悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「ねこ ねこ こねこ」
2009-01-16 Fri 00:00

NEKO31_convert_20080425041852_20090115225159.jpg



「ねこ ねこ こねこ」



ねこ ねこ こねこ
うまれた こねこ なまえは まだない
だから いまは
ねこ ねこ こねこ



ねこ ねこ こねこ
かわい すぎて なまえを まよう
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ



はじめて よちよち あるいたよ
ぽてんと みぎに ころんだよ
うえを むいて あくびした
なにを しても かわいいな



ぼくの はなを なめている
ざらざら したが ちょっぴり いたい
おいしく ないのに なめまわし
ふん と あきて しらんぷり



NEKO231_convert_20080425042005.jpg




いまは まだまだ てのひらサイズ
できたら このまま おおきくなるな
こんやも いっしょに おねむしよ
むねに ちょこんと まるくなれ



あさだぞ おきろよ みみもとで
かみかみ なめなめ おこしにくる
ミルクか ごめんね さぁあげよ
いっしょに たべたら おいしいね



ひるは さんぽの じかんだね
ポッケに いれて こうえんへ
はと と すずめを おいかけて
つかれて ぶらんこ ひとやすみ



からすが きたので おおあわて
ふわぁーと ないて いかくする
じゃ ひとりで いけと せなかおす
にげて ぼくの ひざまくら



NEKO151_convert_20080425041941_20090115225942.jpg



おうちにかえって おやつの じかん
アイスが いいな あついから
じゃ と おおもり あげたんだ
はなから たべて くしゃみした



ものほし いって ひるねだよ
ほしてる ふとんに くるまって
みるゆめ なぁに きかせてね
かわいい ねがお てんしだな



おきたら たのしい ばんごはん
ちょこんと ひざを せんりょうだ
はい あげようね ちいさくしたよ
ぺろんと ひとくち つぎはまだ



てれびを みようね なににする
どうぶつ おうこく みたそうだ
まんまる ひとみ もっとおおきく
よんでも しんけん へんじなし



PICT0020_convert_20080516111124_20090115230025.jpg



あしたの てんき どんなかな
よぞらを いっしょに みにいった
ほしが すくない くもりかな
みやーん と へんじ そうだって



いつまで そばに いれるかな
いつか だれかに もらわれる
ぼくの そばから はなれない
ぼくも そばから はなさない




ねこ ねこ こねこ
かわい すぎて なまえを まよう
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ



ねこ ねこ こねこ
なまえ つけたら こころが うつる
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



関連詩 (こねこ と小学生繋がり)

2008-06-03 Tue 03:32 猫恋詩「僕と子猫とランドセル

追記
我が家に小猫が生まれたときの情景を詩にしたものです。
全部で五匹生まれた。。。。。
ちいさくて、愛らしくて、いつも一緒に、起きて遊んで寝た・・
このとき、五匹と一緒に寝たので、寝返りをうたない、うてないww癖がついたようです。

でも、
心配だったのは・・五匹全ての猫と、いつまでも一緒に暮らせないだろう・・と、いう不安も・・
小学生時代の時の、楽しく懐かしい、こねこの物語です。雫。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。


関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3