悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「たまは もうすぐ おかあさん」
2009-01-29 Thu 22:55

se_027_20090129215940.jpg



「たま は もうすぐ おかあさん」


まだかな?
まだかな?
もうすぐかな?
たまはもうすぐ おかあさん 


家の床下
小さな穴に
はいったままで
出てこない


おそいな? 
おそいな?
心配だ
たまはげんきでいるのかな?


「たま」 って 
呼んだら 
「にゃーン」と返事
よかった 元気だ でも 心配だ


時間だけが 過ぎていく
どんどん 
どんどん 
すぎていく


おどろかしたら 
だめだから
そんなときは
ただ待つだけだ


がまん
がまん
もうすこし
あともうすこしで おかあさん




家の床下
音がした
鳴き声がした?
聞き違い?


ほんとに
ちいさな
鳴き声だ
「み~ぃ み~ぃ」 と聞こえたよ


やった
やったぞ
生まれたぞ
がさごそ 何かの音がする


すすでよごれた
たまの顔
ちょこんとでたよ 
床下から


口には
子猫
咥えてる
見てよ これが 私の子


一匹
一匹
見せにくる
僕の膝に しずかにおろす


全部で
5匹
よかったね
よくがんばったね おかあさん


ほらみてよ
ほらだいて
ほら私の子だよ
かわいいでしょ




疲れた顔で
ねそべった
おなかすっきり
スマートに


首を持ち上げ
僕を見て
頭をなぜてと
仕草する


頭をなぜて
喉なぜて
小さくなった
お腹をさすり
よくがんばったと 声かける


うれしそうに
喉鳴らす
ゴロゴロ
ゴロゴロ すごい音


こねこが たまの
おなかに来たよ
みんななかよく 
ミルクの時間


そして食事が
おわったら
たま つかれたと
大きく背伸び


甘えん坊で
やんちゃさん
いまではりっぱな
おかあさん 


たまは りっぱな おかあさん





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記
これは実話です。
我が家にいた 私の家族で一番の「たま」がお母さんになった時の詩です。
猫がこねこを産むとき、そして生れてから、
こねこを見せに来るというのは、まず有り得ないという事を大人になってから、獣医さんに聞きました。
「それだけ信頼していたんですね」と言われて、あの日の感動を、再認識した事を思い出しました。

親猫を驚かせてはだめだと、それだけは注意をしつつ、本当に辛抱強く待ちました。
驚かせると、こねこを盗られると思って、こねこを殺してしまうからです。
でも、ほんとうに まさかのハプニング。こねこを私の膝に一匹ずつ口に咥えて運んできた。
どうしていいのか分からなくて、でも小学生の私が、こねこの親に?!不思議感覚でした。

たまは私が居ると安心し、他の者が来ると、あの大人しいたまが?と、思えるほど威嚇していました。
子を守る親の気持ち、痛いほど分かりましたね。ちいさくても命、それを守ろうとした たま。
だからこそ、私も小学生ながらも、たまと家族を守りたかったんです。
「ねこ ねこ こねこ」は、先に詩として載せましたが、また良かったら読んでくださいね。

風邪を引いて、治ったはずが、また仕事に行くとクシャミばかりが出て・・再発ww
今度の土日は久しぶりの連休。楽しみにしていたのに、家にずっといることになりそうです。ww
でも懐かしい人が、突然遊びに来そうな予感がしています。結構そんな勘は当たるので・・?。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3