悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩「線香花火」
2008-07-24 Thu 00:32

eyes0885_20080724000012.jpg



「線香花火」



ちいさくて

儚げで

そして 美しく 咲く



闇夜に 大輪の花を咲かせる 

何万人の人に 見上げられる花火ではなく


ひとりの手に そっと 携えられて

ひとりだけの手の中で そっと 小さな 光を灯す



松葉 

柳 

散り菊 

牡丹 



小さいけれど 光の花を 咲かせていく

そして 

静かに その使命を終える・・



一生懸命に 花を咲かせている きみを 見ていると

人間のくせに 

でっかいくせに 

何を くよくよ 悩んでいるんだろうと 

すまない 気持ちに なるよ



ありがとう 

きみの 生きざまを 

見せてもらったような 

教えてもらったような 気がしたよ・・



いつまでも

その 美しい姿を 夏の夜に 見ていたいな

いつまでも・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真は
フリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

★ 生命詩「線香花火」の続きを読む
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3