悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
純愛詩「奏でる指先」
2009-03-06 Fri 20:32
Photo by (c)Tomo.Yun
yun_2055_convert_20170306225103.jpg




「奏でる指先」(無音の世界)




真っ直ぐに 

見つめる 愛もある

真っ直ぐに 

見るめるしか無い 愛もある




人には

それぞれに 

背負った荷物の 重みがあるというなら

逃げないで 立ち向かう 

勇気も もうひとつ 背負っていることを知ってほしい




初めて知った 

ひとりぽっちの世界 

驚きは 

言葉に出せない 伝えられない 

あなたには わかりますか?





指は 

話を するんだよ

心のままに 

伝えること 出来る

勇気も希望も 

怒りも哀しみも そして 愛も




誰にも

言えない 

生きる事の 苦しさを

小さな心に秘めて いたんだね ひとりぽっちで







目の前

だからこそ 

ひとつひとつの 言葉の意味を 

希望の光に変えて 心の底まで届けることできる




受け止める

人がいる限り 

投げかけたい言葉が 

受け止めて欲しい言葉が そこにはある







指先の

哀しみは 

瞳に宿り心に伝わる 

光る一すじのナミダ 

哀しみは 

この掌に 受け止めてあげようね





苦しさの

意味なんて知らない 

哀しみの

涙の味も知らない 

知っているのは ひとり 無音の世界





届かない

言葉 

背中では 見えない 

指先の文字 会話 できない

真っ直ぐに 

見詰めて 話す 指と唇と瞳と光




目の前に

いて欲しい ただそれだけ 

真正面から 

見詰めて欲しいだけ 

指は踊る 嬉しくて悲しくて





ひとつ 

ひとつ 

言葉つないで 

心伝えて 指先には 

きっと 光るナミダも 見える




そのときには 

ただ その手を 

そっと 包んであげるだけ 


暖めてあげるだけ






言葉では 

届かない ことでも

指先の動きなら 

遠くからでも 見る事も出来る



叫ぶ 声よりも 

届くんだね

光が 伝えてくれる 

指の動き 見せてくれる 

愛の言葉を 心を






強い気持を 

持てと言うのは 

あまりにも簡単で

強い気持を 

持たなければ 

自分を支えることも

出来ないことさえ 知らないで



まるで 

他人事のように 

投げかける 言葉は

無残で 無情で 無責任で 冷酷だ








生きて行くことの 

難しさを

ひとつ欠けた悔しさを 

微塵も出さずに 

生きて行くことの 素晴らしさ 


誰が 

何を言おうとも 

思おうとも 

真っ直ぐに ひた向きに 

生きて行く姿を 見守りたい








生きることの

意味を 

指で伝えることの悲しさを 


耳は

聴く術を知らない 

音は伝える術を知らない・・


しかし


触れる指先 

光る指先 通う心 

揺れる思い 互いに 見つめる瞳に 

言葉はいらない



奏でる指先が あるから・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村





2017/03/06
カテゴリー生命誌から純愛詩に変更しました。
写真、同じPhoto by (c)Tomo.Yun さんですが、変更しました。
MVも消えていたのですが、探したらありました。
詩とともに復活。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材
ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

★ 純愛詩「奏でる指先」の続きを読む
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3