悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
短編「桜 舞う時」
2010-03-25 Thu 02:54
Photo by (c)Tomo.Yun
yun_720_convert_20100325013208.jpg







「桜 舞う時」




あの日 あの時 何故 桜を見たいと 思ったのだろうか・・?




季節は春・・・

永い冬が やっと過ぎ去って

小さな 芽が 背伸びをして 緑のじゅうたんになって

ぼくたちふたりを迎えるように 両手を広げてくれたね



去年 桜の樹の下で 初めて出逢って もう一年が過ぎようとしているね



初めて手を繫いで歩いた 五月の日 

慣れないそぶりがみんなの視線を感じて 恥ずかしいけれど 嬉しいような 

でも やっぱり新鮮で 心ときめいた

このままずっと 未来永劫 歩き続けることが 出来るのならと 小さな手を握り締めた




きみに いつか 話そうと思っている事 ひとつ

子供のころからの ちっぽけな夢

他の人に とっては 当たり前の事にしかならないのかもしれない

でも 私にとっては とても大切で 悲しいぐらいの 願いなんだ




幼いとき 家族とか家庭には 全くの無縁だった 私



だから 誰かが傍にいて 話すなんて そんな ことさえ 知らなかった

ひとりの部屋 静かに刻む時計の音だけが 友だち だった なんて 言えなくて

誰かが 帰ってくることも ただいまの言葉さえ 聞く事が出来なくて

部屋の明りが灯るような 暖かな部屋に戻る事も無く 当然 ただいま も 言えなくて

そして お帰り と その日の疲れを 一瞬で癒してくれる 魔法の言葉も 聞いた事 無くて




だから 小さくても いい 暖かな家庭を 誰かと創りたい それが 子供のころからの夢だった



おはよう 

おかえり 

ただいま 

いってらっしゃい 

いってきます 

おそいね 

はやいね



なんて そんな たわいも無い言葉を交わせる人と ひとつ屋根の下で 居ることが出来たら・・




そんな ちっぽけな 儚い夢を ただひたすらに願うような 私

でも そんな

壊れ 欠けた 心を 初めて 氷が溶けるように 包んでくれる人が 現れたんだ








あの日 あの時 何故 桜を見たいと 思ったのだろうか・・?






桜を 見たい ただ それだけのこと 
 
なのに 何か 気がせかされるように  桜並木の道へ いつもより 早足で向かった


着いた

桜は綺麗に 咲いていた

その姿は 可愛く そして 風に揺れながら 誰かを待つように 揺れていた・・




公園の真ん中にある 一番大きな桜の樹に 目が止まった

薄紅色の透き通るような花びらが 微笑むように咲いていた



桜 満開 

もうすぐ このあたりには 人がいっぱいになって
 
一人でいるには きっと 淋し過ぎて 逃げ出してしまうのかな・・と 



そう思うと 何故 こんなところへ 来てしまったんだろう・・と 後悔も

だから

ひとり 俯いて いつものように その場を去ろうと 思った時



きみが 現れた

誰かの 導き?

今となっては そうとしか 思えないんだよ



遠慮がちに きみは 私に話しかけてくれた

それも 有り得ないような言葉を・・



「すいません もし おひとりなら わたしと 桜を一緒に 見てくれませんか?」



信じられないことだった 狐につままれるとは このことか

他の誰かなら有り得る話 こんな 私に・・まさか・・?




でも 眼の前のきみは 何故か 訳がありそうで・・

もし 断ったら きっと 悲しそうな顔 させてしまうんだろうな って 


だから 言った



「わたしで良かったら」と。


もしかしたら 生まれて始めての 勇気だったのかもしれない・・




ただ 歩いた

ただ 並んで歩くだけ それだけのことなのに 

いままで ひとりぽっちが 慣れていたので 不思議な感覚だった




ゆっくりと 歩いた ふたり 歩幅を揃えながら 

何も話せない でも なんだか 心が 暖かくて 

自分の中の 冬の雪が 春の陽射しをうけて 溶けていくようだった



きみが 言った 



「ここに 来たら 誰かに 逢えそうな気がしたの そして あなたが 居たの・・」と。



何も言えなくて じっと 見つめるしかなかった


きみが 言葉を続けた



「なんだか 不思議 自分と同じような人かな? そんな気がしたの」と。


だから 声を かけたと きみの瞳がそう 伝えてくれた




同じような人?

その意味が分からなくて でも確かに その姿には 儚げな影が 見えるような気がした

もしかしたら?そのことか・・

幸せを 知らない 家族を 家庭を知らない そんな事なのだろうかと 考えた・・



すこし 淋しげな影を 宿したような 潤んだ瞳 でも とても澄んでいた

会話に慣れて居なくて 言いたい言葉が 見当たらない

すると きみが 心を 開いてくれるように そっと 言った



「ひとり って 淋しいですね こんな風に 誰かと 一緒に 居たこと 無いので・・」



「はい わたしも ひとりの淋しさだけなら 誰よりも 知っているかも?」と。



思わず 答えた 後

良くそんなことが スラスラと 言えたものだ と 恥ずかしくなった




でも 不思議 この人になら 何でも話せるような気がした

今までの 自分とは全く違った 

どう言えばいいのだろうか?



ありのままの 飾ることの無い 

自分のままで 居られる? 

居させてくれる?

そんな 気がしたんだ




ひとりぼっちで 育ったから?

ひとりぼっちで 生きているものたちを 守る仕事に 惹かれたのかもしれない

言葉とは 無縁の仕事

きっと 知らない人が多いはず・・

樹液の流れる音を 聞き その樹木の生命を守る仕事をしている

樹木医」と呼ばれてもいる




樹の病気を治す仕事 

だから 人とは話慣れていない・・

そんな 自分が 樹液の鼓動を聞き その鼓動に答えるように 今は 言葉に出た・・

そんな不思議な 出会いと 言葉だったのだ





きみは いつものように また黙っている私に 伝えてくれた



「ねぇ わたし いつもこんな風じゃないんです でも 初めて逢ったような気がしなくて 声を・・」



そう それは 同じだった とても 初めてのような気がしなくて



「同じです 恥かしいけれど ほとんど 女性と話したことも無くて・・」と 


ひとり はにかんだ




きみは そんな私を見つめて にっこりと微笑んでくれた









あの日 あの時 何故 桜を見たいと 思ったのだろうか・・?




奇跡 は きっと あるのだと思う


望んだから実るのではなく

何かに導かれるように 桜を見に そして きみと出会った



傍に居ることで 心が安らぐ それが もしも 同じならば・・

きみに 伝える言葉を この想い出の場所で 桜満開の この時に・・

自分の幸せを掴むためではなくて 同じような淋しさを 私の心で包んであげるためにも




そして きみが ひとりではなく 私とこれからを 共に生きていって欲しいから・・





桜が 導いてくれた きみに 伝えたい 桜が 散る前に 伝えたかった

勇気を振絞って

プロポーズの言葉を




「きみと 初めて逢った日のように 桜が 今年も咲きました いつか 桜は散るけれど 生涯私の傍に いてくれますか?」




きみは 心配そうな顔をしている私に 答えてくれた




「心配 しないで わたしは 散らない。 あなたの 傍で 生涯 咲く 桜になるから・・」





私は 幸せすぎて 言葉を失くしていた




そっと きみの  横顔を見たんだ

頬 紅色で 愛おしくて

悲しいぐらいに 胸に痛みを憶えるぐらい きみを大切にしたいと・・思った





花吹雪 舞い散るような 風よ 吹かないでと・・

このままの 幸せを 桜の花のように 散らさないでと 願った





もしかしたら・・

私は生まれ 家族が無く 家庭を知らずに育った

ひとりの寂しさが ひとりで生きている 樹木に心惹かれ 

その木々の 一本一本の 命を守りたくて 「樹木医」の道に進んだのも

この奇跡を 

この幸せを 

与えてくれるための 短く悲しい日々を耐えるための試練だったのかもしれない・・



言葉の無い世界

樹木たちが流す樹液の音を聞く

私にだけは 聞こえない声を聞かせてと ただひたすらに願う

思いは届かないはずはないと 信じて 



樹木たちは いつしか心を開いてくれる

木々の痛みと悲しみが分かるようになっていく

治療が終わると 嬉しそうに木々が揺れるような気がする



想い出した・・

この桜の木も 去年枝が折られて 悲しくて泣いていた樹木だったことを

添え木をして その枝から 今年は綺麗に桜の花を咲かせていることを・・



そうだったんだね・・ 

樹木たちが 私に きっと この人を巡りあわせてくれたのだと・・

今は そう思えてならない・・





風が吹いた

桜の枝が揺れた

桜が 舞う

ひらひらと 舞う

まるで 生きている 蝶のように 舞う

私に 語りかけて くれているように 舞う

生きているからこそ 生きてきたからこそ 

悲しみも喜びも味わえるのですよ と・・ 伝えるように・・



桜は 今年も咲き そして いつか散るのだろう

でも 私の心に咲く 桜は 生涯散ることは無い



薄紅色の 桜の花びらが 昔 ひとりだったころに 涙した 色に見えた・・






作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

yun_5600_convert_20100325013706.jpg




追記 03/25 02:04
お久しぶりです。
久しぶりの更新です。「桜」という言葉を耳にして、思い出したのがこの作品。
以前書いていたものを思い出したのです、見つけてなんとなく偶然?を感じました。
と言うのは、この作品は昨年書きかけてそのままにしておいたもので
日付を見ると2009/03/25 21:21に保存。だから、何とか今日に間に合わそうと・・
やっと一年ぶりに書き上げて、更新することが出来ました。

最初はストーリーが違ったのですが、この方が桜も喜ぶのでは?と・・

そして、今も不遇だと感じている人にも、きっと幸せは傍にあるのだと思って欲しくて。

また、ある時、テレビをみていて「樹木医」という職業があるのだとわかって
少しだけでも、こんな縁の下の力持ちのような人たちがいることも知って欲しくて・・。雫。。

他の作品にコメントありがとうございます。パソも動きそうです。
もう深夜になってしまいました。今朝も早いので、レスは帰ってから必ず書きます。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 短編 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
<<幼子詩「寄り道」 | 雫にサヨナラ | 千恋詩「駄々っ子・・」>>
コメント
「雫詩」に巡り会えるのは、桜が満開でお迎えしていたように思いますねー。桜は、悲しさもありますが、
いつまでも、【悲しさ】を思い出に残し、前進する
雫さんの詩は清純で気持ちが清々しくなります。!☆
2010-03-25 Thu 13:41 URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更] | top↑
★ 荒野鷹虎 さんへ
> 「雫詩」に巡り会えるのは、桜が満開でお迎えしていたように思いますねー。
桜は、悲しさもありますが、


先週の土曜日、とても生暖かい日で、桜が間違えて開花したと。
満開はいつになるのでしょうね?
だからでしょうか?最近はとても雨が続いて寒い日ばかりです。

> いつまでも、【悲しさ】を思い出に残し、前進する
> 雫さんの詩は清純で気持ちが清々しくなります。!☆

人の悲しみは、本当はいけないことかも知れないのですが・・
その悲しみが深ければ深いほど、それが叶ったとき喜びも大きいのだと。

人にとっては当たり前のこと、でも違う人もいるのだと。
だからこそ、人の痛みも悲しみも分かる人に。
優しさはとても人として生きていくうえでとても大切だと。
この主人公は、それが分かる人、だからこそ幸せにしてあげたくて。

以前書いた、「桜」は、戦争悲劇を題材にしたので
今度のお話は、ぜひ幸せな物語にしたかったんです。

だから、清清しいと書いてもらってとても嬉しいです。
読んでいただいてとても感謝です。
☆彡いつもv(*^ー^*) ありがとうございます♪
2010-03-25 Thu 22:18 URL | 荒野鷹虎 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
人は補い合っているんですね~
こういう二人はぴったりと当てはまる
正に運命の二人なんでしょうね。

それにしても見事な桜ですね~(^^)
2010-03-28 Sun 20:47 URL | みぃ #0oI0TrLw[ 内容変更] | top↑
★ みぃ さんへ
> 人は補い合っているんですね~
> こういう二人はぴったりと当てはまる
> 正に運命の二人なんでしょうね。

本当にそうですね。
人は誰かを支え、補いあっている
そう思いますね。

足らなかったら、足してあげたらいいし
時には支え、時には支えてもらう
そんなふたりはとても素敵なめぐり合いの元に
出会ったと思えますね。

惹かれあう心がそんな運命を演じてくれたのだと
そう思えてならないです。

もっと深く長い物語にしたかったのですが
どうしても一年の区切りにしたかったので
いつか補完し完全な物語にしてみたいです。

とてつもなく長い文章になると思いますがww

>
> それにしても見事な桜ですね~(^^)

綺麗な桜でしょ。
いつかどこかで使いたいと思っていた写真でした。

もうすぐ桜の季節
こんな物語がどこかで始まれば素敵だと思っています。

なかなか行けずにすいません。
コメントありがとうございました。
2010-03-29 Mon 23:46 URL | みぃ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
今日もポチ逃げさせてもらいます~!
2010-04-01 Thu 17:36 URL | みぃ #0oI0TrLw[ 内容変更] | top↑
★ 運命のひと・・
人と人との出会いはいつも突然で思いがけなくて
こんな風に 不思議な縁に引寄せられて
出会えた奇跡が二人の運命を変えてゆくのですね

ロマンチックなお話でした
長文なのに とても読みやすくて
いつもながら 雫さんの細やかな描写 豊かな表現力に拍手です♪

桜 長い冬を越え まさに今を盛りと咲き誇り
満開のときを迎えようとしています
短い命だからこそ その美しさが際立ち
散り際まで 人の心をとらえて離さない
春を待ちわびる心はそのまま 桜を待ちわびる心でもあるかのように。。

ご無沙汰してすみません
やっと週末 ゆっくり作品を拝読したくて。。
めんどくさがりの私にはこのような丁寧な作品は書けません
尊敬します(*^_^*)

パソはまだがんばってますか?
雫さん ご自身はお元気でお過ごしですか?
そちらの桜もさぞ 美しく咲いていることでしょうね

ではまた~☆彡☆彡
2010-04-02 Fri 22:12 URL | 風花 #FFeI7iKU[ 内容変更] | top↑
★ みぃ  さんへ
>今日もポチ逃げさせてもらいます~!

いつもありがとうございます。
本当にお返事が遅くなってすいませんでした。

まだパソは調子が悪くて別の場所から書いています。
2010-04-04 Sun 12:05 URL | みぃ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 風花 さんへ 
お返事が遅くなりました。申し訳ありません。

まだパソは不調で別の場所からお返事書いています。

>人と人との出会いはいつも突然で思いがけなくて
こんな風に 不思議な縁に引寄せられて
出会えた奇跡が二人の運命を変えてゆくのですね

出会いはいつも不思議だなと思いますね。
きっと そんな運命、導きなんだろうと思いますね。

この物語でもそうですが・・
その縁は、二人の生い立ちに関係があり
そして導いてくれたものには、理由があるのだと思えるのです。


きっと運命られたものがあると感じてしまいます。



>ロマンチックなお話でした
長文なのに とても読みやすくて
いつもながら 雫さんの細やかな描写 豊かな表現力に拍手です♪

ロマンチックでよかったです。
本当はもっと深く書きたかったとも思いますね。
ただ、運命のような気がして、その日に続編を書き
そのまま投稿していました。

かえって長文になって読みにくく、分かりづらくなったかも?
だから、結果的にはよかったのかも知れませんね。


>桜 長い冬を越え まさに今を盛りと咲き誇り
満開のときを迎えようとしています
短い命だからこそ その美しさが際立ち
散り際まで 人の心をとらえて離さない
春を待ちわびる心はそのまま 桜を待ちわびる心でもあるかのように。。

そうですね、花の盛りは短いとは本当だと思いますね。
あれだけの長い季節を耐え、待っていても
その満開の花を咲かせるのは、ほんのわずかで・・

だからこそ、その短い期間を時を惜しむように
人々はその花を愛で、愛おしむのでしょうね。

>ご無沙汰してすみません
やっと週末 ゆっくり作品を拝読したくて。。
めんどくさがりの私にはこのような丁寧な作品は書けません
尊敬します(*^_^*)

いや、逆かも知れないですね。
長文のほうが、楽だと思います。
詩は、短くまとめてそれでいて意味を伝えないといけない・・
歌詞と同じで、こちらのほうが難しいとおもいます。

以前、そういえば長文など書けないと思ってもいたし
そんな構想も文章も浮かばなかったのですが・・
今は、短編のほうが書きやすいですね。


>パソはまだがんばってますか?
雫さん ご自身はお元気でお過ごしですか?
そちらの桜もさぞ 美しく咲いていることでしょうね

パソは休憩中です、春休みかもしれない?ww
私は少し風邪気味だったのですが、今は元気になりマシtが。
はい、今こちらも桜が満開です。
今仕事中なのが残念です。
ゆっくりと桜を今週は見たいと思っています。


>ではまた~☆彡☆彡

いつも応援ありがとうございます。


2010-04-04 Sun 12:21 URL | 風花 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
ごめんなさい~
今日もポチ逃げさせてもらいます・・・!
2010-04-04 Sun 19:12 URL | みぃ #0oI0TrLw[ 内容変更] | top↑
こんばんは^^

あ~運命ってすごいですね。
どこで誰に会うかわからないですし・・・・
もしあと数分違ったらあわなかった可能性もありますもんね

こっちは桜が散りはじめなので見に行くなら今週末くらいまでですね。
2010-04-09 Fri 21:53 URL | みっくん #-[ 内容変更] | top↑
★ みぃ さんへ 
>ごめんなさい~
今日もポチ逃げさせてもらいます・・・!

お返事遅くなってすいません。
本当にご無沙汰しています。

まだパソの調子が悪いので、別のところから返信。
後から訪問しますすね。
いつもありがとうございます。
2010-04-14 Wed 12:20 URL | みぃ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ みっくん さんへ
>こんばんは^^

こんにちは。
お返事遅くなってすいませんでした。
まだパソの調子が悪いので、別の場所から返信です。

>あ~運命ってすごいですね。
どこで誰に会うかわからないですし・・・・
もしあと数分違ったらあわなかった可能性もありますもんね

本当ですね。不思議ですね。
時々思うのですが、出会うべくして出会う
そんな人の運命を感じる時がありますね。
定めとして、決まっていたかのような偶然が・・

でも、こんな風に誰かが引き寄せてくれたのだと・・
そう思えるんです。
桜の恩返し?ww なのかもしれないですね。。

>こっちは桜が散りはじめなので見に行くなら今週末くらいまでですね。

もう4月も半ばになりました。
桜を見られたのでしょうか?
私は道々の桜を見るだけでした。
でも、それでも本当に綺麗でした。

あの薄紅色の儚いまでの花びらが好きですね。
2010-04-14 Wed 12:31 URL | みっくん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3