悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
千恋詩「許されない恋だから 雨の日の君はとても悲しくて」
2010-01-15 Fri 00:14

6349229.jpg



「許されない恋だから 雨の日の君はとても悲しくて」



君が来る日楽しくて
待ちどおしくて
雨降らないかと心配したり
そんな時に限って大雨で
濡れて風邪引かないかとそんな思いで
迎えに行ったことあった



斜めの道
君が来る道
私鉄の高架下で雨を避けて本を読む振りして
君の姿だけを捜した



携帯の時計が
君が家に来る約束の時間を指した


遅い・・
雨だから?


そうだよな・・って
不安を打ち消しながらも
好きな分だけ大きくなっている不安に
君の大切さ分かった



小さな点見つけた



きっと君・・



雨傘深くさして誰とは分からないはずなのに
何故か
君だと分かった


つんと澄まして背伸びするように歩く癖
首すこし左にかしげて歩く癖
僕だけが知っている?
君には教えないよ



教えたら
きっと
また 

「もう!」

と言って怒ってしまうから
怒りん坊の照れ屋さんだからね




何時?
気がついてくれるか
いたずら心
声かけなかった


車道
車を気にして右を見ていた
車道
渡って来る


・・・


気づかない君


何も言わずに見詰めていたら
視線を感じたの?
傘をあげた
ここに居るはずの無い僕を見つけて

驚いて

立ち止まって

そして
微笑んだ



何も言わない君
何も言えない僕


そんな視線が恥ずかしくて


何も言わず並んで歩いた
それだけでよかった
でも
雨なのに自転車で迎えに来たこと後悔した


ひとつの傘で
肩寄せ合って
指からませて
二人で歩く
雨の日の特権なのに・・


ほんと先を読めない馬鹿だなって
自分がいやになった





・・・・・





その日
時間が過ぎて
また君を帰さないといけない時間に・・


突然

家のこと言わない君が珍しく言った




「ねぇ?」

「何?」



「ねぇ・・ 言われちゃった・・」


「??」


「大雨だから行くな」と

でも来たよねと目で応えたら・・

「これだけ言っても行くんだったら・・もう帰ってくるな!」
そう・・言われたと・・



「ねぇ?・・・」


(「もう 帰さないと 言って」)


そう言って振り向いた
笑顔で言った


やせ我慢いじらしさ重なり合った

目には涙ためているくせに・・




「・・・・」



何も言わなかったんじゃないんだ

何も言えなかったんだ





馬鹿だな僕よりも馬鹿だよ 君は・・

僕もありがとうと一言・・言えばいいのに・・







胸が詰まって

何も言えなかった・・







「ごめんね」







帰りたくない 君を 帰してしまう僕を・・


「帰したくない」と 言えない 僕を・・





・・・・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 千恋詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「天然のままの君が大好き」
2010-01-07 Thu 00:34

Photo by (c)Tomo.Yun
yun_6147.jpg




「天然のままの君が大好き」





ねぇ  一緒に お化け屋敷 入ろうか って 言ってるのに

やだ って 言って 入る前から しがみついて みんな 見てるよ



ねぇ 観覧車 ふたりで 最上階に 着いたら 二人きりだね って 言ったら

もう 何考えているの って 唇とがらせて 予行演習  でも 22分後には僕のもの



ねぇ ゲームしよう って 言うから 一緒に もぐらたたき してるのに

もう だめ 可哀想だと言って 僕の邪魔をする でも そこが好きなんだな







ねぇ 手をつないで歩いてるのに 他の子なんか見てないのにさ

ふん って 言って 手を離して 拗ねて怒る ほら って 手を握ったら すぐに微笑んだね



ねぇ 一緒に お弁当 君がこさえた お握りが 形が崩れてて 泣き出した

もういや って 俯いた 大丈夫だよ って 食べたら ほっぺに ご飯粒 一緒に笑ったら 機嫌直ったね



ねぇ これからも いつも いつまでも 傍に居てくれますか って お願いしたら

いや 私の傍を離れたら 泣いちゃうから って 聞き間違え ドジで 可愛くてたまらないよ






ねぇ 君が居ないと駄目なんだ 君じゃないと駄目なんだ って マジな話で目を見たら

また! 何人の人に 言ったの なぁんて 言うから 抱きしめたら わかってくれたね



ねぇ これからも ずっと一緒だね いつまでも 君を守ることを 誓うよ って 言ったら

ずっと 下向いて 泣いているのかと思ったら やっぱり泣いていた 



ねぇ 本当はね 今日も君が 来るまで 心配 また行き先間違えて 迷子になるんじゃ?って

でもね 子供みたいな 純真そのままの心を持った 天然のままの君が大好きだよ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村




追記
世の天然と言われている女性に・・
そのままでいてください。
ホッとしたり心を和ませるとても素敵な人なんですから。
純真爛漫、子供の心をいつまでも大切にしてくださいね。
幸せは あなたのものです。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね

★ 純愛詩「天然のままの君が大好き」の続きを読む
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:30 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3