悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
短恋詩 君に贈る恋文七行詩(5編)
2012-10-02 Tue 00:00
6348875.jpg 




きみの手



なにも 求めない

なにも 欲しがらない

そんな 控えめな 心



胸が 痛くなるような いじらしさ



怖がりな 心に 光を・・

ぼくが できること してあげたい

きみの手を 離さないと誓うよ








魔法使いになりたかった君



「ね 魔法かけられるかな?」

僕を見つめて トンボの目を回すように

人差し指で クルクル って  



その時 もう 夢 叶えていたんだ・・



僕の心を

君に恋する 

トンボに 変えてしまっていたから・・









抱っこ



きつく 抱きしめたら

「もう・・帰りたくない・・」 と

きっと 言うから・・ 



でもね・・ ほんとはね・・



きっと・・ きみを 抱きしめたまま

離したく なくなるから・・・

抱っこ しないんだ・・







きみが住む町



朝焼けが綺麗で 空気がうまくて

でこぼこの道路 舌をかみそうな方言

笑顔があふれてる ネコがひなたぼっこ

何も無い町 



でも ひとつだけ特別



そう きみがいる

きみが 住む町











いつもいつも わがまま言って

君を困らせて



そんなあなたが 大好きだよと 言わせて

胸 何度も叩かせて 泣かせて



その手を捕まえて

そっとキスして 静かさせて

君を二度と離さないと 決めて




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村





追記
過去詩、リメイク 七行に。
全編も、ぜひ、探して読んでくださいね。雫。。
 

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね

関連記事
別窓 | 短恋詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3