悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
想い出「誕生日Ⅱ」
2009-02-03 Tue 23:58
25eaf3143_20090203223845.jpg




「誕生Ⅱ」




雪の降る日 病院から電話 喜びと不安 受話器を取った

来てくれますか と 先生から

車で 急がず 慌てず 途中 体が浮いているような気がした



もうすぐ 会える 新しい命に 希望 でも やっぱり不安も

着いた病院 もどかしく車庫に

雪 降っている 今日の仕事 キャンセルの電話 理由も



お客さん 了解と いつでもいいからと でも 今日が締切日

でも 我が子 優先 最優先

遅くなったら 会社の仲間に頼もうと 気持ち切り替え






病室にママ 苦しそうな 息づかい 同じ息つぎ 隣で一緒に

途中 代わった 実母に

でも すぐに出てきた 心配で 見ていられないと 即 交代 



また 病室に 息つぎを することと 傍に いることしかできない

男の限界 無力さを 知る

でも 励ましの言葉 気持ちを落ち着かせようと 何度も



数時間後 やっと産室準備室に あとは 待つだけですよ と

窓の外は 雪が 静かに

積もり始めた雪が 樹を白く包む 産着の白さに見えた







祈った ただひたすら 命を守ってと ただ時が過ぎるだけ 

半時間ぐらい? 数年にも感じた

看護婦さんが 私を見つけて 産室準備室に 来てくださいと告げた



何事も無い事だけ 祈る ただ それしかできないもどかしさ

もうすぐですと 告げた 神の声にも 聞こえた 

大丈夫ですか?の問いに はい と 看護婦さんは やはり 天使だと思った


やっと入れた でもそこからが また長かった 

時は長く 永遠に感じた

こんなにも 時間が進むのが 遅く感じた事はなかった






やっと入れた産室準備室 しばらくすると 産声 聞こえた

ガッツポーズ! でも すぐに思った

我が子とは 限らない 大病院だから 他の子かも



看護婦さんが 産室から 小さな命を包んできた

パパですね おめでとう と 渡された

命の重み この腕に 我が子が  初めての対面 父になった瞬間



顔を見た 私に似ている?! 目 鼻 口 

紅葉のような手 小さくて 赤い

指を添えると 握り締めてくれた ナミダ 出そうになった






利き腕に 頭を載せて渡された 抱っこしずらくて とても困った

だから 手が 体が 固まる

喜びも 嬉しさも 一杯 でも それ以上に 落とさないようにと 力が入った



退院 実家に 毎日の訪問 日々成長? 気が早い おじいちゃんたち

顔をのぞきこむ 寝ている

不思議な感覚 安らぎ 自然と出る笑顔 子は宝は 本当



初風呂 温度40℃きっちり 体温計 何度も確認

三人がかりで あれやこれや 

腰が痛くなる 湯船に入れる 風邪をひかすな もう 大変






深夜になると 起き出して 遊び出した

深夜族?パパにそっくり

翌日の仕事 頭に浮かぶが 苦笑で消した



ミルク 二時間おきに 作って 飲ませた

だから 体内時計が 形状記憶?

暫くは 二時間以上 寝れない 癖がついたよ



なんでも かんでも 初体験 おっかな びっくり こなしたよ

病気 高熱 見ていられなくて

自分が代わってあげたいと 何度も 願った 思ったよ







笑ったと 写真 ビデオ はいはいしたと 日記 もう過保護状態

立った 歩いた 一歩一歩

すごい もう芸能人状態 フラッシュたかれて びっくり顔 可愛い



幼稚園 おすまし顔 私の昔にそっくり 古い写真と見比べて にっこり

大人しい そこが 似ていないww

ひな壇に並んだ 顔 顔 顔 我が子が 一番可愛いと 勝手に また にっこり



いつしか ピカピカの一年生 授業参観 運動会 何でも参加

皆勤賞の父親は 私だけ

ママさんたちのなかで 一人 目だった 父だったかも






いいお父さんですね と 先生達から いやとんでもないと 言ったけれど

心の中では はい 当然 と 答えていた

絵が上手 私と違う そこが また 自慢の種になった 周囲は聞くのが大変だった?



入学 卒業 ビデオの脚立て プロのよう だから いつでも 許可いらず

そんなことを しているから

最初に 憶えられた 先生達に だから 息子も大変だった?ww



いろんな ことが あったけど 今日は 目出度い 愛でたい 誕生日

娘が 言った 顔が パパにそっくり 

それが 一番 嬉しくて 元気に 育って感謝して 何度も祝おう 誕生日




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この詩にあう曲を探していたけれど、見つからずに。
もう無いだろうと、諦めかけていたら・・ありました。だから、遅くなったけれど、載せます。02/04

追記
今日は息子の誕生日。
投稿時間23:58。何とか本日に間に合った。今の今まで書いていました。
元気に育った事だけで、本当に感謝感謝の言葉だけです。
大人しい、本当にいい子に育って、嬉しいですね。(私に似ないで、良かったかもww)
あと、今日、何もしてあげられなかったので、詩をプレゼントで許して欲しいな。雫。

産室には入って居ません、とても心配で見て居られなくて入れません。
だから、産室前の部屋を 産室準備室と 勝手にうる覚えの名前を使って居ます。

関連詩(誕生日繋がり)

生命詩 2008-01-03 Thu 06:17 「誕生


この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 想い出 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3