悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
純愛詩「棘」
2009-05-28 Thu 00:00

eyes0290.jpg



「棘」






傷つけられて 
流した 涙の数だけ 
棘が ある


きみ
痛々しくて
哀しくて


なのに
「なんでもないよ」 と 言った 
「だいじょうぶだよ」 と 言った


いじらしくて
抱きしめてあげた
傷ついた その身体を 





きみの
身体に 
突き刺さったままの 


棘 

棘 

棘    


ぼくの
身体に
突き刺さるように 抱きしめた・・




同じ 痛みを 
知っておきたかった から・・




きみを 
抱きしめたら 痛みを 伴う




それは
分かっていた
だから 抱きしめてあげたかったんだ




きみが 
いままでに 何度も 流した 涙に比べたら
何でもないことだから






哀しい 
過去の 棘を 
一本 一本 抜いてあげよう



きみが 笑顔を 取り戻すまで
きみの 心から 涙が 
消えるまで・・



傷跡 
苦痛


残らないように 
きみに あげたい
ものがある




笑顔 
末来 
家庭 



どんなに
ちっぽけでも
ささやかでも 



きみなら 
きっと 喜んでくれる
そう思うから









もう 心配 いらないよ









いつも 


きみの そばに


いるから・・

 



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記2017/01/18
MVが消えていたので、中島美嘉 『雪の華』 に変更しました。
この詩は「雫のナミダ」に投稿したものです。
投稿日も、その同日といたします。雫

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「愛されたこと・・」
2009-05-10 Sun 21:58

Photo by (c)Tomo.Yun
yun_656_convert_20090430164807_20090510204703.jpg





「愛されたこと・・」




ねぇ 

今日はね 一番の友だちだって言ってた 覚えてるでしょ? 小学校からの

会って来たんだ お喋りしてきたんだよ あのお店で

それで

気がついたら スパゲィティ 注文していたんだ ・・





あなたのダイスキだった





困らせて ごめんね 

こんなこと あなたには もう ・・ 遠い世界のことなのにね

帰り お酒ものんで ちょっと 不良になったよ



怒っても 叱っても くれないんだね・・もう・・







ねぇ

このあいだね 山にドライブ 行ったんだよ 覚えてるでしょ 一緒に行った

今夜は ひとりでね 星 綺麗だったよ

それで

気がついたら 流れ星に 見られたんだ・・





流れるナミダ・・ 





帰り道 

今までは あなたの 横顔見てたのに  今夜は街の灯りが 優しすぎて

車 停めたんだ もう 前が見えなかったから・・




ばかだよね こんなこと 話したいなんて






ねぇ 

いつも待ち合わせ あの喫茶店 今月でお店閉めちゃうんだって マスター 病気でね

いつも ニコニコして 迎えてくれた 美味しい紅茶 もう飲めないね 

それで

いつも 座っていた この席

二人の席 予約席にして このままにしてくれる って 優しすぎて・・




泣いちゃったよ





マスター 細くなっちゃったよ 

あなたに似たんだよ って 言うから・・ 

想い出して・・

淋しくて ポロポロ



泣きたいだけ 泣きなさい って 

言ってくれた

淋しくて悲しくて ぽろぽろ





外に出たら お店 CLOSE 看板 かけてくれていたんだ・・





ねぇ

淋しいなんて 言わないよ 元気だから 心配しないで

ただ どうしているかな って 声 聞きたくなった だけだから・・

ただ それだけだよ ほかになんて 何も無いよ

強くなったんだから 

ほら 夜道もひとりで 歩けるように なったよ




駅までの 帰り道 手を繫いで 

一緒に見た 星 今夜も輝いて 見つめてくれている

優しくて 煌いて 黙って聞いてくれるの わたしの ひとり言を・・





ねぇ

もう 届かない って わかっているけれど

ひとり言 それぐらい いいでしょ

もう 真っ直ぐ 歩いていくよ

だって 星が 優しく 見守ってくれて いるから





ねぇ

夜空の星さんたち

わたしの ひとり言 聞いてくれて ありがとう

夜が明けたら  もう泣かないから 

だから 今夜だけは 泣かせて




明日からは もっと 強くなった わたしを見て

いっぱい おしゃべり もう 夜があけるね

こんなにも 傍にいてくれて ありがとう




でも

もう泣かないなんて 嘘だったら ごめんね

そのときは もう一度 泣き顔 笑わないで 聞いてね

もう 夜が空けるね

あのひとが あなたたちぐらい 優しかったら よかったのに・・






ありがとう 大丈夫だよ もう 何とも無いよ 

だから わたしも あなたへの思い 

CLOSE に するね







それが 

あなたが わたしを愛してくれた 愛の証の

最後の返事だから・・






だから もう 大丈夫だよ

これからも 生きていけるよ

あなたの 想い出 大切にするね いつまでも・・






あなたに 


愛されたこと・・ 


それが わたしの 大切な 真実 だから・・






作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記2017/01/17
MV 消えていたので、見つけて載せました。
詩 少し変更しました。雫。。


追記
この詩を一番最初に書いたのは、4月末頃。
この曲を何度も聴いて。まとまらなくて、でも、やっと書けました。
忙しくて、時間が無くて、本当に更新が遅くてすいません。
それでも訪問、応援してくれている、みなさまには本当に感謝です。。

今日は疲れていたんだな、って 実感。
朝目が覚めて、家の用事を。お昼前に少しだけ寝ようと・・気づいたらもう夜7時前・・。
ぐっすり寝てしまいました。睡眠不足、完全解消ですねww

だから、今からみなさまの所へ訪問します。
コメントのお返事は、遅くなって申し訳ありませんが、その後にさせてらいます。
たくさんのコメントありがとうございます。こんなのんびりさんですが、よろしく。雫。

05/11 01:10 
訪問者数 20.000HIT ありがとうございます
今、気づいたのですが・・皆さんの訪問者数が・・20.000を越えていました。
本当に感謝の気持でいっぱいです。ひとりひとりに「ありがとう」と 伝えたいですね。
私は幸せ者です。本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 女心詩 | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「ちいさくなった青空」
2009-05-06 Wed 03:36

e94e5e740.jpg



「ちいさくなった青空」





あれだけ降っていた 雨が止んだね

青空になったよ もう泣かないでと



きみは 最後まで 優しい子なんだね

だから泣いたよ みんな だから泣いたよ





おかあさんと 二人だけの 家族だったのに

生きたかったよね ささやかな幸せだけを 望んでいたのに



闘ったよね 最後の最後まで 希望を捨てないで

しかし 病魔は きみを 連れ去った








最後の別れ きみを 見たよ

今にも 眠りから覚めそうな 安らかな寝顔



嘘だよね また悪戯 寝たふりしてるみたいで

白い顔 それだけが 現実を伝えて悲しくて





棺 クラブの仲間が ささえたよ

きみの重み 命の重み 生きてきた重み



最後の クラクション 鳴った

きみがくれた 青空に 響き渡った





優しい声で みんなに 伝たえたんだね

ごめんね サヨナラ って 聞こえたよ



別れの言葉 みんなも 言ったよ

ありがとう さようなら 忘れないよ









きみは 生まれて 育って 大きくなって

なのに 小さくなって 戻ってくるんだ



小さくなった おかあさんに

いつまでも 抱きしめて もらえるように・・






これからも いつも 一緒だよ

おかあさんの 心の中でも



わたしたちの 心の中でも

きみは いつまでも 生きつづけているのだから







ちいさくなった青空は

これからも 果てしなく つづくよ



過去から 末来へと

きみが 14年間 生きてきた 証として・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
この曲「朝日の誓い」を聴いて居たら、
何故か終い込んでいたこの詩を思い出したのです。
もう3年も前に書いていた詩です。もうすぐ、4年目を迎えるのに・・。
言葉を追加し、削除し、やっと出来上がった今も、投稿することに悩みました。
だから、申し訳ないのですが・・
この詩の内容をコメントで質問をされても、お返事は書くことは出来ません。
普通のコメントは、いつものように・・書いて頂きますように・・。
どうぞ よろしくお願いします。雫。

亡くなった少女が大好きだった曲です。 湘南乃風 「純恋歌」


この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫。



05/09 00:25
訪問していただいている皆様へ。
本当にいつも温かいコメントありがとうございます。
更新する時に迷ったぐらいの、哀しい詩・・・。なのに・・
まさか、こんなにもたくさんのコメントをいただけるとは思ってもいませんでした。
書き辛いはずなのに、それぞれが思いを込めて書いていただき、本当に感謝です。

風邪は治りました、ご心配おかけしました。
しかし、また明日も早く、なんとww5時起きですww
以前なら考えられない程の夜型人間だったから・・。鳥でいうと梟のようなもので。
その時間から、寝ることもあったのに・・、人は変われるものだと、証明できた?ww

やっと日曜、一日だけ休みになります。そのときは昼まで寝て、睡眠不足を解消ww
その後みなさまの所にゆっくり訪問したいと思って居ます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
└(u .u) クゥゥゥ。o ◯ おやすみ~なさい 。雫。。
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:40 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3