悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
片想詩「嘘つきピエロ」
2011-04-22 Fri 23:30
8548473.jpg



「嘘つきピエロ」



きみと 出逢えた 初めてのとき 気づかなかった
二度目のとき 悪戯っぽく 黒ぶちメガネをはずした 

ぼくを 驚かせた 記憶の人とそっくりだったから
時空を越え 過ぎ去った時間が 元に戻ったのだと

話せば話すほど 楽しくなる 心が弾む 
そんな不思議な魅力 きみは愛されて当然な人

短い会話 きみは いつも 新鮮で可愛くて驚かされる
このまま 知らん振りしていよう 逢えるだけで幸せ 




ハスキーな声 どうしたの? って 聞いたら 昼寝してたと 
嘘をつけないきみ 正直過ぎて 思わず微笑んでしまう

真っ直ぐに 疑うことを知らない 子供のような黒い瞳
何気ないこと 分かってくれたり 見つけてくれたり

今 きみの 心を奪っているのは どんな人なのだろう
きみが見つめる人に 生まれて初めて 悔しいと感じた

出逢うのが 今という事実 悲しい現実 でも 事実
それでも こんなにも 逢うたびに 心を揺さぶられる




頑張り過ぎ 聞いて心配 でも 真っ直ぐなきみは素敵
どうして? 聞きたいけれど いつも時間がないんだ

きみと過ごす時間を ふたりきりの 時間が持てれば
何から聞こう? きみのこと 何も知らない 何も聞けないかも

でも やっぱ 夢として終わらせよう だって
自分が怖い きみに溺れる 自分が見えているから

サヨナラ 僕はなるんだ 嘘つきピエロ  これからずっと
きみに逢っても ニコッと笑って 愛は 心に仕舞い込んで




不思議 きみが 今 愛している人が 見えてしまうんだ
過去 幾度もの恋を重ね 微笑んだり 涙流した きみも

出逢うときが遅すぎたのか 生まれたときが早すぎたのか
奇跡なんて信じない 弱気の虫が 逢うたびに無口にさせる

不可能な愛を 夢見て たった一杯のグラスを壊すよりも
マネキン人形のように きみに逢える それだけの幸せに

サヨナラ 僕はなるんだ 嘘つきピエロ  これからずっと
きみに逢っても ニコッと笑って 愛は 心に仕舞い込んで




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
関連記事
別窓 | 片想詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「きみの 傍に」
2011-04-19 Tue 15:02
3842889.jpg 


「きみの 傍に」



温かな 日の光は
きみに 注いでいるよ

壊れそうな 悲しみの心にも
雲の隙間から 飛び込んでくる

きみを 守りたいと願いながら

暗い夜空には 星の光が
足元を 照らしてくれるよ

躓いて 倒れないように
手を差し伸べたくて 手を繋ぎたくて


見えない光 きみには分るはず
見詰める瞳 傍に居るよと

隣に座って 肩を抱いて
いつも此処に 心配しないで





朝が来たら 背伸びしてごらん
ほら 空に近づいたよ

掌に 光が当たり
涙を 乾かしてくれる

青い芝生は きみのベッドに
一輪の花 風に揺れる

流れる雲が 空を奔る
涙は 土が受け止めてくれるよ

きみの 悲しみが 分るから

子犬が 飛び回る
子猫が はしゃいでる
小鳥が 囀っている

小さな命 きみにも見えるでしょ

何も知らない 振りをしてるだけ
悲しくても 負けたくないから

言葉を話せない 草花たちを
見詰めると 風に揺れるように

だから きみは ひとりじゃないよ
悲しいのも きみだけじゃないよ

みんな みんな 
悲しい気持ちを 言えないだけ
悲しい心を 伝えられないだけ


悲しくなったら 想い出してごらん
愛された記憶は 消えないこと 
気づくだろう





昼の光も
星の光も
見えない光も 

いつも
きみの 傍に
 
子犬も
子猫も
小鳥も

いつも
きみの 傍に

風も
草花も
流れる雲も

いつも
きみの 傍に


きみを 守りたいと 願いながら
きみと 一緒に 生きて行きたいから





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「悲しみを乗り越えて」
2011-04-11 Mon 00:47
4973560.jpg 



「悲しみを乗り越えて」



悲しみを乗り越えるには
思い出さないようにすることでも 
我慢することでも 
忘れることでもないんだよ


大切な人は 
想い出として 
きみの心の中に 住んでいるんだ 
温かな きみの心に包まれて 
幸せに生きているんだよ


思い出すたびに
悲しくて堪らないけれど
きっと 
きみに 
ありがとう って 
言ってるよ


傍に居ることが出来なくなっても
きみが 
生きていることが 
嬉しくて
それを 伝えるために
星が きっと 煌いて 
光 注いでくれるんだ


だから 悲しいときは 
我慢しないで
夜空を見上げて  泣いたらいいんだよ


涙は 
今 
きみにとって 
一番の 
温かな友達なんだから


だから 悲しいときは 
我慢しないで
夜空を見上げて 
泣いたらいいんだよ


きみが 

悲しみを
乗り越えるために



いつの日にか
涙は きみに サヨナラ と言うよ
強くなったね
偉くんったね
負けずに よく頑張ったね と


空には いつも きみを見守る星があるから
ひとりでも 悲しくないと
きみが言えるようになったら


旅立ちだね 
涙にサヨナラしよう
悲しみを乗り越えた きみに 
ぼくはサヨナラと 言うよ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/03/10追記
いきものがかりり「YELL」発見。
当然、MVを投稿します。雫。。

いきものがかりYELL 歌詞

追記
被災地の方からコメントを頂いて、
そのお返事の一行に
 悲しみを乗り越えて と 書いて
その言葉に自分でもハッとして
だから詩で伝えたいと思いました。

一人の少女
家族で生き残ったのは
自分ひとりだと・・

その記事を読んで
呆然としました
他にも同じような人が居る・・

そのような人たちに
励ますのも慰めるのも
あまりにも文字は無力で・・
でも何とか書きたいと思いました

どうか希望を捨てないで
ひとりだとは思わない下さい
あなたを気遣う人はたくさんいます
私も もちろん その一人です・・。雫。。


追記2017/01/13
今日、詩を読み直して、言葉が足らないと。
最後の12行を追加しました。
そてPVを いきものがかり YELL に変更しました。

ただ、残念ながら、PVを埋め込みできませんでした。
このサイトには、私の好きな曲が一杯あって、でも直接埋め込みが出来なくて
本当に残念です、いつかここかも同じように、出来たら最高に嬉しいのにな、と。

YELL / いきものがかり

こちらのサイトに いきものがかり YELL の正規PVをやっと見つけました。
が、中国サイトと、韓国?では無いでしょうか の2つでした。

一つ目のPVが正規のものです、観て懐かしかったです。
残念ながら、このブログに載せることは出来ませんでした。
ただ、こちらに行って観る事は出来ますので、参考のために書いておきます。
★PVの再生ボタンを押したら、
二回ほど中国語のCMが出てきます、その後に再生が始まります。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 [フォトライブラリー]
さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、
ぜひ訪問しくださいね。
関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3