悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
童話「雷さまを泣かせた少女」
2017-05-19 Fri 00:00
8423328.jpg




図書室に行った。  
小さな茶色の本があった。
題名があった 「雫詩」 って。

その中のひとつに目がとまった。




「雷さまを泣かせた少女」




あぜ道の枯れ草が、そよぐ風に揺れていた。

乾いた土が、茶色の土ぼこりとなり、ぽつんと座っている老婆に吹きつけた。

淋しそうに空を見上げている。



「どげんしたと、ばっちゃん?」

「あぁ、今日も雨が降らんなぁと思うてな」



「うん降らんね、もうずっと降らんね」

「そうじゃ、もう二ヶ月も降らん、このままじゃったら、この土地を出ていかにゃならんかもなぁ」



「どうして、行かんといけんの?」

「米がでけん、米も野菜もみいんな倒れてしまいよる。

同じように人もみいんな倒れてしまうじゃろうなぁ」



「雨が降ったらいいの?」

「そうじゃ、恵みの雨が降ればなぁ・・」



「じゃうちが降らしたげる、うちの名前、めぐみ、じゃもんね」

「あぁ、優しい子じゃのお、めぐみは」  



「うち、神社に行って 神様にお願いしてくるけんね、ばっちゃん雨降るけえ、心配せんと待つとってね」

「あぁ待つとるよ、ほんに 気持ちだけでもありがたいのぉ」・・。




めぐみは一生懸命に走った。


まだ九才、初めて一人で。


昼でも薄暗く、怖いはずの神社に。


いつもはとても怖がりな娘なのに。


神社に一人で、行くなんて、普段では考えられないことだった。


自分でも、その勇気に気づいていなかった。


ばっちゃんを助けたくて、守りたくて、その一心で、走った。。




やっと着いた。


ばっちゃんがいつもそうしているように、鐘を鳴らしてお願いをした。



「ねぇ神様、お願いじやけん、雨降らしておくれ、

ばっちゃんを助けて、うち何でも言うこと聞くさけえ。」



突然大きな声が聞こえた。



「ほんとうか?!」



「え?誰?」



「何でも言うことを聞くというのは、本当かと聞いておるんじゃ」



後を振り向くと白髪の老人が立っていた。



不思議なことに足元には白い雲が。



雲に乗って宙に浮かんでいる。




「神様け?」



「そうじゃ、何でも言う事を聞くんじゃな!?」



優しそうな目をしている きっと 雨を降らしてくれると・・




「はい、何でも聞きます」




「雨を降らすのは、雷に頼まなければいけない、

しかし、二度と地上へ帰れないかも知れないぞ、それでも良いのか?」・・。




・・大好きなばっちゃんの 淋しそうな顔が目に浮かんだ・・



勇気を振り絞って言った。




「はい、行きます、雷さまの所へ。」



★ 童話「雷さまを泣かせた少女」の続きを読む
関連記事
別窓 | 童話 | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3