悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
短編「桜 舞う時」
2010-03-25 Thu 02:54
Photo by (c)Tomo.Yun
yun_720_convert_20100325013208.jpg







「桜 舞う時」




あの日 あの時 何故 桜を見たいと 思ったのだろうか・・?




季節は春・・・

永い冬が やっと過ぎ去って

小さな 芽が 背伸びをして 緑のじゅうたんになって

ぼくたちふたりを迎えるように 両手を広げてくれたね



去年 桜の樹の下で 初めて出逢って もう一年が過ぎようとしているね



初めて手を繫いで歩いた 五月の日 

慣れないそぶりがみんなの視線を感じて 恥ずかしいけれど 嬉しいような 

でも やっぱり新鮮で 心ときめいた

このままずっと 未来永劫 歩き続けることが 出来るのならと 小さな手を握り締めた




きみに いつか 話そうと思っている事 ひとつ

子供のころからの ちっぽけな夢

他の人に とっては 当たり前の事にしかならないのかもしれない

でも 私にとっては とても大切で 悲しいぐらいの 願いなんだ




幼いとき 家族とか家庭には 全くの無縁だった 私



だから 誰かが傍にいて 話すなんて そんな ことさえ 知らなかった

ひとりの部屋 静かに刻む時計の音だけが 友だち だった なんて 言えなくて

誰かが 帰ってくることも ただいまの言葉さえ 聞く事が出来なくて

部屋の明りが灯るような 暖かな部屋に戻る事も無く 当然 ただいま も 言えなくて

そして お帰り と その日の疲れを 一瞬で癒してくれる 魔法の言葉も 聞いた事 無くて




だから 小さくても いい 暖かな家庭を 誰かと創りたい それが 子供のころからの夢だった



おはよう 

おかえり 

ただいま 

いってらっしゃい 

いってきます 

おそいね 

はやいね



なんて そんな たわいも無い言葉を交わせる人と ひとつ屋根の下で 居ることが出来たら・・




そんな ちっぽけな 儚い夢を ただひたすらに願うような 私

でも そんな

壊れ 欠けた 心を 初めて 氷が溶けるように 包んでくれる人が 現れたんだ








あの日 あの時 何故 桜を見たいと 思ったのだろうか・・?






桜を 見たい ただ それだけのこと 
 
なのに 何か 気がせかされるように  桜並木の道へ いつもより 早足で向かった


着いた

桜は綺麗に 咲いていた

その姿は 可愛く そして 風に揺れながら 誰かを待つように 揺れていた・・




公園の真ん中にある 一番大きな桜の樹に 目が止まった

薄紅色の透き通るような花びらが 微笑むように咲いていた



桜 満開 

もうすぐ このあたりには 人がいっぱいになって
 
一人でいるには きっと 淋し過ぎて 逃げ出してしまうのかな・・と 



そう思うと 何故 こんなところへ 来てしまったんだろう・・と 後悔も

だから

ひとり 俯いて いつものように その場を去ろうと 思った時



きみが 現れた

★ 短編「桜 舞う時」の続きを読む
関連記事
別窓 | 短編 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「駄々っ子・・」
2010-03-13 Sat 02:03

9065442.jpg



「駄々っ子・・」



甘えんぼ 

怒りんぼ 

拗ねて 睨んで 噛みついて



いじらしさ 

一途さも 

上手く言えない 困りんぼ



ぼくひとりだけに見せる 

きみの素顔が 

放っておけなくて・・




抱きしめると 唇 尖らせる

怒っているの? そう聞くと

そう と 答える



じゃ 離すよ と言うと

もっと 怒るよ と 言う

困った 駄々っ子



抱きしめたら 腕を振りほどこうとする

腕の力 緩めたら しがみついてくる

ほんとうに 駄々っ子



でもね もっと 困らせても いいよ

素直にならなくても いいから

駄々っ子のままの きみが 好きだから



ぼくにだけ 

ほんとうの 心で 甘えていいから

そのままの きみで いいから



ぼくの 胸の中では 泣き虫に・・なりなよ

今までの 悲しいこと 

腕の中で 消してあげるから



何も 言わなくても いいよ

ぼくにだけは がまんしなくても いいよ

駄々っ子の ままで



ぼくにだけ 甘えなよ 

ぼくにだけ ぶつけなよ

ぼくにだけ きみの 心の すべてを



なにもかも 受け止めて あげるよ

哀しい心 伝わってくるんだ

だから 駄々っ子のままで 




きみのそばに 居てもいい? と 聞くと

知らない と 見詰めた

小さな肩 震わせて 泣いているくせに



強がりは 甘えたこと なかったからだね

ぼくには わかるんだ 淋しさが

だから 駄々っ子のままで そのままで・・




きみのような 

駄々っ子は 

ぼくじゃないと 駄目みたいだね


作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 千恋詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「消えた流れ星」
2010-03-10 Wed 01:40

3818814852_a1eb395271_o_convert_20100310010534.jpg



「消えた流れ星」




流れ星

ひとつ そっと 淋しそうに 流れた

ゆっくりと 静かに 消えた





流れ星

何も言えずに 誰にも知られず 見守られることも無く

星の輝きを 光らせることも無く 終えた





流れ星

喜びも知らず 微笑み注がれることも無く 抱きしめられることも無く

生れ落ちて 時は短すぎて 無残にも消された






流れ星よ

寒く凍える小部屋に押し込まれて ひとりぽっちで 笑い声をただ聞くばかり

真っ暗な闇に包まれて きみは何を願ったのだろう 救われることを信じて?





流れ星よ

ひもじい思い 辛かったね 夢で見たのは 温かな食事だったの?

寒い体丸まって 膝を抱えて寝ていたの? 下には布団が あるというのに





流れ星よ

どれだけの 哀しみを胸に抱えたまま ひとり寝たの?

悪いことなどしたことも無く 無垢の命が消された 身勝手な者のために





流れ星よ 

どうか 泣かないで欲しい 苦しまないで欲しい 

幸せの国が あるのなら きみが そこにたどり着いたと信じたいから





流れ星よ・・





作品を最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

この詩は わずか5歳で短い命を奪われた 「智樹ちゃん」に 捧げます。雫。。





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



写真
著作者 by:andyspictures
作品名「Perseid Meteor Aug 2009」(流れ星)
Perseid meteor passing just above Polaris (Brightest star at the bottom centre of the photo)

この作品で使用している写真は画像素材「 写真素材 [GATAG -FREE-]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

フリー写真をお借りしました。雫です。
もし、使用方法、表示標識に問題があれば指摘してください。すぐに対応いたします。
どうぞよろしくお願いしたします。

It borrowed a free photograph.
It is a dripping.
Please point it out if there is a problem in use and the display sign.
I will correspond at once. Please it is done that it asks suitably.

関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「仲直りⅡ」
2010-03-06 Sat 00:32

6a78861240.jpg


「仲直りⅡ」



僕の肩に 


あごを乗せて 


耳もとで 




「ごめん」



と一言






君らしいな 


恥ずかしくて 顔 見られないようにしたんだね






「仲直り する?」 





君は 僕の肩で 



こくん と 



うなずいた





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記03/06 00:23
仲直り って 本当に難しいですね。
ケンカの原因は些細なことなのかもしれないのに・・
お互いに意地を張って、謝りたくなくて 時間だけが過ぎていく

そんな時 こんな風に そっと背中から 
言えたら・・

過去詩2009-03-29仲直り」も ぜひ読んでもらえたら嬉しいです。

この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 千恋詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「ほんとはね」
2010-03-03 Wed 00:00

5065771.jpg


「ほんとはね」


強くないんだよ あたしは



あんたの 目の前じゃ カッコよく 振舞ってるだけ

ただ すがったり 甘えたり 出来ない 

不器用な女の子 それだけなんだよ



胸に飛び込んで 泣けたら 可愛いのにね

素直じゃなくて 強がって でもね 泣きたくなったら

空見て 笑って 心配させたくない そんな 子 なんだよ



泣き言言っても 何も変わらない 今日よりも 明日を信じたくて

空だって泣いて雨降らすから 一緒に 太陽を探したかったんだよ

ちっぽけだからいい 二人の部屋 狭いから くっついて いられたんじゃない




おまえは 強いな なんて どこ見てるの

ずっと 傍に居て 気づかない 鈍なんだから




悲しいことあっても 立ち止まるんじゃなくて 未来が欲しいから

でもね 心で泣いて 抱きしめてほしくて 立ち尽くしている 

真直ぐに あなただけを見つめている そんな子  なんだよ




それなのに 突然 信じられなかったよ




おまえは強いから 俺が 居なくても 大丈夫だよな 

泣いて 甘えて すがってくる 弱いあの子の 傍に 居るよ なんて・・




どんな顔しているのか 分かんなかった 立っているのが やっと 

笑顔 こんな時でも 作ろうとする 自分が 大嫌い 馬鹿だよね

もっと 弱い子だったら 幸せ 掴めたかな?



守ってあげて なんて 何を言っているんだろう 逆のこと言ってるんだろ

素直な気持ち 正直に伝えなくちゃ でもね でもね 笑顔作ってるんだ 無理して



ほんとはね 

ほんとはね



泣いて すがって 離さないでと 強く抱きしめて欲しいのに

じゃ 幸せにね って 言って 走って逃げてしまった



ほんとはね

ほんとはね



追いかけて欲しかったんだ 

引き止めて お前じゃないと だめだって 言って欲しかったんだ



星が見えない 

涙で見えない 

未来が見えない



ほんとはね

ほんとはね



内緒の夢 ひとつ 

ウエディング写真 撮りたかった それだけだったんだよ

あなたに 抱き上げられて 泣いている 泣き虫の あたし だったんだよ・・







作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



「ハルラブ」がJulietのなかでは一番好きで。
何度も聴きながら詩を書いていたら、ちょっと悲しすぎる感じに・・
曲と合わないかも?でも、やっぱりこの曲が好きなので、このままに・・

追記2010/03/02 22:01
「何にも 知らないくせにさ 鈍感なんだから あなたは」

こんな風に 素直に真直ぐに真実の心を上手く伝えられない
恋に不器用な女性に 捧げます。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 女心詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「春はやっぱり ひざまくら」
2010-03-01 Mon 00:30

Photo by (c)Tomo.Yun
yun_945_convert_20090404183015_20100301000452.jpg


「春はやっぱり ひざまくら」




季節は春・・・

似合うのは きみの ひざまくら



きみは 夏だと・・・言ったけど

夏は暑いよ 汗べっとり 

ね 感じでないよ ね やっぱ

ひざまくらは やっぱ 春 だよね



ね お願いあるんだ 

なに? と 聞く きみの耳もと 蝶が舞う

ほんわか ほわほわ 花びらみたい




ね ひざまくら したいんだ

え? と すこし 恥ずかしそうに ほほ 紅色に染まったよ

返事まだ? 

うん と 芝生に まっすぐ 脚のばし 空を見上げて しらんぷり




きみは 白の服がよく似合う 僕は いつもの上下 黒

オセロのような 人影が T の 字 になって ひざまくら

風が やきもち びゅんと 吹いて 僕の帽子を 持ってった

でも そのまま そのまま ひざまくら




重くない?

ううん と 返事 後は無い 

顔見上げたら うれしそう




じゃ 後3分 大丈夫?

うん 大丈夫だよ 10分でも


ほんと?

ほんとだよ


じゃ 寝るね

え?寝るの?


うん 寝るよ

うん いいよ




しばらくすると ぐーすーぴー

見るのは きみの 夢だった



夢の中でも ひざまくら





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3