悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
悲恋詩「サイン」
2008-04-17 Thu 01:44
eyes0078.jpg




「サイン」




「馬鹿」 って 


ぼくの 胸を ちいさく 叩いた



また



「馬鹿」 って 


ぼくの 胸を すこし きつく 叩いた



また


「馬鹿 馬鹿 馬鹿」 って 


何度も 何度も きつく 叩いた






こんなときは


そっと 抱き寄せる だけ・・






淋しくて 抱きしめて欲しい って
 

きみの サイン だって こと・・ 知ってるよ・・







抱きしめたら・・


きみは 静かに なった・・






そして


ちいさく


「離さないで・・」と 


甘えた・・






作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 悲恋詩 | コメント:13 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3