悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
女心詩「泣き顔」
2017-02-04 Sat 00:00
89083819.jpg






「泣き顔」



年下のきみに 
泣かされたね
惚れたら負けだって 分かっていたのに


背だけ高くて 
やせっぽち 
折れそうな腕に
抱きしめられたいって 儚い願い胸に秘めてた


ねぇ 
好きな子 
いないの?って 聞いたんだ

いないよ って 返事 
聞きたいから

好きな子が
出来るまで
甘えて傍に 居たかったから



なのに 
いる って 
それだけ言ったまま 黙りこんだ

そう 良かったね って 一言 
黙っちゃった


重苦しい空気 


泣きそうに・・・
泣き顔
見られたくないから


じゃ行くね って
傍に居たいのに

自分がいやになる 
年上って 損だね 素直になれないから



どこに行くの? って 
腕をとられた 

遠くに行きたい って 
また 嘘をついた



この俺が 
居るのに?って 
じっと目を見つめるから


何言ってんの 
好きな人 居るんでしょ 
怒って言った



ばかだな 
俺 年の差なんて 
気にしないよ って


そのまま引き寄せられた 
これって・・・ 
これって・・・



腕の中 
甘えても 
いいのかな? 



ぬくもりが温かい
泣いてもいいかな 
泣かされても いいかな 
好きだから・・



見られても いいかな 
大好きだから・・
泣き顔


作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫

関連記事
別窓 | 女心詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3