悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
純愛詩「ナミダ に・・」
2009-01-11 Sun 00:00

eyes0208_20090110213642.jpg



「ナミダ に・・」




ナミダ 

ポロリ と ひと雫

きみの

頬を 伝って 流れおちた




きみが ぼくに

見せたくなかった ナミダ 

我慢していた ナミダ 





きみの 心 見えたよ

いじらしく 我慢していた 淋しさを

言葉ではなく 伝えてくれた ナミダ 




ごめんね




一言だけ 

でも それ以上

何も 言えなくなって しまった




離さない 

離したくない 




きみを 抱きしめていた




泣き虫は きみだけじゃ なかった

熱く こみあげる ナミダ

ポロリと 流れた




ぼくの ナミダ 見られないために

きみを 抱きしめたんじゃ ないよ




もう 離さないと 決めたから

きみの ナミダ 

悲しい ナミダ

もう 二度と 流させない



きみの ナミダ 忘れないために

ぼくの 心に 刻みつけるために

悲しみを 忘れさせて あげるために

淋しさを 思い出させない ために





ナミダ に・・




くちづけ してあげる





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
関連詩を載せだして、読んでもらえて、本当に感謝です。
私の座右の銘は「光 無きものに 光を」(自作)なんです。
だから、詩自体は古くないのに、過去に掲載したというだけで、忘れ去られているようで・・
読んでもらっていない人もいるはずだし、もう一度読み返してもらったら、きっと光が当たると。雫。


関連詩(ナミダ繋がり)

恋結詩 2008-06-05 Thu 04:27 「俺の返事

優心詩 2008-03-11 Tue 19:50 「ボクニ クダサイ キミノ ナミダ ヲ

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3