悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
優心詩「定年退職、きみに感謝」
2012-11-27 Tue 01:29
https://www.youtube.com/watch?v=A9TWSz_QKUA9070119.jpg 




「定年退職、きみに感謝」



わたしの髪が白くなっても 
きみに どれだけ 皺が ふえようとも
きみへの優しさや温もりは 
変わることなく 命ある限り 愛し続けよう


わたしの腰が曲がり 
きみの手を 引くことが 出来なくなっても
家族の 絆は 変わらないと 
誓ったあの日から 変わることなく


命は 限りあるものかもしれない
しかし 愛は 永遠に きみをつつむよ
愛する人に 巡り合えたこと 
共に生きたこと これ以上の喜びはないよ


苦労をかけたね 泣かせてしまったね 
淋しい思いをさせてしまったね 仕事ばかり
一緒に 泣いて 笑って 過ごすこと
いつも出来なかったこと 謝るね





でも これからは いつも傍に居るから
甘えてもいいんだよ 勿論 つねっても
ただ きみが憧れた 
若く 蒼い鳶色の青年ではなくなったけれど 


桜が咲き 春を迎え 手を引いて 学校の門をくぐった日
三人で撮った笑顔の写真
幼かった子供が わたしたちの 手を引く
そんな 三人の写真をまた一緒に撮ろう


子供が わたしたちを 引き継いでくれよう
いつか 孫が出来 その手助けが
唯一の 生きる希望となろうとも 
共に生きてきた 命を喜ぼう


孫が居て 子供夫婦が居て 
わたしたちが居る 掛け替えの無い 命の繋がり
支えあって 生きてきた 
年月の流れが ここに 見事に 花咲いたのだね





笑顔が わたしの 支えだった
苦しい時 迎えてくれる人が居る 家庭
ただいま お帰りなさい 
わたしには 魔法の言葉 魔法の笑顔 魔法の家族


花の命のように いつか ひとりに
そして 居なくなる時が きっと来る
でも 来世も 来来世も きっと結ばれよう
イヤだなんて 言わないでおくれよ


今まで ありがとう そして これからも よろしく
改めて言うのは 少し恥ずかしいけれど
小さな ちっぽけな わたしたちだけの 世界
これからも 守り続けると 誓うよ


きみと暮らすこと 守ること 支えあうこと
生涯 定年はないんだ
わたしの髪が白くなっても
それは きみを愛し続けた 愛の証だと誇れるから・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
更新、なんとかできました。

仕事から帰ると、
温かなコメント、拍手への言葉、たくさんの応援を頂いて・・
私は幸せ者だな、と、本当に感じています。

優しい詩をありがとうと、そんなコメントを読ませていただき
自分の願っていたブログが出来つつあるのだと、実感しました。

「こちらこそ、ありがとうございます」と、お礼を言わなければいけません。
本当に優しい皆様に支えられているのだと、嬉しくてたまりません。

この詩は、
長年働き続け、定年を迎えたご主人。
家庭を守り、支え続けた奥様に・・
第二の人生を、さらにお幸せになって欲しいと
願って書いた詩です。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「泣いてる子供は寄っといで」
2012-11-20 Tue 00:00


「泣いてる子供は寄っといで」



泣いてる 子供は 寄っといで



誰かな? 誰かな?

悲しくって 泣いている子は



叱られたの?

怒られたの?



かわいそうに もう泣かないで いいよ

ぼくの所へ 来たらいいよ



涙を ふいて 笑って ごらん

あ とっても 可愛いな



笑顔って 素敵だね

涙のわけを 聞いてあげるよ

楽しいお話 聞かせてあげるよ



だから もう泣かないで 涙を ふいて 笑ってごらん



笑顔の魔法を かけたげる

泣いたら 負けだよ あっぷっぷ

笑ったら 勝ちだよ あっぷっぷ




いち

にぃ 



のぉ 



さん










6749699.jpg





あ 笑った きみの 勝ちだね

負けて ぼくは 嬉しいよ




泣きたく なったら またおいで

悲しくなったら いつでもおいで



笑顔の魔法を かけたげる

泣いたら 負けだよ あっぷっぷ

笑ったら 勝ちだよ あっぷっぷ



ほぅら 素敵な笑顔が またできた

いつでも ぼくは 待ってるよ

泣いてる 子供は 寄っといで・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
週1回の更新、今週もなんとかできました。
ホッとしています。

別の曲を予定していたのですが、偶然この曲を発見。
あまりにも可愛いい曲と画像に、にっこりです。
私も、笑顔になりました。。

いつも、訪問、温かいコメント、応援ありがとうございます。
これからも、どうぞ、よろしくお願いします。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね



関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「通せんぼ」
2012-11-13 Tue 00:00
4864273.jpg 



「通せんぼ」


遠く離れて ひとり 仕事をしていても
いつも 思い出すのは きみ達のことばかりだよ
ひとりで食事 今頃 一緒に 食べてるのかな?
お風呂? 買い物? テレビを? なんて・・
ちっとも 美味しくないんだ 笑顔も 姿も見えないから


きみ 身体が弱いから 心配 電話しても 大丈夫って
あんなに 甘えん坊 歩くときも 袖を離さない 子供みたいな子
それが おかあさんになって 強くなったよ って いじらしくて
電話切ったあと 涙が止まらなかった 
ありがとう きみばかり 苦労かけて ごめんね 言えなくて・・




久しぶり 帰った初日 みんなと食事 温かな空気
今日は 偉いね って きみが 誉めたね 
何?って 聞いたら ピーマン嫌いなのに 食べてるって
一緒なら 美味しいの 恥ずかしそうに 言ったから
きみ 泣いちゃった 喜ばせるため 帰って来たのに 


ほら おとうさん 帰るよ って きみが言ったら
だめだ 行かないで って ぼくを 通せんぼ 
初めての わがまま いつもがまんさせて 淋しがらせてた
もっと 良い父親になりたい 帰りの電車 窓が曇った
きみから手紙 通せんぼ 写真 一枚添えて 届いた




結婚する時 約束したね 絶対守るって きみに
幸せにするよ 悲しいことあり過ぎた きみを
家族が 居ない 結婚式も 友達が親類になってくれた
お願いします この子を なんて 友達が言ったから
大粒の涙 みんなボロボロ 幸せの始まりなのに


気づいたんだ お金や将来のためだけじゃ だめなんだって
今 過ぎていく毎日が 一番大切な時間なんだって
一緒に ひとつ屋根の下で 暮らそう 決めたんだ
通せんぼは もうしなくていいんだよ どこにも行かないからね
帰るよ おとうさんは 世界中で一番 大切な きみ達のところへ



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
単身赴任」の詩です。
家族と離れてひとり暮らしているお父さん
そして家を守っているおかあさん
淋しい思いをして待っている子供達に・・
書いた詩です。

ある日、TVを見ていた。
NHKの番組だったと思うのですが・・?
従業員の家庭事情を聞き、本人の希望を最大限に配慮して
配属を決める会社があることを知りました。
普通の会社では、考えられないこと?それが番組になる日本?。

でも、私にとっては、海外では?当然なことだと。
家族と一緒だからこそ、疲れも癒え、頑張りも出るのだと。
この会社はこれからも、伸びていくと思います、必ず。

それに引き換え、リストラを平気で行う会社に、未来は無い。
家族も同然の社員の首を切る会社の、製品・商品に愛情があるはずが無い・・。
リストラするなら、
まず無能で無責任経営しか出来なかったことを謝り、自分の首から切るべきだ。
生意気なこと、偉そうなことを言うようですが、私にはそう思えるのです。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
幼子詩「おかあさんに おねがい」他2編
2012-11-06 Tue 00:00
5654841.jpg 



「おかあさんに おねがい」




ねぇ おかあさん
かわいそうだね
お空さんが 泣いているよ




ぼくが泣くと
おかあさんが 
よしよし してくれる




お空さんは
だれもそばに居ないんだ
だから ずっと泣いてるんだね




お空さんが来たら
おかあさんが
よしよし してあげてね









「雨もり」



お家さん って すごいね

だって 

屋根さんが 

「痛いよ」って

泣いて 知らせるんだよ




ねぇ おかあさん

せんせいを 呼んであげてよ

病気を なおしてあげて




でもね

ちゅうしゃは だめだよ

もっと 痛い って

泣いちゃうから








「産声」



やっと 

おかあさんに 

言えた



「大好きだよ」って



お腹の中にいる時から

ずっと

言いたかったんだ



「おかあさん ありがとう 大好きだよ」




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



手嶌葵pv歌詞

2017/02/01
追記
手島葵さんのNV「虹」が消えていました。
この曲も幼子の心に合ってると、追加しました。雫。。

追記 
なんとか火曜日に更新できて、ホッとしています。

この3編とも、珍しく仕事場で思いついて、メモにして。
2番目の詩「雨もり」は、最初の5行だけで、乗せるかどうか迷っていて・・
11/05 仕事からの帰り道、思いついて、メモを取り、家に着いてから
言葉を7行追加し、やっと完成?しました。。

みなさまへ・・
仕事の関係で、訪問がなかなかできません・・
でも、必ず伺いますので、どうぞよろしくお願いしたします。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね


雫にサヨナラの別館・恋愛詩専門ブログ
雫のナミダ」にも、寄っていただけたら、嬉しいです。

今日11/07 18:59
お休みなので、訪問していただいた皆様のところへ、順次訪問中です。
ただ、コメントを書いて、投稿するのですが、停まってしまいます。???
二度書いても、同じようになり、投稿できません。
拍手欄があるブログは、拍手欄に投稿は出来ました。
私のパソコンが不調なのか?原因が分かりません。
本日緊急メンテナンスが夕方にあったのですがそのことが原因かも?

そのため、応援だけになる場合もあります、どうぞよろしくお願いいたします。雫。。
関連記事
別窓 | 幼子詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3