悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「for ever ケン」
2009-03-15 Sun 00:06

se_025_20090314234410.jpg



「for ever ケン」




いつも いたずら わんぱく 小僧 毛糸なめては べちゃべちゃに・・ 

靴下噛んでは 穴だらけ・・・

足から爪たて ガリガリのぼる 

痛いけれど でも・・がまん がまん





肩までのぼって 「ふーっ」と ため息・・・ お前は人間・・?

耳をなめる 噛む しゃぶる 

髪を爪で梳いてくれる

鼻に髪が入ったの? 

クシャミひとつ 耳元で・・・

「鼓膜やぶれちゃうよ」と言うと・・・

「ふーん」と しらんぷり





じっとしてると 立って歩けと 

「ふーぅ」の おねだり

微妙に違う その声が

なぜか歩いてと 聞こえるんだ

立つと驚き 首に抱きつく 

爪がいたいよ でも・・・がまん がまん。





物干し大好き 小さな花壇 虫が来ると ピョンと飛び降り 追い掛け回す

ぴょんと飛んだよ でも 残念賞 

大きく空振り 尻餅 どすん
 
大きな声で笑ったら 

びっくり どこかへ 行っちゃった





あれれ居ないや どこに行ったの?

あっち こっちを 探してみたら

遊び疲れて 布団のうえで 

こっくり こっくり ひなたぼっこ・・・




ごはんのときには いつも いつでも 横に ちょこん

僕の左側は 自分の場所だと 決めてるみたい

じっと待ってる 褒めてあげよう 

「偉いな・・・」って言おうとしたら 

早く くれくれ 「ふーふー」 連発 

笑ってしまった・・にこり にこり




さかなが 大好き まぐろが 大好き 僕のおかずの 半分ペロリ

うーまんぞくだよと 

「ふーぅん」と一言 

お腹いっぱい ひざにのっかり ぐーすーぴー 

だから いつも 足はしびれっぱなし・・・

でも がまん がまん




いつも いつでも 一緒だよ ね

ケン お返事は?「ふぁーい ふぁーい」 って 嬉しそうに 答えたよ

ぼくのひざがお気に入り 

まあるくなって ゴロゴロ ゴロゴロのど鳴らす 

ここが 一番 安心するの?

どこにも 行けない・・でも がまん がまん





幸せそうな ケンの 横顔 眺めていたら 

何故か 急に胸騒ぎ 

何故か どこかに 行くような 




馬鹿だな そんな心配 なんでする?

だから わかった 幸せもらったのは 僕みたい

可愛い寝顔に いたずら心 

起こしてみたいな でも・・ がまん がまん




ケンよ げんきで いつまでも そばにいてね お願いだから・・

「ふうぅ」 と あくびで お返事くれた・・ いつも 一緒 暮らそうね・・って。。





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記
ひさしぶりに猫の詩を。
大好きだった、私の大切な家族 猫 ケンとの日常の想い出の詩です。
友だち 家族よりも大切だった 
家に帰ると玄関に出迎えてくれた 本当に不思議だった・・

寝るときも一緒 寒いときも暑いときもww
いつも膝の上で寝て 動くと爪を立てて 動くなと トイレにも行けなかったww
甘えん坊で 背中に乗せて物干しに 下の道路を見せると怖がって また爪をww
出かけるときは 玄関まで送りに来てくれた・・今も膝の上にいるような気がします。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3