悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
童話「ゆびきりげんまん」
2017-01-11 Wed 03:14
5585190.jpg



図書室に行った。  
小さな茶色の本があった。
題名があった 「雫詩」 って。

その中のひとつに目がとまった。


「ゆびきりげんまん」


昔・・・昔・・・
あるところに
小さな森がありました。

みんな仲良く暮らしていました。

この森には決まりごとがありました。
神様から名前をもらうこと、殺し合いをしない。
この二つでした。
もし、約束を破ると、この森を出なくてはいけません。

季節はいつも春から夏の間のように暖かく
食べ物もいっぱいありました。
だからたくさんの動物たちがこの森にやってきました。

名前をつけてもらうこと、むずかしくはないんです。
何かひとつだけ、違うところがあれば良かった。

穴を掘るのが得意、力が強い、色を変えられる、空を飛ぶ・・・
何でもいいんです。

ある日のことです。
この森に一匹の虫がやってきました。

体が大きく、角が二本、力も強そうです。

でもほんとうは怖がりで、弱虫で・・・もしそんな名前つけられたら・・・と。
神様に会う勇気もなく、ぽつんと一人で考えていました。

名前をつけてもらう前は、名なし君とよばれます。
そんな名なし君を心配そうに見ている虫がいました。

テントウムシさんでした。
おなか空いてるのかな?友達になってくれたらいいな
なんでもはなしできる、本当のともだちに・・・。

ひとりぽっちでさみしそうな名なし君に、自分が集めた蜜をあげようと・・・。
声をかけました。

「こんにちは」
「あ、こんにちは」

「お腹空いてるんじゃない?蜜あげるね」
「ありがとう、もうおなかぺこぺこ」

「よかった それより お願いあるんだけど」
「僕にできること?」
「うん 友達になってほしいんだ」

「え、僕で良いの?」
「うん、僕も友達いないから、いいかな?」
「もちろんだよ、こんな僕でよかったら・・・」

一人も話し相手もいなかったから、すごくうれしくて嬉しくて・・・。

名なし君は、来る途中で池にはまったとか、夜一人でこわかったことなど・・・
やっとできた友達に今までの出来事を話しました。

聞いてもらえるだけで・・・うれしかった。
二人ともおなじきもちでした。

そんな二人を見ている黒い虫がいました。

黄色や赤の色もまじlって。

「やあ」

あぁ びっくりした~
ものすごく大きな体の虫でした。

「いいこと教えてあげようか?」
ふたりは「なに?」と

「森のはずれに蜜のいっぱい入った、時計という家がある」
ふたり「ほんとう?」
「うそなんかつくものか、ほら見えるかいあそこだよ」

ふたりが指差すほうを見たら、四角く長い大きな家がありました。
「いっぱいあるから いくらでも食べてもいいぞ ふっふつふ」

二人とも正直で、うそなんかついたことがありません。
だから、何も疑うこともなく、

「ありがとう」と言って家に向かいました。

(引っかかったな・・・)



そう言うと・・・
その 大きな虫は うしろから こっそりと 二人についていきました

ふたりはやっと時計の家につきました。

木の扉がありました、不思議なことに中が透けて見えるところもありました。
テントウムシさんでは扉は重くて開きません。
「じゃ僕が開けるね」
名なし君は、一生懸命に扉を開きました。

ギッギィー

やっとあいたときです・・・
どこからか、声がきこえてきました。

「ボーンボン誰じゃ?わしに何か用か?」

どこから声が聞こえてきたのか、びっくりして見ましたが誰もいません。

「ここじゃ わしは 時計じゃ」
どうやら時計の家が話していることがやっとわかりました。

二人は今までの話をしました

「ボンボン、わしの扉を開けても、中には何も無いぞ。」

テントウムシがいいました。
「え、でもむしさん、あ、名前聞くのわすれた、中にいっぱい蜜があるって、」
「ボンボン、そんなもんはないぞ、いや待て、お前たちに声をかけたのは黒い虫か?」

うん 二人はうなずきました。

「ボンボン、そして黄色や赤い色もある大きな虫か?」
「そうだよ」
ふたりは声をそろえて言いました。

「ボーンボンそれはいかん お前たちすぐに逃げろ」
え、何で?
「ボン、それはクモといってきらわれものでお前たちを食べるつもりじゃ、はやく逃げろ」

そのときです。

「そうはいかないぞ」 
隠れていたクモが突然あらわれました

ふたりが時計の家にはいったら 糸ででられないようにして
食べようとしていたのです

時計さんは森の仲間に助けを呼ぼうと大きな音をだしました

ボーンボン ボーンボン

テントウムシさんも助けを呼びに飛び立とうとしました。

目に見えない糸に絡まってにげられません。
クモの巣にひっかかったのです。

クモはだんだんと近づいていきます
名なし君は怖くてただ見ているだけです。

テントウムシさんが言いました。

「名無しくん逃げて 僕が食べられている間に 逃げて」





どすん

クモがたおれました。
クモはなぜ自分が倒れたのか、分かりません。
起き上がり、後ろを振り向くと・・・。

あんなにも震えて、ただ見ていた、名なし君がそこに居たのです。
真っ赤な顔で、怒りをいっぱいに表した、名なし君が。


名なし君がクモに体当たりしたんです。


自分のどこにこんな勇気があったのだろう。
何も考えていなかった、ただ、友達を、テントウムシさんを助けたくて!

あんなにも大きな相手に、立ち向かったのです。
もう何も怖くなかった 友達を助けたい、その一心でした。

名なし君が角でクモの糸を切りました。
「さ、今だよ、テントウムシさん逃げて!」

空を飛ぼうと羽根を羽ばたかせたとき、起き上がったクモが、また糸を吐きました。

「わっ」
テントウムシさんはクモの糸にからまって、地上に叩きつけられました。

「さあ・・・食ってやるぞ!」
「だめだー」

また、体当たりをしました。でも、今度は倒れません。
「もうゆだんはしないからな。」

どん!
名無しくんはつきとばされました。

体当たりがダメならと、今度は、クモの足を大きな角ではさみました。
「痛い、いたい、なんて奴だ、これでもくらえ!」

クモが名なし君の角に噛み付きました。
ポキリ

鈍い音がしました。
「あぁ~、痛いよー」

名なし君の角は一本が折れ、残った一本も曲がってしまいました。
血が流れ、痛さで気を失いそうです。

でも、でも、それでも、まだぶつかっていきます。
友達を助けたい。

一人ぼっちの僕に、声をかけてくれた友達を。
おなかが空いたとき、密をくれた優しい友達を
なんでも話ができる、初めてできた友達を・・・

守るために!

なんども何度も、また体当たりしました。
傷口から血が流れ続けました。
曲がった角が、さらに曲がりました。

でも、長旅で疲れ、お腹もいっぱいじゃないから・・・。
もう、もう・・・力があんまり残っていません・・・。

そのときです。

小さな羽根音がしました。
テントウムシさんが糸を解いて、飛び立った音でした。

「待ってて、助けを呼んでくるからね」
「あぁ・・・」
「生きていてね、死んじゃダメだよ・・・『友達くん』・・・」

「・・・・・・・・」

たしかに そう聞こえた「友達くん」と・・・。
たしかに、そう呼ばれた「友達くん」と・・・。

名なし君、ゃなかった。友達と呼ばれた。
嬉しかった、涙が一滴ポロリとながれた。

「あぁ・・・」

と、それだけの答える力しか、残っていませんでした。
どんどんテントウムシさんが小さくなっていきます。

ああ、よかった、良かった守れたんだ。
安心すると、力が抜けてきました。

ああ、もう力が残ってないよ・・・。
ああ、でもいいや、生きている間に、なにかできたんだから。

目の前がだんだん、白くなっていきます。

ああ、このまま、死んじゃうのかな?
ああ、テントウムシさん、さようなら・・・。

へなへなと、地面に座り込みました。
クモがゆっくり・・・近づいてくるのが分かりました・・・。



「・・・・・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


何かを言いました。でも、聞こえませんでした。
クモが名なし君の前足をつかみました。



その時です。

「来たぞー」
突然後ろのほうから、大きな歓声が聞こえてきました。
クモは逃げ出しました。


でも・・・
でも・・・。

傷ついているのか、逃げ足はとても遅く名なし君から、ゆっくり・・・ゆっくり・・・。
後ろを振り向きながら・・・離れていきました。

名なし君は、泣き出しました。

でもそれは角が折れて痛くて泣いたんじゃありません。
友達を守れた、それがうれしくて 嬉しくて。

すると、あんなに大きな虫と戦ったこと、急にこわくなって・・・がたがたと体が震えてきました。


声が聞こえました。
「間に合ったか」


神様と森の仲間たちが来てくれたのです。

「ボーンボン、みんな来てくれてありがとう、この勇者がテントウムシをクモからまもったのじゃ。」

神様はみんなの前で言いました。

「ぜひともお前に名前をつけてあげたいが・・・どうじゃ、希望の名前はあるか?」

名なし君は・・ただ・・・こわくて・・・怖くて・・・
歯ががたがた、足はブルブル・・・言葉になりません・・

「さあさ、遠慮しなくてもいいぞ。特別にお前の好きな名前をつけてやろう どんな名前にしたいのじゃ」

怖かった・・・コワかった・・・と言いたいのに・・・歯が震えて・・・
クワがった・クワがった・・・と神様には聞こえました。

うん・・・・?
クワガッタじゃと?
お前は「クワガッタ ・・・」?

そうじゃ 

「クワガタ」
と名づけよう・・・

みんな歓声をあげました

よかったね 
おめでとう 
ばんざーい 

これで弱虫の「名無し君」は森の一番の勇者として
「クワガタとしてその名を称えられました。
助かったテントウムシさんも大喜びです。

時計さんも森じゅうに響き渡るほどの、祝福の鐘を鳴らしました。

「めでたしめでたし・・・・ボーンボーン~~~♪♪」

しかし
物語は、終わりではありませんでした。
また、新たな殺し合いが始まろうとしていました。
★ 童話「ゆびきりげんまん」の続きを読む
関連記事
別窓 | 童話 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3