悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩「小さな 幸せの音 聞こえる」
2008-04-12 Sat 17:34
1201700101.jpg


「小さな 幸せの音 聞こえる」


カンコン お山で 樹を切って とうさん お家で 蒔きにした

トントン まな板 菜を切って かあさん お家で 汁にした

タントン 痛そな そぶりした じっちゃん お肩を 叩くげな

コンコン 家のお庭の 鶏の ばっちゃん 卵を割ったげな

ドンドン 蒔きに 火を灯し ぼくは お米を 炊いたげな

カチカチ みんな 卓につき 一緒に 揃って 箸の音鳴らす

ポンポコ お山の たぬきさん うらやましそうに 腹敲(たた)く

パンパン みんな一緒に ご飯だね 今日も 感謝の 手を叩く

パチパチ 何事も 無かった幸せを 明日も 願って 手を合わす・・  



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
何事も無かったと嘆くことより。
何事も無かったのだと、小さな幸せに「ありがとう」の気持を込めて・・。 

金子みすゞ さんの詩を、久しぶりに読みました。
生きておられた大正時代。何もかもが不便だった。
まだまだ昭和初期はこんな感じで、
みんな慎ましやかに生きてきたのかなぁ・・と。
何も無かった時代、でも、この時代にはあった家族の絆を書きたくなりました・。

便利になった現在。
でも、その代わりに失ったものが多すぎるような・・。 雫

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまから
お借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:13 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「想い」
2008-04-12 Sat 04:25

eyes0006.jpg





「想い」




ただ ひたすら 待つのは




あなたの

手紙

言葉

訪れ

ひとりの夜は 静かすぎて・・




弱虫の心が 泣き出しそう




どうか


あなたの 傍に 居させて


これ以上 わがままは もう 言わないから・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村
この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 女心詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3