悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩「声」
2008-01-13 Sun 20:40

eyes0198.jpg


「声」


ぼく は 蟻

王様のように歩く
お花の道の真ん中を 
さっそうと黒いマントを着て歩く

歓声がする
風が囃し立てる
お花が微笑む

「かっこいいね」 って

でも
聞こえた
誰かが
ぼくの事を

「裸の大将だね」って

「なんで?」って 

声も聞こえた

誰かが答えた

「それはね
あの蟻が賢い虫なら
花の陰をこっそり歩くよ
わざわざ
鳥のえさになるように道の真ん中を
歩いてるんだから
可笑しいよ」

って

それを聞いて
悔しかった
なんだか 腹が立って 
怒りながら歩いた
ぼく は 王様だぞ

誰かの声 聞こえたから って
花の陰を歩くなんて できないや

もっと 大きく手を振った
もっと もっと
道のど真ん中 さっそうと 歩いた

でも すこし気になった

そうだ
あの花の所まで行ったら
一休みするふりして
そこで考えよう

ここで花の陰に隠れたら 
王様じゃなくなるから

うん


ひとりで納得した



その時

黒い影  空から
鋭いくちばしで 
ひとくち

ぼく
消えちゃった


聞こえた時
素直に聞いていればよかった


誰かの声
自分のためへの声



いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

別窓 | 生命詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
<<優心詩「最後」 | 雫にサヨナラ | 希望詩「後ろを振り返ってごらん」>>
コメント
訪問&コメントありがとうございます。
裸の王様の蟻
人の意見を聞かない、後になっての後悔
自分の行いにも当てはまることがあって
ちょっとドキッとさせられました。
2008-01-13 Sun 22:53 URL | サクラサル #-[ 内容変更] | top↑
★ サクラサル さん
いつも来てくれてありがとう。

そう、私もなんですよ。ww
自分で書いている詩は、全てそうかもしれない。
自分への戒めの言葉が並んでいる。

当てはまるところ、あるのかな?ww
じゃ
自分のいい所は残して
思いあたるな、と思ったら。
変えたらいいかもしれないですね。
こらからも、ヨロシク。
2008-01-14 Mon 02:43 URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
おじゃまします^^

独特の世界感がありますね
雫さんの詩には
あと 写真がとても綺麗ですね

たしかに少し恐い詩でも
ありますね(汗)
2008-01-14 Mon 07:46 URL | GYU #g5h/pp02[ 内容変更] | top↑
★ GYU さん
おはようございます。
独特の世界観?
あぁ、嬉しいですww
個性って、好きだから。

写真、綺麗でしょ。この写真はEasyPicさんです。
ぜひ、リンクから飛んで観てください。
写真にEasyPicさんの文字が浮かんでいるのは
フリーじゃ無いので注意です。

怖い詩、ですね。確かにww
これに懲りずに、また来てくださいね、ww
2008-01-14 Mon 10:07 URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ お邪魔します
昨日は訪問とコメントありがとうございます。

なんだかハッとさせられる詩でした。
戒められます。放漫な世界は息苦しいですからね気付かされる感じでよかったです。

自分も遊びに来ますね
これからもよろしくお願いします。
2008-01-14 Mon 16:17 URL | 茶ぽん #-[ 内容変更] | top↑
僕はただ

かっこよく歩いていたい

だけだった

陰は涼しいけれど

暗いから

だけど明るいからって

いいことばかりではないみたい

僕は気づくと消えていたから

消えてから気づくなんて

悲しかった

やっぱりあのとき聞いていれば

よかったんだ

みんなが僕と同じようにならないことを


小さく小さく祈るだけ。


きっと一度は

みんなそう思うんだろうけど

もっとあたたかいところで

羽を広げてほしい。


小さく小さく祈るだけ。


小さく小さく…








こんにちは。小説を見て下さったのですね。コメントありがとうございました。こちらで返させて頂きますね。ずいぶんと前に書いたものでしたが…見て頂いてありがとうございました。

あれを書いていたのは一年ほど前でしたが、うーん…どうもうまくいかなかったんですよね。根性なし、といった感じでした(汗)続きは、うーん、こうして書いてくれる人がいますので、もしかしたら書くかもしれません。再開予告ではないのですが…すみません。

あ、雫さんも小説を書いているんですか?!きっと描写などがのんびりと素敵なんだろうなぁと思います。雫さんの詩は自分のペースで、また視点で小さなものたちを見ていて、詩の中で、いつもなかなか目にすることの出来ないものたちが大きく、そして輝いている気がします。

長々と失礼しました。


2008-01-14 Mon 16:48 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
★ 茶ぽんさん
来てくれて、ありがとう。
初めて訪れた時、センスがあるな、って。
詩も素敵だし、思わずカキコしました。

戒め、これは自分へ言葉なんですよ。
忠告を聞かない、困り者の自分へのww

はい、またぜひ来てくださいね。待ってます。
私も行きますから、ヨロシク。
2008-01-14 Mon 17:24 URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ 光藤 雫 さん
>みんなが僕と同じようにならないことを
小さく小さく祈るだけ。

やっぱり優しいね。温かいんだね、心が。
こんな詩をすぐに書けるなんて、すごいよ。

小説、読んだよ。続きは、無理強いしないよ。
書きたい時、書ける気持になったら、その時ね。

そっかぁ。小さなものを見ている、かぁ。
それは確かにあるかも。
見逃されやすいもの、見逃されたものを見ている。
それは、自分がちっぽけだから、かもしれない。
人として、こんなちっぽけでも、居るんだよ、ここに。
って
言いたいのかもしれないね。
雫も、そう。雨が降って木や草花から流れ落ちそうで
そこに留まっている姿。
まぁるくなって、ひっそりと、居る?姿が好きで。
私には、木や草花が泣いているように見えるんだ。
そして、聞こえない声が聞こえるような気がする。
そんな感性は大切にしたいと思っています。

小説、あはww
恋愛小説だよ。照れるから、載せないと思う?
いつも温かなコメントありがとう。
また行くね、光藤 雫 さんの感性を感じ取りたいから。
2008-01-14 Mon 17:38 URL | 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3