悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
千恋詩「男のサヨナラ」
2009-02-04 Wed 23:47

eyes0061t_20090205001435.jpg




「男のサヨナラ」



男が 

困るのは 

何も言葉が聞けないとき



男が 

悩むのは 

淋しくないと強がられたとき



もう 自分は 

必要ないの?

他に好きな人がいるの? と・・





迷い 

手を差し伸べることも 

優しい言葉を掛けることも 出来なくなる




また

逢いたいのに 

いつでも逢いたいのに 傍に居て欲しいのに




そして

心にも無い 

言葉を 言って しまうのだ




それが 

最後の

優しさだと思うから




自分が

あげられなかった幸せを 

掴んで欲しいから






「サヨナラ」

と 

伝えるんだ






愛している きみに

幸せになってほしい

から・・






どれだけ

心が

張り裂けそうなのか きみは 知らない・・






作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
愛した人だからこそ、サヨナラを言わなければいけない。
愛しているからこそ、自分の思いを断ち切らないといけない時がある。

何とも思って居ない人には、この言葉は必要ではないから・・
会わないだけ、ただそれだけで済むことだから。

自分では幸せに出来ない思ったからこそ、
愛した人に幸せになってほしいと願うから「サヨナラ」と、言うのです。雫。

関連詩(サヨナラ ・・)

千恋詩 2008-02-10 Sun 22:46 「サヨナラ

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


関連記事
別窓 | 千恋詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3