにちは
先日は 拍手コメント ありがとうございました^^

長閑な風景の写真ですね
詩のイメージに ピッタリ^^
何故だか 私は 春と秋になると
長閑な風景が 見たくなるのです
そんな所で 生まれ育ってはないのに 不思議です^^;


2011-05-22 Sun 13:25 URL | kotone #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは。
峠って・・振り返る場所・・
そんな存在なのかも知れないですね・・^^♪
2011-05-22 Sun 22:09 URL | bunrumama #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは、雫さん。

いまは亡き祖父と、どんぐりを集めながら
お散歩したときのことを思い出し、
心が温かくなりました。

お年寄りのしわは、ときが刻んできたもの。
それまで、たくさんのものを見守ってきたのでしょう。

おじいちゃんも、お孫さんも
語り手がふたりに注ぐまなざしも、みんなみんなやさしい。
木漏れ日がうれしいように。

登山がきらいなわたしだけれど
こんなふうにだれかと
「あとちょっとで峠だよ。がんばろう」
「そだね、がんばろう」
ってえっちらおっちら登っていくのはアリかな、と思いました。

サイドバー、応援クリック、ポチッ☆
2011-05-23 Mon 12:32 URL | だいず #-[ 内容変更] | top↑
★ kotone さんへ
> 先日は 拍手コメント ありがとうございました^^

こちらこそ、訪問コメントありがとうございます。

> 長閑な風景の写真ですね
> 詩のイメージに ピッタリ^^

写真を色々探したんです、峠 検索で。
でも、気に入ったものが無くて、ストックしていたものを。
そんな風に行ってもらって嬉しいです。
そして、フリーで写真を提供してくれている方々に感謝ですね。

> 何故だか 私は 春と秋になると
> 長閑な風景が 見たくなるのです
> そんな所で 生まれ育ってはないのに 不思議です^^;

そうなんだ、春と秋は緑が映え、そして薄れていく時期かな?
緑を見たくて、そして懐かしむためかな?なぁんて、思いました。

閑静な場所を求めたくなるのは、都会に住んでいるからでしょうか?
私の大阪は、本当に緑が少ない都市ですね。
私は、散歩とか、近くの堤防に行って、芝生に寝転んで気分転換。
でも、最近は山登りに行けない、時間も無くて、それが残念ですね。
では、また。。
2011-05-23 Mon 23:31 URL | kotone さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ bunrumama さんへ
> こんばんは。

こんばんは。。

> 峠って・・振り返る場所・・
> そんな存在なのかも知れないですね・・^^♪

本当にそうですね。
漢字って、本当に上手く作ってあるなって思いますね。
峠、山に登り、頂上に着いたら、降りなくてはいけない。
その中間地点が、峠。
人生と同じですね、今までの行いを振り返る場所として見ると。
自分の足で登り、自分の責任で降りなくてはいけない。
そんな山や、峠が何度も、何回もあるのでしょうね、きっと。 
2011-05-23 Mon 23:37 URL | bunrumama さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ だいず さんへ
> こんにちは、雫さん。

こんばんは。

> いまは亡き祖父と、どんぐりを集めながら
> お散歩したときのことを思い出し、
> 心が温かくなりました。

そうなんですか、優しいおじいちゃんだったんでしょうね。
孫と一緒に何かをする、その仕草が可愛くて
おじいちゃんにとっても大切な時間だったのでしょう。

私も、四角い大根が玉の、手作り鉄砲を作ってもらったり、
竹トンボを作ってもらったことを、思い出しました。
懐かしいですね、本当に優しいおじいちゃんでした。

> お年寄りのしわは、ときが刻んできたもの。
> それまで、たくさんのものを見守ってきたのでしょう。

幸せや悲しみや苦労や喜びを掴んだり放してしまった・・
でも、それでも孫の手を、いま握りしめている。
とても充実した、幸せな手だと思いますね。

> おじいちゃんも、お孫さんも
> 語り手がふたりに注ぐまなざしも、みんなみんなやさしい。
> 木漏れ日がうれしいように。

こんな風に仲のいい、ふたりを見られたら・・
自分までが嬉しく、幸せにしてもらえる。
気づいたら、以前はおじいちゃんが手を引いて歩いた・・
でも、今はお孫さんがおじいちゃんの手を引いている・・
助け助け合う、そんな光景を見たくて。
風も木洩れ日も、すんなふたりにとても優しくなる。

>
> 登山がきらいなわたしだけれど
> こんなふうにだれかと
> 「あとちょっとで峠だよ。がんばろう」
> 「そだね、がんばろう」
> ってえっちらおっちら登っていくのはアリかな、と思いました。

ですね、えっちらおっちらゆっくり歩くのは楽しいですよ。
今、そんな健康登山が女性で人気だと、ニュースで見ましたね。
登山じゃなくて、丘を登って降りるのは楽しいですよ。

登山は結構、危険だからあまりお薦めは出来ないけれど・・
山小屋で泊まって、空を見上げると、流れ星が多くてびっくり。
雨が下から吹き上げてくるとか、常識が覆るのが面白いかも。

>
> サイドバー、応援クリック、ポチッ☆

応援、ありがとうございます。v-22
2011-05-23 Mon 23:57 URL | だいず さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ
 雫さん、こんばんわ☆☆☆
【愛はここで生きている】の管理人のNORIと申します。
先日は、僕のブログに拍手コメントを下さり誠にありがとう
ございます☆☆☆
 大変に嬉しいです☆☆☆

 この詩はすごく「生きる」という深みを感じる
詩ですね。年配の方でも笑って、辛いときもあったけれど
ニコニコして生きてきた方の皺はそれだけでステキです。
そんな老人に僕もなりたいです。

 ステキな詩です☆☆☆
2011-05-24 Tue 22:52 URL | NORI #-[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは
しみじみとしてしまいました。
峠を吹き渡る風を感じたみたい。
心を優しくいたわられたようです。
2011-05-25 Wed 23:14 URL | 別府葉子 #-[ 内容変更] | top↑
★ NORI さんへ
>  雫さん、こんばんわ☆☆☆

NORIさん こんばんは。
お返事遅くなってすいません。

> 【愛はここで生きている】の管理人のNORIと申します。
> 先日は、僕のブログに拍手コメントを下さり誠にありがとう
> ございます☆☆☆
>  大変に嬉しいです☆☆☆

こちらこそ、早速のコメントありがとうございます。
やはり、何か拍手でも、コメントでも書いてもらえたら嬉しいですよね。
だから、時間がある時は気に入った記事とか、
ブログには何かを残そうと思っています。

>  この詩はすごく「生きる」という深みを感じる
> 詩ですね。年配の方でも笑って、辛いときもあったけれど
> ニコニコして生きてきた方の皺はそれだけでステキです。
> そんな老人に僕もなりたいです。

長く生きれば、それなりの喜びも悲しみもあったでしょうね。
特に、今のお年寄りは戦争体験とか、悲惨な時期もあったはず。
なのに、文句も言わずにただひたすらに生きてきた方が多いと
・・
そんな方が、お孫さんと仲良くしている姿を想像したら・・
こんな詩を、書いてみたくなったのです。

そして、ひとつ思うことは、悲しいことを味わった人ほど・・
その悲しみを胸に秘め、笑顔が素敵な方が多いのだとも。

誰しも、老いていつか自分の来た路を振り返るのだと。
書かれているように、私も良い、ニコニコした老人になりたいものです。

>  ステキな詩です☆☆☆

勇気をもらいました、再度、感謝です。。
2011-05-26 Thu 22:30 URL | NORI さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 別府葉子 さんへ
>こんばんは

こんばんは、お返事が遅くなってすいません。
本当に、いつもの事ながら申し訳ありません。

> しみじみとしてしまいました。
> 峠を吹き渡る風を感じたみたい。
> 心を優しくいたわられたようです。

そんな風に書いてもらえたら、とても嬉しいですね。
読んでもらえて、感謝、心を受けてもらって、また感謝です。

最近は更新が出来なくて、また優しい心、視線が持てなくて・・
以前は、違ったのに、と感じていました。
だから・・
自分でも、優しい詩が、なかなか書けなかったのだと。
調べてみたら、何と前作は、2010-02-25 が優しい詩の更新日でした。

約1年3ヶ月もの間、何をしていたのだろうと、反省。
7月からは、少し自分の時間が持てそうなので、
更新も、そして優しい詩を書けたらな、と思っています。
これからもよろしくお願いいたします。
2011-05-26 Thu 22:41 URL | 別府葉子 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ!!
私も、いたずらに、馬齢を重ねてきましたが、人生の、紆余曲折、山あり、海アリの、迷いの一路でした。
追分に来たとき、どちらに行くかを決断しなければ成りませんが、そのとき、連れがいれば実に、頼もしく考えられます。子どもであればなおさら、素直に、ついていけるものです。無心ですから・・
いずれにしても、重い荷物を背負っての、道ずれではあります。思いやり、心づくしほど、ありがたいものはありません。!
2011-05-31 Tue 14:11 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎 さんへ
こんばんは。
お返事遅くなりました。

> 私も、いたずらに、馬齢を重ねてきましたが、人生の、紆余曲折、山あり、海アリの、迷いの一路でした。

いつもながら、真直ぐな心を持っておられる荒野鷹虎さんは、良い人生を送られてきたのだと思います。
本当にその間には色々なことがあったでしょうね。
苦労を苦労といわず思わず、とても純粋で、ある意味子供のような心を今もお持ちだと思っています。

> 追分に来たとき、どちらに行くかを決断しなければ成りませんが、そのとき、連れがいれば実に、頼もしく考えられます。

ひとりは淋しいですね、一緒に喜び悲しみ助けあう人生の連れが居なくては。
ひとりでお酒を呑んでも美味しくないように、触れ合う時間がとても大切だと。

子どもであればなおさら、素直に、ついていけるものです。無心ですから・・
> いずれにしても、重い荷物を背負っての、道ずれではあります。思いやり、
心づくしほど、ありがたいものはありません。!

重い荷物もふたりで助け合って持てば、軽くなるし安心も出来ますね。
この子供も、いつかはこの老人になって、いつか手を引いてもらう時も・・。
そんな繰り返し、助け合って生きていくことが出来れば、幸いだと。。
2011-06-05 Sun 21:03 URL | 荒野鷹虎 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
お久しぶりです。先日はコメントありがとうございました。
北海道もようやく夏らしい気温になってきましたよ(^^)

今と昔、手を引かれる姿が逆だった・・・
小さいころからおじいちゃんと孫は一緒にいたんだなぁって思える暖かい詩ですね。

おじいちゃんと過ごしたときを思い出してほっくりしました。
2011-06-07 Tue 07:05 URL | サクラサル #-[ 内容変更] | top↑
★ サクラサル さんへ
> お久しぶりです。先日はコメントありがとうございました。

お久しぶりです、お元気で何よりです。
また、お返事が遅くなり、申し訳ありません。

> 北海道もようやく夏らしい気温になってきましたよ(^^)

いいですね、本当に北の国は寒いから、暖かい日は嬉しいでしょうね。
私も2年ほど、札幌のど真ん中と琴似に住んだことがあるので
寒さの厳しさと、暖かな日々の澄んだ空を想い出します。

生まれて初めて、雪のクリスマスを体験したことも・・
大阪では雪がほとんど降らないし、積もることが無いですからね。
でも、北海道で思い出すのは、親切な人々の温かな心ですね。
夏靴と冬靴の違いとか、雪祭り、雪合戦できないさらさらの雪とかww

> 今と昔、手を引かれる姿が逆だった・・・
> 小さいころからおじいちゃんと孫は一緒にいたんだなぁって思える暖かい詩ですね。

そうですね、人はそんな風にして、手助けすることを代わってきたのですね。
幼い子の手を引いて、守り歩居ていたのが、いつの間にか引かれるように・・。
悲しくもあり、でも嬉しくもあり、ですね。

こんな微笑ましい風景、町の道でも、山道でも、あちこちで見たいものですね。
お年寄りを大切にしない、孫、子供が多いような気がしますから・・。
一緒に住んでいないから?も、あるのでしょうね、きっと。
その点、田舎では家が大きく、三世代同居も当たり前で。
知恵を教え、伝え、一緒に生きていく風景は、いいものだと思います。

> おじいちゃんと過ごしたときを思い出してほっくりしました。

そうだったんです、優しいおじいちゃんでしょうね。
私にはまだ分りませんが、孫の可愛さは子の可愛さとは全く別物だと・・
よく聞きますからね。
私も優しいおじいちゃんが居ました、懐かしく想い出しますね。
コメントありがとうございました。
2011-06-08 Wed 23:34 URL | サクラサル さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ!!
色々心配掛けました。手術することになりそうで、
保証人やら準備をして田舎に行っていました。
内科的治療では、完治しないらしく、決断しなければ成りません。折角、退院したと思ったら又入院とはなんとしても、情けありません。ブログは長期、閉鎖と言うことに成ります。どうぞ留守の間、お体に気をつけられて頑張ってください!お世話になりました。!暫くの間、お別れいたします。悲しいです。なき)
2011-06-09 Thu 18:02 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎 さんへ
> 色々心配掛けました。手術することになりそうで、
> 保証人やら準備をして田舎に行っていました。
> 内科的治療では、完治しないらしく、決断しなければ成りません。折角、退院したと思ったら又入院とはなんとしても、情けありません。ブログは長期、閉鎖と言うことに成ります。どうぞ留守の間、お体に気をつけられて頑張ってください!お世話になりました。!暫くの間、お別れいたします。悲しいです。なき)

まさかのコメントで、驚いています。
でも、手術をされるということは、逆の意味で安心しました。
治るからこその手術だと思うからです。
気休めで書いているのではありません。

でも、しばらくの間、お休みされるということ、残念です。
でも、それは長い人生の一ページの出来事だと思います。
この間書かれていたように、人生は山あり谷ありです。
それが、今は谷の時期だというだけ、次はまた山を目指してください。
この峠のように、登ったらそこには頂上があり、峠があり、また下る路もある。
またいつか、休養期間を充電した荒野鷹虎さんにお会いできると、その日を楽しみに待っています。

私も、何度もブログをお休みし、こんなことならと、考えた時期もありました。
でも、ある思いがあって始めたことなので、やり遂げようと。
だから、荒野鷹虎さんも、大変でしょうが、その時には出発のお祝いを述べさせてください。
では、その日まで・・。




2011-06-09 Thu 23:17 URL | 荒野鷹虎 さんへ 雫 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3