悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
千恋詩「愛の証」
2009-03-08 Sun 23:44

Photo by (c)Tomo.Yun yun_435.jpg                                     




「愛の証」




例え

逢うことが 罪となり 

死で その報いを 受けるとしても





この 命が 尽きるとしても

迷わずに

逢いに 行くだろう





許される 時が 

例え

一日だけだとしても





いや

ほんの 一時間だとしても





いえ

わずか 一分間だとしても





そんな 贅沢が許されないとして

一瞬でも その姿を 垣間見ることが 出来るのだとしたら





それだけで 心は 舞い 踊る 

そして 朽ち果てる 花びらのように 地に 屍を 晒したとしても 

悔いは無いだろう・・






愛する人が 後 残りの 命の 一秒で さえ

逢いたいと 思ってくれるのなら

どんなことをしても 逢いに行くだろう





その場所が 天と地の境にあるとしても

遠い果てない道を ただひたすら進むだけ

愛する人のための 情熱を 胸に秘めている






愛の誓いの証明

それが

死と隣あわせであったとしても・・






それが 



愛する人への



愛の証




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
詩の更新を、迷いながらしました。
今、更新しなかったら、月曜日の深夜?または、火曜日の深夜に・・
コメントの返事をまだ書いていなかったの、迷ったのです。

今から書きますが、月曜の朝も早いので、途中でお返事が書けなくなると・・
思います。そのときは、月曜日、帰宅してから書きますので、よろしくお願いします。

この詩を書くまで時間が遅くなったのは、この作品で投稿222番目だと、気づいたので。
大好きな数字なので、詩に拘りました。この曲も、大好きな曲です、想い出の曲なので。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 千恋詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3