悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
希望詩「何度でも」
2008-07-21 Mon 20:59

eyes0503.jpg





「何度でも」




あかんかったら 何度でも やり直したえら ええんや



何 しょぼくれてるねん

下 見てばっかり 

俯いて 歩いていたら 転ぶぞ

前 見て 

真っ直ぐに 一歩ずつ 歩いたら ええんやから




一人ポッチ や

なんて 思ってない?

友達 いてへん 

仲間も いてへん

そう思ってない?

そら そうや 自分で 友達 仲間 作りに 行けへん からや



ひとり より ふたり 

友達 仲間を つくりに行け

そいつ かって 

ひとりで ポツンと 居てるんや

声かけてみ 

ども

でも

やぁ

でも ええやん

丁寧に 初めまして でも ええやん




でもな

慣れへん言葉 使うて 舌かまんようにな




心配せんでええ 

それだけで

もう

友達 仲間

できたやん





おれ わたし

泣き虫やから あかんて  

なに言うてんねん




そんなん みんな 同じや

悔しくて 何度も 涙 流してるんや

誰も そんなこと 言わへん

決まってるやん 恥かしいからや 

でも 友だちに だけは 自分を 見せても ええんと 違う?!




空 

雨降らして 悲しいって 言ってる時も あるやろ

晴れの日ばかりやあらへん

同じやねん

誰でも 嬉しい事も 悲しいことも あるんやから

心配せんでも ええ みんな 同じや





傍にいてくれる人 大切にせえへんとあかんで

叱るのは きみのためや 

心の底から 心配 

大切や って 思ってるからや



それが分かった時

「ありがとう」 の 言葉 

真正面から 言えなくても ええやん

恥かしくて 横向いて ボソッと 言っても 

ちゃんと 分かってくれるから



その人も



きっと 返事なんか せえへん 

そんなん 決まってるやん

嬉しくて 

嬉しくて

同じように 横向いて 知らん顔 してる





言葉は 大切

でも

心の方が もっと 大切

だから

通じるまで 諦めたら アカン




生きていくことは

道無き道を 歩くのと 同じや

道は 真っ直ぐばかりやあらへん

曲がりくねって 折れ曲がって 

上がったり 下がったり 塞がっていたり 穴ぼこだらけ なんやから



困ったとき 悲しいとき 淋しいとき・・

何度でも

何度でも

俯いても いいから

その度に すこし 顔 上げて

自分の進む道 見つけられるように 生きて行ったら ええんや



だから・・


がんばりや


おまえやったら


できる


ぜったいできる


あかんかっても 何度でも やり直したえら ええんやからな・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



22017/03/01追記
詩・言葉を追加しました、懐かしいです。雫。。


失敗は いっぱい しなさい

恥は いっぱい かきなさい

みんな そんなことの繰り返しで 大人になったんやから

どどんと 恥かいてこい!

雫は お前の 友だちのひとりやからな・・


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫



 

ことば

長い間お休みしてすいませんでした。
みなさん、お体は大丈夫ですか?

暑い日が続いていますが、健康には注意してくださいね。
ちょっと暑いな、って 思ったら 日陰で少し休んで、
水分補給、必ずしてくださいね。


休んでいる間にも、本当に悲しい事件が続いています。
何故?と、結果の後、当然のように言われる言葉ですが・・
必ず原因があり、その結果があるはずです。

その、何故?を、見過しているか、見逃しているか、ではないのかと・・思います。
追い詰められていることに気づかない、追い詰めていることに気づいて居ないのでは?と。

そんな事ぐらい?
その原因が分かったとき、殆どの人がそう思うような気がします。

でも・・
当人には、きっとそうではないのだと。
そんなことぐらい?は・・
高い壁であり、乗り越えられないものだと、決めつけてしまう・・


もし・・
勉強ばかりすすめる親、そして、期待に応えようとする子供。
勉強が親の期待通りに出来ないとき・・その子供は、どうなるのだろうか?
勉強ばかりが人生ではない、そう言いたいのです。
自分の進むべき道は自ずから決めるものなのだと、親が決めるものではないと。


もし・・
期待通りに勉強の出来る子、出世街道を進んだ子・・
その結果はどうなるのだろうか?

勉強しか出来ない子であり、負ける事を知らない優しさのない人に育つような気がしますが・・?
それが今の世の中・・そのままになっているように思えます。

これは
あくまで私の心にずっと引っかかっている事のひとつです。 雫。 。

   2008/07/21 20:50  

★ 希望詩「何度でも」の続きを読む
関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3