悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
片想詩「嘘つきピエロ」
2011-04-22 Fri 23:30
8548473.jpg



「嘘つきピエロ」



きみと 出逢えた 初めてのとき 気づかなかった
二度目のとき 悪戯っぽく 黒ぶちメガネをはずした 

ぼくを 驚かせた 記憶の人とそっくりだったから
時空を越え 過ぎ去った時間が 元に戻ったのだと

話せば話すほど 楽しくなる 心が弾む 
そんな不思議な魅力 きみは愛されて当然な人

短い会話 きみは いつも 新鮮で可愛くて驚かされる
このまま 知らん振りしていよう 逢えるだけで幸せ 




ハスキーな声 どうしたの? って 聞いたら 昼寝してたと 
嘘をつけないきみ 正直過ぎて 思わず微笑んでしまう

真っ直ぐに 疑うことを知らない 子供のような黒い瞳
何気ないこと 分かってくれたり 見つけてくれたり

今 きみの 心を奪っているのは どんな人なのだろう
きみが見つめる人に 生まれて初めて 悔しいと感じた

出逢うのが 今という事実 悲しい現実 でも 事実
それでも こんなにも 逢うたびに 心を揺さぶられる




頑張り過ぎ 聞いて心配 でも 真っ直ぐなきみは素敵
どうして? 聞きたいけれど いつも時間がないんだ

きみと過ごす時間を ふたりきりの 時間が持てれば
何から聞こう? きみのこと 何も知らない 何も聞けないかも

でも やっぱ 夢として終わらせよう だって
自分が怖い きみに溺れる 自分が見えているから

サヨナラ 僕はなるんだ 嘘つきピエロ  これからずっと
きみに逢っても ニコッと笑って 愛は 心に仕舞い込んで




不思議 きみが 今 愛している人が 見えてしまうんだ
過去 幾度もの恋を重ね 微笑んだり 涙流した きみも

出逢うときが遅すぎたのか 生まれたときが早すぎたのか
奇跡なんて信じない 弱気の虫が 逢うたびに無口にさせる

不可能な愛を 夢見て たった一杯のグラスを壊すよりも
マネキン人形のように きみに逢える それだけの幸せに

サヨナラ 僕はなるんだ 嘘つきピエロ  これからずっと
きみに逢っても ニコッと笑って 愛は 心に仕舞い込んで




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
関連記事
別窓 | 片想詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3