悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
方言詩「母(ふるさと)から届いた手紙」
2008-03-29 Sat 20:29
eyes0056.jpg


「母(ふるさと)から届いた手紙」



どげんね?

そっちさの暮らしに 慣れよったか?

こっちさ 毎朝 暖かな陽射しが 裏山から差し込んでくっとよ

風も いつもんとおり びゅん って 鳴いとっとよ



昨日さ

裏ん家(ち)の ばあちゃんが 

おまえんさんこつ どげんしとるの? って 聞きんしゃった 

「げんきさ ・・・     きっと・・・ ?」

って 言いよったら 

「そら よかばい」 って 言いんしゃった

だけんど 家んちに 戻る背中 さびしげだったさ

おまえんこつ ほんに 孫みたいに 思っていんしゃったから・・



あぁ  おまえんが 可愛いがっとった

庭の ちゃぼは うるさかほどに 毎朝鳴いとっとよ 心配せんで よかよ

じゃが 声がちいそう なってしもたとよ・・ 

おまえんが おらんようになって さびしかいからじゃ なかとね?

そげん気がするとよ・・



そっちさの 水には もう なれたとね? 

お腹 こわしと らんとね?

おまえさ 腸がよわか子じゃったから・・ 正露丸 ちゃんと 部屋にあるっとか?



ちゃんと 御飯ば 食べとうと?

好き嫌いさ おおかったけん しんぱいしとるとよ また 痩せたとじゃ なかとね?

インスタントばっかじゃ いかんとよ 

味噌 すこしだけおくるけん おにぎりにでも ぬったら よかよ 

味噌おにぎり 

おまんさ うまかぁ いうて なんこも 食べよったろうが



玉子焼き 作っとき ちゃんと 油ばひいとっとね?

あわてんぼうじゃけん 

出ていっちゅ時 作ってくれた 真っ黒ん 玉子焼き 涙ん味して 苦かったけんね 

でも うまかったばい ほんなこっつ うまかったばい



仕事は もう なれたとね? 

上さの 人に 仲よう してもろちょるとね?

おまんさ 人付き合い へたじゃけん 

田舎んもんて 言われとるんじゃ なかとね?

けど心配せんで よか いつか おまえんさ やさしかこと わかって くれちゅうはずやから



お金は まだ あるとね? 

遠慮ば いらんとやから 電話でん してきんしゃい・・

遠慮せんでん いってくれたら 書留でおくるんよ 少なかで わるかやけんど



ひとりは さみしく なかとね? 

たまには めぇるでも 送ってきんしゃい・・ ・・返事は 書けんけど・・

でんしのことは よくわからんけん

文字ばちっそうて 読みにくかやけんど 絵文字で 笑っちゅうもんでん よかよ

生きちゅうこと わかったら 安心ばするから



ともだち できたとね? 

仲ええ 人さ いっぱい できたら ええような・・

けんど・・ できたら・・おまえさ もう  戻らんような・・気がして 

さみしか・・



そっちさの 空は 蒼く 澄んどるとね? 

こっちさ 空 

いまんも 泣きそうな 空ん色 しとるばい

なんか おまえさ 泣いとるよな ・・しんぱいしても しょんなか おもちゅうけど・・



あ 余計な事 言うっち って 

おまえさ また 怒りよるかも しれんなぁ・・

けんど

どげん 遠くに行っちょっても おまえんこつ 忘れた事は なかばい

・・

おまえんさ 頑固やし 意地っ張りじゃから 聞かんじゃろがなぁ・・

ほんに そんなとこだけ 親父(おやじ)ん似てさぁ ・・

ほんに・・悲しゅう なるばい



困ったらさぁ 

すぐに 戻りんしゃい 

ええかい

いつでん 待っとるけん









待っちょるけんな・・









待っちょるけんな・・









おまえんさに









作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

追記
みなさんブログに訪問ありがとうございます。
自分のブログに来ては、訪問してもらっていると安心もし、
また自分のわがままを考えてしまいます。
皆さんのブログも隠密で覗きに行って居ます。
更新されていると元気にしているんだと安心します。

だから、それと同じなんだと・・思いました。
皆さんが、ここに来てくれているのは・・。
その思いに気づいたので、御礼の意味を込めて、ひとつだけ詩を更新します。

方言の詩なのですが、言葉使いに誤りがあると思います。
各地を旅行し、住んだ事があるので、方言が混ざっていると思いますが・・
どうか、ご容赦を。

以前も書きましたように、コメントのお返事は遅くなりますが、
書きますので、お許しください。雫。
関連記事
別窓 | 方言詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「夢の架け橋を渡るために・・」
2008-03-21 Fri 03:08
eyes0129.jpg


「夢の架け橋を渡るために・・」



真白なノートに
シャーペンで
書いたらいい

折れても折れても・・
またノックして
夢の続きをノートに

諦めない限り
筆箱には
新しいシャーペンの芯が
きみを待っている

夢の架け橋を渡るために・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:17 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「背伸びして キッス」
2008-03-20 Thu 03:04
1244176.jpg



「背伸びして キッス」



無邪気な子だった
そこが好きだった
何も飾らない
ピュアな心
いつも真直ぐに 見つめてくれた


わがままも言わず
甘え方も知らず
ぼくが見つめ返すと
恥ずかしそうに
可愛く  えくぼがくぼんだ


ただ
別れの時
いつも 胸にしがみついて
泣いた・・

そのときは
その涙の意味が分からなかった・・

背伸びなんかしなくて良かったんだよ
きみは
そのままのきみで

ただ
愛していると 
ぼくの言葉を 信じるだけで 
よかったのに・・

きみは言ったね 
そっと
しずかに


「愛しては いけないひとだった」と・・


ぼくの ほほに
サヨナラの キッス
いつも 背伸びして

そっと

泣いた・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 千恋詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「うばうば ニコニコ にこにこ」 (あなたの その優しさを いつまでも・・)
2008-03-19 Wed 00:02

eyes0439_20081218224302.jpg



「うばうば ニコニコ にこにこ」 (あなたの その優しさを いつまでも・・)



うば うば

あかちゃん ほほえんだ

あなたに むかって ほほえんだ


ニコ ニコ

ちっちゃなこ ほほえんだ

あなたに むかって ほほえんだ


あかちゃん わかるんだ

ちっちゃなこ わかるんだ

きっと わかるんだ・・



・・あなたの 優しさが・・



うば うば ニコ ニコ  

あなたも にこ にこ



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「春風梅花」(しゅんぷうばいか)
2008-03-18 Tue 00:37
47853058.jpg



「春風梅花」(しゅんぷうばいか)



春風のような 梅よ


愛らしく 素朴な 梅よ


純朴で 可憐な 梅よ


白い花びらが 純白の心のまま 藍の空に映える





主役の座は 桜に


すっぱい 実が きみの涙か 


それでも 健気に咲く 梅の花




梅よ 


誰もが呼ばずとも せめて 私だけでも 呼んであげよう


梅よ 梅よ 梅よ






桜に 勝るものがある


花も 実もある 梅の花


喜べ めじろも お前が 好きだと 寄ってくるじゃないか




梅よ


のどかな 日和


春一番の風のよな 


一瞬の主役の座を


きみの 涙を かじりながら 


あたたかな 陽射しを ともに 楽しまん




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記2017/01/17
写真を写真素材 フォトライブラリーさんに変更しました。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。。

関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「ひとりぼっちの 月と ぼくと うさぎ」
2008-03-16 Sun 23:43

eyes0018.jpg


「ひとりぼっちの 月と ぼくと うさぎ」



月が ぽつんと さびしそう

ひとり ぼっちで かなしそう

そこには うさぎが 住んでると

だれかが おしえて くれました



月も うさぎも さみしそう

ぼくも ひとり いっしょに あそぼ

月と うさぎが ともだち だったら

悲しく 泣くこと もうないよ



雨つぶ ひとつ ふってきた

ぼくの こえが きこえたの

ともだち だよと お返事したの

月が 泣いてた うれしくて



風が びゅんと 横切った

ぼくの こえが きこえたの

どもだち だよと お返事したの

うさぎ よろこび ぴょん と はねた



ぼくは うれしく 手を振った

ぼくの こえが 聞こえたの

ともだち だよと お返事したよ

ぼくは うれしく ワンと泣いた



さみしく なんか もうないよ

月の 世界で 駆けっこ しよか

月も ぼくも うさぎも 笑ろた

ほかの みんなも 寄っといで




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記
カテゴリー 優心詩 を 今日ふやしました この詩が 第一号です
友だちブログさんから 「金子みすヾ」さんを紹介されて、影響を受けて書いた詩です。
詩を読んで、女性らしい優しい視線、言葉、心温まる詩、その心に少しでも近づきたいと思いました。
カテゴリーはその優しい心を自分も持ちたく、皆さんにも持って欲しくて作ったものです・・・雫

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「おやすみなさい」
2008-03-15 Sat 18:28
eyes0753.jpg


「おやすみなさい」


きみに すこしだけ 休息をあげようね


心配しなくも 大丈夫だよ

使命を 終えたわけじゃないよ


また 新たな光を いろいろな人のために 灯すのだから 

休むことなく 闇を照らすのだから


また あるときには 人の寂しさを そっと 包むような 

一筋の 光りにも なってくれるのだから


だから しばしの時 心安らかに 眠ればいいよ

いつも ありがとう


じゃ

おやすみなさい



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
夜が明るいのは 闇を照らす 名も無き者達がいる そのことに 感謝に気持ちをこめて

最初 この写真を見つけたとき 保存はしたけれど 使うことが永遠にありえないのかなと
でも しばしの休息なんだと 思えばいいと 気づいて やっと使うことができて(o^▽^)o
きっと 写真も喜んでくれていると 思います みなさんも 時々休息を ね ・・・雫


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:19 | トラックバック:0 | top↑
短編「せかいじゅうで いちばん きれいな て」
2008-03-14 Fri 11:08
eyes0061t_20080325222842.jpg


「せかいじゅうで いちばん きれいな て」



きみと であったのは ふゆのさむい ゆきのふっていたひ



まちかど 

うしろのほうで どすん と いう おとがした


ふりむくと きみ 

ころんでた

せっかくの しろい せーたー くろくなって てには ちが にじんでいた


「はい」 

って ぼく てをさしだした

きみも はずかしそうに そっと てを さしだした・・



きみのてを にぎって ・・・・・・・・・・・・・・・ はっ と した


きみ なにも きづかずに 


「ありがとう」 


と いって はずかしそうに いこうとした


「ね けが してるよ いえちかいから」 


そういって よびとめた

きみ えんりょしていた 

でも ぼく なぜか このまま きみとはなれると

もう あえないようなきがして どうしても って さそった



あかいほっぺ ますます あかくして きみ そっと うなづいた



ての ちりょう 

すりむいた てが  あかく はれていた



いえのなかにあった てぶくろ よかったら って さしだした

えんりょしていた でも うれしそうに 


「ありがとう」


と ほほえんだ 

かおのひょうじょう とても あたたかで きみの ひとがらが わかったきがした




・・・・・・・・・・・







★ 短編「せかいじゅうで いちばん きれいな て」の続きを読む
関連記事
別窓 | 短編 | コメント:23 | トラックバック:0 | top↑
短恋詩「私を・・ほんとうに・・好きなら・・」
2008-03-12 Wed 20:41
mo_011_20091230013043.jpg



                   「私を・・ほんとうに・・好きなら・・」




        ・・・・・    追いかけて



 
                     ・・・・・     捉まえて




                                  ・・・・・・     抱きしめて




           そして・・・  




                        「オレのものだ」  と
  





                                        言って。。。。。






作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 短恋詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「ボクニ クダサイ キミノ ナミダ ヲ」
2008-03-11 Tue 19:50
eyes0209.jpg


「ボクニ クダサイ キミノ ナミダ ヲ」


キミ

ナイテルノ

ボクニ クダサイ

キミノ ナミダ クダサイ

イッパイ ボクニ クダサイ

キミガ  ナミダト サヨナラ スルタメニ

ボクガ カワリニ ナキムシニ ナッテアゲル カラ

キミガ  ナミダト サヨナラ スルタメニ

ボクノ エガオヲ キミニ アゲル

キミニ ナミダハ ニアワナイ

コレカラハ イツモ 

イッショ

ダヨ




ツイキ
イチドデ イイカラ カタカナ ダケノ シヲ カキタクテ 
ソウデナイト カタカナ ガ カナシクテ ナイテイルヨウナ キガシテ・・シズク




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3