悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
幼子詩「あれ良い これ良い しても良い」
2013-07-19 Fri 22:36
610259_20130719214729.jpg 



「あれ良い これ良い しても良い」



砂浜 お絵かき 自由に描ける
おっきく 描いても 叱られない
おうちの壁に 絵を描いた 
大好き クレヨン 捨てられた 


大好き お絵かき できないよ
ぼくは どこで なにしょう
泣いたら クレヨン 返してくれる?
ごめんて 言ったら ゆるしてくれる


でもね ぼくは 泣きたくない
好きな ことを してただけ
あれ駄目 これ駄目 しては駄目 
ぼくの首には 見えない首輪 





雲の上で 暮らすんだ
ひとりじゃないよ 友達いっぱい 
猫さん 犬さん 小鳥さん 
ぼくが いっぱい 描くからさ


みんなで 暮らせる 家描こう
食事も いっしょ にぎやかに
きまりを つくって おきたいな
みんな 全員 守ろうね


だれも いじめちゃ いけません
だれも 殺しちゃ 駄目ですよ
みんな 仲よく 笑顔で暮らす
これが ほうりつ 決まりごと





あれ駄目 これ駄目 しては駄目
みんな 反対 してみよう
悪いこと 以外は しても良い
あれ良い これ良い しても良い


子供は お絵かき しても良い
猫は 柱掻くのは しても良い
犬は 吼えて鳴くのを しても良い
鳥は 部屋で飛ぶのを しても良い


みんな 仲よく 遊ぼうね
みんなが 王様 兵隊さん
鬼ごっこに かくれんぼ
でもね 夜は 静かに寝よう





ぼくは 泣かない 負けないよ
ともだち いっぱい いるからさ
みんな 自由に 生きれたら
それだけで いいんだ このままで


きっと いつか クレヨンなくなる
みんな 描きたい それが出来ない
でもね ぼくの 心の中で
一緒に いたこと 消えないよ


大きくなったら 叱らない
あれ駄目 これ駄目 しては駄目
そんなことは 言わないよ
あれ良い これ良い しても良い



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記
今日も病院へ、待っているとき、帰ってから
詩をずっと書けていなくて、それなのに応援してもらい・・
申し訳ないな・・と

そして
以前に書いた詩を書き直して、今やっと書けました。

すいませんが・・
明日また仕事が早いので、今から急いで皆様のところへ☆彡。
しかし、コメントを書く時間が無いので、申し訳ありません。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 幼子詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「ありがとう」
2013-07-09 Tue 13:30
1868710.jpg 




「ありがとう」




私は 今まで 何をしてきたのだろう?
お世話になり 助けられた人の顔
浮かんでくるばかりだ



私は 誰に 何を してあげられたのだろう?
言葉をかけてもらい 道を迷わずに来れたのは
浮かんでは消える 人の顔の数々だ



怒った顔 笑った顔 泣いた顔 嬉しそうな顔
その 全てが 私に 向けられた顔だ
励ましてもらった 叱ってもらった 立てと引き上げられた



一緒に笑い 一緒に泣いて 馬鹿を言ったり 
愚痴を言ったり 聞いてもらったり
誰も彼もが 助けてくれた 顔が浮かぶ



私は 誰に 何をしてあげられたのだろう?
ひとつ ひとつの 顔に 心に 人に 
感謝の言葉をかけたい



ありがとう と 伝えるたびに
同じように ありがとうと 言ってもらえる
私であるならば こんな幸せはない



生まれて 生きて 育って 
「ありがとう」 と心より伝えられる 今の私があるのは
あなた達がいてくれたおかげです



最後に もう一度 心の底から
大声で 全ての人に 届けたい
「ありがとう」





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記201701/10
最後の3行を詩を追加しました
PVを念願の埋め込みに変更できました。雫。。

追記
今朝は病院へ。
帰ってから、昼から仕事、少し変則です。
だから、詩の更新は無理だと諦めていた。
入院する前見ていた「ゲゲゲの女房」
最終回前に発病、最後の6回ぐらいを見れずに居た。
そして、今日見ていて、ふっと人に感謝の言葉浮かんで・・
今まで自分が生きてこれたのは、人々のおかげなのだと。

時間がなくて書いたので、詩の追加を後にすると思います。
また帰りが遅くなりますが、宜しくお願いいたします。雫。。


追記 07/10 23:14
岩渕真奈(ホッフェンハイム)さん
なでしこ 東アジアカップ の一員に選ばれました。。
おめでとうございます。
小さい時から、人一倍の努力をして力をつけた。
そして、一段ずつ階段を登り、スランプにも負けずに戦い続けた・・。
今s、武者修行で海外にも・・・

そして、またオリンピックに続いて、なでしこの一員に。
FWとして、試合で活躍される事を、祈っています。
試合期間中の旅、町、そして当然試合中にケガなどされない事を願っています。
一試合でも多く出場できますように、一分一秒でも長くグランドに立てますように。

時々、真奈さんのブログに行って、元気にしているんだな・・と
頑張っているんだな、と。
書けば、長くなるので、ここまでにします。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「岸を離れていても」
2013-07-07 Sun 12:16
1671744.jpg



「岸を離れていても」



「行ってきます」
きみを 残して 大海原へ
大丈夫 何度 言っても
きみは 泣き止まなくて 困らせた



「手紙 書きます」
最後に やっと それだけ
うつむいていた 顔上げて
いつもの きみの 笑顔を 見せてくれたね



言わなければ
「愛しています きみだけを」
手を握り締めて きみを見つめて
海の風 背を押した 早くしなよと



「大丈夫 きっと帰る」
何を 言っているんだ 俺は
「もっと 大きくなって きみの元へ」
あぁ 馬鹿だ 俺は なんて馬鹿やろうだ



汽笛鳴った 出航の合図
ウミネコ 空を舞った 時間が無いよと
突然 きみを 抱きしめた 痛いくらいに
驚きながら きみも 俺の背を掴んだ



「愛しています きみだけを」
・・・・
聞こえなかった?きみ 泣いているの?
「待っている ずっと 死んじゃだめだよ 絶対に」



きみを 岸に残して 
手を振る 姿 豆粒みたいに
待っている人 いつまでも 居ることを 胸に
岸を離れていても いつも 心は きみのそばに・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




2017/01/31
この詩は「雫のナミダ」で投稿したものです。
MVが使えなくなっていたので、同じ手島葵さんに変更しました。

追記
また金土日と仕事。
だから、雫にサヨナラの詩を今日中に・・と
でも、この曲を聴いて、恋愛詩が思いついて・・
急遽、更新しました。
この曲に感謝。
そして、写真も探して探して・・
可愛い写真見つけ、嬉しくて感謝。

大海原に乗り出す
危険な仕事の漁師さんと
ただひたすら無事を願って待っているご家族に
気をつけて・・ 
そして 元気に帰ってきてくださいと願って・・。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
幼子詩「素的な パパに なれるよに」
2013-07-02 Tue 00:00
9070015.jpg 



「素的な パパに なれるよに」



子供が 見るもの 神秘の世界
驚き びっくり 眼をくりくり
どうして なんで そうなるの?
ねぇねぇ 教えて 分かるよに


どうして お花が 咲いてるの?
赤 白 青 黄 緑に オレンジ
何で 沢山 色あるの?
お水は 透明 かわいそう





初めてだから 興味しんしん
なんで どうして こうなるの?
じっと なんか してらんない
誰かに 教えて もらわなきゃ


どうして 蚊さんは 血を吸うの?
お腹が 空いた 食いしん坊?
どうして 蛍は 光ってる?
迷子の 人を 助けるため?





頭の 中が くーるくる
ぎっこん ばったん 動いてる
くるくる あちこち 目が回る
知らない いっぱい 目に入る


どうして 海のお水は しょっぱいの
お魚さんが 泣いているから?
どうして 鳥は 空飛べるの?
翼くんは 空 飛べないよ





じっちゃん ばっちゃん 教えてね
パパも ママも 逃げないで
教えて 僕が 大きくなって
子供が 出来たら 教えてあげたい


だから 今から お勉強
知らない ことが 無いように
素的な ママに 好かれるように
素的な パパに なれるよに




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記
最後の四行はまさに私が子供のころ
考えていた そのままです

私は末っ子で 兄や姉に 良く質問する子供でした
破天荒な質問?のため?・・また後で また今度と
いつも そのままにされて 放ったらかしにされた記憶が・・。

だから、幼児のときに・・
既に!私に子供が出来たら(なんて凄い発想)
何でも質問に答えてあげようとか
相撲をしたらわざと負けてあげようとか
変な事を空想していた 子供でしたww
今も、そのまま、子供のままかもww 雫。。


この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 幼子詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3