悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「たまは もうすぐ おかあさん」
2009-01-29 Thu 22:55

se_027_20090129215940.jpg



「たま は もうすぐ おかあさん」


まだかな?
まだかな?
もうすぐかな?
たまはもうすぐ おかあさん 


家の床下
小さな穴に
はいったままで
出てこない


おそいな? 
おそいな?
心配だ
たまはげんきでいるのかな?


「たま」 って 
呼んだら 
「にゃーン」と返事
よかった 元気だ でも 心配だ


時間だけが 過ぎていく
どんどん 
どんどん 
すぎていく


おどろかしたら 
だめだから
そんなときは
ただ待つだけだ


がまん
がまん
もうすこし
あともうすこしで おかあさん




家の床下
音がした
鳴き声がした?
聞き違い?


ほんとに
ちいさな
鳴き声だ
「み~ぃ み~ぃ」 と聞こえたよ


やった
やったぞ
生まれたぞ
がさごそ 何かの音がする


すすでよごれた
たまの顔
ちょこんとでたよ 
床下から


口には
子猫
咥えてる
見てよ これが 私の子


一匹
一匹
見せにくる
僕の膝に しずかにおろす


全部で
5匹
よかったね
よくがんばったね おかあさん


ほらみてよ
ほらだいて
ほら私の子だよ
かわいいでしょ




疲れた顔で
ねそべった
おなかすっきり
スマートに


首を持ち上げ
僕を見て
頭をなぜてと
仕草する


頭をなぜて
喉なぜて
小さくなった
お腹をさすり
よくがんばったと 声かける


うれしそうに
喉鳴らす
ゴロゴロ
ゴロゴロ すごい音


こねこが たまの
おなかに来たよ
みんななかよく 
ミルクの時間


そして食事が
おわったら
たま つかれたと
大きく背伸び


甘えん坊で
やんちゃさん
いまではりっぱな
おかあさん 


たまは りっぱな おかあさん





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記
これは実話です。
我が家にいた 私の家族で一番の「たま」がお母さんになった時の詩です。
猫がこねこを産むとき、そして生れてから、
こねこを見せに来るというのは、まず有り得ないという事を大人になってから、獣医さんに聞きました。
「それだけ信頼していたんですね」と言われて、あの日の感動を、再認識した事を思い出しました。

親猫を驚かせてはだめだと、それだけは注意をしつつ、本当に辛抱強く待ちました。
驚かせると、こねこを盗られると思って、こねこを殺してしまうからです。
でも、ほんとうに まさかのハプニング。こねこを私の膝に一匹ずつ口に咥えて運んできた。
どうしていいのか分からなくて、でも小学生の私が、こねこの親に?!不思議感覚でした。

たまは私が居ると安心し、他の者が来ると、あの大人しいたまが?と、思えるほど威嚇していました。
子を守る親の気持ち、痛いほど分かりましたね。ちいさくても命、それを守ろうとした たま。
だからこそ、私も小学生ながらも、たまと家族を守りたかったんです。
「ねこ ねこ こねこ」は、先に詩として載せましたが、また良かったら読んでくださいね。

風邪を引いて、治ったはずが、また仕事に行くとクシャミばかりが出て・・再発ww
今度の土日は久しぶりの連休。楽しみにしていたのに、家にずっといることになりそうです。ww
でも懐かしい人が、突然遊びに来そうな予感がしています。結構そんな勘は当たるので・・?。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「きみの手」
2009-01-26 Mon 18:51
genge02_convert_20090126184634.jpg



「きみの手」



白い 小さな手
そっと ぼくの手で 包んだ

何も言わずに
俯いたまま歩く
 
きみの 掌が
茜色に染まる
はにかんだ 横顔 みたいに





そっと 見上げた瞳
目が 合うと

恥ずかしがって
また 俯いてしまう

手を 握り締めると
そっと 握り返してくる
ふたりだけの 歩きながらの サイン





なにも 求めない
なにも 欲しがらない

そんな 控えめな 心
胸がいたくなるような いじらしさ

怖がりな 心に そっと光を
ぼくが できること してあげたい
きみの 手を 離さないと誓うよ





そっと 手 引き寄せると
寄り添う 肩先 ふれる

こうして 歩くだけなのに
心が 優しく なっていくんだ

これからも ふたりなら
何も 怖いものなんて ないよね
ナミダは もう サヨナラしようね





ふたり 歩く道 
でこぼこの道だけど

つまずきながらも
ふたりなら 歩いて いけるね

やっと 見つけた しあわせ
離さないよ きみの手は
いつまでも そばに いて・・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
女性で一番気になるのは 手ですね。
綺麗な手、白魚のような手には、申し訳ないがあまり興味がない。働き者の手が好きですね。
最初に好きになった人の手がそうだからかもしれませんね。
手を始めて繫いだとき、泣きそうになったのを思い出しますね。
だからこそ、大切にしたいと、思った事も、昨日のことのように思い出します。
そして、その人の手がそうだったから、手の詩や短編や小説が多いのかもしれません。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
悲恋詩「ピエロの素顔」
2009-01-24 Sat 01:01

himeturusoba03_convert_20090123235538.jpg


「ピエロの素顔」



知ってるかい ピエロの素顔
サーカス 道化の 天才で
ドジで マヌケな 仕草して
みんなを 笑わせ 楽しませ
仮面の 下には ナミダの素顔


笑わせ 上手な 少年が
ピエロに なった その訳は
笑顔の 消えた 女の子
一人 ぼっちが 気になって
笑わせたのが 始まりなんだ


いつも 泣いてる 女の子
ほっとけなくて 傍にいき
ドジで マヌケな 仕草して
生まれて 初めて 笑わせた
よかったな って 思ったよ






生まれて はじめて 心から
笑わせてくれて ありがとう
恥ずかしがりやの 男の子
ひとりの 少女に 恋をした
きみを 一生 笑顔のままで


生まれて 初めて 笑ったよ
こんなに 幸せ もらっていいの
笑った 顔に また涙 
ごめんね 泣かせて 笑わせて
ピエロは 仮面で ナミダかくした


玉乗り ジャグラー 綱渡り
はらはら させて 笑わせて
みんなを いっぱい 楽しませ
サーカス 小屋は 満員だ
きみも 笑った 観客席の隅っこで





でもね でもね しあわせなんて
続かないんだ きっと きっと
ダイスキ あの子が 血を吐いた
知って いたんだ 自分の命
永くはないと 分かってたんだ


ダイスキ あの子が 死んだんだ
死ぬ前 あの子が 言ったんだ
笑わせてくれて ありがとう
あなたに 逢えて よかったと
笑顔で 言うから わんわん泣いた


きみが 死んだら ピエロはやめる
ふるえる声で きみは言った
だめよ わたしにくれた 希望をあげて
笑わせて あげて あなたならできる
あなたしか できない ピエロになって




笑わせ 上手が 楽屋で泣いた
ピエロの 化粧が できないよ
ふるえる 指先 こぶしをつくった
泣き顔 映す 鏡を割った
掌 紅色 にじんだよ


でもね 約束 したんだよ
ダイスキ あの子が 言ったよに
笑えない人 きっと 理由が
だから 心を救って 希望をあげて
わたしを 愛して くれたように


だから みんなに 笑顔あげるよ
あの子が 笑って くれたよに
観客席の 隅っこで
きっと あの子も 笑ってる
きっと あの子が 見てるから





親無し 子無し 友も無し
サーカスの華 おいらはピエロ
観客達は 大喝采
すべって 転んで ドジまぬけ
大入り 満員 みんなの笑顔




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
この詩 最後の五行を 入れるか 外すか 迷いました。
でも ピエロを見ていると いつも悲しく思えてしまうんです。 それは 私だけなんだろうかと・・
だから 
いつも笑わせてくれるような 笑顔の素敵な人ほど こんな悲しい過去があるような気がして・・
だから やっぱり最後の五行を入れる事にしました。

この曲が大好きです。
最初聞いた時衝撃を受けた なんて悲しい歌があるんだと・・
大好きな花 菜の花が歌詞に入っているからもあるのかもしれない。
そして 今でも なんだか心が淋しいとき ときどき聴いています 
以前書いた もしも私が死んだら その時にかけて欲しい曲の 3曲のうちの1曲なんです。

それと、番外ですが・・この詩でお知らせを含みますが、200回投稿になりました。
皆さんの応援のおかげですね、こんなに長く続けられるとは思わなかったから。
本当にありがとうございます、また これからもどうぞよろしくお願いします。雫。

関連詩(ナミダ つながり) 

悲恋詩 2008-04-11 Fri 05:57 「きみの 涙が 爪痕に 沁みる・

この作品で使用している写真はフリー画像素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 悲恋詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「受け止めてあげるね」
2009-01-21 Wed 00:00

eyes0187d_20090120234745.jpg



「受け止めてあげるね」




受け止めてあげるね

何もかも全てを

なにがあっても・・・




きみの生き方 

わがままじゃないよ 

もっと自信もって 前を向いて いけばいい




ポン と 

背中 押して あげるよ

スタート 下手みたいだから・・・ね




さあ

勇気をだして 

歩き出せばいいよ




まっすぐ 振り返らずに 自分の歩幅で 歩けばいいから




心配なんて 何も いらないんだよ

きみが きみの 進みたい道を

信じて 歩くだけ




だから

怖がらずに

自分を 信じる事から 始めてごらん





さあ

勇気をだして 

一歩 踏み出して ごらんよ




もしも 壁に阻まれて 闇が包んでも

そんなときは 思い出して欲しい

わたしを




なにがあっても

何もかもすべてを

受け止めてあげるね・・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記2017/01/14
PVを 熊木杏里「心のまま に変更しました。

追記
この写真も とても お気に入りなんです。
なんだか 色んな事を 示してくれているようで・・。
以前も使った、そして今回も。さぁ 飛び立って 欲しいな・・。
音楽、今から捜します。見つかったら載せますね。雫。


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「きみは ひとりじゃないよ」
2009-01-19 Mon 00:00

ha_083.jpg



「きみは ひとりじゃないよ」




きみは ひとりじゃないよ

きっと

誰かのために 生まれてきたのだから




きっと きみが 困った人や 悲しんでいる人に

きみにしか 言えない言葉で 助けたり 励ましたり

勇気を与えたり 希望をあたえたこと あったはずだよ




きみにしか できないこと きっと しているはずなんだよ

だから 心配なんか しなくていいよ

だから もっと 胸張って いいんだよ




きみは

気づかないだけなんだ 

なにもできない なんて そんなこと ないんだよ




誰かの 一言で 

きみが 救われたことが あるように

きみの 一言で 救っているんだよ





でもね

悲しくて たまらないときは 

泣いたらいいんだ



掌に いっぱい ナミダが流れたら

自分に 言ってあげたら いいんだ

こんなに がまん していたんだね って



ナミダは 

きみに ありがとう って 言うよ



そして 

困らせて ごめんね って 消えていくんだ




だから 泣きたいときは 泣き虫になって いいんだよ




気が付いたら きみのそばに 誰か居るよ

気が付いたら 誰かの傍に きみが居るよ




助け合い 励まし合い 生きて行く人が きっと いるんだよ




それを 一番知っているのは 

きみ だから・・




人は とっても 淋しがりやだ って こと 

知ってるはず・・





きみはひとりじゃないよ

きっと

誰かのために 生まれてきたのだから・・




そして

きみのために 生まれてきた人が

必ず いるからね・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記
迷いに迷って、載せる事にしました。
また没にしようかと、思っていたので。きっといつか手直しすると思います。

この詩はたまたま、他の曲を探していて、「しあわせの予感」を発見。
とてもいい曲で、いい詞だったので、何度も聴いて出来た詩です。ぜひ聴いてください。雫。

関連詩(ひとりじゃない 繋がり)

希望詩 2008-02-28 Thu 22:11「きみは ひとり ぽっち なんかじゃ ないんだよ

この作品で使用している写真はフリー画像素材「フリー素材屋Hoshino」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「ねこ ねこ こねこ Ⅱ」
2009-01-17 Sat 00:00

NEKO151_convert_20080425041941_20090116213528.jpg



「ねこ ねこ こねこ Ⅱ」




こねこが うまれた 5匹だよ
白 黒 茶 三毛 虎ねこだ
みんな かわいい こねこだよ
おやねこ たまは がんばった



ねるとき いつも いっしょだね
かるくて ちいさい ほんとにいるの
くっつき ねるから ねがえりできない
まっすぐ ねるくせ ついたみたい



でもね でもね しんぱいひとつ
ねこずき かぞくで ぼくひとり
ぼくの ごはんを あげていた
五匹じゃ たりない どうしよう



きゅうしょく ともだち パンきらい
こねこに ちょうだい もらったよ
がっこう がえり ともだちみんな
てには いっぱい パンがある



PICT0009_convert_20080516111104_20090116213914.jpg



でもね でもね やっぱりだ
こんなに たくさん かえないと
でもね でもね えらべない
あげる こねこを えらべない



いえの よこに あおいかみ
こねこ あげます はりがみあった
だれも こないで いのったよ
やぶって すてたら よかったな



白が だれかに もらわれる
みゃぁ みゃぁ と ないてるよ
ぼくは さいごに あたまなぜた
なみだ ぽろりと ながれたよ



黒が ほしいと もらわれる
みい みい と はなれない
ごめんね そばに おけなくて
ごめんね 黒よ しあわせに 




PICT0007_convert_20080516111037.jpg




おやねこ たまが さびしそう
のこった 三匹 はなさない
ぼくが いえの しゅじんなら
みんな かって あげるのに



茶ねこが いなく なっている
ぼくが いえに かえったら 
さよなら いわずに あげたんだ
たまと こねこを だきしめた




のこった こねこは いつまでいるの
にひきは ひざから おりないよ
たまも  くっつき はなれない
みんな いっしょに ないてねた



おこった ぼくは かんがえた
がっこう いったら いなくなる
がっこう いかない ねこあげるから
あげない やくそく してからだ



PICT00161.png




ともだち おうちに やってきた
せんせい おうちに やってきた
ごはんも たべない ストライキ
がっこう いかない ねこのため



こまった かぞくが そうだんしたよ
こねこ にひきを のこすこと
きまって うれしくて ほうこくしたよ
たまも こねこも わらったよ・・・



ねこ ねこ こねこ
うまれた こねこ なまえを つけた
三毛の こねこは ミミにした
虎ねこ こねこは ケンにした



ねこ ねこ こねこ
やっと いっしょに くらせるね
黒 白 茶は げんきかな
ゆめで いっしょに くらそうね・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



大谷育江さん-「Pikachuの聲優」 おまけ  私、大大大フアンです。
「ポケモン」(ピカチュウの声優さん) ほか 『ONE PIECE』(トニートニー・チョッパー役 など

一時体調を崩されて休業されていましたが、今は復帰されています。おめでとうございます。
チョッパーの声、大好きです。まさにはまり役です。目の前でチョッパーの声が聞きたい。
サインも、欲しい。握手も、メアドもww
 これからのご活躍を心から、願っています。雫

追記
事実も含めたお話です。
結局、書いたように、家に残されたこねこは、二匹でした。
家の横に貼ってあった紙を、本当にはがしたらよかったとも思いました。

でも、その紙を見て、見たいと言う人、来た家族の人が、みんないい人たちで・・
それだけが、本当に救いでした。猫好きな人は、私にもつたわてきましたから・・。
「可愛がってもらえよ」と、何度も頭を撫ぜました。でも、本当に淋しかったですね。

いつか、たまが こねこを産んだときの事を書きたいと思っています。雫。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。

★ 猫恋詩「ねこ ねこ こねこ Ⅱ」の続きを読む
関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「ねこ ねこ こねこ」
2009-01-16 Fri 00:00

NEKO31_convert_20080425041852_20090115225159.jpg



「ねこ ねこ こねこ」



ねこ ねこ こねこ
うまれた こねこ なまえは まだない
だから いまは
ねこ ねこ こねこ



ねこ ねこ こねこ
かわい すぎて なまえを まよう
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ



はじめて よちよち あるいたよ
ぽてんと みぎに ころんだよ
うえを むいて あくびした
なにを しても かわいいな



ぼくの はなを なめている
ざらざら したが ちょっぴり いたい
おいしく ないのに なめまわし
ふん と あきて しらんぷり



NEKO231_convert_20080425042005.jpg




いまは まだまだ てのひらサイズ
できたら このまま おおきくなるな
こんやも いっしょに おねむしよ
むねに ちょこんと まるくなれ



あさだぞ おきろよ みみもとで
かみかみ なめなめ おこしにくる
ミルクか ごめんね さぁあげよ
いっしょに たべたら おいしいね



ひるは さんぽの じかんだね
ポッケに いれて こうえんへ
はと と すずめを おいかけて
つかれて ぶらんこ ひとやすみ



からすが きたので おおあわて
ふわぁーと ないて いかくする
じゃ ひとりで いけと せなかおす
にげて ぼくの ひざまくら



NEKO151_convert_20080425041941_20090115225942.jpg



おうちにかえって おやつの じかん
アイスが いいな あついから
じゃ と おおもり あげたんだ
はなから たべて くしゃみした



ものほし いって ひるねだよ
ほしてる ふとんに くるまって
みるゆめ なぁに きかせてね
かわいい ねがお てんしだな



おきたら たのしい ばんごはん
ちょこんと ひざを せんりょうだ
はい あげようね ちいさくしたよ
ぺろんと ひとくち つぎはまだ



てれびを みようね なににする
どうぶつ おうこく みたそうだ
まんまる ひとみ もっとおおきく
よんでも しんけん へんじなし



PICT0020_convert_20080516111124_20090115230025.jpg



あしたの てんき どんなかな
よぞらを いっしょに みにいった
ほしが すくない くもりかな
みやーん と へんじ そうだって



いつまで そばに いれるかな
いつか だれかに もらわれる
ぼくの そばから はなれない
ぼくも そばから はなさない




ねこ ねこ こねこ
かわい すぎて なまえを まよう
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ



ねこ ねこ こねこ
なまえ つけたら こころが うつる
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



関連詩 (こねこ と小学生繋がり)

2008-06-03 Tue 03:32 猫恋詩「僕と子猫とランドセル

追記
我が家に小猫が生まれたときの情景を詩にしたものです。
全部で五匹生まれた。。。。。
ちいさくて、愛らしくて、いつも一緒に、起きて遊んで寝た・・
このとき、五匹と一緒に寝たので、寝返りをうたない、うてないww癖がついたようです。

でも、
心配だったのは・・五匹全ての猫と、いつまでも一緒に暮らせないだろう・・と、いう不安も・・
小学生時代の時の、楽しく懐かしい、こねこの物語です。雫。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。


関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「泣かされちゃった」
2009-01-14 Wed 00:00

sennitiko03_convert_20090113231724.jpg



「泣かされちゃった」




「おまえの 何処が好きか 知ってるか?」




突然に そんな事言い出した

そんな事 急に聞かれても わたしの口から 言えるわけ無いじゃない

きみに

言って欲しい

そんなことさえ わからないの って 唇尖がったかも・・




どこなの?なんて・・言えるわけ 無いじゃん 黙って待つしか

そんな 女心も 分かりもしない この鈍感 馬鹿



でもさ

ぶきっちょで 照れ屋で ハニカミ屋なのに

そんな きみが 言うから

まさか そんな 事 言うわけが無いと思っていたから

その まさか が 突然

大好きな きみから 言われたから 

あたしの心臓 バクバク言ってるの 聞こえるんだから・・恥ずかしいぐらいに・・




ねぇ 早く 言ってよ もったいぶらないでさ

ねぇ 馬鹿 嬉しくて 死んじゃうかも しれないから 早く

ねぇ 耳をすませているんだから 心に刻み込みたいから 言ってよ

ねぇ まだなの




また 悪戯して からかって 嘘だよ なぁんて言ったら 殴っちゃう

絶対に 絶対だから 

ボカボカ なぐっちゃう 

でもね 逃げて 帰っても 追いかけてね




まだ・・な・・の・・

倒れそうなんだから 期待してない って 顔している その間に 早く 言ってよ




どこ?

耳? ちっちゃい から・・って 言ってた 可愛い?って 意味だったの?

唇? 見つめていた ドキドキ 早く奪ってよ って 待ってんのに 横向いたよね

えくぼ? 指でつついて 遊んでいた その後は 何もない 期待してんのに さ

まさか? 胸 お尻 このぉ Hなんだから って キスも まだだったよね




え~ わからないよ

あ 

意識が薄れそうなんだから 

呼吸困難 倒れて 救急車呼ばれたら どうしよう・・





に こ って 笑った




そして

言ってくれた





誰にも 言いたくない

だって もったいないんだから

秘密

一生の宝物に するんだ

大切な 記念日にするよ

その言葉 想い出して 嬉しくて なんども 繰り返して 心に刻むの

きみが 言ってくれた 言葉の宝石箱に 大切に仕舞い込むの




あ 



どうしよう



ナミダ 流れちゃった




嬉しいから 嬉し過ぎるから 

馬鹿





大好きな きみに・・





泣かされちゃった





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



関連詩(純愛美しいナミダ編つながり)
純愛詩 2008-01-21 Mon 21:19  「きみが住む町



追記
最初予定していた詩を、また変更で大慌てww
書いたのはいいけれど、気に入った写真を捜すのが大変。
花言葉にも今回は特に拘りたかったので。やっと見つけて、言葉もとてもいい。
花言葉は「変わらぬ愛」「不朽」「変わらない愛情を永遠に」 (ストロベリーフィールド)「永遠の恋」。
こんな、ナミダだったら いくら 流れても いいはずですよね。ww。雫

すいません、花の名前を書こうとして、忘れていました。
センニチコウ,せんにちこう(千日紅)、ストロベリーフィールド です。
千 日 紅い 永く恋や愛が続いたらいいですね。雫。

追記17/01/16
消えていたMV発見。嬉しかった。ブログに貼ります。
出逢った頃のように (Every Little Thing) 、詩もすこし変更。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 女心詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「ナミダ に・・」
2009-01-11 Sun 00:00

eyes0208_20090110213642.jpg



「ナミダ に・・」




ナミダ 

ポロリ と ひと雫

きみの

頬を 伝って 流れおちた




きみが ぼくに

見せたくなかった ナミダ 

我慢していた ナミダ 





きみの 心 見えたよ

いじらしく 我慢していた 淋しさを

言葉ではなく 伝えてくれた ナミダ 




ごめんね




一言だけ 

でも それ以上

何も 言えなくなって しまった




離さない 

離したくない 




きみを 抱きしめていた




泣き虫は きみだけじゃ なかった

熱く こみあげる ナミダ

ポロリと 流れた




ぼくの ナミダ 見られないために

きみを 抱きしめたんじゃ ないよ




もう 離さないと 決めたから

きみの ナミダ 

悲しい ナミダ

もう 二度と 流させない



きみの ナミダ 忘れないために

ぼくの 心に 刻みつけるために

悲しみを 忘れさせて あげるために

淋しさを 思い出させない ために





ナミダ に・・




くちづけ してあげる





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
関連詩を載せだして、読んでもらえて、本当に感謝です。
私の座右の銘は「光 無きものに 光を」(自作)なんです。
だから、詩自体は古くないのに、過去に掲載したというだけで、忘れ去られているようで・・
読んでもらっていない人もいるはずだし、もう一度読み返してもらったら、きっと光が当たると。雫。


関連詩(ナミダ繋がり)

恋結詩 2008-06-05 Thu 04:27 「俺の返事

優心詩 2008-03-11 Tue 19:50 「ボクニ クダサイ キミノ ナミダ ヲ

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「ちゅ」
2009-01-10 Sat 02:46

「ちゅ」 




どしたの どしたの げんきがないぞ

しんぱいだから そばにいこ

いっしょに ここに いてあげる

ふたり くっつき あったまろ




なんでも いいなよ ぼくにだけ

ひみつは まもるよ ともだちだから

はずかし がらずに いっちゃいな

ないて がまんは さみしいぞ




げんきを あげるよ きみにだけ

はずかしいから めをとじて

ぜったい だれにも ひみつだよ

じゃぁね じゃぁね 






ほっぺに ちゅ




eyes0409_20090110015330.jpg


作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
写真を見つめていたら、こんな詩にww
笑わないでくださいね。いたずら小僧はそのまんまですねww

関連詩(ともだちをテーマに書いた繋がりです)
良かったら、読んでくださいね。自分でも懐かしいな、って 思っています。
二番目の「真っ黒 くろすけ」は、私の小学生時代の実話を詩にしたものです。
淋しがっている過去詩にも、光をあててみたいのです。コメント応援待ってます。雫。

優心詩 2008-04-07 Mon 01:01 投稿 「かさぶたくんは きみのそばに 居るよ

優心詩 2008-04-05 Sat 19:49 投稿  「真っ黒 くろすけ

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3