悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
方言詩「甘えん坊の 瞳に ナミダ」
2008-07-29 Tue 00:00

e94e5e7401.jpg


「甘えん坊の 瞳に ナミダ」



あんたのこと むっちゃ 好っきやから ごめんね

うち 甘えてしまうねん



あんたの

優しい気持ち 知ってるから かな・・

だから 甘えるん かな・・



いっつも 反対ばかり 言うてしもうて

素直になれんくて

反発して



あんたが 怒った顔 見せたとき

喉の奥まで 出かかっている

「ごめんね」が 言えへんねん



いつも 怒らせてしもうた

だから もう あんたに 何もでけへんから 

好っきやから 正直に 言っておこう って 思ってん



「うち 馬鹿やねん なんも でけへんし・・」


そう 言ったら

「そんなこと あらへん お前は ごっつ ええ やっちゃ」





・・・




なんで そんな 泣かせること 言うん



また 天邪鬼になってしまうやん




「あんた 知らんだけや うち ごっつ 悪い子やねん」





言ってしもうた・・



そしたら



怖い顔して 見たから・・

きっと 怒られるんやと・・


「お前は おまえや 他の誰でも あらへん そのままの お前の全部が 好きや」



そう言って そのまま 抱きしめられた










痛い・・




むっちゃ 痛い・・




きつく 抱き 過ぎや・・





でも 


離したら アカン


ぜったい 離さんとってな・・




なんゃろ むっちゃ ナミダ でてくるわ・・


夢と 違うん?


夢なら 醒めんとってな・・って 心で 何度も 繰り返してん



「こんな・・ うちでも・・ ええん・・?」



「なんども 言わせるな・・」



夢と ちがうんや・・

ホンマやねんな・・




甘えん坊に なっても ええねんな・・


「うち がんばる もっと ええ子に なるさかい だから・・離さんとってな・・」



・・約束やで・・




甘えん坊 

ちょぴり 素直になって 天邪鬼 消えて

しがみついて いた・・



流れた ナミダ・・

ふたりの 未来を 示すように  

きれいな 茜色に 染まって・・いた・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 方言詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「ポンコツだって 心があるよ」
2008-07-28 Mon 00:00

eyes0162q.jpg


「ポンコツだって 心があるよ」



みんなも 最初は 新品だった

でもね いつかは 古くなる

産まれて すぐに お仕事で  休む 間もなく お仕事で

疲れた なんて 言えなくて スイッチ ひとつで 起こされる

休む 間もなく 働かされた



いつかは どこかが 悪くなる

ポンコツ だから もうだめだ そんな 声が 聞こえたら

「ありがとう」の 一言もなくて 捨てられる



一生懸命 働いて

壊れて ポイで おしまいだ

雨が降っても 野ざらしで 冷たいね なんて 誰も 聞かない



でもね 

ある日 カメラをもった 人がきて 

ぼくたちを見て 写真を撮った

ほんとは ものすごく 悔しくて

何で 撮るんだ って 怒ったよ

だから みんな 泣いたんだ 悔しくって 泣いたんだ



でもね その時 気がついた

別の泣き声 聞こえてきたんだ

写真を 撮って 泣いている その人の 心の ナミダ 聞こえたよ

ぼくらのために 泣いている 

泣きながら 撮ってくれている



初めて 分かった 気づいたよ

心で 撮って くれたんだ

泣いてくれて ありがとう

分かってくれて ありがとう



出来たら もひとつ お願いが 

あるんだけれど 聞いて欲しい



綺麗な花も いいけれど 萎れた花も 撮ってあげて

道に落ちてる 落ち葉のナミダ 最後のナミダも 撮ってあげて

折れた枝 手折られて 痛いと泣いてる 泣いてる枝も 撮ってあげて

美しいだけじゃ 無いものにも 全てに心が あるように みんなの姿を 撮ってあげて




命の 最後を 撮ってあげて



そして 最後に 写真を撮ってくれて 「ありがとう」

これで 悔しく泣かなくて もう済んだから 「ありがとう」

カメラで ぼくらの最後の 願いを 撮ってくれて 「ありがとう」 ・・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫



この詩の、姉妹詩と言える詩が
心痛詩「うち なんで こんなとこに おるんやろ?」 です。
02/02にブログに載せました。
暗い詩ですが、たくさんのコメントをもらって感激した事を未だに覚えて居ます。
そして、この写真を撮ってくださった「EyesPic」さんにとても感謝しました。その温かな視線に。雫。



「プィ 2」など、コメントのお返事をまだ書いて居ません、日曜、夕方から寝てしまって。
今からお返事を書きますね、コメントを頂いた方、遅くなってすいません。

★ 生命詩「ポンコツだって 心があるよ」の続きを読む
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「愛情はケチったら アカン」 お母さん そして 母になる女性へ
2008-07-26 Sat 00:00

eyes0438jj.jpg




お母さん そして 母になる女性へ

「愛情はケチったら アカン」 



愛情はケチったら アカン 

とことん 最後の最後まで 面倒見やな アカン

あんたしか 居てへんねん 他の誰が 居てるって言うねん




ちょっと ぐれて 不良になって 

言う事 聞かへん って

それで 出来の悪い子や って 見捨てたら アカン




あんたが 産んだんやろ?!

自分の命をかけて 

この世に迎えてあげたんやろ 送り出してあげたんやろ




それなのに 何や!

なにも せえへん ほったらかしで

産んで しまいと 違うんやで



なにも せえへん 知らんぷり

それが 本当の ケチ って 言うねん

愛情を 出し惜しみ してたら アカンやろ!




自分の 命以上に 大切な 子供なんやろ?

ちゃうん?

自分の子供以上に この世に 大切な命 

あるん?

自分の子供を 守る者 叱る者 は

あんただけやろ




他に そんな人 あるはず 無いやろ!!

ぐれても 不良になっても 出来の悪い子や って 言われても

あんたの子や

あんたの 血を引いてるんや

目を離したから 真剣に叱らんから ちゃんと手を繋;がんから こうなったんやろ!




あんたが 命がけで 叱ったら きっと 分かる子や

ナミダ流しながらでも ええ  ちゃんと目を見詰めて 言うたら ええねん

きっと 分かってくれる




だから お金は ケチに なっても ええけれど

愛情を ケチったら アカン




ええな

ほな いまから あんたの子供 一緒に どつきに行こか!




え?

あかんて?

よう どつかんて?





泣きながら どついたら 世界一の ボクサーよりも よう 効くんやで

その パンチを 出せるんは あんただけや




根性出したれ

ほな きっちり 

おでこ どついて あげよな




なんで おでこ どつくか 分かるか?

おでこは 硬いねん 

しやさかい どついたほうも 痛いねん




どっちも 痛い思いをして 

初めて お互い 目が醒めるんや

これが 愛情や!




名づけて 

関西名物 

「愛情パンチ」や




愛情は ケチったら アカン

見捨てたら アカン のや

自分の 命よりも 大切な我が子を 守って いこな






一生やで・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



補足 関西弁(標準語に訳しています)言葉の意味

なにも せえへん(何も しない してあげない) 
ほったらかし(何の世話もしないで そのままにする)
しまい(お終い 終わり)
ちゃうん?(違うの?)
あるん?(あるの?)
他にも、ここがわかりません?と、コメント書いてくれたら説明します。雫。

追記 23:19
この詩は2008/07/26 に更新した、過去詩です。
過去詩を数件載せたのですが、自分らしさ、ブログの最初の作り出した時の夢・・・。
それらしい詩を、今日は読んで欲しくて、この詩が自分らしいなと、選んで見ました。
反論、暴論、いろいろ思われるでしょうが、私の純粋な気持ちで書いた事だけは間違いありません。

本日も仕事で、さっき帰ってきました。
明日から来年1月4日まで、長期のお休みになります。嬉しいです。
いつも早朝出勤、深夜帰宅なので、更新も訪問・コメントも出来ませんでした。
この期間だけは、何とか皆様への感謝の気持ちを込めて、更新?訪問をしたいと思っています。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫<


p align="center">

追記2017/01/11
もともとは、追記の2枚目のページに「ことば」として
書いていたものを、詩のところへ移動させました。
見逃されえも、と今迄は思っていたのですが・・読んで頂きたいと表に。雫。。

ことば



言い足りない事 書き足りない事

まだまだ たくさん あります

でも 伝えたい事 伝えなければいけない意味は 分かって欲しいと



こういう詩や ことばは

誤解されると とても 困ってしまいます

暴力などと 曲解されても 極論で話をされても 



だから とても 気を配りながらも 書いたつもりです

開き直るつもりはありませんが

分かる人には 分かる 分かってくれる 分かってもらえると

そう 信じて 書いた詩です




もう何年も前の話ですが

どうしても 忘れられない エピソードがあります

テレビだったのか? どうか それさえも 記憶が不確かですが・・



ある 暴走族の息子を持つ 母親の お話でした

その 息子さん自身の 語りだったと 記憶していますが・・



いつものように 暴走族の集会に 家を出ようとしたところ

母親が その 息子の前に 立ちはだかった 

「皆様に これ以上 迷惑をかけるな どうしても 行くというのなら 私を轢いて 行け!」




母親は 涙を流しながら 一歩も 引かない 決心を 見せた

ちっぽけな 体の 母親が 

でっかい 息子の前に 立ちはだかった




・・・・



その息子は 目が覚めた 

母親が 真剣に 自分を思って言ってくれる言葉 自分の事を心配している事に

初めて気がついた 

ありがたく そして 自分は 立ち直る決心を したと・・





誰でも ちょっとしたきっかけで 色んな方向に進むことがあります

私は この人が 道を逸れたとは 思って居ません

また 真直ぐな 道を 進むだけが いいことだとも 思って居ません



だいたい 道なんて 一本とは 限ってもいないし

途中で 間違えたと気づいたら 何度でも 進み道を 変えたらいいだけのこと

真直ぐで 平坦で なだらかで 一生の間 何も障害が無い道なんて 誰にも無いのだから・・



そう思います・・

また 逆に 親の言う事を聞いて そのまま進むのも どうかと思います

そんな 自己も持たない 考えも持たない人は 頼りなくて 伴侶には向かないとも



せっかくもらった 命 

途中で 間違いだと 分かったら 恥ずかしがらずに 直したらいいだけ

自分の人生 自分で 決めろよ! 

そう言いたい・・




その ちいさな 手伝い

その おおきな 手助けを するのが

自分の命を かけてまで 産んだ 母親だと 思うのですが・・




どんな やんちゃでも 母親には 弱いものだと・・

そして 毎年のように ちいさくなっていく 母親に 心配を かけるな と

言いたいのですが・・



おかあさんも 

もう一度 子供さんが 生まれた

その日の 感動を思いだして欲しい





ちっちちやい おかあさんは でっかいんだ




そう思っています。




おかあさん がんばれ





2008/07/26 11:11 雫。

 

/p>
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「あなたに 逢いたい・・」
2008-07-25 Fri 00:08
42740872.jpg






「あなたに 逢いたい・・」




「あなたなんて 大嫌い 」


そう 何度も 心で 繰り返す


優しくしてくれた 
でも いつも 怒られた

甘えようとして 
ちょっと 言葉を返しただけなのに

そのまま 受け止めて 
横を向いて 二人の部屋なのに いつも ひとりさせられた・・


甘えん坊で 
天邪鬼で 意地っ張りの 私だから 

叱ってくれたり 怒ってくれたり してくれたら
きっと なにも言えずに 胸に飛び込んだのに・・

そのまま
わたしを ぎゅっと 抱きしめて欲しかっただけなのに・・




いつも 
あなたと 逢った 土曜日

今は 
ひとり ぽっちの 土曜日

あなたの チャイムが 鳴る時間 
いつも 胸ときめかせていたのを 

意地を張って 強がって 

嬉しいのに 知らん顔していたのを
あなたは 知らない・・


ドアを開けたとき 
あなたに 嬉しそうな顔を 見られるのが恥かしくて

横を向いていたのを 
あなたは 別な方に とっていたみたい






ひとり ぽっちの 
今 

チャイムが鳴る時間 
ドアの前に立っていたり

ドアを開けて 外を見たり 
自販機の前でジュースを買う振りをしているの

四つ角から 
いつも来てくれた 道を見て あなたの姿を 探しているのを・・

あなたは 知らない・・


もう 忘れてしまったの・・?

「怒ってしまって ごめん」

それさえも 言わせてくれない・・




淋しいよ って 
ひとり 夜空を見上げて 言うの・・

ナミダ 一滴 
私の代わりに 慰めてくれるの・・


・・・きっと・・・ 
・・・あのひとが 来るよ・・・ って


月も そんな風に 私をみて 
優しく 微笑んでくれたような 気がしたの・・


月よ 
あのひとに 逢わせてください・・


願いを 架けて そう つぶやく 
何度も 何度も・・


もうすぐ また ひとりぼっちの 土曜日


「あなたに 逢いたい・・」


でも また 淋しい日になったら
きっと こう言うの・・


「あなたなんて 大嫌い」


って・・






私って 


噓つきだね・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記2017/01/17
写真が他の詩と重複していることに気がつきました。
写真素材 フォトライブラリーさんに変更しました。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。。

関連記事
別窓 | 女心詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「線香花火」
2008-07-24 Thu 00:32

eyes0885_20080724000012.jpg



「線香花火」



ちいさくて

儚げで

そして 美しく 咲く



闇夜に 大輪の花を咲かせる 

何万人の人に 見上げられる花火ではなく


ひとりの手に そっと 携えられて

ひとりだけの手の中で そっと 小さな 光を灯す



松葉 

柳 

散り菊 

牡丹 



小さいけれど 光の花を 咲かせていく

そして 

静かに その使命を終える・・



一生懸命に 花を咲かせている きみを 見ていると

人間のくせに 

でっかいくせに 

何を くよくよ 悩んでいるんだろうと 

すまない 気持ちに なるよ



ありがとう 

きみの 生きざまを 

見せてもらったような 

教えてもらったような 気がしたよ・・



いつまでも

その 美しい姿を 夏の夜に 見ていたいな

いつまでも・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真は
フリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

★ 生命詩「線香花火」の続きを読む
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
方言詩「たこ焼き LOVE」
2008-07-23 Wed 00:01

00404_B_convert_20080721181734.jpg


「たこ焼き LOVE」



関西の 恋って 

むっちゃ 真っ直ぐで 一直線で

駆け引きなんて どこにも あらへん  

走り出したら 止まらへん

好きになったら 命がけ 

カ ッコなんか つけへん つけられへん



一緒に居たい ただ それだけや 

それも 24時間 365日 毎日や

飽きる事なんて あらへんで 

めっさ 好っきや たこ焼き まんまの 恋やねん






熱い想い 包んでる 

引っ込み思案 この際 どっかへ 吹き飛ばして

この気持ち 想い  受け取って

燃える心 お前に 惚れて しもたんや

優しい笑顔 大好きや 

悲しそうな 顔 大嫌いや 俺にだけは 何でも話してくれや



出切る事を おまえのために したいだけ 

守るなんて 偉そうなこと よう言わん

ただ 傍にいて 淋しい気持ちを 

すこしだけ たこ焼き みたいに 温かくしたいだけや






お前に 惚れた 

俺の 恋って たこ焼き まんま そのまんま

ちっこくて 丸くって 黒くって 

かっこは ちっとも よくなくて 

キラリと光る ダイヤのように 

輝いている わけじゃないけれど



でも お前に 恋をした 

この想いは 誰にも 負けへん ぶつけるだけや

どこにでもありそうやけど 

どこにもない たった ひとつの 恋やねん






「愛してる」なんて 言われへん

照れくさすぎて 倒れてしまう

「好っきやねん」 ただ それだけや 

「一緒に 居てや」 ただ それだけや

おれは ちっぽけ つまようじ 

でも たこ焼きには 無くては いけない つまようじや



だから 一緒に 生きていこ 

暑い時は 一緒に汗かき 寒い時は 寄り添って

なぁ ええやろ たこ焼き みたいな 恋 

一生 続けて 行こな 約束やで 




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

 

この作品で使用している写真は「無料写真:ポケットの中のアルバム」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 方言詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「何度でも」
2008-07-21 Mon 20:59

eyes0503.jpg





「何度でも」




あかんかったら 何度でも やり直したえら ええんや



何 しょぼくれてるねん

下 見てばっかり 

俯いて 歩いていたら 転ぶぞ

前 見て 

真っ直ぐに 一歩ずつ 歩いたら ええんやから




一人ポッチ や

なんて 思ってない?

友達 いてへん 

仲間も いてへん

そう思ってない?

そら そうや 自分で 友達 仲間 作りに 行けへん からや



ひとり より ふたり 

友達 仲間を つくりに行け

そいつ かって 

ひとりで ポツンと 居てるんや

声かけてみ 

ども

でも

やぁ

でも ええやん

丁寧に 初めまして でも ええやん




でもな

慣れへん言葉 使うて 舌かまんようにな




心配せんでええ 

それだけで

もう

友達 仲間

できたやん





おれ わたし

泣き虫やから あかんて  

なに言うてんねん




そんなん みんな 同じや

悔しくて 何度も 涙 流してるんや

誰も そんなこと 言わへん

決まってるやん 恥かしいからや 

でも 友だちに だけは 自分を 見せても ええんと 違う?!




空 

雨降らして 悲しいって 言ってる時も あるやろ

晴れの日ばかりやあらへん

同じやねん

誰でも 嬉しい事も 悲しいことも あるんやから

心配せんでも ええ みんな 同じや





傍にいてくれる人 大切にせえへんとあかんで

叱るのは きみのためや 

心の底から 心配 

大切や って 思ってるからや



それが分かった時

「ありがとう」 の 言葉 

真正面から 言えなくても ええやん

恥かしくて 横向いて ボソッと 言っても 

ちゃんと 分かってくれるから



その人も



きっと 返事なんか せえへん 

そんなん 決まってるやん

嬉しくて 

嬉しくて

同じように 横向いて 知らん顔 してる





言葉は 大切

でも

心の方が もっと 大切

だから

通じるまで 諦めたら アカン




生きていくことは

道無き道を 歩くのと 同じや

道は 真っ直ぐばかりやあらへん

曲がりくねって 折れ曲がって 

上がったり 下がったり 塞がっていたり 穴ぼこだらけ なんやから



困ったとき 悲しいとき 淋しいとき・・

何度でも

何度でも

俯いても いいから

その度に すこし 顔 上げて

自分の進む道 見つけられるように 生きて行ったら ええんや



だから・・


がんばりや


おまえやったら


できる


ぜったいできる


あかんかっても 何度でも やり直したえら ええんやからな・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



22017/03/01追記
詩・言葉を追加しました、懐かしいです。雫。。


失敗は いっぱい しなさい

恥は いっぱい かきなさい

みんな そんなことの繰り返しで 大人になったんやから

どどんと 恥かいてこい!

雫は お前の 友だちのひとりやからな・・


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫



 

ことば

長い間お休みしてすいませんでした。
みなさん、お体は大丈夫ですか?

暑い日が続いていますが、健康には注意してくださいね。
ちょっと暑いな、って 思ったら 日陰で少し休んで、
水分補給、必ずしてくださいね。


休んでいる間にも、本当に悲しい事件が続いています。
何故?と、結果の後、当然のように言われる言葉ですが・・
必ず原因があり、その結果があるはずです。

その、何故?を、見過しているか、見逃しているか、ではないのかと・・思います。
追い詰められていることに気づかない、追い詰めていることに気づいて居ないのでは?と。

そんな事ぐらい?
その原因が分かったとき、殆どの人がそう思うような気がします。

でも・・
当人には、きっとそうではないのだと。
そんなことぐらい?は・・
高い壁であり、乗り越えられないものだと、決めつけてしまう・・


もし・・
勉強ばかりすすめる親、そして、期待に応えようとする子供。
勉強が親の期待通りに出来ないとき・・その子供は、どうなるのだろうか?
勉強ばかりが人生ではない、そう言いたいのです。
自分の進むべき道は自ずから決めるものなのだと、親が決めるものではないと。


もし・・
期待通りに勉強の出来る子、出世街道を進んだ子・・
その結果はどうなるのだろうか?

勉強しか出来ない子であり、負ける事を知らない優しさのない人に育つような気がしますが・・?
それが今の世の中・・そのままになっているように思えます。

これは
あくまで私の心にずっと引っかかっている事のひとつです。 雫。 。

   2008/07/21 20:50  

★ 希望詩「何度でも」の続きを読む
関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「壊れたカブトムシ」
2008-07-08 Tue 23:30

eyes0091.jpg



「壊れたカブトムシ」


都会の親子が お買い物
百貨店に 行きました

おもちゃ売り場の 片隅に
カブトムシが売っていた


小さな子どもが おねだりで
カブトムシを 買いました

綺麗に包装 リボンもつけて と 
店員さんは 困った顔で言われるままに


家に帰って 箱開けて
電気赤々 照らして観察

動いているよと 子どもが笑う
親は すっかり 自慢顔


ある日 気がつきゃ 止まってる
これは 故障だ 不良品

早速 百貨店に 文句を言った
直してください 責任持って


店員さんが  聞きました
お水は? ご飯は? あげました??

都会の親子は 顔見合わせて
電池が切れたと 思ったと


都会じゃ 買うと 言うみたい

田舎じゃ 飼うと 言うのにな・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
この詩は5月に書いて、いままで没にしていた詩です。
出すかどうか?迷ったのですが、この時期に出さないと意味が無いと思い、今日に。
もうすぐ夏休み、暑い、長い夏がはじまりますね・・・皆様体調に気をつけてくださいね。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:29 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「ぼくの ちいさな 恋人さん」
2008-07-06 Sun 04:27

NEKO31_convert_20080425041852.jpg




「ぼくの ちいさな 恋人さん」



よちよち あるいて コテン と ころぶ

しんぱい だから 目がはなせない

ちいさな 恋人 きみの とりこ

なまえは なんて つけよかな?



どこでも すやすや ねむってしまう

ふんずけ ちゃうよ 隅っこ お行き

知らん顔して グー スー ピー

寝顔が かわいく 怒れないww



おなかが すくと おこしに くるね

はやく くれにゃーと ミルク ほしがる

なんだよ こんなときだけ ぼくの彼女?

わがまま 勝手な あまえんぼ



てのひら ちょこん まるまった

ずっとこのまま おおきくなるな

どこにも いくな ぼくの 恋人

言った 途端に 飛び降りたww



はしって ころんで 飛んで ピョン

いたずら したいの? 一緒に あそぼ

ねこじゃらし ねらいすまして つかまえた

ほら見てよ って じまんがお



だめだめ そっちは トイレじゃないよ 

あぁあ またまた おそうじだ

いつに なったら おぼえるの?

言ったら 怒った? 砂かけられた



ぼくの 恋人 名前は なぁに?

色々 考え あれこれ呼んだ

答えた 名前に 大笑い

「プリン」 と 読んだら ニャァン だってww




「プリン と 雫の 物語」

甘くて スゥィーツ 恋話模様

いつか みんなに 話そうね

きょうは ここまで また バイバイ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記
さっきまでちょっと残務整理を。
5月メモを書いていたこの詩の下書を見つけて・・早速追加
ハルさんの写真を捜して、見つけてニコリ。。雫。

プリンでしゅ おうえん してね 今 「我輩は猫である」を 読んでませんww  プリン。。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫



関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「サヨナラ ・・・ ・・」
2008-07-05 Sat 00:00
1244176.jpg



「サヨナラ ・・・ ・・」





ごめん




もう

きみとは

逢えないよ



・・・・



元気に

なって

良かったね



じゃ

ぼく

行くね



・・・



笑顔で

見送ってよ






泣いちゃ 

だめだよ



だって

やっと

サヨナラ

するんだから



ぼく






・・・・


ぼく


ナミダ

だから


「サヨナラ ナミダ クン」


そう 

言ってよ



じゃ

こんど

逢うときは



嬉し ナミダ の とき だよ。。。


そのとき 


以外に




ぼく 



呼んじゃ

ダメだよ・・・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記2017/01/14
写真を「写真素材 フォトライブラリー」に変更しました。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね.。雫。

関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:19 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3