悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
心痛詩「壊れたカブトムシ」
2008-07-08 Tue 23:30

eyes0091.jpg



「壊れたカブトムシ」


都会の親子が お買い物
百貨店に 行きました

おもちゃ売り場の 片隅に
カブトムシが売っていた


小さな子どもが おねだりで
カブトムシを 買いました

綺麗に包装 リボンもつけて と 
店員さんは 困った顔で言われるままに


家に帰って 箱開けて
電気赤々 照らして観察

動いているよと 子どもが笑う
親は すっかり 自慢顔


ある日 気がつきゃ 止まってる
これは 故障だ 不良品

早速 百貨店に 文句を言った
直してください 責任持って


店員さんが  聞きました
お水は? ご飯は? あげました??

都会の親子は 顔見合わせて
電池が切れたと 思ったと


都会じゃ 買うと 言うみたい

田舎じゃ 飼うと 言うのにな・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
この詩は5月に書いて、いままで没にしていた詩です。
出すかどうか?迷ったのですが、この時期に出さないと意味が無いと思い、今日に。
もうすぐ夏休み、暑い、長い夏がはじまりますね・・・皆様体調に気をつけてくださいね。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:29 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3