悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
優心詩「峠」
2011-05-21 Sat 19:58
Photo by (c)Tomo.Yun
yun_653_convert_20110521185831.jpg



「峠」


山道を歩く ひとり ゆっくりと
木々の緑 注ぐ光 木洩れ日が優しい
細い路 登り道 もう少しで 峠
目の前に 子供とお年寄り 手を繋いで



もうすぐだよ と 声をかける子供
あぁ すまないね と 手を引かれる姿
微笑ましく 追い越さずに 見守りたくなる
数年前 今とは逆のふたり この道を登った姿 見える



よちよち歩き おじいちゃんが見守り 手を引く姿 見える
一緒に歩む ひとりは早く ひとりは遅く 追いつき追い越した
繋がれた手 結ばれた心 掛け替えの無い 大切な家族
助け励まし合う姿 昔から今へと これからもずっと 続く



じっちゃん 見えたよ 峠 ほら すぐそこだよ と
ありがとうね なんども 繰り返し お年寄りは答えた
茶店 仲良く並んで座る その姿 微笑ましく嬉しい
日の光 ふたりに注ぐ 風はそよぎ ふたりを労わる



小さく見える町や村 生きてきた過去 懐かしむように見ている
ふたりの絆 これからも この先も 切れることなく 続く
老いるという事は 成長を見守った証(あかし) 手のしわが優しい
急ぐ旅でもない 同じ道 同じように 降りよう そっと後ろから



自分を見つめる 振り返る それを気づかせるのが 峠なのかも
さぁ行こう ふたりの会話聞こえた 同じように手を繋ぎ 歩みだす
でこぼこの道 今までも これからも いつまでも 仲良く歩いてと願う
ありがとう と そっとふたりに 峠には 優しい風が いつまでも吹いていた





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「Memories」
2011-05-19 Thu 17:21
8040265.jpg


「Memories」



きみも ひとりぽっちかい?
悲しい目で 伝えているんだね
全て分ってあげられなくて ごめんね
ひとりとひとり ふたりきり これからは
もう 淋しくないよね




もしも 願いが叶うのなら
思っていること きっと一緒だね
あの日に 戻ること 何も無かったように
家族みんなで 普通に暮らすこと
夢なら 覚めて欲しいね




記憶は 温かくて そして 冷たくて
希望や未来が 霞んで見えない時
涙は 悲しみを 拭ってくれるんだ
生きていること 生き続けること もう一度
心に 刻むように




諦めないで きっと 奇跡があるはずだから
負けない気持ち 持ち続けるのなら
友だち 仲間 みんなも同じ悲しみを
消えることの無い Memories 大切に
未来を 生きていこうね




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記2017/01/14
PVを変更しました、曲は同じでロングバージョンに。

追記05/20 00:22
家族を亡くして、ひとりぼっちになった人も居ます・・。
今度の震災は、あまりに酷い仕打を、生き残った人にも。
今も尚、生きているのだと希望を捨てずに、家族を探している人々が居る。
その人たちに、一言伝えたくて、この詩を書きました。

そして、家族を失ったのは、
何も人だけではないことも知って欲しい。
犬たちも、猫たちも、そして家畜といわれる牛や馬や人と暮らす小動物たちも。
同じように悲しさを背に、生きているし、これから生き続けなければいけない。

ある新聞に、2.500頭の牛を助ける事は、不可能だと書いてあった。

とても不思議だった。
人なら、一人でも助けようとする、人ならば。
では、家畜という名の牛は、2.500頭も、
そのまま福島の地に置き去りにしてもいいのだと、そういうことになる。

その新聞記者は血が通っている人なのかと?
牛を飼っている人にとっては、人と同じ家族なのにと、私はそう思いました。

どうか、奇跡が叶うことを願っています。
そして、再び巡りあえる事を、心から願っています。
それでも、もしも、希望が叶わなくても・・
遠い空の上から見守ってくれている、その人々のためにも。
尊い命を守り、同じ悲しみを背負った仲間と一緒に、
励ましあいながら、生きていって欲しいと願っています。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3