悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「見えない布団」
2008-12-20 Sat 10:33

PICT0020_convert_20080516111124.jpg



「見えない布団」




ある夜 運命 出会いの時は 

小さな 箱に ひとり ポツン

寒空 みぃ と 鳴いていた  雨に うたれて 泣いていた

震える体 凍えた心 ぼくが 守ると 決めた夜

一粒 涙を 見せたよね 

ありがとう って 零れ落ちた





今では 元気に 飛び撥ね遊ぶ 

ティッシュは ビリビリ 部屋撒き散らし

書類を持ち去り 秘密部屋 隠して 困らせ 泥棒ごっこ 

悪い奴だと 刑事になって 追い掛け回して さぁ 捉まえた

嬉しそうに 胸の中  

逮捕 されるの 好きみたい





静か過ぎて 心配だから 捜して見ると 部屋の隅

まぁるくなって 自分の 腕で 腕枕

覗きこんで 顔見たら 

寝顔が ありがと 言っている 

こっちも ありがと 言ってみた

ちいさな 命 同じだね ぼくも生きてる 助け合ってる





遊び疲れて ぐっすり眠る 静かな寝息が 聞こえるね

見えない 布団を かけたげる 特別 特製 きみ専用

上等 羽毛じゃ ないけれど 温かさは 折り紙 つきだよ

ぐっすり おやすみ いつまでも ここに いたら いいからね

いついつまでも 守ってあげる 

見えない布団を かけたげる





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村




追記
別の詩を書いていて
大体出来たので、写真を捜していて、この写真を見つけ・・
全く違う詩を書いてしまいました。ww
ジブリ作品、本当に好きなものばかりです。
でも、特別に一番と言えば、「魔女の宅急便」ですね。雫。

いつも訪問・応援v(*^ー^*) ありがとぅございます♪
時間があまりなく、更新もまばらなので、過去詩をお休みの時にブログに戻して居ます。
現在88詩ほどです(今まで公開していた過去詩は、全170詩ぐらいです)
自分の軌跡です。時間がある時は、そちらもぜひ読んでコメント頂けたらとても嬉しいです。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3