悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
想い出「正しい嘘」
2012-09-18 Tue 23:59
8079105.jpg


「正しい嘘」


『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)
子供のころ、紙芝居で見ました。
この物語が強烈な印象を与えてくれました。

この物語を私達に選び、話してくれたのは
小4年生、担任S先生。
とても素敵な優しい女性教師でした。



ジャン・ヴァルジャンの物語
貧困に耐え切れず、
たった1本のパンを盗んだ罪で19年も服役していた。


ジャン・ヴァルジャンは、人が信じられなかった。
貧しさに飢え、風雨にさらされ汚れきった服を纏い、
貧しさゆえ、文字も知識も教育も、何一つ受けることの出来なかった。


そんな彼に向けられる蔑まれる視線。
ただ、貧しいだけで、何一つ悪いことなどしてはいないのに・・。
それなのに、たった一本のパンを盗んだと、19年の刑をうけた・・。
そして服役して出てきた、その日・・
身よりも金もない彼は・・司教館を訪ねた。


そんな彼を、司教は暖かく迎えた。
なのにその夜、彼は司教が大切にしていた、銀の皿を盗んだ。
そして逃げた。


彼は憲兵に捕まり司教の下へ。
司教は怒り、失望の言葉を吐くのかと思ったら、そうではなかった。


「この食器は、彼にあげたものなのです」と、


盗んだというのは、間違いだと、彼を釈放させた。


何故、初めて会った、こんな私を・・
ジャン・ヴァルジャンは、自分のしたことを
本心から、悪かったのだと悟った。


人を信じることが、初めて出来たのかもしれない。
そんな彼に、
さらに、二本の銀の燭台をも彼に差し出した・・。
どうぞ、お持ちなさい、と。
ジャン・ヴァルジャンが、初めてひとりの人として
暖かく見守る人が居ることを、知った。




この、紙芝居を見て、本当に衝撃を受けた。
口先だけの、実体のない言葉で
「悪いことをしてはいけません」
「人のものを盗んではいけません」
何万回言われても、ここまで心に届かなかっただろうと。



子供心にも、司教のその優しさ、
広い心、感動し、太陽の心を知った。

そして、嘘はいけないけれど、
人を守る為の嘘は許されるのだと、分かった。

だから、そのことを、自分の子供にも、教えました。

嘘はいけない、しかし人を守り、許す嘘はついてもいいのだと。
そんな嘘ならどんどん嘘をつきなさい、
99人が嘘つきだとさげすんでも、
たった1人の人を助けることの出来る嘘なら、
それは正しい嘘なのだと。




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
人の命を、
自分の命、家族の命、大切な人の命と、同じ気持ちで見守れないのかと・・
特に、最近の事件は悔しい気持ちでいっぱいになります。

私は、自分がされて嫌な事は、人にはしない。
自分がされて嬉しいことは、人にもしてあげたい。
それを、信条のひとつにしています。
そんな当たり前のこと、当然なことが為されていない。

道徳教育、家庭の躾、優しさの本質等を誰も教えない。
いや、教えられないのでしょうね、
知らないことは、教えることは出来ないのだから

私が幸運にも、小学校4年で担任になった
S先生のような先生が
みなさんの傍に居ることを願っています・・雫。。

追記
そして、この記憶を鮮やかに甦らせてくれた、
引き出してくれるコメントを書いていただいた
不思議な不正義」管理者 : 荒野鷹虎 様に、
遅ればせながら、深く御礼申し上げます。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
★ 想い出「正しい嘘」の続きを読む
関連記事
別窓 | 想い出 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3