悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
童話「桜」
2009-04-04 Sat 20:13
Photo by (c)Tomo.Yun
yun_1869_convert_20170105152027.jpg





図書室に行った。  
小さな茶色の本があった。
題名があった 「雫詩」 って。

その中のひとつに目がとまった。





「桜」




じっちゃん なんで この桜 咲かんのじゃ?



わしも おなじように ばあちゃんに 聞いた事がある・・

なんも 答えてくれんかった・・




じゃがな 亡くなる前 たった いちどだけ 話をしてくれたんじゃ

わしも もしかしたら そう長くはないかもしれん

じゃから おまえに いちどだけ 話をしておこうかの・・






昔々・・ の ことじゃった。






この村に若者がおった

万次郎という それは 好青年がおった

好きな人が いとったそうな 桃枝さんという 可愛い人がおったそうな





ある日のこと

戦争が始まって 徴兵されて 戦地に赴くことになった万次郎は

想いを告げたくて 桃枝さんの家まで行ったそうじゃ





でも どうしても 言えなんだそうな 

いつ死ぬか分からん 戦地に行くのだからのう





声もかけず 会わずに引き返そうと 振り返った時

そこには 桃枝さんが 立っていたそうな 

万次郎を見つめて な





何も言えんかった お互いに ただ じっと 見詰めあって いたそうな





そして 万次郎は一言だけ



「おさらばです」


と・・




想いの全てが こめられた言葉じゃった

もう それ以上は 何も言えんかったそうな



戦争に行くんじゃ 

もう 二度と逢えんと 別れの言葉を 言ったのじゃな





歩き出した 

桃枝さんを見詰めて

真向かいに立っていた 

横を通り過ぎ おじぎをしたとき






「待っています・・・    いつまでも・・・」



と・・


桃枝さんが 泣きながら 言ってくれた そうな






万治郎は 

胸が一杯になりながらも 答えたそうじゃ


「帰ってきます  必ず 生きて・・」



と・・



同じように 泣きながら







それから 戦争が続いて 食べるもんも だんだん無くなって

いつかしら 戦闘機や爆撃機が 来るようになった

平和だった この村にもな








・・・・・・・・・・・・・・






万次郎が 


戦地に赴いて 3年が経った 春   戦争が終わったんじゃ




左手の指をを失くしたけれど 

生きて 帰った



約束を 守ってな。。







桃枝さんの 家に向かった 

けれど 

家は無かったそうな





空襲で 焼けてしまったそうな

残ったのは 

桜の木が 一本だけ






そのとき 桃枝さんは 爆撃で 亡くなったそうな

助けに行った ばあちゃんが 聞いたそうな


最後の言葉は





「ごめんなさい・・」






その 一言だった そうな・・





きっと

万治郎との 約束を守れなくて 侘びたのじゃ な・・







それを聞いた 万治郎は何も言わんかったそうな・・





じゃが 自分の家を処分して 

その金で 

桃枝さんが住んでいたところの 土地を買い 家を建てたそうな







桃枝さんと 一緒に 暮らしたかったのじゃろう・・






桜の木は 桃枝さんが 亡くなる前までは 

それは きれいに咲いて いたそうな

毎年 春を迎えると・・




じゃが 桜も悲しかったのじゃろう 

あんなにも 優しかった桃枝さんが 亡くなってからというもの

一度も 花を咲かせることは 無かったそうな





もう・・

50年 一度も  な・・。








そんな時じゃ






同じように 50年も独身ですごした 万治郎が 肺炎になって

明日をも知れぬ命じゃ と 聞いて

ばあちゃんが 万治郎さんの お見舞いに行ったそうな







今まで 何も言わんかった 万治郎さんが 



ポツリと・・




「桃枝さんに ひと目 逢いたかった」 



と・・






そう言うものじゃから・・みんな 泣いてしまってそうな・・









そん時じゃった



庭から 明かりがさしてきた









ふと見ると 





桜 が・・・











あわてて 


万治郎さんに それを言うと







庭を見た 万治郎が・・泣いた・・









yun_722_convert_20090404183420.jpg






「桃枝さんが 逢いに来てくれた・・」






と・・







信じられんかった・・


桜が 桜が・・


満開じゃ った・・・





50年もの間 一度も蕾もつけんじゃったのに


花を咲かせんじゃったのに・・








それを見て


にっことりと 万治郎は 微笑んで


静かに 息を引き取った そうな




顔は 

ほんとうに 嬉しそうじゃった・・と






お葬式が 終わると 

ひらひらと 桜が 舞い 吹雪となって

その日のうちに 

全て散ってしまった そうな・・







その日以来  一度も この桜は 咲かないんじゃ・・






でもな





桜の樹の下に 

ひっそりと 咲く

二輪の 名も無い 花が咲いていたんじゃ・・







仲良く 並んでな






あれは きっと


万治郎さんと桃枝さんじゃろう な・・・




yun_2979_convert_20090404191358.jpg





読み終えたら 僕の手から 小さな茶色の本 消えていた。

図書室の外を見ると 

夕日に照らされた連なる山々が見えた

遠くの山村には いまもひっそりと桜の木が立っているのだろう



そして

その樹の下に 仲良く咲いている

二輪の花は

きっと

夫婦(めおと)になった 万治郎さんと桃枝さんだろう・・


いまも

嬉しそうに 仲良く 風に揺れている

そんな景色が見えたような気がした・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
二輪草(ニリンソウ)は一つの茎から二輪の花を咲かせます。
夫婦のような花として、詩や歌にも読まれています。
そして二輪草の花言葉は「思慕」「愛らしい」「仲良し」です。


追記2017/01/07
PV~特攻隊~実写版に変更しました。雫。。

いつも訪問してくれる皆様、本当にありがとうございます。
そして、応援もとても励みになりっています。これからもどうぞよろしくお願いしたします。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 童話 | コメント:44 | トラックバック:0 | top↑
<<片想詩「独り占め」 | 雫にサヨナラ | 純愛詩「愛愛傘」>>
コメント
★ こんばんは。
「桜」。
短くて、シンプルなその1文字がまた良いですね。

植物にも心はあると思います。
だから万次郎さんが息を引き取る前に、咲いた。
そして、散った。。。

二輪草という花があるんですか!
知りませんでした。。。
可愛い花ですね♪
まさに2人で1つ、ですね。

コメントありがとうございました。
もしかしてこの記事へのコメントは私が1番乗り…!?
久しぶりですよ。1番最初は。
なんか嬉しいです。優越感?ww

応援ありがとうございました~。
私からも応援です。では^^
2009-04-04 Sat 22:23 URL | 春咲綾音 #-[ 内容変更] | top↑
この間の童話も素敵で、気に入ってました!
が、今回の「桜」も、ただただ凄いの一言です。。

二人が一緒になったようで
この二輪草が一層美しいく、愛らしくみえました。
ありがとう。この間の分も、ありがとう。。。

いつも応援してくれて本当に感謝っ^^
そしておかえり**いつも通り応援して帰りますね。
2009-04-04 Sat 23:52 URL | 結衣 #DbkPbDaM[ 内容変更] | top↑
もう桜が満開の場所も増えてきましたね!
私の近所の友達がお寺の子なんですけど
そのお寺に毎年かかさずに咲く桜の木があるんです
その友達の家に行く時も「いらっしゃい」って迎えてくれてるような、帰るときも「またきてね」と手をふってくれてるようなだんだんそんな気がしてきて
いつのまにか人間と同じような存在に思えてきたんです
だからこの詩って、思い込みでも迷信でもない、本当に植物って感情があると思うんです。
童話って作った人に本当に会いたくなりますね。

コメント毎回ありがとうございます!
そして相互リンク、感謝感謝です。
それではまた会いましょうv
2009-04-05 Sun 11:26 URL | ちく #oIRPJsuo[ 内容変更] | top↑
2人の思いが咲かせた桜はきっときれいだったんでしょうね
戦争という悲しい出来事で引き裂かれた2人が、天国でまた一緒になれたことを本当に喜んでいます

切ないけれど暖かい
素敵な童話でした。

応援していきます!ポチ☆
2009-04-05 Sun 12:09 URL | サクラサル #-[ 内容変更] | top↑
涙が出ました。
逢えてよかったね。
応援しています。
2009-04-05 Sun 12:23 URL | kiki #BejLOGbQ[ 内容変更] | top↑
★ 桜・・
偶然 同じタイトルでしたね^^
まあ この時期 このタイトルで書く人は多いでしょうねけど^^;

童話。。。
すばらしいですね
長い文章のほうが雫さんの才能がよりいっそう際立ちますね 
ぱちぱち 拍手~♪

この世では結ばれなかった二人の愛が
時を経て 桜を通して ようやく繋がりあえた
そして二輪草として花開いた
悲しい中にも夢のあるお話ですね
ふとモーパッサンの「最後の一葉」を思い出しました
もしかしたら こんなことって 実際起こるんじゃないかな。。
なんて思いながら^^

今日もお疲れ様でした☆彡


2009-04-05 Sun 20:36 URL | 風花 #FFeI7iKU[ 内容変更] | top↑
とっても美しい童話ですね~!
二人がまた出会えて良かった(^^)
今は一緒なんですね♪

一枚目の写真、おばあちゃんの家の方に行くと
こういう景色が見れるんです。
あたり一面田んぼでいぐねがあって・・・
きれいで毎回キレイだね~って言っちゃいますw
(いぐねって、屋敷林のことで
家を風から守るためにあるんです。)
2009-04-05 Sun 21:05 URL | みぃ #0oI0TrLw[ 内容変更] | top↑
素敵なお話♪

こんな風に切ないけれど一途に相手を想えるって素晴しい。
姫もこんな風に美しい恋愛のできる人間になりたいと思いました。

応援☆彡
2009-04-05 Sun 21:37 URL | *姫ing* #-[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ☆
二輪草の花言葉までは知りませんでした、
ふたつくっいているので可愛いとは知っていましたが・・
戦争中は人の数ほど哀しいお話がありますね、
また生まれて巡り逢うのかもと思えなければ
苦しすぎるようなお話ですね。
2009-04-06 Mon 01:40 URL | 萌音 #2XePfWqE[ 内容変更] | top↑
★ 心が震えました
とても感動しました。

雫さんの言葉ひとつひとつが切なく、それでいて優しく綴られていて、涙がこぼれました。

そんな風に一途に誰かを愛すること、戦争という壁に閉ざされても、想いはいつか届くのですね。

心癒されました。ありがとう

ゆう
2009-04-06 Mon 16:47 URL | なかいゆうき #-[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは♪
なんて言っていいか
わからないけど…
素敵なお話、
ありがとうございます。

切なくて、でも優しい…
雫さんの心が、
そのまま滲み出てる詩ですね。
童話、大好きです。

応援ぽち、していきますね♪
2009-04-06 Mon 21:50 URL | 未来 #n08XGfOg[ 内容変更] | top↑
応援していきます~★
2009-04-06 Mon 22:28 URL | みぃ #0oI0TrLw[ 内容変更] | top↑
★ ありがとうございました
胸が熱くなりました。
花にまつわるお話は沢山ありますね。
短いお話の中に色んな事がぎゅっと詰まって
胸もぎゅっと締め付けられるような切なさと
目の前に広がる輝く桜の花びらのまぶしさで
涙が零れてしまいました。

どうぞこれからも素晴らしい作品を創り出してくださいね。

私はヤフーのブログを閉じることにいたしましたが
元気で過ごしていますので、ご心配なく。

本当に長い間応援してくださってありがとうございました。

そんなに遠くないうちにまたお会いできると思いますので
その時は宜しくお願い致します。

これからもご活躍されますことを祈っております。
2009-04-06 Mon 23:52 URL | はる #G4ogKmxY[ 内容変更] | top↑
★ 春咲綾音 さんへ
> 「桜」。
> 短くて、シンプルなその1文字がまた良いですね。

タイトルは大切で、色々と迷った。
でも、これが一番だと思って「桜」にしました。

いつも思っているのは
タイトルから、物語や詩のラストが見えるのが嫌で
だから?殆ど詩の最後がタイトルと重なるようになっています
これは私の癖?かもしれないですね。ww

> 植物にも心はあると思います。
> だから万次郎さんが息を引き取る前に、咲いた。
> そして、散った。。。

以前、TVで見た事があるんだけど、ものすごくリアルな話で。
ここでは書けないんだけど、実際に裁判で証言台に立ったのが
殺された女性の可愛がっていた花。
いつか?この事を思い出しながらその事を書く時があるかも。
これは作り話ではなく、リアの話だからね。

> 二輪草という花があるんですか!
> 知りませんでした。。。
> 可愛い花ですね♪
> まさに2人で1つ、ですね。

名前がとても気にいって
調べたらこの物語にぴったりだと。
二人の悲しい想い出を
せめて形にしてあげたくて・・

> コメントありがとうございました。
> もしかしてこの記事へのコメントは私が1番乗り…!?
> 久しぶりですよ。1番最初は。
> なんか嬉しいです。優越感?ww

一番ありがとう。最初は書きにくいからね。

> 応援ありがとうございました~。
> 私からも応援です。では^^

こちらこそありがとう。。
応援v-22励みになります。
2009-04-07 Tue 00:22 URL | 春咲綾音 さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 結衣 さんへ
> この間の童話も素敵で、気に入ってました!
> が、今回の「桜」も、ただただ凄いの一言です。。

そんな風に書いてくれて本当に嬉しいな。
童話は、私にとって、ある意味特別だから。
この童話は、大人の童話かもしれないな・・と。
でも結衣のような若い子が読んでくれて、それも嬉しかったんだ。

> 二人が一緒になったようで
> この二輪草が一層美しいく、愛らしくみえました。
> ありがとう。この間の分も、ありがとう。。。

ふたりは、きっと一緒に仲良く暮らしています。
そうじゃないと、この物語を書いた意味が無いぐらい悲しいから。

この間の「なんもだよ」も、読んでくれてありがとう。
大人しい女の子が悲しい思いをしないように
ひとりでも多くの人に読んでもらいたいと、書いたものなんです。

> いつも応援してくれて本当に感謝っ^^
> そしておかえり**いつも通り応援して帰りますね。

こちらこそ、おかえり って 言わないといけないね。
元気そうで安心したよ。
応援v-352ありがとう。
これからもよろしくね。詩も楽しみにしてるね。
2009-04-07 Tue 00:30 URL | 結衣 さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ ちく さんへ
> もう桜が満開の場所も増えてきましたね!

うん、暖かくなって、一気に満開の所が増えて来たみたい。
本当に可愛くて綺麗な花だね。

> 私の近所の友達がお寺の子なんですけど
> そのお寺に毎年かかさずに咲く桜の木があるんです
> その友達の家に行く時も「いらっしゃい」って迎えてくれてるような、帰るときも「またきてね」と手をふってくれてるようなだんだんそんな気がしてきて
> いつのまにか人間と同じような存在に思えてきたんです
> だからこの詩って、思い込みでも迷信でもない、本当に植物って感情があると思うんです。

植物にも感情はあると思っている、私もね。
手を振ってくれている、って それも分る。
花壇の花に話しかけたら、風もないのに揺れて
答えてくれているように感じる時が多い。
同じだねww

> 童話って作った人に本当に会いたくなりますね。

それって、私のことなの?ww
もしそうなら・・それはとても光栄だな。
でも、声優さんでもそうだけど
イメージと全く違って、って 時もあるからねww

> コメント毎回ありがとうございます!
> そして相互リンク、感謝感謝です。
> それではまた会いましょうv

リンクこちらこそ、ありがとう。
はい、また来てくださいね、これからもよろしく。
2009-04-07 Tue 00:48 URL | ちく さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ サクラサル さんへ
> 2人の思いが咲かせた桜はきっときれいだったんでしょうね
> 戦争という悲しい出来事で引き裂かれた2人が、天国でまた一緒になれたことを本当に喜んでいます

とても綺麗だった、本当にそう思いますね。
悲しい思い出が、やっと実を結んだ瞬間だったのだから。
きっと天国で仲良く暮らしているよ・・って
みんなに知ってほしくて、二輪草となって芽吹いたのでしょうね。

> 切ないけれど暖かい
> 素敵な童話でした。

考えたら、本当に切なく悲しい物語ですね。
でも、私の書きたい事は色々ここに含まれていて。
・・そう言ってもらえたら、とても嬉しいです。

> 応援していきます!ポチ☆

応援v-339ありがとうございます。
2009-04-07 Tue 00:56 URL | サクラサル さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ kiki さんへ
お返事遅くなりました。

> 涙が出ました。
> 逢えてよかったね。

書き手冥利につきますね。
そこまで心で読んでいただけたようで。

はい、戦争という時代
その自分の気持を出すことなく別れた二人。
どうしても逢わせてあげたくて。

そして、反戦の物語でもあります。
こんな時代が二度と来ないようにとその思いも。

> 応援しています。

応援v-22ありがとうございます。
2009-04-07 Tue 10:11 URL | kiki さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 風花 さんへ 
> 偶然 同じタイトルでしたね^^
> まあ この時期 このタイトルで書く人は多いでしょうねけど^^;

お返事遅くなりました。
同じタイトルで物語を書いていたようですね。
でも、シンプルにサクラと桜は案外少ないのでは?

> 童話。。。
> すばらしいですね
> 長い文章のほうが雫さんの才能がよりいっそう際立ちますね 
> ぱちぱち 拍手~♪

物語調が好きなので、どうしても文章が長くなりますね。ww
過去も現在も人を慕う気持は同じだと思います。
このような悲しい過去がたくさんあったのだと思いますね。

> この世では結ばれなかった二人の愛が
> 時を経て 桜を通して ようやく繋がりあえた
> そして二輪草として花開いた
> 悲しい中にも夢のあるお話ですね
> ふとモーパッサンの「最後の一葉」を思い出しました
> もしかしたら こんなことって 実際起こるんじゃないかな。。
> なんて思いながら^^

もしかしたら、純愛詩、究極の愛だったのかもしれない。
戦争と言うものが無かったら、平凡に愛し暮らしたかもしれない。
だからこそ、こんな物語が、必要だと思ったのです。

> 今日もお疲れ様でした☆彡

はい、どうも風邪気味になり、今は回復しました。
応援v-272ありがとうございます。
2009-04-07 Tue 10:20 URL | 風花 さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ みぃ さんへ
> とっても美しい童話ですね~!
> 二人がまた出会えて良かった(^^)
> 今は一緒なんですね♪

お返事遅くなりました。
はい、美しい恋物語でもあり悲恋でもありますね。
どうしてもふたりを添い遂げさせてあげたくて・・
今はふたり仲よく暮らしているはずですね。

> 一枚目の写真、おばあちゃんの家の方に行くと
> こういう景色が見れるんです。
> あたり一面田んぼでいぐねがあって・・・
> きれいで毎回キレイだね~って言っちゃいますw
> (いぐねって、屋敷林のことで
> 家を風から守るためにあるんです。)

一枚目の写真、村のような民家がある写真にしようかと・・
迷ってこの写真にしました。
何も無い村、平和な村を表現したくて。
こんな景色が近くにあるんですか?
いいですね、私なら一日中そこで、寝ながら空を見ているはずww

いぐね って そんな意味があったんですか?
説明してもらえないと、全く分らなかったと思います。
地域による風土の違いが分かりました、ありがとうございます。

いぐね・・って
最初、 良いね って 意味かな、と。
確か九州地方では、そんな意味でも使うはずだと?
2009-04-07 Tue 10:27 URL | みぃ さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ *姫ing* さんへ
> 素敵なお話♪

お返事遅くなってすいません。
最後まで読んで頂いて感謝です。
写真が揃って本当に嬉しかった。
音楽も、全てが自分の気持が嵌りました。

> こんな風に切ないけれど一途に相手を想えるって素晴しい。
> 姫もこんな風に美しい恋愛のできる人間になりたいと思いました。

姫さんは、詩を読ませてもらっていて・・
こんな純粋な真直ぐな恋をされる方だと思っています。
だから、今のままで良いと思いますよ。

> 応援☆彡

応援v-20とても励みになります。
2009-04-07 Tue 10:32 URL | *姫ing* さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 萌音 さんへ
> 二輪草の花言葉までは知りませんでした、
> ふたつくっいているので可愛いとは知っていましたが・・

お返事遅くなってすいません。

名前を見たとき、その意味を知りたくて・・
調べて見て、夫婦のような花何だと憶えて居ました。
いつか物語りに使いたいと。

> 戦争中は人の数ほど哀しいお話がありますね、
> また生まれて巡り逢うのかもと思えなければ
> 苦しすぎるようなお話ですね。

戦争と言うものは悲劇ですね。
特に若い人ほど、戦場に連れ出されるから・・
だから、こんな悲恋は本当にたくさんあったのだと。

そんな苦しい時代を生きてきた人、お年寄りが・・
今、どんな扱いを受けているかも、本当は何処かに書きたかったのですが・・
別の物語を書いて、今のお年寄りたちに報いたいと思っています。
でも、書ける時間が無くて、今いろんな意味で迷っている所です。

応援v-354ありがとうございました。
2009-04-07 Tue 10:38 URL | 萌音 さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ なかいゆうき さんへ
> とても感動しました。

お返事遅くなりました。

どうもありがとうございます。
そう言ってもらったら、とても嬉しいです。

> 雫さんの言葉ひとつひとつが切なく、それでいて優しく綴られていて、涙がこぼれました。
> そんな風に一途に誰かを愛すること、戦争という壁に閉ざされても、想いはいつか届くのですね。
> 心癒されました。ありがとう
>
> ゆう

本当に戦争は悲惨ですね。
一途に愛する事さえ、出来なかった時代。
逢う事さえも叶わなかった時代。

だからこそ、ふたりをまた長い時代を乗り越えて
ひとりの人をただ、ひたすらに愛し続けた人に
光を届けたかったんです。
2009-04-07 Tue 10:52 URL | なかいゆうき さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 未来 さんへ
> なんて言っていいか
> わからないけど…
> 素敵なお話、
> ありがとうございます。

お返事遅くなってすいません。

コメントは時には書きたくても書けないもので
書いてもらえるだけで、感謝です。

> 切なくて、でも優しい…
> 雫さんの心が、
> そのまま滲み出てる詩ですね。
> 童話、大好きです。

本当に切ない物語ですね。
純粋にひとりの人を、愛し続けたい・・
誰しも理想とする心を書きたかったんです。

大人の童話?になるのかな・・?
いろんな意味が含まれていて・・
ナミダを流す童話を、書くのが自分らしいかなと。

> 応援ぽち、していきますね♪

応援v-22ありがとうございます。
2009-04-07 Tue 10:57 URL | 未来 さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ みぃ さんへ
> 応援していきます~★

応援v-283いtもありがとうございます。
忙しいのに、すいません。
ねこちゃんのイラスト、書くの大変だろうに・・って
思っているので。
感謝です。
2009-04-07 Tue 11:06 URL | みぃ さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ はる さんへ
> 胸が熱くなりました。
> 花にまつわるお話は沢山ありますね。
> 短いお話の中に色んな事がぎゅっと詰まって
> 胸もぎゅっと締め付けられるような切なさと
> 目の前に広がる輝く桜の花びらのまぶしさで
> 涙が零れてしまいました。

桜の花には、本当に人の心を打つ何かがありますね。
この童話もそうですが・・
もし、「桜」ではない、他の花なら、この物語も書けない筈です。

また、読む人も、ここまでリアルに信じ切るまでに
読めないはずなんです。

もう、ブログを辞めらると言うので、秘話をひとつ紹介します。

この桜の物語。
何十年も咲かずにいた・・桜が咲いた。。

ある方から聞いた、実話なんです。

私のお客様で、Kさんとう奥様がいます。
親類の家、田舎の家に桜の樹が一本。
何十年も咲かずにいたのに・・
ある方の法事の時、何十年ぶりに親類が集まった・・
その昼、何の前触れも無く、見たら桜が咲いていたそうです。

みんなが集い、その亡くなった方が
みんなにお礼を言いたくて、きっと咲いたのだろうと。。
そして、同じように、次の日、たった一日で散ったのです。

・・・
そう、お話を聞いて、いつか物語りにしたいと。
やっと書けたんです。
だから、書けたのはそのkさんのおかげなんです。

> どうぞこれからも素晴らしい作品を創り出してくださいね。
>
> 私はヤフーのブログを閉じることにいたしましたが
> 元気で過ごしていますので、ご心配なく。
>
> 本当に長い間応援してくださってありがとうございました。
>
> そんなに遠くないうちにまたお会いできると思いますので
> その時は宜しくお願い致します。
>
> これからもご活躍されますことを祈っております。

ただ、私自身も時間が無いので、迷っています。

同じような事があったのかな?と・・。
ご自身の考えが一番大切ですから・・。
どうか自分の道を大切にしてくださいね。
今までありがとうございました。
2009-04-07 Tue 11:18 URL | はる さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
今日もお疲れ様です~!
応援していきますね♪
いつもコメントありがとうございます(^^)
2009-04-07 Tue 21:10 URL | みぃ #0oI0TrLw[ 内容変更] | top↑
★ みぃ さんへ 
> 今日もお疲れ様です~!
> 応援していきますね♪
> いつもコメントありがとうございます(^^)

こんばんは。
応援v-283いつもありがとう。

本当に可愛いトップ画で、癒されます。
絵の才能がある人を、本当に尊敬します。
今まで、書いて褒められたためしが無いのでww
2009-04-07 Tue 22:46 URL | みぃ さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
お久しぶりで~す!
2日ほどパソコンが出来ない状況にいました。
応援に来れず、ずっと気にしてました。。。(T_T)

このお話は、途中まで悲しくて胸が痛みましたが、
最後はほっと心が温まりました。
今は、不景気でうちも大変ですが、
戦争時代の事を考えれば、日本も平和ですよね。。。




2009-04-08 Wed 09:59 URL | 花子 #ob/6Gp0E[ 内容変更] | top↑
お忙しそうですね~
体調にはくれぐれもお気をつけて・・・★
わざわざ毎度書くのもあれですが、
応援していきますね~!
2009-04-08 Wed 19:22 URL | みぃ #0oI0TrLw[ 内容変更] | top↑
★ 花子   さんへ
> お久しぶりで~す!
> 2日ほどパソコンが出来ない状況にいました。
> 応援に来れず、ずっと気にしてました。。。(T_T)

こんばんわぁ_φ(・ω・`)゚+.
はい、体調が悪いのかな?と、気になっていました。

> このお話は、途中まで悲しくて胸が痛みましたが、
> 最後はほっと心が温まりました。

悲しい物語ですね。
でも、本当に日本全国でこのように引き裂かれたふたりは・・
たくさんいたのでしょうね。
青春時代を戦争で過ごし、今はお年寄りとして敬われることも無い・・
そんな人達の事も少しだけ分かってほしくて。

> 今は、不景気でうちも大変ですが、
> 戦争時代の事を考えれば、日本も平和ですよね。。。

確かに平和ですが・・陰険ですね、色々なやり方が・・。
給料カットするのなら、まず経営者から、首も真っ先に自分から。
それが本当だと思うのに、人を苦しめても自分は生き残ろうとする。
許せないですね。
ある意味戦争と同じぐらいひどい事を
平気でしていると気づいてほしいですね。
2009-04-09 Thu 00:09 URL | 花子   さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ みぃ   さんへ
> お忙しそうですね~
> 体調にはくれぐれもお気をつけて・・・★

ありがとうございます。
先日、少し風邪気味になって、一日でまた治しましたww
仕事中、熱があったのか?調子が悪くて・・
そして、睡眠不足も重なって。眠くて仕方が無かったですね。

> わざわざ毎度書くのもあれですが、
> 応援していきますね~!

応援v-283いつもありがとうございます。
いやいや、私も同じように書いていますのでww
そのほうがちゃっと分りやすいので、ね。ww
みぃさんの方こそ、体調には気をつけてくださいね。
2009-04-09 Thu 00:12 URL | みぃ   さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こんばんは。ご無沙汰しておりました。

> ひっそりと 咲く
> 一輪の 名も無い 花が咲いていたんじゃ・・
> 仲良く 並んでな

一度だけ咲いて、咲かなくなった桜で終わりだったら、
悲しいだけだったと思うのですが、
この並んで咲いた花のおかげで、
悲しいのは悲しいけれど、
安らかな気持ちにもなれました。

お忙しいようですね。
僕も最近、扁桃腺が腫れて、ダウンしてましたw
お体、気をつけてくださいね。
応援♪♪♪
2009-04-09 Thu 01:40 URL | Ladias #UXr/yv2Y[ 内容変更] | top↑
★ Ladias さんへ
> こんばんは。ご無沙汰しておりました。

こんばんは。元気でよかったです。。

> > ひっそりと 咲く
> > 一輪の 名も無い 花が咲いていたんじゃ・・
> > 仲良く 並んでな
>
> 一度だけ咲いて、咲かなくなった桜で終わりだったら、
> 悲しいだけだったと思うのですが、
> この並んで咲いた花のおかげで、
> 悲しいのは悲しいけれど、
> 安らかな気持ちにもなれました。

ふたりをなんとか、一緒にしてあげたくて。
二輪草という花を知って、この花だと、直感。
花言葉も調べて、やっぱり思った通りだったので。
ほんとうに嬉しかったですね。

> お忙しいようですね。
> 僕も最近、扁桃腺が腫れて、ダウンしてましたw
> お体、気をつけてくださいね。

実は、私もこの間、ちょっと風邪気味で。
でも、すこし睡眠時間を延ばしたら治りました。
自分でもすごいな、と。ww
先月?も、39.7℃まで上昇したのに、一日で治したからww
気力で治したのかもww

扁桃腺が弱い人は、私もそうだけど高熱が出るので注意ですよ。
うがいと睡眠時間をゆっくりとる事を薦めます。

> 応援♪♪♪

応援v-20ありがとうございます。
2009-04-09 Thu 23:58 URL | Ladias さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
世の中には時々
不思議なことがありますよね。
一途な想いがこんな素敵な不思議に
繋がっていく、現実の世界も
そんなふうに色々な素敵な不思議に
あふれていればいいですよね。
そのためには温かい気持ちが大切ですし、
平和であるということは
とても大切なことであると、
この童話を読んで思いました。
2009-04-10 Fri 11:38 URL | mk #4C5bA0qg[ 内容変更] | top↑
願いがかなって桜が咲き、今度は二人そろって花が咲き・・・・いろんな思いが詰まってますね

2009-04-10 Fri 22:18 URL | みっくん #-[ 内容変更] | top↑
★ mk さんへ
> 世の中には時々
> 不思議なことがありますよね。

本当に不思議な事がありますね。

> 一途な想いがこんな素敵な不思議に
> 繋がっていく、現実の世界も
> そんなふうに色々な素敵な不思議に
> あふれていればいいですよね。

そうですね。
でも、もしもこれが現実なら、こんな悲しい事はない。
同じような事が、きっとたくさんあったはず。

だから、本当はこんな奇跡は無い方がいいんです。
普通の巡り合いがあるだけでよかったんです。

> そのためには温かい気持ちが大切ですし、
> 平和であるということは
> とても大切なことであると、
> この童話を読んで思いました。

平和の大切さを知るのは、
いや、知っているのは
現実に戦争という体験をした人だけ
なのかもしれないですね。

だから、そんな戦争を知らない私が
戦争の事を書くのは、おこがましくて
平和を唱えることも出来ないですね。

文字は簡単だから。
平和の本当に意味を知っているのは・・
血の涙を流した人だけしか知らないはずだから。
2009-04-10 Fri 23:39 URL | mk さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ みっくん さんへ
> 願いがかなって桜が咲き、今度は二人そろって花が咲き・・・・いろんな思いが詰まってますね

悲しい物語だから
せめてそうしてあげたかった。
でもこんな風に離れ離れになる事が
今の時代では無いのなら
その意味では幸せな世界に住んでいるんでしょうね。
私たちは。
2009-04-10 Fri 23:42 URL | みっくん さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
先日コメントいただき、こちらにもお邪魔させていただいた
*はあとの季節*のらぶのはあとです。
この度ブログを移転しまして名前も変えました。
覚えてなかったらスミマセン。。

雫さんの童話、とても良い話ですね~。
桜の可憐さと合っているし、切なくなりました。

おばあちゃんに戦争の話を聞いても、悲惨ですね。
でも今も日本以外の国で戦争がなくなっている状態じゃ
全然ないし・・・。

考えるだけじゃなく、何か出来ないかなあと思っています。
(でも何も出来ない。。)
日本だけじゃなく、世界全部を見ても
世の中が「良く」なるのはいつになるのでしょうね。

せめて・・・
雫さんの思いのことばに応援をさせていただきますね。
ぽちっ!
2009-04-11 Sat 11:56 URL | ぴよこ #X.Av9vec[ 内容変更] | top↑
★ ぴよこ さんへ
> 先日コメントいただき、こちらにもお邪魔させていただいた
> *はあとの季節*のらぶのはあとです。
> この度ブログを移転しまして名前も変えました。
> 覚えてなかったらスミマセン。。

訪問ありがとうございます。

思い出しました。

ひらがなの詩で「しっぽ」って 書かれた方ですね。

私もひらがなの詩や
読みづらいけれどひらがなだけの物語を書いています。
だから、めずらしいな?って コメントを。

> 雫さんの童話、とても良い話ですね~。
> 桜の可憐さと合っているし、切なくなりました。

ありがとうございます。
桜の花の物語、悲恋と戦争と
とても悲しく書いてしまったのですが・・
当時はたくさんこのような実話があったのでは?と。

桜が咲いた、って 話は ある方から聞いた実話です。

ただ、悲恋とは違ったお話でした。
だから、これは・・
空想と実話とを組み合わせた物語です。

> おばあちゃんに戦争の話を聞いても、悲惨ですね。
> でも今も日本以外の国で戦争がなくなっている状態じゃ
> 全然ないし・・・。

戦争や内乱やどんな名前になろうとも
悲惨な目にあうのは、いつも力の無い者達ですね。
ささやかな幸せさえも手にする事が出来ないんですね。

> 考えるだけじゃなく、何か出来ないかなあと思っています。
> (でも何も出来ない。。)
> 日本だけじゃなく、世界全部を見ても
> 世の中が「良く」なるのはいつになるのでしょうね。

自分でできることのひとつとして、ささやかですか・・
左にある 「 国境なき医師団」へ 毎日ワンクリックしています。
このような事でも、ひとつずつ始めたらどうでしょう?
自分の出来る事、今出来る事を、ひとつ始めてはと思います。

> せめて・・・
> 雫さんの思いのことばに応援をさせていただきますね。
> ぽちっ!

ありがとうございます。
また詩を楽しみに読ませてもらいますね。
応援ありがとうございます。


追記
これが ひらがな だけの ものがたりです
じかんがあるとき もし よんでもらったら うれしいです。

短編「せかいじゅうで いちばん きれいな て」

http://sizukunisayonara.blog51.fc2.com/blog-entry-107.html
2009-04-11 Sat 23:28 URL | ぴよこ さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ ごぶさたしてます
大変ごぶさたしてました!
私が忙しい中にコメントを頂きまして有難うございました!!
ずっとお返事できなくてすみませんでした・・・
実は仕事が大変忙しくて、危惧していた肺炎になり、急性胃炎まで併発してしまって入院してたんです・・・
そんな訳でずっとブログも見ることもできずで。
退院してじょじょに復活してきてるので、また再開しようかと思いますので、よかったらまた遊びにきて下さいませ♪
ただ当分はコメント欄を撤去する予定なのでご了承下さいませ。
私もまたちょくちょく遊びに来ますね^^
ご挨拶だけですみません。では。
2009-04-13 Mon 11:27 URL | 星月 冬灯 #-[ 内容変更] | top↑
★ 星月 冬灯 さんへ
> 大変ごぶさたしてました!
> 私が忙しい中にコメントを頂きまして有難うございました!!
> ずっとお返事できなくてすみませんでした・・・

こんばんは。
律儀にお返事ありがとうございます。

> 実は仕事が大変忙しくて、危惧していた肺炎になり、急性胃炎まで併発してしまって入院してたんです・・・
> そんな訳でずっとブログも見ることもできずで。
> 退院してじょじょに復活してきてるので、また再開しようかと思いますので、よかったらまた遊びにきて下さいませ♪

大変でしたね。
同じように仕事で忙しくても休めなくて、そうなったんでしょうね。
無理は禁物だとは思っても、思い通りには行かないですからね。
入院までされていたんですね、でも退院できてよかったですね。
はい、また私も時間が出来たら、更新、訪問もしたいと。

> ただ当分はコメント欄を撤去する予定なのでご了承下さいませ。
> 私もまたちょくちょく遊びに来ますね^^
> ご挨拶だけですみません。では。

はい、また寄ってくださいね。
って 言っても・・・
なかなか更新できないのでww
これからもよろしくお願いします。
2009-04-14 Tue 00:06 URL | 星月 冬灯 さんへ 雫  #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こんにちは

前振りを頂いて読まさせて頂きましたが
大変感動いたしました!
素晴らしいお話ですね
私は雫さんが書かれた「奇跡」という希望詩に深く感銘を受けましたが
この「桜」はそれに通じる事を感じます
誰もがあの桜はもう咲かないと思っていながらも
万治郎さんは最期まで桜の花が見たいという想いを
決して諦めていなかった「奇跡」に感じました
短い開花時間は桃枝さんが彼だけに伝えるメッセージにも思えてきます
桜という花はいつの時代も我々日本人にとって最も特別な花だけに独特の強いパワーを感じます

私にも桜の奇跡を感じた出来事があります
私の住む地方では四月上旬に桜が開花し中旬に花が散ります
7年前の寒い春 祖父の最期が近づいておりました
桜が大好きだった彼は桜を見てから死にたいと病床で言ったおりました
桜の開花がいつもの年より遅く我々遺族は開花を待ちわびました
天に想いが通じたのか開花は間に合いました
祖父は涙を流し思い残すことは無いと喜んでおりました
そればかりか その寒い春は開花期が長く 雪桜や雨桜そして蒼天の桜と色々な姿を魅せてくれました
そして四月下旬に満開の中 天に旅立つ事となりました
戦争そして激動の昭和を苦労しながら生き抜いた彼の最高の最期でした

これからも雫さんの描く世界を楽しみにさせて頂きたいと思いますので宜しくお願いいたします
2017-02-12 Sun 20:57 URL | おうが #-[ 内容変更] | top↑
★ おうが さんへ 雫
> こんにちは
>
> 前振りを頂いて読まさせて頂きましたが
> 大変感動いたしました!
> 素晴らしいお話ですね
> 私は雫さんが書かれた「奇跡」という希望詩に深く感銘を受けましたが
> この「桜」はそれに通じる事を感じます
> 誰もがあの桜はもう咲かないと思っていながらも
> 万治郎さんは最期まで桜の花が見たいという想いを
> 決して諦めていなかった「奇跡」に感じました
> 短い開花時間は桃枝さんが彼だけに伝えるメッセージにも思えてきます
> 桜という花はいつの時代も我々日本人にとって最も特別な花だけに独特の強いパワーを感じます

こんばんは、訪問、コメントありがとうございます。
おうが さんのお返事の中で、ご祖父さまのお話を聞き、
私も人道的な話でとても感動しました。
戦争の狂気の時代に、命を大切にする人道的な行動に、敵といわれる人の心に感銘を。

その時、私のお客様のお話を聞いて、ヒントを頂いて書いた「桜」を、思い出したのです。
これも、何かのご縁だと思います、ご祖父さまのお引き合わせなのかも・・。
「奇跡」も、自分の入院、奇跡のような回復、詩をもう一度書いてもいいのだと、
誰かに背中を押して貰ったような、気持ちをそのままに言葉にしたものです。

> 私にも桜の奇跡を感じた出来事があります
> 私の住む地方では四月上旬に桜が開花し中旬に花が散ります
> 7年前の寒い春 祖父の最期が近づいておりました
> 桜が大好きだった彼は桜を見てから死にたいと病床で言ったおりました
> 桜の開花がいつもの年より遅く我々遺族は開花を待ちわびました
> 天に想いが通じたのか開花は間に合いました
> 祖父は涙を流し思い残すことは無いと喜んでおりました

ご祖父さまの再度のお話を聞き、奇跡のようなことが、本当にあるのだ、起こるんだと思いました。
桜を見れたこと、本当に良かったですね。桜も見て欲しいと願ったのでしょう。
生まれて最後に、思い残すことはない、と言えるような、素晴らしい人生を全うされたのですね。

> そればかりか その寒い春は開花期が長く 雪桜や雨桜そして蒼天の桜と色々な姿を魅せてくれました
> そして四月下旬に満開の中 天に旅立つ事となりました
> 戦争そして激動の昭和を苦労しながら生き抜いた彼の最高の最期でした
>
> これからも雫さんの描く世界を楽しみにさせて頂きたいと思いますので宜しくお願いいたします

今夜は本当にいいお話を聞かせていただきありがとうございます。感動しています。
ここで、一つ書いておきます。
病気になる前、どんなことがあっても、泣かないと決めた時があり、10歳小5の時でした。
それからいろいろなことがありましたが、泣かずにいて、娘にテレビを見てみんなが泣いているのに
私だけが泣かないと、いつも不思議そうに見ていました。

ところが、これは何でしょうね、病気になり、神経の一部が繋がったか、切れたのか・・・
何を見ても少し悲しくても、泣いてしまう体質に変わってしまって、困るぐらい泣き虫に。ww

不思議なことがあるものですね、何十年もの間に貯めた涙の線が緩んでしまったようです。
書いている今も泣いています。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
2017-02-12 Sun 21:43 URL | おうが さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3