悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
想い出「びわの生る家」
2010-01-04 Mon 23:59
9216174.jpg




「びわの生る家」



幼稚園に上がる前、和歌山に引っ越した。


そして小学校。
校区のはずれだったのか、とても遠かった。
大きな交差点には踏み切りがあった、てくてく歩いた。


途中にロシア人のおばちゃんが住んでいる家があった。
金髪で眼鏡をかけ、すこし太った、とても優しいおばちゃんだった。


大きな一本のびわの木があった。


びわの実が熟してくる頃、家の前で声をかけられ「びわ」を貰った、
とても優しい目をしていた。

優しかった・・
そして きっと 淋しかった・・

登下校の時間に いつも玄関に立ち 僕を 出迎えてくれた
格子戸はいつも開いていて 僕を迎え入れてくれた
びわの木も 僕が行くと 木の葉を揺らした・・

確か、ロシアのおばちゃんには子供が居なかった。
今考えれば、その質問がおばちゃんを傷つけていた。


子供のことを聞いたとき、とても淋しい目になった。


でも、僕には別の考えがあったのだ・・・


この人の子供になれたら・・・そう、思っていた自分が居た。
子供が家庭を自分で選べるようになったら、と・・・


不可能な夢や希望を胸にしまい込んだ。


今も時々「びわ」を食べると思い出す。

優しいロシアのおばちゃんの顔を・・
優しく澄んだ灰色の瞳を・・

そして、どうしても言えなかった言葉・・

「僕をおばちゃんの 子供に・・して・・」って




・・・・・・・・・・・・




小3 大阪に引っ越すことが決まった 

その日・・
真っ先に ロシアのおばちゃんの 家に行った

夏休みも もうすぐ 終わるころ・・

びわの木の葉が 風に揺れていた
格子戸は 閉まったまま・・

声 かけられなかった・・

どうしても 言えなかった あの灰色の大きな瞳から 流れる涙 見たく無かったから・・

小さな声で 言った

「ロシアのおばちゃん」って

その声は・・届くはずもなかった・・


もう ここに 来れないのかと思うと・・
涙が雫のように頬を伝って 流れた・・

歩いた 数歩・・
振り返った・・
ロシアのおばちゃんが 立っているような気がして・・


びわの木の葉が 風に揺れていた
僕に さよならと 言うように・・
手を振っているように 見えた・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



^追記
こんなこともあったなぁ・・と。
思い出しながら書きました。
自分の幼い時のことなのですが
ナィーブな少年だったように思います。

兄弟が多かったのに、仲の良かったのは上から三番目の兄が一番で・・
年が離れていたから、遊んでもらえなかったり
私の何故?に答えてもらえなかったりして

だから
大人になったら、私の子供や近所の子供たちが「何?何故?」と問いかけたら
絶対に答えてあげようと遊んであげようと・・
まだ小1ぐらいで考えていたような気がしますね。

だから?
野山に遊びに行っては、野の草や花に声をかけたり
緑のじゅうたんに寝そべって、雲に声をかけ風と話をした・・
そんなことを、今、思い出していました。

他の家庭の子供になりたい・・そんなことを考えていた
だからこそ、いい父親にだけはなろうと思っていた
そんなすこし変わった?幼児期の想い出です。。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
関連記事
別窓 | 想い出 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3