悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩「人よ・・」
2010-01-01 Fri 20:50
7791309.jpg



「人よ・・」



生きとし 生けるもの すべてが

いつかは 朽ち果てる

誰もがその生涯を 仰ぎみながら 振り返る



静かな 昼下がり

日差しを浴びた 木の葉が

私を見て にっこり 微笑んだ



ありがとう

最後の別れ 言いたかったからと

最後を看取ってもらいたかったのかもしれない



ひらりと舞い  水面に その姿を横たえた



さあ わたしが 運んであげるよ

清流が そう言っているように

この葉は ふわりと 水に浮かんだ



さようなら

木の葉が 揺れた

さようなら

そう 言っているように また 揺れた



さらさらと 清き水の流れに 身を任せ

太陽の光を いっぱいに 浴びて

静かに

姿を消した



何のために 生まれてきたのか

その意味さえも わからないまま

木の葉は 土に帰り また 新しい命を育む



生まれ 芽でて 青葉に そして 枯れ葉となって朽ちる

木の葉でさえ その使命を 知っているかのように

最後の最後まで 運命と戦っているのだ



生きられるまで 

生きなければ

木の葉にさえも 負けてしまうじゃないか


人よ・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3