悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
女心詩「好きです 言えるかな・・」
2009-03-04 Wed 13:51

Photo by (c)Tomo.Yun yun_2407_convert_20090304125615.jpg                      




「好きです 言えるかな・・」




学校から駅へ続く道 遠くて嫌いだった
殺風景な坂道 校門へ続く砂利の道 

つまらない風景 つまらない時間
雨降って お気に入りの靴 泥で汚れてた 

傘 鞄抱え こんな雨の時に限って 
美術のテキスト大きくて 泣きそう ひとり言 言った

雨に打たれた スカート  濡れて泣いているみたい
風の冷たさに 授業始まる前にしぼんだ心 

何気ない日常 変わりの無い日々 
雨に濡れた傘に 雫が 寄り添っていた





でもね あの日 あの時から 変わったの
きみ 転校して 私の席の隣に 偶然? 必然?

優しそうな顔 恥ずかしそうに 見詰めながら
よろしく って 声 胸キュン やられた 

すこしずつ 話したね 先生の癖 クラスのこと 
ノートみせた 字がもっと上手なら って 

蒼い光 見たいねと 初めて 屋上登った 
ほら 手を伸ばせば 空触れるよ って 

子供みたいな きみの横顔 同じように 手を伸ばした
夢を語る その唇 飽きることなく 見ていた





雨の日 きみ ごめん って 声かけてきた
傘 忘れたから 駅まで って お願い 雨に 感謝

駅までの距離 遠くて良かった もっと遠くても 良かった
愛逢傘 震えていた こんなにも傍に居て 肩触れて 心触れた

何一つ 言葉 聞き逃さないように 心にメモ
でもね 気づいたら 横顔見ていて 何もかも 忘れていた

でもね たった ひとつだけ 憶えている 
雨 降って 良かった 傘 忘れてきて 良かった って きみ

雨に感謝 殺風景な風景 今日は緑の木々が 優しく見えた
見えなかったもの きみといると 見えるんだ って 初めて気づいた





好きです って 心で 何度も 繰り返して 言ったよ
でもね 言えない きみの 瞳 見つめるだけで 恥ずかしくて

無口になった 訳 嫌いになったんじゃ ないよ 分かって
胸がドキドキ 意識して 大好きな 横顔 そっと 見るだけ

きみは 優しくて 誰にでも 好かれるから ふたりきりに なれないね
他の人に 盗られたような 嫉妬 でも きみに 迷惑かけたくない

どうか 気づいて このままじゃ 遠くに離れて行きそうで 怖いの
雨 もう一度 降って欲しいな そのとき そっと 言えたら いいな

学校帰りの道 ひとりぽっち しょんぼり 歩いて 木々がさみそう
遠くから 聞こえた 呼ぶ声が 振り向いたら きみが 走ってきた





手には 傘 忘れ物だよ って 大声で 追いかけてきてくれた
きみと ふたりだけのために 忘れないように 置いてきた 傘

嬉しくて きみが 滲んだ ナミダで 大好きな きみが 見えないよ
追いついて はい って 手に渡そうと 泣いている わたしに 気づいた

どうしたの? って きみは心配そうに  馬鹿 優しすぎるよ って 
それ以上 言えなくて 道の真ん中に 二人の影 駅まで伸びた

心配だから 送って行くよ って 並んで 歩く道 遠くて良かった
永遠に 駅まで着かなくても 良かった このまま ずっと こうしていたかった

どうしたの? って 言わないと わからないよ って 鈍感なんだ きみ
嬉しすぎるからに 決まってるじゃない なんて 言えるわけ無いよ ね





緑の木々 風に靡いて 二人を包む  
嬉しくて 燃えるような 熱い頬を撫ぜてくれた 

雨じゃないのに 傘 縁結び してくれるの ありがとう
駅までの道 今まで 遠いなんて言って ごめんなさい 心で謝った

蒼い空 手を伸ばせば きみに 届きそうで 心弾んだ
雨じゃないから 触れない肩 そばにある きみの手 遠く感じた

今日は美術の日じゃない 大きなテキスト きみなら 持ってくれる
そのとき そっと 手を繫いで って 指が 甘えるのに





駅が見えてきた・・



勇気をください 



こんなにも そばに 居る 



きみに・・








「好きです」




言えるかな・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/2/15追記
MVが消えていました、その為
ZONE 「一雫 」に変更しました。雫。。

追記
最近恋愛詩が無かったので、今日は恋愛詩を書きたいと。
この間見つけた青山テルマさんの曲、心に残っていて、今日、何度も聴いて書いた詩です。
最初 詩のタイトルは「想い 届いて・・。」だったのですが、この曲を使うのだから・・
「好きです。」も入れたくなって、変更しました。映画『恋極星』の主題歌みたいですね。いい曲です。

昨日、大阪は氷雨交じりの雨、寒かったです。もうひとつの会社の用事で、市内に行く予定が変更。
だから、今日 せっかくの休養日?今から?行こうか迷っています。行ったら帰りが、きっと夕方・・。
もしかしたら、古本屋さんで、のんびりと漫画の本を読もうかとか、ひとりでマクドに行ってみようかとか?
思案中です。風邪は80%以上治りました。ご心配かけて申し訳ありません。
明日も休みです。だから、ゆっくり本を読んだりできます。また二日間仕事で、日曜が休み。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 女心詩 | コメント:28 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3