悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「黒猫『姫』 短か過ぎた命 救われた心」 
2012-10-30 Tue 20:35
3595287.jpg






「黒猫『姫』 短か過ぎた命 救われた心」 




瑠璃色の夏を迎えるたびに思い出す・・




いじめられて・・そうとしか考えられない・・
瞳がゆがんでしまっていた・・
もう目をあわすのがかわいそうで 怖くて
思わず目をそむけてしまった
それでも・・そのまま できなくて
拾って 病院に 行ったよ



病院の先生も 虐待だと・・人間が・・



名前つけたよ
おんなのこ
なまえ 素敵にって 考えたよ
黒猫
「姫」



涙 流れるよ

「姫」


膝の上 ひょこひょこ 歩いて まあるくなって 
やっと・・自分の居場所見つけたの?
人を信じることできないはず・・なのに・・



だから・・
「姫」が信じてくれた そのことが嬉しくて 
そして いつか 傷ついていた自分も 姫の優しさ いっぱい受けて 
慰められて いたのかもしれないね・・



生まれたところも 誰も何も知らない
そして生きてきて 誰かにいじめられ
目が飛び出すぐらいの虐待をうけて・・
残酷だね・・卑怯者だね・・人間って・・



でも・・
涙流すしか 体さすってあげるしか
何も出来なくて 


やっと
少し元気に ほっとして 



医者の宣告・・短い命・・


あんなの 
誤診だったんだ
間違いだったんだ
嘘だったんだよ


って・・
そんな風に思って・・喜んで また 涙流して・・



「姫」 
いっぱい 痛んだ体 痛んだ心 癒しながら 生きていた



でも
ある日・・最後迎えた




一声 
苦しそうな 悲鳴にも似た声上げて ぐったりと 最後迎えた
何をしてあげられたの 何を 
いじめた人 いじめられた時 思い出して鳴いたの?
もう 苦しむこと ないから ね・・



思い出すの 膝の上で 最後 一声苦しそうに 鳴いて?泣いて?
最後を迎えた きみに 何をしてあげられたのだろう?って



「姫」
生きてきた証し 今も私の胸の中に・・
いきているよ・・


そして・・


最後の 悲鳴にもにた 一言



「ありがとう」



って・・



聞こえたよ・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この詩はある人からメールもらって。
そのなかに猫の思い出書いてありました。
手元に来てから、わずか3ヶ月の命だったそうです。
黒猫「姫」
姫のために・・
そして・・目がゆがむほどに虐待された姫を慈しんだ
その人に捧げます・・

追記
優しく『姫』を世話した方は
最後の最後まで悩んでいた・・
何もしてあげられなかったと・・

だから、そうじゃないんですよ・・

最後の悲鳴にも似た声を言ってそのまま息絶えた・・と

それは きっと
あなたに『ありがとう』と 最後の力を振り絞って
かけた あなたへの感謝の言葉なんですよ・・と
伝えたかった・・

何故?優しい人が、世話をして傷つくのだろう?
いじめ、傷つけた奴は何とも思わずに生きている・・?!
そう思うと悔しくて仕方が無い。

人間への不信を慈しみの心で助け、共に生きてくれた人
黒猫『姫』は・・
きっとこの人の元で短いけれど暮らし死んで行く運命?
だったのか・・
哀しい事実がここにあります。
だからこそみなさんにお願いしたい・・
どうか・・『慈悲の心を持つ人』にとなって欲しいと・・ 雫。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「じっちゃんに 会いたいな・・ 」
2012-10-23 Tue 00:37
8479287.jpg




「じっちゃんに 会いたいな・・ 」



じっちゃんの手を振りほどいて 

登った階段

自分で 登るの と 

言い出したら 聞かないのは 

今も同じ




おかあさんが 話してくれた

心配そうに お前を見上げ 

両手をぎゅっと握り締めていた

がんばれ って 一言 

小さな声で 応援してくれたのよ と




その時 握り締めていた ぬいぐるみ

じっちゃんが 買ってくれた 

宝物のように 寝る時も 一緒だった

ねぇ じっちゃん 今 私の隣には 彼が居るの

ぬいぐるみを 握り締めていた手を 

離さないからと 言ってくれるよ




淋しい時 いつも じっちゃんが 心の中に居たの

怒った顔 見たことなくて 

いつも 良い子だと 誉めてくれたね

言うことを 聞かない 

そんな わがままな 困った子だったのに・・




ねぇ じっちゃん 

これからも 見守ってくれるよね

泣きたい時 淋しい時 あの階段を 登るよ

じっちゃんが 見守ってくれて いるようで 

淋しいことなんか 忘れてしまうから




一生懸命に 生きていくよ

じっちゃんが 誉めてくれるようにね

じっちゃん 会いたいな

あの優しい笑顔の 

じっちゃんに 会いたいな・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記 10/23 00:30
やっと今日、火曜日に更新、間に合いました。
週1回しか、投稿できないのに・・
いつも応援、そしてコメントありがとうございます。
私の、恋愛詩専門ブログ「雫のナミダ」も、よろしくお願いします。 雫。。

追記 12/10/26
パソコンの調子がものすごく悪いです。
復元でなんとか、元の調子に戻ったようですが・・?
もし、訪問、お返事が遅い時は、パソコンが原因だと思ってください。
ご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうぞ、よろしくお願いしたします。
雫のナミダ更新しました。

追記2017/01/1
タイトル「会いたいな」から
「じっちゃんに 会いたいな・・ 」に変更しましたl。

この作品で使用している写真は
画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「傍に居て 近くに居て 隣に居て」
2012-10-18 Thu 17:40
1109935.jpg




「傍に居て 近くに居て 隣に居て」





傍に居て 近くに居て 隣に居て

なのに 気づかなかった

少しだけ 離れて ものすごく 淋しくなって

やっと 気づいたの

あなたが 掛け替えの無い人に なっていることを





愛なんて 恋なんて 知らなくて

ただ 抱きしめて欲しかったの

ひとりで ひとりぽっちで 生きてきて

あなたに 巡り合えたの

信じて いいのかな そう思えたの




ずっと 傍に居ても いいかな

何でも 話せるの あなたなら

ずっと 恐がりで 誰にも何も話せなかった

わたしにも できること あるのだと知った

わたしも あなたを 守れること





あなたが 淋しい時 一緒に泣くわ

ぬくもりを 欲しかったら わたしを抱いて

助けたいの わたしが そうして欲しいように

これからは ずっと いつまでも どこまでも

傍に居て 近くに居て 隣に居て




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記 10/18 17:40
やっと恋愛詩が書けました。
ものすごく、嬉しいです。
やはり、ブログを別々にして良かった。
「雫にサヨナラ」では、どちらかと言えば哀しい詩
その続きに恋愛詩を・・そんな気持ちになれなかったから。

今日は休みで、明日から
また3日連続で仕事、早朝から深夜まで。
今日は、時間が出来たので、今見たかった、
朝ドラ「純と愛」を、11~16話まで連続で見れました。
(純、真直ぐで、正直で、とても可愛い女の子ですね。)
その連続ドラマを見ながら、書いたのが、この詩です。
曲は今朝まで、いつか使いたい曲で見つけていたひとつでした。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「マララ・ユサフザイ(Malala Yousafzai)」に捧げる詩
2012-10-16 Tue 00:00
Malala-Yousufzai.jpg



「マララ・ユサフザイ(Malala Yousafzai)」に捧げる詩





可憐な少女よ 

きみの勇気に対する仕打ちは 

銃弾だった




パキスタンに生まれ 育った

草原と岩石と青空が果てしなく広がる

道に咲く花は 国の花 ジャスミン




白いターバンを巻く

無垢の命の輝きを放つ

普通の可憐な少女のひとりだった





11歳の 時だった

タリバーンに 町は支配された

学校は焼かれた 女に教育など無用だと 




女には何の権利も無い

ただ生まれ 生き 子供を生み 育て 

老いて死ぬだけだと




イスラム教とシャリアは 

たった ひとつの教えであり掟だと

銃と恐怖が 少女たちを支配したはずだった




銃を突きつけられ 

赤い炎が学校を燃やし尽くした 

しかし絶望は きみの心を支配できなかった





幼いからこそ

純真で真直ぐな心には

自分は家畜ではない 命と心を持つ一人の女性だと




11歳 

自分の心の ありのままの不可思議を ブログに書いた

無名戦士が 誕生した瞬間だった




あれから3年・・

まだ14歳 あどけない笑顔の少女

わずか14歳 勉学に運動に恋に夢中な年頃





しかし きみは 戦士だった

勇気あるきみは Facebookに正体を現した

ひとりの少女は パキスタンの女性と 子供たちの希望の星となった





イスラム教とシャリアの教えに敵対していると

きみは 命を 狙われ続けた

そして 卑劣な銃弾が貫いた





目覚めたきみに

伝えたいことがある

伝えなければ いけないことがある





きみの 身体を銃弾が 貫いたけれど

きみの 正義に燃えた心を 貫くことなど出来ない

勇気は 暴力に 負けないのだと





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
彼女は10/09日に襲撃されました。
タリバーンによって、下校途中のバスの中で。
頭部と肩に銃弾が、摘出手術が成功(まだ残っているという報道もある)
しかし、予断を許さない状態だと。
許せないのは、タリバーンは彼女が生きていれば、再び襲撃すると発表している。
マララ・ユスフザイさんの公式ファンサイト(無許可で掲載をお詫びします)

追記2
最近は、このような事件ばかりが、何度も続きます。
時間が無いので、ここでも週1回の更新がやっとです。
恋愛詩も書きたい気持ちはあるのですが、事件事故ばかりで。
だから、「雫のナミダ」を復活させました(昨日)

同じ気持ちで、恋愛詩をここに載せる気持ちになれないからも、あります。
だから、「雫のナミダ」は、昔と同じように、恋愛詩専門ブログにします。

かと言って、新作を書く時間があまり無いのは、同じですから・・
少しずつ、旧作を再掲載する予定です、恋愛詩が好きな方はぜひ寄ってください。
新作も出来たら、乗せたいと思っています。どうかよろしくお願いします。雫。。

追記10/18 
「雫のナミダ」表示が遅いので、普通のリンク表示に変更しました。
「雫にサヨナラ」も、同様にリンクを普通の表示に変更します。
画面表示が少し、速くなって見やすくなったと思います。雫。。

追記10/18 17:40
やっと、恋愛詩が書けました。
雫のナミダ」に投稿しました。
時間があったら、ぜひ見に行ってくださいね。

追記10/22 21:00
New York Times documentary based on Malala Yousafzai, a teen age activist ...
(Malala Yousafzai、十代の活動家に基づいたニューヨークタイムズ・ドキュメンタリー...)
Malala Yousafzaiさんの動画 彼女の日常、学校、お父さんとの会話等・・
★一部、06:28~06:34に、残酷なシーンがあります、視聴の場合はご注意を★
写真は、画像サイトから検索して、掲載しています。





追記 10/22 21:30
Malala Yousafzaiさんの、近況。
10/20の報道では 
イギリスの病院で、筆談できるまでに回復しているようです。
頭部に銃弾を受けながらも、奇跡的な生命力です。
当然、医療機関の最大限の努力もそうなのですが・・
これは、彼女自身が生きたいと願う気持ちが、
そうさせているのだとも思えるのです。
ただ、完全に危険な状態を逃れたのではなく、
まだ気管に切開チューブが。
だから、まだ声が出せない状態。

それでも、積極的に筆談をして
「応援してくれている、世界の人々に感謝の気持ちを伝えたい」と。
どうか、完全な回復を、心より祈っています。雫。。




2014/10/10 19:25
マララ・ユサフザイ(Malala Yousafzai さん 
元気になって本当におめでとうございます
あなたの勇気、そして生命力に驚くばかりです

そして、今日あなたがノーベル平和賞を受賞されたことを知りました
本当に嬉しく思います
これからも光があなたに注ぎ続けることを願っています

ブログを突然やめてしまった私なのですが
受賞を知ってまたいつものように私の我がままと抑えきれない感情で
突然ブログに言葉を書きたくなり書いてしまいました




近況報告です
昨年、思わぬ病気で入院し奇跡的に回復して現在を迎えています
その時には今の自分を全く想像できませんでした、運が良かったのだと思います
そういえばいつも誰かに守られているような気がします、今回もまた

信じられないような悲しい事件が続いています
人は命を慈しむからこそ人として生きていけるのだと思っています
どうかもう悲しい事件が起らないよう祈っています

大きな災害も続いています愛おしい命も失われています
人々の希望や未来をこんなにも簡単に奪うことが出来るのかと
悔しくてたまりません




コメント欄やはり閉じたままにしておきます
書き込みがあったら絶対にお返事を書いてしまう性格なので
また数日でひっそりとブログ内に詩も閉じます 

突然の一時復活でご迷惑をおかけしました
皆様にはますますのご健康とご健勝を願っています
また時間があるときにはこっそりと遊びに行きますね

いつか時間が出来て何もかもがうまくいくようになったら
その時は
どうぞよろしく 雫。。


2014/10/15 21:20
ブログを訪問していただき、
応援もしていただき、感謝します。
詩をひとつだけ、
開いていることを発見してもらっただけでも嬉しいのに・・
自分でも忘れていたランキングへのポチをしていただいて、
ありがとうございます。

1年以上もブランクがありながら、訪問してくださった方々、
皆様にお礼の言葉もありません。
また明日、勝手ながら、詩をブログに仕舞いますが、
もしいつかまたお会いするときがあれば・・
そのときは、どうかよろしくお願いいたします。
皆様に幸せが訪れますように祈っています。雫。。

追記2017/01/10
この詩を京ブログに戻せることを嬉しく思います。
本当に奇跡の物語のようです。
頭部に銃弾を受けたのに、
命さえも救われ、言葉も耳も手足も自由奪われなかった。
後遺症が無いとは、信じられない・・本当に、嬉しく、喜んでいます。
私も、ある意味、生き返った者として使命を胸に生きたいと思います。。雫。。
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「花を摘む少女」
2012-10-09 Tue 12:26
49631.jpg 



花を摘む少女




花を摘む少女

その 真剣な表情が気になり 見つめると



「おかあさんに あげるの」


そう言った


「鉢のお花は いけないんだって・・」 




「看護士さんに 言われたの

病室に根を張って 家に帰れなくなるから」 と


そして・・


「でも・・

それだけ 長く病院に 居るってことは

死なないって ことでしょ?」



がまんしながらも 幼い瞳に 光る涙の粒





大切に摘んだ花を 道端に置いた




誰かに手折られて 萎びた花を 拾い集め

天まで届けと 空に向って

舞い上げた




「生き返らせて」と・・




そう言うと

摘んだ花を 大切に 両手に抱え

「バイバイ」って 

駆けていった






初めて 出会って 初めての 会話





今も 

あの道を歩く時 きみの 姿を捜すんだ

今も 

これからも ずっと

おかあさんのために 花を摘んでいる きみを・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
3連休は仕事でダウン
風邪気味ですが、なんとか火曜に更新できて、ホッと。
寒くなってきました
皆さんもご自愛ください。雫。。

追記
そっと、告知 2012/10/15 19:00
同文を「雫のナミダ」にも書いています。

今回、恋愛詩を専門に書いていた、「雫のナミダ」を復活することにしました。
最近は特に、嫌な事件が多くて、そちらの方に気持ちが。
だから、どうしても恋愛の詩を書きたいと思っても、遠慮が。
と、言っても時間が無いのは自分で分かっている、なら、こうした方がいいと。
ブログを二つに。

再掲載の詩が多くなりますが、週に1編ぐらいは、新しいものも書けるかな?
皆様にはご迷惑をおかけするかとは思いますが、時間があるときは、ぜひお寄りください。
コメントのお返事が格段遅くなりますが、これからもどうぞよろしくお願いしたします。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:28 | トラックバック:0 | top↑
短恋詩 君に贈る恋文七行詩(5編)
2012-10-02 Tue 00:00
6348875.jpg 




きみの手



なにも 求めない

なにも 欲しがらない

そんな 控えめな 心



胸が 痛くなるような いじらしさ



怖がりな 心に 光を・・

ぼくが できること してあげたい

きみの手を 離さないと誓うよ








魔法使いになりたかった君



「ね 魔法かけられるかな?」

僕を見つめて トンボの目を回すように

人差し指で クルクル って  



その時 もう 夢 叶えていたんだ・・



僕の心を

君に恋する 

トンボに 変えてしまっていたから・・









抱っこ



きつく 抱きしめたら

「もう・・帰りたくない・・」 と

きっと 言うから・・ 



でもね・・ ほんとはね・・



きっと・・ きみを 抱きしめたまま

離したく なくなるから・・・

抱っこ しないんだ・・







きみが住む町



朝焼けが綺麗で 空気がうまくて

でこぼこの道路 舌をかみそうな方言

笑顔があふれてる ネコがひなたぼっこ

何も無い町 



でも ひとつだけ特別



そう きみがいる

きみが 住む町











いつもいつも わがまま言って

君を困らせて



そんなあなたが 大好きだよと 言わせて

胸 何度も叩かせて 泣かせて



その手を捕まえて

そっとキスして 静かさせて

君を二度と離さないと 決めて




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村





追記
過去詩、リメイク 七行に。
全編も、ぜひ、探して読んでくださいね。雫。。
 

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね

関連記事
別窓 | 短恋詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3