悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
千恋詩「許されない恋だから 雨の日の君はとても悲しくて」
2010-01-15 Fri 00:14

6349229.jpg



「許されない恋だから 雨の日の君はとても悲しくて」



君が来る日楽しくて
待ちどおしくて
雨降らないかと心配したり
そんな時に限って大雨で
濡れて風邪引かないかとそんな思いで
迎えに行ったことあった



斜めの道
君が来る道
私鉄の高架下で雨を避けて本を読む振りして
君の姿だけを捜した



携帯の時計が
君が家に来る約束の時間を指した


遅い・・
雨だから?


そうだよな・・って
不安を打ち消しながらも
好きな分だけ大きくなっている不安に
君の大切さ分かった



小さな点見つけた



きっと君・・



雨傘深くさして誰とは分からないはずなのに
何故か
君だと分かった


つんと澄まして背伸びするように歩く癖
首すこし左にかしげて歩く癖
僕だけが知っている?
君には教えないよ



教えたら
きっと
また 

「もう!」

と言って怒ってしまうから
怒りん坊の照れ屋さんだからね




何時?
気がついてくれるか
いたずら心
声かけなかった


車道
車を気にして右を見ていた
車道
渡って来る


・・・


気づかない君


何も言わずに見詰めていたら
視線を感じたの?
傘をあげた
ここに居るはずの無い僕を見つけて

驚いて

立ち止まって

そして
微笑んだ



何も言わない君
何も言えない僕


そんな視線が恥ずかしくて


何も言わず並んで歩いた
それだけでよかった
でも
雨なのに自転車で迎えに来たこと後悔した


ひとつの傘で
肩寄せ合って
指からませて
二人で歩く
雨の日の特権なのに・・


ほんと先を読めない馬鹿だなって
自分がいやになった





・・・・・





その日
時間が過ぎて
また君を帰さないといけない時間に・・


突然

家のこと言わない君が珍しく言った




「ねぇ?」

「何?」



「ねぇ・・ 言われちゃった・・」


「??」


「大雨だから行くな」と

でも来たよねと目で応えたら・・

「これだけ言っても行くんだったら・・もう帰ってくるな!」
そう・・言われたと・・



「ねぇ?・・・」


(「もう 帰さないと 言って」)


そう言って振り向いた
笑顔で言った


やせ我慢いじらしさ重なり合った

目には涙ためているくせに・・




「・・・・」



何も言わなかったんじゃないんだ

何も言えなかったんだ





馬鹿だな僕よりも馬鹿だよ 君は・・

僕もありがとうと一言・・言えばいいのに・・







胸が詰まって

何も言えなかった・・







「ごめんね」







帰りたくない 君を 帰してしまう僕を・・


「帰したくない」と 言えない 僕を・・





・・・・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 千恋詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「雨の日の出逢い」
2010-01-05 Tue 00:00
28620028.jpg




「雨の日の出逢い」




君と 過ごした日々
こんな 雨の日 出逢いから


四つ角 出合いがしら ぶつかって
転んだ君 可哀想に ずぶぬれ
まるで ドブネズミみたいだ なんて 思っちゃったよ


でも 泣きそうな顔 手に擦り傷
ごめんね って 謝って 君の手をとった
冷たくて なんだか 僕まで泣きそうになったよ





ね 何処まで 帰るの?
家まで 送りたくて けが心配


雨 四つ角 君に逢えて 感謝
ちいさな アパート 二階の暗い部屋 君の城
薬屋に走って 傷の手当 泣きそうな顔した君 手が青たんに


でも すこしにっこり 笑顔が可愛い
ごめんね って 謝って 君の手をとった
すこし 温かくなって 僕までうれしくなったよ






雨が 出逢いの 神様で
ちいさな 城で 一緒に暮らした


買い物 ゲーセン 映画に 遊園地
いつも 一緒 あの日から 傍に居るよ
薬屋さんで 働き始めた だって 君のお腹に 僕のベィビー


でも ちっちやい体 心配だよ
ありがと って 嬉しくて 手をとった
君 頬染めて ピンク色に 僕は最高の気分になったよ





このまま 幸せ続くよに 
雨に頼んだ 神様にもね


雨が ジャージャー 答えたよ 
幸せ一杯 雨降ってきた




ありがと って 嬉しくて 
君の手とって 雨に触れたよ


ちょっぴり 雫が 流れたよ 
君と僕の うれし涙が・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記2017/01/07
写真を変更しました、PVも埋め込みに出来ました。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
想い出「びわの生る家」
2010-01-04 Mon 23:59
9216174.jpg




「びわの生る家」



幼稚園に上がる前、和歌山に引っ越した。


そして小学校。
校区のはずれだったのか、とても遠かった。
大きな交差点には踏み切りがあった、てくてく歩いた。


途中にロシア人のおばちゃんが住んでいる家があった。
金髪で眼鏡をかけ、すこし太った、とても優しいおばちゃんだった。


大きな一本のびわの木があった。


びわの実が熟してくる頃、家の前で声をかけられ「びわ」を貰った、
とても優しい目をしていた。

優しかった・・
そして きっと 淋しかった・・

登下校の時間に いつも玄関に立ち 僕を 出迎えてくれた
格子戸はいつも開いていて 僕を迎え入れてくれた
びわの木も 僕が行くと 木の葉を揺らした・・

確か、ロシアのおばちゃんには子供が居なかった。
今考えれば、その質問がおばちゃんを傷つけていた。


子供のことを聞いたとき、とても淋しい目になった。


でも、僕には別の考えがあったのだ・・・


この人の子供になれたら・・・そう、思っていた自分が居た。
子供が家庭を自分で選べるようになったら、と・・・


不可能な夢や希望を胸にしまい込んだ。


今も時々「びわ」を食べると思い出す。

優しいロシアのおばちゃんの顔を・・
優しく澄んだ灰色の瞳を・・

そして、どうしても言えなかった言葉・・

「僕をおばちゃんの 子供に・・して・・」って




・・・・・・・・・・・・




小3 大阪に引っ越すことが決まった 

その日・・
真っ先に ロシアのおばちゃんの 家に行った

夏休みも もうすぐ 終わるころ・・

びわの木の葉が 風に揺れていた
格子戸は 閉まったまま・・

声 かけられなかった・・

どうしても 言えなかった あの灰色の大きな瞳から 流れる涙 見たく無かったから・・

小さな声で 言った

「ロシアのおばちゃん」って

その声は・・届くはずもなかった・・


もう ここに 来れないのかと思うと・・
涙が雫のように頬を伝って 流れた・・

歩いた 数歩・・
振り返った・・
ロシアのおばちゃんが 立っているような気がして・・


びわの木の葉が 風に揺れていた
僕に さよならと 言うように・・
手を振っているように 見えた・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



^追記
こんなこともあったなぁ・・と。
思い出しながら書きました。
自分の幼い時のことなのですが
ナィーブな少年だったように思います。

兄弟が多かったのに、仲の良かったのは上から三番目の兄が一番で・・
年が離れていたから、遊んでもらえなかったり
私の何故?に答えてもらえなかったりして

だから
大人になったら、私の子供や近所の子供たちが「何?何故?」と問いかけたら
絶対に答えてあげようと遊んであげようと・・
まだ小1ぐらいで考えていたような気がしますね。

だから?
野山に遊びに行っては、野の草や花に声をかけたり
緑のじゅうたんに寝そべって、雲に声をかけ風と話をした・・
そんなことを、今、思い出していました。

他の家庭の子供になりたい・・そんなことを考えていた
だからこそ、いい父親にだけはなろうと思っていた
そんなすこし変わった?幼児期の想い出です。。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
関連記事
別窓 | 想い出 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「人よ・・」
2010-01-01 Fri 20:50
7791309.jpg



「人よ・・」



生きとし 生けるもの すべてが

いつかは 朽ち果てる

誰もがその生涯を 仰ぎみながら 振り返る



静かな 昼下がり

日差しを浴びた 木の葉が

私を見て にっこり 微笑んだ



ありがとう

最後の別れ 言いたかったからと

最後を看取ってもらいたかったのかもしれない



ひらりと舞い  水面に その姿を横たえた



さあ わたしが 運んであげるよ

清流が そう言っているように

この葉は ふわりと 水に浮かんだ



さようなら

木の葉が 揺れた

さようなら

そう 言っているように また 揺れた



さらさらと 清き水の流れに 身を任せ

太陽の光を いっぱいに 浴びて

静かに

姿を消した



何のために 生まれてきたのか

その意味さえも わからないまま

木の葉は 土に帰り また 新しい命を育む



生まれ 芽でて 青葉に そして 枯れ葉となって朽ちる

木の葉でさえ その使命を 知っているかのように

最後の最後まで 運命と戦っているのだ



生きられるまで 

生きなければ

木の葉にさえも 負けてしまうじゃないか


人よ・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3