悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
短編「ゆきの 降る街 きみが 居た街」
2009-02-12 Thu 16:16
3b65b1201.jpg



「ゆきの 降る街 きみが 居た街」





ゆきが 降る街に 生まれたから

きみに 逢えた




あの日 ゆきが 降っていなかったら 

きっと きみに 気づかなかった






子供たちの 笑い声 聞こえた

振り向くと

きみ

雪だるま こさえてた 子供達の中に 居たね・・





真っ赤な手で 一生懸命 手助けしてた

母親のような 暖かな微笑み 笑い声 心に響いたんだ

小さな時に 失くしてしまった 面影を そこに 見たからかもしれない

ぼくの 視線に気づいた きみ 子供のような 瞳 澄んでいた





勇気を出して 声かけた

ぼくも 一緒に 作っても いいですか?と・・




子供たち 歓声 

いっしょ いっしょ って 

手をひいて くれた




きみも コクリと うなずいてくれた

真っ赤な手 気にせず 楽しそうな顔 

なんだか ぼくが 失くしたものを 見つけたような 気がしたんだ




ゆき かき集め  ころころ ごろごろ 転がし まぁるく まぁるく

だんだん どんどん 大きくなった 

でっかい のと  ちいさい のと ふたぁつ

みんなで 掛け声 どっこいしょ って のっけた



できたね あとは 顔だね って

炭くっつけた そして 手は箒(ほうき)が 二本





そっと 見た・・

きみの よこがお 見たことも無いはずの 母に思えた




懐かしいような 

切なくなるような 

心が 揺れた 




なんだか 嬉しくて 哀しくて

ナミダ 流した 



気づいた きみ

そっと ハンカチ 貸してくれた



雪だるま できあがり

でも 炭が 斜めに ふたぁつ 泣き虫の顔 

みんな それでも 喜んで 笑った



ひとりの 男の子

変なの おにいさんの 顔みたい って 言って 笑った



でも 本当に 似ていた

なんだか

家族に 囲まれているようで・・

嬉しくて でも また 哀しくなって 泣きそうになった




そのとき きみが

おにいさんを 泣かしちゃ ダメでしょ って 



なんだか 母に 守ってもらったように 感じたんだ

亡くした 面影 憶えているはずも無い 

まだ ぼくは 零歳児 だったから・・







それから 身の上話 きみと ふたり つらら 下がる 軒下で






聞けば きみも 母を亡くしたと すこし 涙ぐむ

「ごめんね」

と しか 言えなくて 想い出させて しまった こと




同じ 境遇 

引寄せられたように 雪が舞う 

ナミダ 流した ふたりの 顔 隠してくれた




巡り会い

捜してきた もの 

生きてきた 意味を きみに 見つけた





ぼくが 生まれてきたのは きっと きみに 逢うためだったんだと





そんな 風に 導いてくれたのは 

きっと 亡くなった 母だと

そして きみも 惹き合わせて くれたのは

亡くなった 母だと そう 思ってくれたはず・・






空 見上げれば 白い雪 嬉し泣きするように 

きみの 髪を 撫ぜた そっと 撫ぜた

母のような 白い手が そっと 撫ぜた







・・・・・






ゆきが 降って いた あの日から

気がつけば もう 二年

今日は きみの 亡くなった お母さんの 命日 

きみの おかさんの お墓に ふたりで 会いに行った





あれから 言葉交わし 心通わせ 末来を 夢を 一緒に見つけたいと

子供好きの きみは 赤い手のままで 雪だるま こさえてる




きみに プロポーズ

「優しくて 暖かな その赤い手を 守らせて ください」 と 




きみの 赤い手 そっと さすった 

きみは あのときと おなじよに

ぼくを みつめた 童のような 瞳で

そして また おなじように コクリ と うなづいた・・




ゆき ふたりを 祝福するように

ふたりの 身体を そっと 包んでくれた・・

ゆき

白い手 が ふたりを 抱くように そっと 包んでくれた・・




幸せは ここに あるよ





ゆきの 降る街

今日も 作った 

同じような 泣きべそ 顔の 雪だるま 





でも 今日は

なんだか

微笑んで いるように 見えた・・・





82bf86190_20090218074611.jpg




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記2017/01/06
曲 クラフトさんの 「僕にまかせて下さい」のMVがあったのですが
消えていました。探したけれど、ありませんでした。
もしもいい曲があれば、追加で入れます。

追記
書いてもらったコメントを読んでいたら、さだまさしさんの「飛梅」というフレーズが。
初見?気になったら、即調べるのが癖。YouTubeで捜した。とても心に沁みる曲、初めて聴いた曲。
他の曲聴いていたら、「僕にまかせてください」にたどり着いた。物語風の歌詞がとても素敵な歌手。
何度も聴いているうちに、書いたのが、この詩です。
本当に手の物語、多いな って 自分でも苦笑。でも、頑張っている、そんな手が好きだから。雫。


この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

訂正とお詫び 2009/02/18
写真を「EasyPic」様からお借りしていますと、紹介したのですが、二枚使っていた写真の下の方が
「Celestial Tier」様の写真でした。
雪だるまの写真を見つけ、変更しようと思った時に、気づきました。
お二人のお名前を併記することも考えたのですが、やはり今まで通りにおひとりの方が分り易いので
今回は「Celestial Tier」様おひとりに致します。
写真の利用先名を間違えましたことをお詫びします。そして「Celestial Tier」様に変更いたします。
別窓 | 短編 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
<<希望詩「見守る星空」 | 雫にサヨナラ | 片想詩「ひと粒のナミダ」>>
コメント
こんにちは。優しい詩ですね。
はい、私も手のファンです(笑)こんな女の人…いいなぁ。私も頑張ることのできる人を目指していきたいです。。

外が冷たいけれど、2人の周りには暖かさが広がっている…だから子どもたちもいきいき遊んでいられるんだなぁと思いました。

小さい頃、住んでいるところで雪が降ったときは長靴履いて雪だるまを作ろうとした記憶があります。きっと北の街だと真っ白な雪だるまが出来上がったんでしょうね…。

では失礼します。(更新されたばかりだったんですね(#^-^#)早めに気づけてとても嬉しかったです(笑))
2009-02-12 Thu 16:58 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
★ http://ladiasrr.blog95.fc2.com/
こんにちは。

出逢いによって、そして一緒にいられることで見つけられるもの。
もちろん、見つけたものはときどき見失ってしまったりもするけれど、この二人なら大丈夫そうですね。

いいなぁ。←率直な感想です(笑)。

さだまさしさん、いいですね。私も少ししか持ってませんが、聴いてます。
2009-02-12 Thu 18:01 URL | Ladias #UXr/yv2Y[ 内容変更] | top↑
★ こんばんわ^^
素敵な詩ですね^^

雪の降る、寒い日でも
手足・心を温めてくれそうな優しい詩。
そんな風に思いました★

>「優しくて 暖かな その赤い手を 守らせて ください」
この言葉、好きですっ
きっといつまでも、心の中に残っていそう^^



1位キープですね!!
これからも素敵な詩を待っていますね^^

今日も応援させていただきます★
2009-02-12 Thu 20:42 URL | * miyu * #vwXTuZgc[ 内容変更] | top↑
★ ただいも^0^
帰ってきてからご飯も食べず(誰かさんみたいに?笑))
あちこちお邪魔してます

雫さんご推薦のさださん♪聞きながら 書いてます
実は雫さんに叱られるかもだけど また仕事中に読んでしまいました^^; 
おさぼり・・ごめんなさい(ーー;)
で いつものように心があったか~くなりました(*^_^*)
雫さんの詩は ショートストーリーを読んでるようですね
ひとつの物語がしっかりと描かれていて
心をこめて書かれているのが伝わってきます
同じような境遇の二人が出会って 運命的に結ばれて
幸せになっていく。。
ほのぼのとしたラブストーリーが冬の寒さを忘れさせてくれますね^^

この曲はクラフトでしか聞いたことないかなあ
さださんの曲だって知らなかったかも。。(記憶が定かじゃない^^;)
今 クラフトを聞いてますが 比べてみるとほんとにさださんのほうがいいですね
新鮮な発見でしたね^^
今 さださんの曲をいろいろみて もうひとつ大好きな曲がありました♪
長くなるので それはまた後ほど私のレスに書きますね
だから 読みにきてね(^_-)-☆(笑)
きっと遅くなるけど。。^^;

応援はまた日付が変わったら改めて。。☆彡
おなかすいたのでご飯にします (笑)

2009-02-12 Thu 21:44 URL | 風花 #FFeI7iKU[ 内容変更] | top↑
う~ん、今回もいいなぁ♪
雫さんの詩に出てくるような
男の人と出会えたら
ステキだろうなっていつも思いますw
そして、出てくるような女の人に
なりたいなって思いますね~。
2009-02-12 Thu 21:46 URL | みぃ #0oI0TrLw[ 内容変更] | top↑
こんばんは~。
お母さんみたいな人って、
すごい安心しますね、何か。
さりげない温かい優しさ。
・・・みたいな。

コメントありがとうございます♪
三連休ですかぁ・・・いいですね。
私は今日午前中まで学校でした。
もっと休みが欲しいです。。。
応援~。
2009-02-12 Thu 22:50 URL | 春咲綾音 #-[ 内容変更] | top↑
★ 光藤 雫 さんへ
> こんにちは。優しい詩ですね。

ヾ(o・_●・)ノこんばんはぁ♪
優しい詩と褒めてくれてありがとう。
でも、早いコメントにびっくりですww

> はい、私も手のファンです(笑)こんな女の人…いいなぁ。私も頑張ることのできる人を目指していきたいです。。

手のフアンなのww 
できるし、なれるよ、手は作る事は出来ないからね。
心が作るのかもしれないから。

そして、その手の意味を分ってあげられる
自分でありたいと、思っています。

> 外が冷たいけれど、2人の周りには暖かさが広がっている…だから子どもたちもいきいき遊んでいられるんだなぁと思いました。

この女性は
手が、真っ赤になっていることにも、きっと気づいていないんです。
それだけ、一生懸命・・なんだと。何事にも。
だから、書いているように 子供達にも一生懸命に接するから・・
楽しくて、嬉しくて、素敵な女の人なんだと思いますね。

それを、彼は 見つけたのだと思いますね。

> 小さい頃、住んでいるところで雪が降ったときは長靴履いて雪だるまを作ろうとした記憶があります。きっと北の街だと真っ白な雪だるまが出来上がったんでしょうね…。

雪、本当に子供の時は嬉しいね。ワクワク、ですね。
同じ寒さなのに、雪が降ると、私も外に飛び出して遊びますww

ちゃんと長靴を履いていたとか、憶えている。素敵だね、雪って。

北海道にまで行くと、逆に雪だるまは作りにくいかも?
雪に水分が無くて、握れなくて、雪合戦が出来ないんですよ。
だから?雪だるまも作りにくいんじゃないかな?

> では失礼します。(更新されたばかりだったんですね(#^-^#)早めに気づけてとても嬉しかったです(笑))

ほんとうに、早くてびっくりした。嬉しかったな。
こんな時間に更新したなんて、もしかしたら、初めてかも?ww
久しぶりの連休だから、今日載せたかったんです。
レスもゆっくり書きたいし、って 思ってね。
訪問も出来る、時間があるって、楽だし楽しいね。。
2009-02-12 Thu 22:57 URL | 光藤 雫 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ Ladias さんへ
> こんにちは。

(。ゝェ・。p[+゚。こんばんは。゚+]q

> 出逢いによって、そして一緒にいられることで見つけられるもの。
> もちろん、見つけたものはときどき見失ってしまったりもするけれど、この二人なら大丈夫そうですね。

出逢いって 本当に偶然、必然?こんな風に。
雪が降っていたから、雪だるましていた彼女に逢えた。。
雪だから、赤い手に。
その赤い手で一生懸命に子供のために作る雪だるま。

その意地らしいまでの気持ちが、赤い手に見えたんです。
彼には。。

だから、その優しさを持っている心だから、仲良くいけます。

> いいなぁ。←率直な感想です(笑)。

確かに、素敵な、純朴な出逢い、いいですね。

> さだまさしさん、いいですね。私も少ししか持ってませんが、聴いてます。

さださん、久しぶりに聴きました。いいですね。
好きな曲、たくさんありますね。
物語になっているところが、とても好きなのかもしれません。
2009-02-12 Thu 23:08 URL | Ladias さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ * miyu *  さんへ
『*+:。こんば*+:。』・ω・´o)ノ゙んはぁ~
いつもコメントありがとう。

> 素敵な詩ですね^^

そんな風に言われたら、書いて良かったな、って。
本当に思いますね。ありがとう。。

> 雪の降る、寒い日でも
> 手足・心を温めてくれそうな優しい詩。
> そんな風に思いました★

すごく素敵なコメント、感激です。
最初は短編で書いていて、すこし短くしました。
だから、純愛詩に変更。
でも意外なのは、みんなすこしぐらい長くても読んでくれるから
それが嬉しいですね。
だから、この前の
「半人前で 良かったね」も、コメントが多くてびっくりした。

長い詩は読みにくいから、いつも載せる時には心配。
でも、これからはもっと書きたいと思いますね、短編も、長編も。

> >「優しくて 暖かな その赤い手を 守らせて ください」
> この言葉、好きですっ
> きっといつまでも、心の中に残っていそう^^

プロポーズの言葉は、キラリと光らなくてもいいと。
二人だけに伝わる言葉なら、とても素敵になるとおもって。

好きになった理由が、赤い手だったから。
二人なら いつまでも 仲良くお互いを大切にしますよ。

> 1位キープですね!!
> これからも素敵な詩を待っていますね^^

みなさんの応援のおかげです、本当に感謝しています。
いくら書いても読まれなかったり、コメントも無かったら
がっかりですからね。。。

コメント命のブログだから、これからもよろしく。。

> 今日も応援させていただきます★

応援v-276ありがとうございます。。
2009-02-12 Thu 23:19 URL | * miyu *  さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 風花 さんへ
(`・ω´・)ノ"『+゚.:。+こんばんはぁ+゚.:。+』

> 帰ってきてからご飯も食べず(誰かさんみたいに?笑))
> あちこちお邪魔してます

同じ事してるんだww
でも、私の場合は、明日の朝が早いからなんですよ。
とりあえず0時になる前に、訪問したいと。
食べないとダメですよ、健康が一番だから。

> 雫さんご推薦のさださん♪聞きながら 書いてます

クラフトもいいんですが、二人を比べると、どうしても さださんに。。
さすが、本家ですね、って 感じます。。

> 実は雫さんに叱られるかもだけど また仕事中に読んでしまいました^^; 
> おさぼり・・ごめんなさい(ーー;)

本当に大丈夫ですか?って なんだか 叱られたいタイプだと。
甘えん坊さんは、ほんとうかもねww

> で いつものように心があったか~くなりました(*^_^*)
> 雫さんの詩は ショートストーリーを読んでるようですね
> ひとつの物語がしっかりと描かれていて
> 心をこめて書かれているのが伝わってきます

風花さんに、ありがとう と 言わないといけないんです。
この詩が書けたのは、コメントに書いてもらった
さださんの曲から、この「僕にまかせてください」に繋がって・・
何度もこの曲を聴いて、書いた作品なんですから。

実は、朝の三時ごろまでに書き上げたんですが・・。
写真とかが迷って、睡魔に負けて寝てしましましたww
それと
今日も、昼にひとつ仕事が入ったので、行くためにね。
気がついたら、食事、帰ってからしていなかったんですよww
集中したら、何も聞こえないし、お腹もすかなかった。

> 同じような境遇の二人が出会って 運命的に結ばれて
> 幸せになっていく。。
> ほのぼのとしたラブストーリーが冬の寒さを忘れさせてくれますね^^

こんな素朴なふたりに、幸せになってほしいし、
ならないといけないとさえ思っています。
見ただけでそれを感じ取る心、当たり前のような赤い手。
だから、がんばっている人たちに、光を与えたいんです。

「光あたらないものたちに、光を」

これが私の自作の座右の銘ですから。。

> この曲はクラフトでしか聞いたことないかなあ
> さださんの曲だって知らなかったかも。。(記憶が定かじゃない^^;)
> 今 クラフトを聞いてますが 比べてみるとほんとにさださんのほうがいいですね
> 新鮮な発見でしたね^^

さださんの曲かどうかは、あまり知らなかったんです、実は。
ただ、歌詞の所で、判ったんです。そいて、元は「彼岸過ぎまで」とか
別のタイトルだったことも。
クラフトは譜面で歌う、さださんは心で歌う、だから違うし、響くのだと。

> 今 さださんの曲をいろいろみて もうひとつ大好きな曲がありました♪
> 長くなるので それはまた後ほど私のレスに書きますね
> だから 読みにきてね(^_-)-☆(笑)
> きっと遅くなるけど。。^^;

私も好きな曲、想い出の曲、大切な曲、たくさんありますね。
「無縁坂」「縁切寺」「掌」「精霊流し」「秋桜」「償い」「防人の詩」
他にも、たくさんですね。

> 応援はまた日付が変わったら改めて。。☆彡
> おなかすいたのでご飯にします (笑)

はい、ちゃんとココアちゃんと一緒に仲良く食べてくださいね。
健康が一番、そのために食べないとね。
いつも応援Σd(ゝ∀・)ァリガトォ♪
2009-02-13 Fri 00:18 URL | 風花 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こんばんは・・・
実は、もっと早い時間からコメント書いていたのですが
なぜだか2度も送信前に宇宙図書館に没収されてしまい
3度目の正直で書いてます。何処に消えちゃうのかな?
同じ文なんて二度と書けないのにね~(笑)
3連休の2日目になっちゃいましたね。しかも、昨日は、
少々出勤されてたみたいで・・・お疲れさまです。
雫さんの所にお邪魔し始めて日が浅いので、まだまだ
少しの詩しか読んでいないのですが(これからゆっくり・・)
お目にかかった詩からのイメージ・・・詩の中には雫さんの
人柄・・・イキザマ・・溢れてますね♪
「手」「瞳」そのなかに心を見ているような・・・
母親であったり
家族であったり
手であったり
そこに「愛」が宿る・・・暖かいもの温かいもの・・・

人は記憶としての映像は覚えていなくても
その感覚だけはDNAに刻み込まれているのでしょうね。
だから求めるものがあって
だから愛しくもあり切なくもあるのかな
出逢うべきものに出逢う、その時まで
人は導き、導かれるのかも・・
そして本当の愛を知るのかもしれないですね。

>巡り会い
>探してきた もの
>生きてきた 意味を きみに 見つけた

>ぼくが生まれてきたのは
  きっときみに逢うためだったんだと・・・

この言葉・・・
実は同じ事を2度ほど言われたことがあります
雫さんがこの詩に置いてくれたこの言葉たちを
深く深く、思い出し・・・見つめてみました

雫さんは・・・本当に心をきちんと見つめられる
素敵な詩人さんですね・・・
ひとつの詩にではなく、ひと言ひと言に、毎回応援を
ポチりたい気分です♪

いつも心をあたためてくださってありがとうです☆
また消えると、マジ凹んじゃうので送信しちゃいます。
☆応援☆∞~
2009-02-13 Fri 01:29 URL | kyo #-[ 内容変更] | top↑
感動した!外は寒いのになんか温かい詩ですね。
運命の出会いってあるもんですね(^ー^)ノ
あの時雪がなければ、子供がいなければ・・・ですもんね

それから自分の所にも書いたんですが、リンクの件大丈夫です。僕でよければ^^
2009-02-13 Fri 02:00 URL | みっくん #-[ 内容変更] | top↑
★ みぃ さんへ
ヾ(o・_●・)ノこんばんはぁ♪

> う~ん、今回もいいなぁ♪

うれしいな。そんな風に言ってくれたら。

> 雫さんの詩に出てくるような
> 男の人と出会えたら
> ステキだろうなっていつも思いますw

外見だけではなくて、
内面を見れる人かもしれないですね。
赤い手の意味、一生懸命にする手とか。
気づく人、かもしれないですね。

> そして、出てくるような女の人に
> なりたいなって思いますね~。

みぃさんは 大丈夫ですよ。
もう、なれていると、思いますから。

始めてブログを見た時から感じていますから。
優しいイラスト、心が温まります。
そして、怒らないでしょ、ねこちゃん達が
悪い?悪戯をしても。それって、怒る人が大半。

そして、よく憶えているのは、始めてねこちゃんが
家に来た時のエピソード。
家族の一員にしてもらうとき、そして迎えに来るんじゃ?と
心配していた様子とか、分ります、人柄がね。

天邪鬼さんでしたねwwじゃ、あまり褒めないでおきます。
恥ずかしがって、来てくれなくなったら、淋しいですからね。ww
2009-02-13 Fri 02:08 URL | みぃ さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 春咲綾音 さんへ
> こんばんは~。

こんばんわぁ_φ(・ω・`)゚+.

> お母さんみたいな人って、
> すごい安心しますね、何か。
> さりげない温かい優しさ。
> ・・・みたいな。

はい、そうでしょ。
温かくて、いつも傍で見守ってくれている。
そんな落ち着ける感じがしたんですね。

> コメントありがとうございます♪
> 三連休ですかぁ・・・いいですね。
> 私は今日午前中まで学校でした。
> もっと休みが欲しいです。。。
> 応援~。

三連休はいいんだけど、途中で普通の時に
連休がほしいですね。。
学生はその時には分らないけれど
本当に自由時間がたくさんあっていいなって
後になって分るよ。私がそうだからww

うん、お休みほしいねww
小さな台風で被害が無くて休校
嬉しかったから。。

応援いつもありがとう。。
2009-02-13 Fri 02:13 URL | 春咲綾音 さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ Kyo さんへ 
> こんばんは・・・
> 実は、もっと早い時間からコメント書いていたのですが
> なぜだか2度も送信前に宇宙図書館に没収されてしまい
> 3度目の正直で書いてます。何処に消えちゃうのかな?
> 同じ文なんて二度と書けないのにね~(笑)

(。ゝェ・。p[+゚。こんばんは。゚+]q
それ、同じかもしれないですね。
レス書いたのに、消えているんです??
だから、順番を変えたらおかしいので、
書きなおして今の時間に。

> 3連休の2日目になっちゃいましたね。しかも、昨日は、
> 少々出勤されてたみたいで・・・お疲れさまです。

はい、仕事ですから、お客さん宅へ訪問でした。
いろんな話が出来るので、それも楽しいですよ。
完全休養の方がありがたいですが、贅沢は言えないですね。

> 雫さんの所にお邪魔し始めて日が浅いので、まだまだ
> 少しの詩しか読んでいないのですが(これからゆっくり・・)
> お目にかかった詩からのイメージ・・・詩の中には雫さんの
> 人柄・・・イキザマ・・溢れてますね♪

いや、失敗の連続だから、人の心が分るのかも?ww
幼い時の育ち方も、色んなものが身体に入ってますね。
みんなそうでしょうね、きっと。

> 「手」「瞳」そのなかに心を見ているような・・・
> 母親であったり
> 家族であったり
> 手であったり
> そこに「愛」が宿る・・・暖かいもの温かいもの・・・

こんな家庭を創りたい、みんなにも創って欲しいと思っている。
だから、こんな詩を書くのだと思いますね。

> 人は記憶としての映像は覚えていなくても
> その感覚だけはDNAに刻み込まれているのでしょうね。
> だから求めるものがあって
> だから愛しくもあり切なくもあるのかな
> 出逢うべきものに出逢う、その時まで
> 人は導き、導かれるのかも・・
> そして本当の愛を知るのかもしれないですね。

素朴な愛が、一番ですね。
外見などではなくて、心からの愛が一番ですね。
だからこそ、貧しくとも共に支えあえる、そんな愛が。

> >巡り会い
> >探してきた もの
> >生きてきた 意味を きみに 見つけた
>
> >ぼくが生まれてきたのは
>   きっときみに逢うためだったんだと・・・
>
> この言葉・・・
> 実は同じ事を2度ほど言われたことがあります
> 雫さんがこの詩に置いてくれたこの言葉たちを
> 深く深く、思い出し・・・見つめてみました
>
> 雫さんは・・・本当に心をきちんと見つめられる
> 素敵な詩人さんですね・・・
> ひとつの詩にではなく、ひと言ひと言に、毎回応援を
> ポチりたい気分です♪

自信を失くしている人がいる、自分に、
生きている意味を見出せない。

そんな人を、応援したいんです。
きっと、生まれた意味、生きている意味を知るまでは
苦しみがあろうとも、その日まで生き続けて欲しいと。

きっと、
いつか、その日が、来るのだと、希望を持って欲しいから。

純朴な人ほど、自分を責め、悩むんです。
だから、そうじゃない、事も。
そして、いつか、陽が当たる事の、希望も書きたいのです。

> いつも心をあたためてくださってありがとうです☆
> また消えると、マジ凹んじゃうので送信しちゃいます。
> ☆応援☆∞~

・・・
じゃ、悲恋詩とか、書けないですねww
悲恋詩も、自分だけが苦しまないように・・
失恋とかで悩まないように・・同じ人もいるよ・・と。
そんな意味も含まれていますから・・。。

でも、心を暖めたい気持ちは一杯です。
それで、ここに来てもらった意味は達成しますから。

私も、レスを書いて、投稿してさっきから
もう2度消えて、ショックで、がっかりです。
このレスも消えないように、
先にコピーをしてからリターンキーを。ww

応援v-300ありがとうございます。
とても励みになります、感謝です。。
2009-02-13 Fri 02:40 URL | Kyo さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ みっくん さんへ 
『*+:。こんば*+:。』・ω・´o)ノ゙んはぁ~

> 感動した!外は寒いのになんか温かい詩ですね。
> 運命の出会いってあるもんですね(^ー^)ノ
> あの時雪がなければ、子供がいなければ・・・ですもんね

こんな物語が好きなので、どうしても書きたくなるんです。
この曲を聴いていて、できた詩です。曲に感謝ですね。

出会いは運命ですね。それは思いますよ。
偶然ではないですね。きっと、必然だとも。

そんな出会いがあればいいですね。

> それから自分の所にも書いたんですが、リンクの件大丈夫です。僕でよければ^^

はい、了解しました。リンクしておきますね。
これからもよろしくお願いしますね。
2009-02-13 Fri 02:44 URL | みっくん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
『僕にまかせてください』 さだまさしさんの作詞だったんですね。
若い頃にラジオかなにかで聴いてから妙に心に引っかかる歌だなと思っていました。

先の詩の余韻がこの曲で一気に高まりました。

ほとんどの男性は女性の中に母親像をダブらせてしまうのですね。
それほど大きな存在なんですね。
私も母を亡くしてから、その偉大さをつくづく感じています。
母を超える事はできませんが、肩を並べるくらいにはなりたいです。(それも無理かな?)

2009-02-13 Fri 11:44 URL | 蜩 #-[ 内容変更] | top↑
★ 蜩  さんへ
(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

> 『僕にまかせてください』 さだまさしさんの作詞だったんですね。

はい、作詞、作曲ですね。
さださんの雰囲気が良く出ていますね。
歌詞、大好きですね。

> 若い頃にラジオかなにかで聴いてから妙に心に引っかかる歌だなと思っていました。

さださんは、この曲をプレゼントしたのでしょうか?
私も、いつだったか、さださんの曲だと知って
なるほど、と 納得しましたね。

> 先の詩の余韻がこの曲で一気に高まりました。

> ほとんどの男性は女性の中に母親像をダブらせてしまうのですね。
> それほど大きな存在なんですね。
> 私も母を亡くしてから、その偉大さをつくづく感じています。
> 母を超える事はできませんが、肩を並べるくらいにはなりたいです。(それも無理かな?)

やはり、自分の命を架けて、産んでくれたのだと。
その思いは、強いと思いますね。
母親は、どうしても男の子を可愛がる?ような気がします。
同性の女の子は、
いつしかライバルになっているような、気もしますね。

目標がある事は、いい事ですね。
並んだか?越えたかは?関係なく。
今の家族を大切にしていけば、自ずと結果が。。
2009-02-13 Fri 17:19 URL | 蜩  さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 雫さんへ☆
このポエムとても素敵です、
雪の日の情景がうかびました。
わたしも小さい時の雪だるまを作った記憶が
あります、普段には忘れているようなことでしたが
懐かしかったです、雫さんのやさしいポエムの言葉と
いっしよに思い出せてよかったです。
             応援☆彡
2009-02-14 Sat 23:39 URL | ろ~るけ~き #YrGnQh/o[ 内容変更] | top↑
★ ろ~るけ~き さんへ
(。uωu)<こんばんゎ

> このポエムとても素敵です、

ありがとうございます。
そう言ってもらったら、とても嬉しいですね。

> 雪の日の情景がうかびました。
> わたしも小さい時の雪だるまを作った記憶が
> あります、普段には忘れているようなことでしたが
> 懐かしかったです、雫さんのやさしいポエムの言葉と
> いっしよに思い出せてよかったです。

そうなんですか、雪だるまを作った事を
思い出したりしたんですか。。
大阪では雪が殆ど降らないし、まず積もりません。
あ、大阪と言っても山間部は違うかも?

>              応援☆彡

応援☆彡v-34ありがとうございます。。
2009-02-15 Sun 00:00 URL | ろ~るけ~き さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こんにちは、雫。(*^^*)

素敵なお話に、心がジーンと来ました。

この二人、昔から出逢うことが定められて
いたような・・・・・。
きっと、お母さんが導いてくれたてのかな?

手が真っ赤になるのも忘れて、一生懸命に
子供たちと一緒に雪だるまを作る彼女。
こんな姿は、可愛いですね。
ほんわりとした暖かさと優しさを感じました。

この男性も女性のこんな姿に、癒されたのでしょうね。
心が、ほっと安心できたのでしょうね。

>おにいさんを 泣かしちゃ ダメでしょ って 
>なんだか 母に 守ってもらったように 感じたんだ
この場面も素敵ですね。
ひとつひとつのシーンが、頭に浮かんでしまうのは、
雫の表現力、言葉の力でしょうね。

>「優しくて 暖かな その赤い手を 守らせて ください」 と 
>きみの 赤い手 そっと さすった 
手は、その人の心、生きてきた証?が表れるような気がしますね。

女性は、やっぱり指が真っ直ぐで細くて、
色白のキレイな手に憧れてしまいますね。
男性も、殆どの方は、こんな手がいいんだろうなぁ・・・
なんて思ったり。(^^;)
あっ、雫はそんなことないと言われていましたね。^^

生活に追われる毎日を過ごしていると
手は正直だから、キレイなままではいられません。
爪まで割れてしまって、ボロボロになったり・・・
ネイルアートなんて、程遠い世界です。(^^;)

この詩を読ませて頂いて、一番に頭に浮かんだのが
母の手でした。
真っ白な皺くちゃな細い手。
お気に入りの指輪も、最後には抜けてしまって・・・
でも、何よりも誰の手よりもあたたかかった手。

手は・・・皺の数だけ、
苦労と笑いと優しさが、そこに詰まっているのかな?
なんて、思いました。

さださんの「僕にまかせてください」
初めて聴きました。心に沁みてジンワリきますね。

では、またねっ☆
2009-02-17 Tue 09:55 URL | sora #EvLE3K6A[ 内容変更] | top↑
★ sora へ
> こんにちは、雫。(*^^*)

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

> 素敵なお話に、心がジーンと来ました。

読んでくれて、ありがとう。。
一気に書きました。
書きたいものを書くときはいつもそうですね。
こんな物語、暖かな支え合うような二人が好きなので。

> この二人、昔から出逢うことが定められて
> いたような・・・・・。
> きっと、お母さんが導いてくれたてのかな?

書いていて、途中でそう書きなおしました。
きっと導いてくれたんだと。
天国でお母さん同士が仲良くなって
雪の降る日に逢わせてくれたんですよ。。

> 手が真っ赤になるのも忘れて、一生懸命に
> 子供たちと一緒に雪だるまを作る彼女。
> こんな姿は、可愛いですね。
> ほんわりとした暖かさと優しさを感じました。

一生懸命さがすきなんです、何でも。
無償?誰からも認められるはずの無いものを
認めてあげられるような物語を書きたくてね。

> この男性も女性のこんな姿に、癒されたのでしょうね。
> 心が、ほっと安心できたのでしょうね。

子供達と遊んでいる?
子供達をあやしている?そんな感じに見えたのかも?

> >おにいさんを 泣かしちゃ ダメでしょ って 
> >なんだか 母に 守ってもらったように 感じたんだ
> この場面も素敵ですね。
> ひとつひとつのシーンが、頭に浮かんでしまうのは、
> 雫の表現力、言葉の力でしょうね。

思わず、書いてしまったんですが・・。。
弱いイメージになりそうで、でもこれで良いと
そのまま載せました。

> >「優しくて 暖かな その赤い手を 守らせて ください」 と 
> >きみの 赤い手 そっと さすった 
> 手は、その人の心、生きてきた証?が表れるような気がしますね。

真直ぐに生きている、自分よりも他の子供たちのために・・
そんな気持ち、心が見える手だったんですよね。

> 女性は、やっぱり指が真っ直ぐで細くて、
> 色白のキレイな手に憧れてしまいますね。
> 男性も、殆どの方は、こんな手がいいんだろうなぁ・・・
> なんて思ったり。(^^;)
> あっ、雫はそんなことないと言われていましたね。^^

苦労していない男性は、白魚のような手が好きかも?
色んな事をしている手を知っている男性は、違うはずですね。

> 生活に追われる毎日を過ごしていると
> 手は正直だから、キレイなままではいられません。
> 爪まで割れてしまって、ボロボロになったり・・・
> ネイルアートなんて、程遠い世界です。(^^;)

ネイルアートを生業にしている人には申し訳ないけれど・・
そんな爪を着飾る時間と金があるのならもっと他に
出来る事が、する事があるはずだと。
指の爪を気にしていては、何も出来ないはず。

服が汚れるから、我が子に砂場で遊ぶなと
綺麗な洋服を着せて他の奥様に見せている人と
頭脳構造が一緒だと思いますね。

子供を着飾っても、意味がない、
自尊心を自慢したいだけだと。

> この詩を読ませて頂いて、一番に頭に浮かんだのが
> 母の手でした。
> 真っ白な皺くちゃな細い手。
> お気に入りの指輪も、最後には抜けてしまって・・・
> でも、何よりも誰の手よりもあたたかかった手。

苦労をすると、そして苦労の数だけ皺もできますね。
でも、それが生きてきた証なんです。

> 手は・・・皺の数だけ、
> 苦労と笑いと優しさが、そこに詰まっているのかな?
> なんて、思いました。

自分だけではない、
誰かのために生きてきた証拠でもありますね。
>
> さださんの「僕にまかせてください」
> 初めて聴きました。心に沁みてジンワリきますね。

私も始めてかも?聴いたのは。
こちらの方が、絶対にいいですね。
クラフトの方、フアンの人、ごめんなさい、ですが・・。

> では、またねっ☆

はい、元気になってきたようで、
また天邪鬼に戻らないように、ね。ww
2009-02-17 Tue 14:34 URL | sora さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3